音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性論用語/概念紹介

不定調性論の方法論的展開(2019) その2★★★★

不定調性論の具体的な方策についてまとめます。 詳しいそれぞれの概念はこちらをご参考ください。 不定調性論用語/概念紹介 カテゴリーの記事一覧 - 音楽教室運営奮闘記 下記では一部の論拠リンクしか紹介していません。 前回 www.terrax.site // =====…

不定調性論の方法論的展開(2019) その1★★★★

不定調性論の具体的な方策についてまとめます。 詳しいそれぞれの概念はこちらをご参考ください。 不定調性論用語/概念紹介 カテゴリーの記事一覧 - 音楽教室運営奮闘記 下記では一部の論拠リンクしか紹介していません。お問い合わせいただければ回答可能な…

音楽の情動と不定調性論★★★★★

先輩がシェアしていた記事を参考に、音楽の情動について考えていきたいです。 lichtung.hatenablog.com まずはそれぞれのトピックについて自分が拙論側から考えていく意見をまとめてみました。 <参考> www.terrax.site // <作品や芸術の定義> 音楽家にと…

不定調性進行のカラクリ〜全てを解釈できる体系を作ることで生まれるもの(2019)★★★★★

早速不定調性論の考え方について昨日の楽曲を用いて考えていきましょう。 <参考> 不定調性論の学習内容インデックス - 音楽教室運営奮闘記 www.youtube.com 全て、なんて書くものを信用しないように。。笑 それをまず言っておきます。自分もまだ半端モノな…

不定調性論2019:非論理学のススメ〜芸術表現を構成する"矛盾への理解"について★★★★★

2019GW企画その①です。 矛盾への理解2019を推し進めて参りましょう。 研究論文みたいにはなりませんので、半分冗談と思って頂いても構いません。 // ===== さて、皆さんは「矛盾」の話を知っていますね。 どんな盾でも突き破る矛 どんな矛にも突き破れ…

不定調性論2019:和音は二種類しかない★★★★★

以前、二元論的な話について、厳密な意味で二極化された論理展開は難しい、というお話を書かせていただきました。 circle.musictheory.jp // 今回のお話は、和音の形態分析的なお話、思考についての話です。 この世界に存在可能な全和音を二種類に分ける、と…

現代の作曲法 研究教材「不定調性論教材」について(2019)★★★★★

www.terrax.site 『不定調性音楽論』の教材をご案内申し上げます。 // ポピュラージャズの作編曲、音楽研究ための2019年度最新版が本年4月1日にお申し込み可能でございます(PDFファイルにてメール送信致します)。 music school M-Bank 不定調性音楽論一般教…

不定調性論の学習内容インデックス

不定調性論関連記事のインデックスを作りました。 教材を読まなくてもだいたいどういうことが言いたいのか、という結論はブログの記事に書いてあります。不定調性論てなんだろうな、と思ったらこのページから色々リンクいいただければ概要が掴めると思います…

<論文を読む1>和音を聴く前に和音を感じろって話。〜和音進行聴取における脳機能計測および印象評価(2012)〜他

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cogpsy/2012/0/2012_132/_pdf 今日はこちらを読んでいきましょう。毎週日曜日の企画です。 和音進行が情動喚起、について考える2012年の論文です。 (新しい実験がすでにあると思いますが、マイペースでどんどん…

<コラム>(作曲)音楽理論への挑戦〜なぜその音は次にその音につながったのか?

www.terrax.site 音楽を教えている方はご自身の意見で考えてみてください。この問題に向き合って自分なりの答えを用意しておくと、誰かに音楽を教える時とても楽になれます。 長いので先にアジェンダ。 「月光」の1小節目はなぜそうなったのか。 じゃあ、作…

<コラム>ドミナントモーションの洗脳を解け★★★

www.terrax.site 不定調性論ネタです。 皆さん正直に考えてみてください。大丈夫です、記事の最後にはスッキリ答えが出ますので(正直にならないとスッキリとはならないかも)。 学生は危険だから教科書を全部身につけるまでは読まないで(冗談です)。分別…

パブロフの犬とドミナントモーション★★★★

www.terrax.site これも自分に不定調性論、という観点があるから言えること、になります。 V7-Iの解決は幻想である と告げられた時、あなたはどう思うでしょうか。音楽理論では、これは解決感を導く基本的な進行で、小学生の頃から、この価値観で出来上がっ…

オリジナル ルービックキューブを作ったよ!〜不定調性論がどうして和音を立体として考えるか(後編)

www.terrax.site のお話の続きです。 // 六面揃えるのには慣れていたのでとりあえずやってみたんですが、やっぱり回しづらくて、ちょっと残念でしたが、別にこれを回してどうこうしようという代物ではないのでそこは諦めます。質感が違うんでしょうか。本家…

オリジナル ルービックキューブを作ったよ!〜不定調性論がどうして和音を立体として考えるか(前編)

見て見てー!!!ヾ(≧∇≦*)/ オっリジナル・ルービックキューブだよ!!(右ダヨ!!) // ==== megahouse.co.jp 一個から作れるんだよ、すごいよすごいよ! いつものルービックキューブと比べると、競技用、というほど頑丈ではない感じがします。回した感じ…

(不定調性論2019)下方倍音列の実用性とは?~渦と次元とずれと矛盾(part3)

前回記事です。 www.terrax.site さらに音の数理を見てみましょう。 全ての可能性をみても結局は不定調性論の場合、「十二音連関表」に辿り着くだけですので、今回はそれらの可能性から、一つの例として表の中から円周上に音をとっていきながら、その音集合…

