音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性論ってなに?(2018)★★

こんにちは。
普段はmusic school M-Bankの運営やレッスン、音楽制作などを行っています。

下記は、数年程度専門的に一般理論の学習を経た方が対象になります。

これから音楽を学校でしっかり学ぶ、という方は学校で教えていただく内容を真ん中にしっかり置いてください。その過程でどうしても感じてしまう違和感をよく記録しておいてください。それこそが、あなたと社会を隔てるもの=個性です。そしてその個性と社会との違和感の解消への試みが不定調性論の一つの目的です。

 

不定調性論は、もともと文字通り、調の定まらない和音進行への分析をベースにした、12音を感性だけで取り扱うための作曲・編曲・音楽理論学習についての思考体系です。それをこのブログでは音楽的意識の全方向に拡張しています。

 

その目指すところは、

→自分らしく作曲できない違和感はどこにあるのかの解消と展開

→勉強した内容にガチガチになってしまって本来の自己を見失った場合の対処法

→一般音楽理論を解体して再構築するとどうなるのか、独自論の作り方

などです。

 

また、楽曲は実際に作ってはじめて上達するものです。10曲でコツが掴める人、400曲書く人、様々ですが、制作ノウハウと方法論をごっちゃにしないようにしてください。

 

自分の耳に嬉しい言葉や考え方、あなた自身が自分に自信が持てる言葉をお持ち帰りください。

解釈の自由さ個人の感性を使ってどのように音楽学習を進めるかについて書かれた理論書やブログ、サイトなどが増えてきました。その根源となっている一つが2000年頃から発信続けている我らが不定調性論です。このブログ内容に限ってどんどんこのアイディアをパクって頂いて構いません。新しい発想や視点をどんどん作りましょう。大切なのは次の世代が以前よりも音楽制作に邁進できる環境を作ることです。

 

<概略>

皆さんの中に、周囲と同じやり方や考え方で音楽をやることに妙な閉塞感を感じている人はいませんか?

 f:id:terraxart:20180128161507j:plain

 

極端な例を挙げてみましょう。

あなたがピアノの上に乗って踊って、「これが自分の表現だ!」と感じた時、不定調性論はその表現方法がその個人にとっていかに妥当かを指し示すことができます。

またこの妥当さは、V7がIに解決することを示してきた思考のアプローチの延長線上に示すことができますので既存論にも反しません。

 

不定調性論的思考の目的は、あなたが「本当にそれをしたい!と願っていることの実現」のために何が必要かを一緒に見つける、ことです。

 

それが構築されれば、

・普段クライアントのリファレンスに基づいてお金のために音楽を作る=能力と後天的学習によってできてしまう音楽制作、と

・あなた自身の真の音楽表現活動=先天的な音楽表現欲求、を合致させた活動が可能です。

 

先天的にこれができる人の多くがプロミュージシャンなので、意外とこの部分を教えることは困難になります。ゆえに塾講師は、その謎の思想部分を掘り下げてかみ砕いてお伝えしていくわけです。

 

===== 

不定調性論」のコンセプトは既に広く活用されています。

「このコード進行の雰囲気は、〇〇〇〇〇のような雰囲気がしませんか?」

というような問いかけや、

「この音色は、自分には〇〇〇〇のような印象を覚える」

「この曲は理論によらず、自分の感じるままに作った」

「このメロディはフォルダにあったサンプルをただランダムに張り付けて感じるままに作っただけだ」

というような表現を見かけたことはありませんか?

この手の発想はずっと昔からありました。

感覚で出来た音楽は突発的な霊感によってできた特殊な存在だ、と思われがちでした。そうではなく、こうした作品こそ本来の音楽制作感と価値観によって生まれた個人だけの作品である、とするわけです。

そうなりますと、結局は「あなた自身が何を目指すか?」に落ち着きます。

そして「あなたがどうすればいいか」は教科書に答えは書かれていません。

この学習過程で伝統技法への憧れを感じたら、ちゃんと勉強してください。伝統音楽や技法は深く、面白いです。

==== 

 

音楽を学びたい、という人は早期から、自分の「印象力」「発想力」「解釈力」を磨くべき、と考えます。意識の開発です。

その教授法の良い例がありますので添付します。

NHK趣味百科ショパンを弾く レッスン篇Vol.5 NHK Chopin masterclasses Vol.5 - YouTube

カツァリス先生に限らずですが、音楽を具体的に「解釈」していきます。音符の音を自分に向けて翻訳し、実際にそれを先生自身が見える風景にまで昇華して解説しています。一見達人の思考に思えますが、訓練でできることです。

「音の翻訳能力」は普段気にしていないだけで誰も持っています。

好きな人の声を聞いたら、気持ちいいなぁ、と感じることを自分に認め、上司のイライラした声が聞こえてきたら、やだなぁ、と感じることを自分に認めてあげればいいだけです。それが音の翻訳です。

音楽をする人は、感情を音楽に置き換えて表現するために自己の意識を把握する勉強が必要です。あなたがどう感じるかについて、書いてある本はないんです。自分で自分の能力を開発する、と決めてください。

だからカツァリス先生の言葉でも鵜呑みにせず、自己のイメージを作るヒントにして活用頂きたいのです。そしてその意識を見つめ、信じ、活用できるかどうか、そこを考えていってください。そうすることで始めてV7→Iがいつ発動するか分かるのではないかと思います。

(そうなるとショパンの解釈を越えてしまう場合があります。そういう人はクラシック音楽はできません。どんどん自己解釈が進む人は、"できれば"再現芸術ではないポピュラーミュージックやジャズを志しましょう。)

