音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ポピュラー音楽理論学習のコツ紹介〜全てを理解しようとしない

 2019.7.18⇨2020.9.5更新

Step0

音楽理論独習のコツは「全部を理解しようとしない」です。

「あとで学ぶ時のために何がどこに書いてあるかチェックしておく」ぐらいでOKです。

あとで調べるとき楽です。

音楽理論書は辞書みたいなものですから。

=====

今回は北川祐著「ポピュラー音楽理論」を参考にしながら、本格的にやるぞ!!って決めた人を対象にお話しします。

同著の目次はこちらで。

小味250ページぐらいですから、目安として毎日4ページずつです。

また、作曲だけで、アドリブまでやらない人は後半はまずは読まなくても良いです。

 

読み進むに従い、全くわからないところ、興味が持てないところがあります。

そこはマークしておいて先のセクションに進んでOKです。

あとあとわかってきます。

 

音楽理論の学習体系は順序立てられていません。「セカンダリードミナント」なんて用語、レッスン以外で使ったことありませんし、私も理論書読み始めた頃は意味もわかりませんでした。

  

それから「理論学習+オリジナル曲制作」はセットです。

そばの打ち方は学んだが実践はしてない、では意味がありません。

しかも音楽理論が作曲に具体的に反映されるのは稀です。

だから最初は積極的に学んだ理論を無視してどんどん作曲をやってみてください。

じっくり「正しい曲」を作るのではなく、素早く1曲仕上げることを常に目的にしてください。

 

その中で「あれ?これセカンダリードミナントじゃね?」「これがクリシェじゃね?」って気がつく時もあります。そうしたところから学んだ理論が勝手に反映されます。

 

 

Step1

楽譜は最新のDAWでも結局必要になります。一番面倒なものが最初に来ているから音楽理論は厄介なんです。だからもし音楽理論書を開いて楽譜の読み方のところを読んで「クッソ!」って思ったら飛ばしてください笑(でも明日、懸命なあなたはもう一度開くでしょう、それが二週間続くとあなたは楽譜が読めるようになっています)。

ポピュラー音楽理論をマスターできたと実感できるのは、楽譜が読めて、完璧に書けたときです。

まず「読めるようにして」次に「書けるようにします」。

DAWでの打ち込みでも楽譜の構造への熟知が活用されます。

必ずよく知っている曲の楽譜を最初に読んでください。

我々の時代はバンドスコアでした。なんであのメロディがこう書かれているのか、を音楽理論書を見ながら一つ一つ記号を覚えたものです。

音楽理論は曖昧であり、矛盾も潜んでいます。だからあなたの方にそれを受け入れる余裕がないと気に食わない学問でしょう。

それらの矛盾を補うのが感性です。矛盾と向き合い、工夫して理解することを進めることで理論学習もクリアになってきます。

若rないところはどんどん飛ばしましょう。なんなら栞を挟んで今日は勉強をやめてとっとと鼻歌で曲を作りましょう。大事なのは栞を挟むこと!!です。

 

Step2

楽譜がある程度読めてくると、コードの基本的知識が足らないことに気がつきます。この「9」ってなんだ?とか。

コード進行が何もわからない間は、チンンプンカンプンです。

でもそれでいいです。

しおりをはさんで暇で暇で死にそうな時に改めて読んでみましょう。

日を変えるとすぐ分かったりします。

また好きなアーティストの曲をカバーすると、急に理論書で見たコード進行に出会ったりして理解できたりします。カバー勉強は学習時期の初期はとっても大事です。

 

Step3

コードの知識と同時に「このコード、なんでここに進むと、こんなカッコイイの?」といったことが気になってきます。

北川本ならPart2でコード機能、ヴォイシングについて読むことができます。

 

何度も言います。完璧に理解しなくていいんです。文言に触れていってください。

2回目の理解が深まります。

理解しすぎるまで勉強すると歳をとってしまいます(私)。

スティービー・ワンダーのように、全米No.1曲を出してから音楽大学に行って勉強する、ぐらいでも良いと思います。

何百年も人が作り上げてきた学問です。一人の人間が一生かけて学べる程度のはずがありません。

どこかで良い意味で修了させて、どんどん次に移行していきましょう。

学校はまず単位を取って、卒業するのが先です。勉強は卒業したあといやでもやらなければならなくなります笑。生きている間は「未熟者」と生涯言われることをお互い覚悟して一緒に前に進みましょう。

 

Step4

コードスケールって必要??

