音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ポピュラー音楽理論学習のコツ紹介〜全てを理解しようとしない

 2019.7.18⇨2020.9.5更新

Step0

音楽理論独習のコツは「全部を理解しようとしない」です。

「あとで学ぶ時のために何がどこに書いてあるかチェックしておく」ぐらいでOKです。

あとで調べるとき楽です。

音楽理論書は辞書みたいなものです。その全ての知識/技法を使うことはできません。

知識やテクニックには、あなたにとって向いているもの、苦手なものが微妙なバランスで含まれています。全部ができるようになっているのを待つと一生終わります。

変化球は数あれど、プロのピッチャーだって球種は1−3個を極めて戦います。それだけで十分ドラマは生まれ続けます。

 

 

=====

今回は北川祐著「ポピュラー音楽理論」を参考にしながら、一回さらっと読むぞ!って決めた人を対象にお話しします。

同著の目次はこちらで。

小味250ページぐらいですから、目安として毎日15分、4ページずつで二ヶ月ぐらいです。

(アドリブまでやらない人は後半はまずは読まなくても良いです。)

例としてこの本を示すだけで、皆さんが読みたいと思う本で結構です。その代わり知識や概念が網羅され、自分が読めると思える雰囲気で書かれている本格的な音楽理論書を1冊お選びください。勉強できるならインターネットサイトなどでも構いません。ただ大事なのはメモして付箋を挟むことで知識を体感出来ますのでネットの猛者でなければ三冊くらいは書物で持っていても良いように思います。


本の理論書は勉強したという形跡が残るので、またページの質感とか自分で書いたメモとかを見ると一気に色々なことが思い出されますので平成令和に生まれた人は、紙の本で勉強しても私は良いと思います。上のほうは記憶能力と協力して勉強をサポートしてくれます。


教科書が紙でできているのは、本そのものが脳の性質とマッチしているからだと考えてみて下さい。


また、北川先生は講師の実績として文句のつけようがないキャリアをお持ちですし、また実際私自身が講義を受けた(数回だけですが)先生の中で最もフラットに音楽を捉えることのできる先生だと感じたので、ここでご紹介しているだけです。このサイトで随時参考書としてご紹介できるのは、小さな恩返しです。

ちなみに中級者以上の方向けです。初心者の方が次のステップに大きく飛躍する、その境界線になる本だと思います。



毎日コツコツできる人は理論学習に向いています。

コツコツやれない人は不定調性論的思考で感性を研ぎ澄ませて活用する方法論がいいでしょう。

<理論を使わず音楽を作る方法>

音楽理論を使わず音楽を作る方法

 

 

理論書は読み進むに従い、全くわからないところ、興味が持てないところがあります。

そこは何が書いてあるかのメモ紙を作って挟んでおいて先のセクションに進んでOKです。

あとあとわかってきます。

 

音楽理論の学習体系は順序立てられていません。「セカンダリードミナント」なんて用語、レッスン以外で使ったことありませんし、私も理論書読み始めた頃は意味もわかりませんでした。でも最初の方に出て来ます。だから大事だと思ってしまいます。

大事なんですけど今すぐ覚えないと音楽の仕組みがわからない、ということはありません。

  

また、「理論学習+オリジナル曲制作」はセットです。

そばの打ち方を去年から本で学んではいるが一切実践はしてない、では意味がありません。

そこで対応策として、最初は学んだ理論/知識を無視してどんどん並行して自由作曲をやってみてください。勉強は勉強、作曲は作曲と分けて同時に進めてOKです。

この勉強と作曲を分けて行う方法は、不定調性論的思考の独自のものなので、参考にできる方のみご活用ください。感覚的な判断に優れた方は、この方がやりやすいでしょう。


やがて「あれ?これがセカンダリードミナントじゃね?」「これがクリシェじゃね?」って気がつきます。脳は学んだ知識を勝手に反映してくれます。

音楽制作心理学

 

下記の順にこだわらずピンと来たことから進めてください。

Step1

ポピュラー音楽理論の土台をマスターできたと実感できるのは、楽譜が読めて、完璧に書けたときです。

まず「読めるようにして」次に「書けるようにします」。

楽譜の読解など、一番面倒なものが学習の最初に来るから音楽理論は厄介なのです。

もしわからなければ楽譜の読み方のところは飛ばしてください(でも明日、賢明なあなたはもう一度開くでしょう、それが二週間続くとあなたは楽譜が読めるようになっています)。