 

 

 ===

Em7というコードを、「これはCメジャーキーのIIIm7でありトニックの代理コードです」というよりも、「甘くてセツナイ、いい感じの音」と感じられることのほうが大切です。前者の主張には進化はもうありませんが、後者の主張はあなたの経験によってどんどん深みのある表現になっていくでしょう。「枯れ木の最後の葉が誰も知らない夜更けに静かに落ちるような和声」みたいに実際に絵が浮かぶようになれば、その和音をどのように弾いたらいいか分かるはずです(それを表現するフィジカルなテクニックはひたすら練習してください笑)。

 

IIIm7のトニック代理コード、というのは他にもいくつも出てくるでしょうが、「枯れ木の最後の葉」である和音は人生で一回しか出てこないでしょう。これらのイメージは、歌詞によっても、歌い手によっても、楽器の音色でも経験でも変わってきます。変わって当然です。それに順応すればいいだけです。教科書はいつも開くと同じことが書いてありますが、あなたの細胞は11ヶ月で全て入れ替わってしまいます。一年前のあなたはもうそこにはいないんです。変わって当たり前です。それを受け入れるのがツライだけです笑。

音楽学習だけに邁進すると、こうした感性を無視して「IIIm7だ」と断言してスルーしがちです。これは単に合理性を学んだだけです。致し方のないことです。

 

印象力は音楽以外でも使えます。色の組み合わせや、今日自分は何を食べたいか、という何気ない意思にも、波の音や風の音にもあなたの情感をあてはめられると思います。

人生がたとえ虚構でも、ただの空気の振動である音に感動できればそれだけでも人生は素晴らしいものになります。

 

あなたは自分にしっくりくる自分だけの方法論を持つ権利があります。

※それができても他人に強制してはいけません笑。

※人は人、自分に合った考え方を自分で開発し、自分の中で有意義に活用しましょう。全てをあなたの方法論に置き換え、他を駆逐する事に執念を燃やす人が自ら消耗していく様を日々見ています。

不定調性論が例えあなたに合ったとしてもあなたは自分自身の原則を改めて自分で作る必要があります。これ大事。だからパクってもらってもOKですが、自分流に完全アレンジしてください。

あなたの意識をあなた自身がコントロールできるなら、どんな方法でも良いのではないか、と推測します(法律は犯さないように)。 

=====
<ブログでは...>

実際の曲について、どのように感覚的に理解していくか、をいろいろ書いています。主にコード進行に特化してアイディアを考えています。しかし「コード進行が大事」という意味ではありません。ポピュラー楽曲の魅力の、ほんのさわりを述べるとき、もっとも活用しやすいのがコード進行活用の個性だからです。

 

 =====

<教材では...>
本教材の方では「不定調性論の根拠」を列挙していきます。
12音の関係性を再構成し、現行の音楽理論そのものを一旦解体し、和音を作り直し、和声を作り直し、価値観を再構成していきます。
ameblo.jp

※一度ご購入いただきますと、翌年よりご希望があれば無償で改訂版を送らせていただいております。ご活用ください。
 

動画で概略を解説するシリーズもございます。

www.terrax.site

動画シリーズはむちゃくちゃな内容ですが、体系の概略は全てつかめます。

あとはブログ記事を追っかけて頂ければ、大切なのは

「不定調性論を学ぶことではなくて、自分自身を知ること」であると分かると思います。

     

=====

もしあなたが十分自分が納得出来る曲を作ることが出来る人は、不定調性論は必要ありません。既に自由な感性を扱う能力が備わっています。

 

では、自由な感性、独自の解釈とはどういう感覚のものでしょう。


たとえば、このロールシャッハテストの絵、皆さんはどんな絵に見えますか?

f:id:terraxart:20171031191806j:plain


わたしは、テーブルの上で左肘を付いて拳を頬に当てて物思いにふける女性・・・。に見えました。

「いやいやそれはないでしょ」と第三者が言っても、これは個人の感覚ですから、他者が巧みに否定しようとしてもどうにもなりません。


人と人との感じ方の差異があるからこそ、同じコード進行でも異なるメロディができるのだと思います。

また他のサイトや、専門文献も同時に参照ください。
自分の知識は未知な部分が常にあります。
300年後の人達から見たら、私たちの知っている範囲もかなり限られている、と考えるべきです。同時代人どうし、お互いを上手に高めあえれば幸いです。

 

 

まずあなた自身が感じることを自分に認めてあげてください。

他者は他者。です。

====

 

あとはアウトプット活動です。ここまで来て初めて天才たちと同じスタートラインに並ぶわけです。

このラインまで、できる限り早くたどり着いたほうがいいと思いませんか?

  

→こちらもどうぞ

www.terrax.site

====
不定調性論は不定期的に研究発表しております。
日本音楽理論研究会
日本リズム協会 

※初期段階では自然倍音列の数理、和声の構造分析などを詳細に行いますが、これはあくまで理論的根拠を構築するためのステップですので、プレイヤーの方、実際に作曲を活用されたい方はすっ飛ばして頂いて、何ら問題はございません。
※受講内容の性質上、どのような方が受講されているかは一切外部に口外しておりません。世上に生み出される奇抜な曲、個性豊かな曲、インターネット上でみられる「この音楽の印象は、○○○○○である」等といった音楽の具体的な印象論の一端、またはそれを活用して作られた音楽のいくつかは、この不定調性論によって導き出されたものも多く含まれており、現状ではそれだけで十分な成果であると考えております。