(不定調性論2019)下方倍音列の実用性とは?~数理親和音モデルの拡大(part2)★★★★★

前回記事です。 www.terrax.site 拙論では、この「倍音」を「数理の関係性」と捉えました。すると次の図が出ます。 <倍音マトリックス> これは基音の何倍か、何分の一倍か、ということをマトリックスにした表です。 ここに下方倍音列と同じ種類の音が出現…

(不定調性論2019)下方倍音列の実用性とは?~数理親和音モデルの拡大(part1)★★★★★

www.terrax.site 2019もスタートしました。昨年取り入れた様々な話題をベースに、「矛盾」をキーワードに、自身の音楽の底の底の方法論の地固めを今年もしてスタートしてまいりたいと思います。 4月には19年度版の教材も整うと思います。 ネガティブ…

不定調性論ってなに?(2019)★★

www.terrax.site こんにちは。普段はmusic school M-Bankの運営やレッスン、音楽制作などを行っています。 不定調性論の理論的展開(2019) こちらに方法論的な詳細がまとまっています。 不定調性論の方法論的展開(2019) その1★★★★ - 音楽教室運営奮闘記 不定…

「不定調性論」の使い方(2019)★★★

音楽は結局は「好み」です。 そしてそれは日に日に変わり、時代の価値観によっても人の嗜好は変わっていきます。 ゆえにまず「感性を鍛えよう」となるわけですが、実際どうやって鍛えるのが適切なのでしょう。 不定調性論は、もっぱら一人一人の「感性の進化…

(制作メモ)短三和音に長三度を乗せると強烈な眠気を誘う〜「Ballade of Sense Detox」不定調性作品★★★

自分が変態なのか、たまたま曲調がそうなのか、わたしはCm(10)に眠気という感情??をかんじるので、好きです。でもこれは世間では不協和音、こんなこと言ったらおかしいと思われるから黙っていよう、、ということを今回表現した曲です。 www.youtube.com ま…

(制作メモ)「雲をつかむような話」〜不定調性進行とインプロヴィゼーション

特に理由はないのですが、作りました。表題はこの曲名です。 Cm7(11) Bm7(11) | でギターを珍しく弾いてます。後半、C7(11) B7(11) | // になります。だから後半は意味不明になります。インプロビゼーションといっていますが、ある程度あらかじめ作ったフレ…

五十音順の頻度とジャズスタンダード本の和音出現順を照合して和音連鎖を言語から作れる表を作ろう。★★★

これも以前のネタのバージョンアップです。 音楽的な美的啓蒙等の目標はありません。ほぼ遊びです。 // 以前「自分の名前で不定調性進行を作る」というのを作ったのですが、五十音順にランダムに和音を当て込んでいたのでイマイチピンとこない感じもありまし…

"Giant Steps"の不定調性アナライズ(2018)~非機能を機能解釈化した楽曲★★★★

無理やり機能和声に皆が当て込むことで、機能和声の拡大解釈を推し進めた楽曲であり、不定調性的思考の誕生ともいえる楽曲だと思います。 giant stepsをC始まりにしてみましょう。 C Eb7 | Ab B7 | E | Bbm7 Eb7 |Ab B7 | E G7 |C | F#m7 B7 |E | Bbm7 Eb7 |…

立体的和声のイメージから★★★★

不定調性論的なC△を考えてみましょう。 図1は機能和声的なC△イメージです。 図2は不定調性論によるC△のイメージです。左側面はEbが来て、下の面にはFが書かれるのですが、なぜか描き逃しているようです、過去の私。 これにより、g・e音はcの立方体から派生…

不定調性進行を使ってトレーニングする方法

www.youtube.com www.terrax.site これは昔に作ったやつですが。 単純なアルペジオで、コード進行ではなく、また慣習的な「良いとされる流れ」ではなく、今のあなたがどう思うかをアルペジオの流れに乗せる、というような思考です。 わざとモヤモヤにしてま…

不定調性論と独学のススメ★

www.terrax.site 2015年ぐらいから、少しずつ拙論をご自身の解釈で進めていただく独学のススメをしております。 教材内容も少しずつ公開しています。 下記は雑感ですが、結局、"自分で全てやるしかない"ということに気が付きます。 相矛盾する存在に対して、…

<コラム>不定調性論の原理★★★

www.terrax.site あなたは自分の音楽を、どの程度自分でコントロールして作りたいですか? セオリー:感性 どのくらいの割合で作りたいですか? 3:7? 2:8? 4:6? もし「今はセオリーをちゃんとやって、後々自分自身を極めたい」と思っているので…

(基礎)12音上方倍音列(自然倍音列)・下方倍音列表(第16倍音まで)・側面倍音列★★★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 <上方倍音列表(自然倍音列)> 1=1倍音=基音です。あとは2=2倍音~16=16倍音まで。 ダブルシャープや、ダブルフラットを使わず慣習的にコーダルハーモニ…

シュレディンガーの音楽~罪から更生すると何故もてはやされるのか★★★

"シュレディンガーの猫" はご存知ですね。 karapaia.com この記事の一番下の解説が分かりやすいでしょうか。 たまたま話題に出て考えたことを書きます。 パラドックスともいえる問題ですが、意識にすごく関係があるような気がします。 不定調性論は、自己の…

不定調性論~音の距離感の話~創意工夫の話★★★★★

【正解のない漠然とした問い】Cから一番遠い音は? — lydian (@lydian28) 2018年9月23日 H=b G=g Fis=f# Des=d♭ で考えますね。 つい時間が空いてしまって、目に留まったツイートに反応してしまいました。 "音楽理論のガラパゴス島"である不定調性論的な視点…