音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ブログ目次

最新記事は、ページ下「最新記事」または「月別アーカイブ」から見てね! それぞれの項目をクリック頂けば、トピックが並びます(内容によって重複ありです)。 <ブログ運営> このブログの目的 、ブログ運営、運営者より <不定調性論について> 不定調性…

火災時の煙と一酸化炭素から逃れるために<防火管理>

こんにちはM-Bankの防火管理者です。。 防火管理の教材には、どのように対処してどう動けばいいかは、書いてありますが、実際、どう逃げるか、何を注意しながら逃げるか、日頃からどう考えておくか、については書いてありません。 実際火事が起きて、煙が発…

個人事業ポスティングについて書いてみた5

2017-05-28→2019-7-19(更新) 前回 www.terrax.site さて配っているときのセグメントの方法です。 なぜ、今日入れないほうがいいな、と思うか、です。 当然ポストに入れるわけですから、ポストの感じがどんななのか、ということを把握します。 ほかの業者さん…

個人事業ポスティングについて書いてみた4

2017-05-28→2019-7-19(更新) 前回 www.terrax.site セグメント配布 ポスティングというのは、私有地の敷地内に入ることはできません。 それでもポストにチラシを入れる、という行為はどことなく法律的にグレーゾーンのような気もします。 www.newsletter-3.c…

個人事業ポスティングについて書いてみた3

2017-05-28→2019-7-19(更新) 前回 www.terrax.site ポスティングってどうやるの? まずこれを見てください。 夢はおっきく。 やってみて死にました。 おまえ、多摩川の向こうから駒沢の音楽教室通うか? って、体壊して自分に初めて怒られました自分笑。 こ…

ポピュラー音楽理論学習のコツ紹介

北川祐著「ポピュラー音楽理論」を参考にしながら、音楽理論独学の方法を一つご紹介いたします。楽器を始めて半年以上ぐらいの人が対象です。 同著の目次はこちらで見れます。 まずはこの一冊を頑張って読み解く気持ちで2ヶ月ほどで読むスケジュールを立て…

個人事業ポスティングについて書いてみた2(2019)

2017-05-28→2019-7-17(更新) 前回 www.terrax.site // はがきサイズのチラシ or 厚めの紙 あくまで音楽教室の反響をいただくための私たちのやり方です。はがきサイズのチラシは ・文字が小さくなる ・見てもらえる可能性が減る というディメリットがあります…

個人事業ポスティングについて書いてみた1(2019)

2017-05-28→2019-7-17(更新) 自分でポスティングして街を知る 音楽で食べていく、ためにレッスン上手な人は、個人教室を開くのも一つの手です。 そうした際に、宣伝方法に迷うと思います。 個人事業は広告費の余裕がありません。あくまでウチの場合ですが、 …

M-Bankスティービー・ワンダー楽曲(コード進行)研究レポート公開シリーズ20★★★

スティービー・ワンダーの和声構造 ~非視覚的クオリアを活用した作曲技法~ <前回> www.terrax.site // 目次ページはこちら アルバム23;「The Woman In Red」(1984) 事例96;心の愛~I Just Called to Say I Love You(CDタイム 0:25-) open.spotify.com D…

神秘和音のTAB譜を紹介します★★

2017-05-25→2019-7-15(更新) スクリャービンによる神秘和音をギターTABにすると、こんな感じでしょうか。 Eの神秘和音なら押さえられるかな?? これ別にどのキーで作ってもいいんですよ。 またヴォイシングの順番を変えてもOKです。 詳しくは下記に書きまし…

8.ユーミン楽曲からの発展技法と不定調性論 (ユーミンレポート公開シリーズ)20~★★★

日本人の心の情景を変えたシンガーソングライター(改訂版)―研究レポート;ユーミン楽曲の和声分析と音楽的クオリアが紡ぐ作曲の手法― <前の記事> www.terrax.site //

アマゾンアフィリ申請(2017)〜現在売上(2019)-雑記ブログの場合-

2017-05-25→2019-7-15(更新) 普通の音楽教室の事務員がブログをはじめて、果たしてマネタイズなんてできるだろうかという挑戦です。 登録はこちらから 音楽で食えない大変なミュージシャンがいっぱいいて、バイトとの両立で死にそう、となるんだったら、アフ…

このブログの目的

2017-05-28→2019-7-15(更新) 音楽教室運営者による雑記ブログです。 不定調性論概略公開も一段落しました。 教材コンセプト発信完了が一番の目標でした。 しかし時代はすでに音楽方法論時代を飛び越えてしまい、さてこれからどーしよーと一時期困りました。(…

主音+(長三度と短三度の真ん中の音)の二和音て明るい?暗い?★★

2017-05-25→2019-7-15(更新) 明るい和音と暗い和音の間は「苦い和音」!? ドとミは「明る和音」 ドとミ♭は「暗い和音」 と教えられたものです。 ではドと一緒に"ミ♭とミの間の音"を鳴らしたら、どんな和音になるんでしょう? これは受講生からの質問で実験し…

「リディアン・クロマチック・コンセプト」方法論を作るということ(その10/10):読書感想文

<前回> www.terrax.site リディアン・クロマティック・コンセプト ラッセルを聴こう! // まとめです。方法論を作る、ということの性癖をどう捉えるか、について自分なりの意見を書きます。 ■リディアンをベースにコードスケールの独自性を追求することに…

「リディアン・クロマチック・コンセプト」方法論を作るということ(その9/10):読書感想文

<前回> www.terrax.site リディアン・クロマティック・コンセプト ラッセルを聴こう! オーネット・コールマンと調性 ("Jazz Review"1960より転載) ジョージ・ラッセル、マーティン・ウィリアムス まだフリージャズの解釈に対して動揺が見られる時代に、…