もしあなたがジャズ・フュージョン寄りのアドリブを求められる音楽性に向かっているならスケールは便利なので理解いただきたいです。

しかしコードスケールの知識は、ジャズ理論を学ぶための助けにはなりますが、アドリブフレーズを作る助けには全くなりません(分析には役立ちます)。

例えばギターであれば、いずれポジションを全部覚えることのほうが重要です。

それ以外の人は、この北川本Part3は年末とか、お盆とかの休みの夜長などにじっくり読んみましょう。分からなくて良いです。

アドリブしたければ好きなプレイを真似ればそれが指に染み着き、アドリブができるようになります。オリジナルなソロ、はその向こう側にあるので、いきなり"自分流"にはなりません。必ず先人がやったものの二番煎じになります。先人がやったものを完全に身につけた先にオリジナルの隙間産業を見つけなければならないのが現代の音楽人の苦労するところです。

   

初心者はもう一冊欲しくなるでしょう。

この本だけでは理解できても実践にピンとはこないかもしれません。

そこでもう一、二冊だけネットショップや楽器屋さんで自分で選んでみましょう。

「初心者でもわかる!!」的な安くて薄くて楽しそうな本で結構です(実際楽しい)。

難しい知識がわかりやすく書いてあります。

この時同時に北川本を読んでいれば、初心者本の「わかりやすけど、誤解を招く表現」も察知できます。 また教材は自分で選んで買って読む、がもっとも学習への忍耐力を持続させます。

 

読み終わっても曲は作れない

これに気がついた人は立派です。

英語の教科書を読めても英語でコミュニケーションはできませんでしょ?それができるためには外国人と話さないといけません。

音楽の場合は、バンドをやり、制作をやり、先輩方とディスカッションしながら「音楽語」で会話する必要が、作曲という翻訳作業を実際に行う必要があります。

それは勉強し始めた時からすぐに行っていいです。

コードを一つ覚えたらもう弾いてメロディを当ててください。

おそらくそれができないとコードを二つ覚えても意味がありません。

最初から目が見えないのに車の速度を上げても危ないだけです。

逆にコード一つをじゃんじゃか弾いて「俺は曲が作れねー!」ってメロディを乗せて叫ぶことができたら、二つコードが増えたら本当に音楽になるでしょう。いきなり片道切符でアメリカに行っても話す楽しさを知る者はなんとかなる、のと同じです。

 

音楽理論研究に興味が出た場合

もしあなたが高校生や、自由が効く主婦主夫さんとかでしたら、大学に行って音楽研究の博士号を取った上で、独自論を展開する道を選択するが最も無難です(独自論は無視されるかかなりの時間抵抗を受けます)。

もし私のように在野で研究したりすると、最初全く誰にも相手にされません。

先程も申しましたが、世間では音楽理論を知っている人の方が少ないのです。ましてやそれを応用した独自論など誰もわかりません。せめて博士号でも持っておけば発表する場があるぶん、成果が出やすく権威も与えられやすいです(優れた発信能力のある人だけは別-稀です-)。これはあくまで一般論です。

もしそうした研究機関に行かず独自論を極めたい、という場合は、一度ご相談ください。強い希望があるようであれば芸術大学関連者や団体、スクールをご紹介します。

スタジオレンタル・ブログHP等のお問い合わせ

f:id:terraxart:20190718200343j:plain 

大々べテラン、ヤマハの講師でもある北川先生のプロフィールHPはこちら。

遠い昔、日吉のヤマハ音楽院時代の夏期講座で北川先生に音楽理論を直接学びました。

とにかく丁寧なレッスンだったのを今でも覚えています。

その節はありがとうございました。

www.terrax.site

 

 




 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ポピュラー音楽理論 改訂版 北川祐 編著 

 

ポピュラー音楽理論 改訂版 北川祐 編著