音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

音楽的な違和感との付き合い方-不定調性論的違和感論??-

音楽的な違和感、と云うものがあります。

・人ぞれぞれ感じるところ、程度が違います。

・やがて慣れます。

・たとえ完全ある理論的な間違いでもリリースされた作品なら、しばらく聴いていると慣れます。

・「これは無理!」と思うのは主観です。

 

だから法律に違反していない限り、それらを排除することは表現の自由を奪う、又は制限する排他主義的な行動になります。しかしそれもまた個人の潔癖主義や"妄想的責任感"のために起こる嗜好的行為ですので営業妨害にならないのであれ容認されるべきです。

 

違和感のレベルを6段階にしたとしましょう。

違和感0...普通/許せる

違和感1...稚拙さ

違和感2...すこしきつい

違和感3...明らかに変/異様

違和感4...悪質

違和感5...病的/暴力的/侮辱的

 

これが

0-0-0-0-1-1-1-0-0

だと「もっと音楽理論を勉強しなさい」と言われ、舐められます。

これが

0-0-0-0-2-2-1-0-0

だと、時折カッコよく聞こえたりします。

また、

0-0-0-0-3-0-0-0-0

となっていると、あれ?やっちゃったかな、ひどいね、と思われます。

しかし、

0-2-2-2-3-2-2-2-0

となっていると、明らかに意図的なので、3の「変」な感じはむしろ違和感2の「すこしきつい」ぐらいに相対的に感じられるようになり、「ああ、こういう系統ね?」と意図が見抜かれ、その違和感が十分な機能を果たさず、個性となったり、独自性として放置されます。"敵として認識されません"笑。

 

 

これらの判断は、時にひどく曖昧で、周囲に左右されるものです。指摘された側が黙っていると、また変わります。反論するならどのように反論するか、悪態をつくなら、どのように悪態をつくか、が問われます。感情的な内容なのに理性を求められる、というとても難しい状況だからトラブルも多いです。

現在自分が使っている違和感がどの程度のものかある程度把握するために「違和感0」であることがどのようなものか、を学びます。それが学校での勉強であり、音楽であれば音楽理論の学習です。

 

現在私自身は

0-2-2-2-3-2-2-2-0

このバランスをどのように作るか、を切磋琢磨しています。

不定調性的価値観が自分の真ん中にあるので、そこを中心にした純正不定調性音楽は、

www.youtube.com

この辺の曲でだいたいできました。

これを極めたのがラベルや、ドビュッシー、バルトークなので今更彼らの道を後追いする必要はないと思います。ストラヴィンスキーという完全体も歴史の上には存在します。

要は自分の方法論で、この路線が自在に作れることが証明できればよかったんです。

 

あとは、機能和声の重力世界にどのくらいまぶしていくか、ですが、

www.youtube.com

www.youtube.com

この二つの作品で、かなり自分なりの意図を具現化することができました。

自分のクセもはっきりしてきて、自分的不定調性論的表現技法も現状ではまとまった感があります。

 

次なる問題は、いくつかの

0-0-0-0-3-0-0-0-0

0-0-0-0-4-0-0-0-0

などに世の中自体が慣れるのを待ちつつ、

0-0-3-4-5-4-3-0-0

といった作品がテレビで聞かれたり、ヒットチャートを賑わすようになるのを待ちながら、自分らがその先を作れるか、だと思います。

この辺のサウンドは、戦前には十二音技法やセリエリズムの方向にいってしまい、80年代のフュージョンは「マニアックが美徳」みたいなところでプロモーションを辞退するがごとく独自の位置に帰結していました。

現代の転調三昧の音楽や、ボカロ系変態サウンド、AIが作る非人間的驚愕性、トッププロがチャレンジする違和感音楽などの情報がお腹いっぱいに、youtubeという全ての情報が存在する媒体で日々流れてくるのでより、今回はポピュラーな方向、または一つ確立されたアートとなれば良いなぁ、なんて思っています。

 

 

この違和感論は、現代の息苦しい同調圧力社会、または排除社会の突破の方法とも絡んでいると思います。

ネットいじめや、誹謗中傷の対策や、勉強は、学校で教えられていません。専門的な理数系、文系のカリキュラムを少し削ってもこうした社会対応の勉強をカリキュラムに入れても良いと思います。

 

いじめられっ子はみんなが0の中、ひとりだけ

0-0-0-0-3-0-0-0-0

であるためです。この違和感はときに「人より可愛い」「人より金持ち」と言った社会的利点ですら"虐めるための違和感の根拠"になったりします。まだまだ私たちの民度はその程度であるわけです。

 

この違和感があることは組織の個性なので、本来は、

f:id:terraxart:20211020142454p:plain

3をただいじめるのは芸がない、となっていけば良いなと思います。3の良さが周囲に影響を及ぼし、その利点を活用して組織がどんどん良くなっていくように、その違和感が「実は自分達にとっての新しい可能性であった」ことに周囲が気がついてそれを"活用"して皆を発展させるようにしていけばいいな、と思います。いじめでなく活かしてメリットを感じればいじめる必要はなくなります。

 

教育の話にまでなってしまいましたが、「自分が感じる違和感」は新しいものとの出会いであり、「自分がどう関わるか」「自分はその人に何をもらい、その人に何をあげられるか」というところの利点を考えていけるといいな、と思います。

 

3の立場の人がその立場で塞ぎ込まず、どんどん発信し、自分が役立てるように日々頑張っていくことで、周囲のより影響力のある人の行動を変え、結果として社会が変わっていくとよいな、と思います。

 

音楽的違和感により、「自分で自分の表現を"虐めない"」ようにしなくちゃ、と自分でそう思い始めて自分の表現が自信を持って発信できるようになりました。

こういうことは学んだことがなかったので、自分なりにこれから少しずつ展開できれば、と思います。まだ自分でもよくわかっていないところもあるけれど。

 

www.terrax.site