音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

不定調性論ってなに?(2022)

不定調性論の内容インデックスに戻る 

不定調性論とは?

不定調性="調性が定まらない音楽状態"を指す私の造語です。

不定調性論とは、音楽表現に関する行動について従来の音楽論にとらわれず、制作者当人の感性*1/直観*2的認知(「音楽的なクオリア」)を活用して、表現活動を行うための方法論集です。

独自論です。また、理論ではありません。

そして不定調性≠不定調性論です。

なお当サイトは北川先生の「ポピュラー音楽理論」等一般書の内容が理解活用ができていれば問題なく入れます。

 

 

「音は外部に存在する」とする旧来の音楽理論に対して「音は脳の中で作られる」という立場で考えていきます。

音楽はその構造によってあなたにさまざまな解釈を引き起こし、意義や意味を創造します。それに親しみ、それを考えることで生を豊かにしようとする存在です。

よって、音楽行為は音だけが認識情報の全てではありません。聴診器で異常を感じ取る医師、エンジン音の異常を感じ取る整備士...etc、音以外の全ての五感情報から察知していると思います。

時系列に存在する情報を分け隔てなく捉えられるようになること、そしてそれは全て「自分の解釈」であること、そうした思想で音楽を捉え、また解放します。

 

独自論という立ち位置

誰に忖度なく「好き」と言えるならそれは"独自論"です。

社会の中で感情をむき出しにしたり、わがまま勝手に自分の欲望を出すことは「迷惑」です。自分らしさを出すことは社会では制限されており、自分を出せる機会の方が稀です。

一般に「独自論」は良い意味で捉えません。社会は社会的価値の上に成り立っています。自由な個人の権利を盾に独自論を押し付けると様々な事故やハラスメントになりかねません。拙論も批判的にお読みください。または転用しようとせず、皆様各位の独自論に昇華してください。

独自論は自らの表現活動の中で用いて成果を出し続けるところから少しずつ小さな社会的価値が生まれてゆくと思います。

もしあなたの思うやり方で結果を出し、有意義な社会的業務が成り立つのであればその独自論は社会で、あなたの人生で、機能していると言えます。

余裕があるなら一般学習を深め、その独自性を磨いてください。

 

もし他者に自分の価値を理解されたいなら、独自論を社会的価値にするための努力をしなければなりません(論文発表、出版、製品開発等...)。

 

感性で音楽を作る?

楽しく一般論を学べている間はそれが独自論に代替されます。

自分の感性で音楽を作るなんて横着な印象ですが、「基礎を無視した自分勝手」とは違います。

また一般論を完全無視ともいかないものです。

逆にしっかり経験を積んで基本を体得したあなたは、自分の即興的選択行動に自信を持ってみましょう(それが社会的脅威行動になってしまう場合はカウンセリングを受けてください)。例え理論を忘れても、しっかり頭に入っていれば即興的な直感でも必要な時に理論的思考を取ることができます。

 

ポピュラーミュージックにおいて、

CM7 |F#m7 |

という進行は稀です。

しかし時にいつもと違う感じにしたいと直観したりします。

こうした既存理論の枠にとらわれない直感/動機を「音楽的なクオリア」と拙論で銘打ちました。

なぜその選択をしたかの根拠が当人がわからない場合もあります。

日頃の膨大な経験の結果、脳内に直感のネットワークが豊かになるからだそうです。

 

 

理論闘争グラフ

f:id:terraxart:20211010130619p:plain

これらのバランスは毎回一つ一つ違います。

最後は自分で結果の責任を取れるあり方で自ら闘ってゆきます。

宗教、インフルエンサー、非権威社会者の独自論は無理して社会的価値を作ろうとせず、共感者と小さなコミュニティを作りながら、金銭授受を伴わないオープンな活動をお勧めしたいです。価値や忖度、崇拝感の発生・助長が起きた閉じた組織での独自論はたちまち共感者の共感を利用した洗脳に基づくカルトになります。

さらにコミュニティを押し広げようとするのは独自論の押し売りになり、上記グラフのバランスが崩れ、自分で考えなくなり、直感が効かなくなり、革新も起きづらくなります。教祖のような人が固定されてしまうのもバランスを崩します。

共感を支配することは洗脳です。

最初の宗教がそれを行ってうまくいたのは、彼らの独自論がそこにあったからであって、それをそのまま真似ることに独自性はありません。

共感者がお布施がなく直感を用いやすい空間で独自論をのびのびと展開し、自分の成果物を発明し、生活できるように応援するコミュニティなら良いな、と私個人は感じています。

 

不定調性論で作る音楽

これはどのように用いるかで各個人の音楽になります。

再生ボタン右横「▶︎|」マークをクリックで次の曲に進めます。

 

人生の時間は限られています。

不定調性論が実践したいのは(多くの思想がそうであるように)、一番自分が興味のある分野から切り込み、そこで得た知見をその他の分野に応用して自分を作り上げていく、という行為です。

すべての学問を学ばずとも一つの知見からでも人間は作れる、という発想です。

私は拙論を通して、音楽におけるメロディ、作詞、リズム、ジャンル、アレンジ、ミックス、プロモーション、音楽学との向き合い方も学んだように感じます。しかしそれが完成することはありませんので恥ずかしながらその過程を発信し続けています。当サイトを通して「自分は何から自分を作るか」を考えるきっかけになったとしたらとても嬉しいです。

 

こうした考え方を前提として、次に話を進めていきます。

 

 

小史

当ページ紹介アーティストの自在な和声のように、小刻みに転調解釈できる和声を「不定調性的な進行」と呼ぶところからスタートしました。

ネット上の「不定調性」用語は利用者の背景が様々ですので現状厳密に定義せずご活用ください。

「パンダイアトニック」「複調性」などの言葉が歴史にはありますが、これらは調性システムの存在が前提にあります。不定調性には「調性という前提自体考えない」「調概念自体が不定な状態もある」という意味も含まれます。

ビートルズのコード進行解説から拙論的解説を始めた理由は、現行の音楽理論では彼らの簡単なコード進行ですら分析しづらい、と感じたからです。

 

f:id:terraxart:20210718110532p:plainf:id:terraxart:20210718123251p:plain

07年PDF化した"遺跡"レポート(96-98年作成?)。

00-02年HP公開当時は自分が正しいと信じてましたがやがて自分の感覚の方が変だと愕然としつつ「独自論を作る」という指向になりました。

10-11年にM-Bankにて教材完成。日本音楽理論研究会、日本リズム学会他にて発表実績もあります。
 

一般理論史からの"不定調性"の位置付けもご覧ください。

不定調性と調性スキーマ

 

公式発表レポート。

 

不定調性論=Theory of Tonal Indeterminacy

機関紙掲載の折、川本准教授に英訳頂きました。

また拙論的な発想を音楽制作に活かすことを「不定調性論的思考を用いる」と言ったりしています。

根本的な誤りのある可能性も考えつつ、常に内容を顧みてまいります。

f:id:terraxart:20180128161507j:plain

*1:論理によらない思考や判断、分析的過程より無意識的,情報統合的な過程。コトバンク

*2:瞬間的に対象の特質や関連性,問題の意味や重要性を認知・理解する認識の一形式。コトバンク