必ずよく知っている曲の楽譜を最初に読んでください。

我々の時代はバンドスコアでした。なんであのメロディがこう書かれているのか、を音楽理論書を見ながら一つ一つ記号を覚えたものです。

音楽は基本楽譜によって作られてきました。だから音楽構造の謎を知るには楽譜をしてるのが一番なのです。

ただ、現在のようにDTMで音楽を作るという時代になった場合には、今度はDTMの知識も必要になってきますので、大変です。

ただ、まだDTMも楽譜の概念で出来上がってますので、どうしても楽譜がどのような性質を持っているかを知らないと音楽がなぜそういう性質になっているのかを理解できない訳です。

音楽理論の用語は定義が曖昧なものもあり、自分の考えと矛盾するときもあります。

だからあなたの方にそれを受け入れる余裕がないと気に食わない学問でしょう。

だから、分からないところはどんどん飛ばしましょう。

栞を挟んで今日は勉強をやめてとっとと鼻歌で曲を作りましょう。

大事なのは見えるように栞を挟み本を手元に置いておくこと、です。本にしかできません。

勉強→自由に制作→勉強のサイクルを作ってください。やがて勉強と制作が合致しはじめます。

 

Step2

楽譜がある程度読めてくると、コードの基本的知識が足らないことに気がつきます。この「9」ってなんだ?とか。

コード進行が何もわからない間は、チンプンカンプンです。

でも日を変えるとすぐ分かったりします。

また好きなアーティストの曲をカバーすると、急に理論書で見たコード進行を理解できたりします(それが脳のすごいところ)。

カバー勉強は学習時期の初期はとっても大事です。

 

Step3

コードの知識と同時に「このコード、なんでここに進むと、こんなカッコイイの?」といったことが気になってきます。でも、理由はなんでもいいんです。それがあなたが分かっているなら理論的理由など後回しで構いません(不定調性論的思考)。

北川本ならPart2でコード機能、ヴォイシングについて読むことができます。

 

何度も言います。完璧に理解しなくていいんです。文言に触れていってください。

理解しすぎるまで勉強すると歳をとってしまいます(私)。

 

だからスティービー・ワンダーのように、全米No.1曲を出してから音楽大学に行って勉強する、ぐらい専門の勉強は後回しでも良いと思います。

何百年も人が作り上げてきた学問です。一人の人間の一生ごときで学べる程度のはずがありません。

 

Step4

コードスケールって必要??

もしあなたがジャズ・フュージョン寄りのアドリブを求められる音楽性に向かっているならスケールは便利なので理解いただきたいです。

しかしコードスケールの知識は、ジャズ理論/分析を学ぶための助けにはなりますが、アドリブフレーズを作る助けにはほぼなりません。

例えばギターであればスケールより、ポジション構造を全部覚えることのほうが重要です。

それ以外の人は、この北川本Part3は年末とか、お盆とかの休みの夜長などにじっくり読んみましょう。

アドリブしたければ好きなアーティストのプレイを真似て30個リックをノートに書き出して、それを組み合わせて弾く努力の1年を作りましょう。1年後、あなたはソロが取れています。覚えたフレーズが指に染み着き、どんな曲でも覚えたフレーズでアドリブができるようになります。理論は弾けるようになったその後でもいいくらい(これが先に書いた「余裕」を作ります)。

オリジナルなメロディ/ソロ、はその向こう側にあるので、いきなり"自分流"にはなりません。

 

 

初心者はもう一冊欲しくなるでしょう。

一冊専門本を読み続けても実践にピンとはこないかもしれません。

そこでもう一、二冊だけネットショップや楽器屋さんで必ず自分で選んでみましょう(5冊までは失敗OK、もしいくら本を読んでも勉強が進まないならあなたは独学に向いていません、近所の音楽の先生を探してください)。

「初心者でもわかる!!」的な安くて薄くて楽しそうな本で結構です(実際楽しい)。

難しい知識がわかりやすく書いてあります。

この時同時に北川本を読んでいれば、初心者本の「わかりやすいけど、誤解を招く表現」も察知できます。

また、教材は自分で選んで買って読む、がもっとも学習への忍耐力を持続させます。

本は自分で選び買い慣れてください。

 

読み終わっても曲は作れない

これに気がついた人は立派です。

英語の教科書を読めても英語でコミュニケーションはできません。

外国人と話さない限り。

バンドをやり、制作をやり、先輩とディスカッションしながら「音楽語」で会話していくことで何が通じる表現か、がわかります。

それは勉強を始めたらすぐに行っていいです。どんどん音楽について自分と同じタイプの人と話をしましょう。


あとはとにかくコードを一つ覚えたら、すぐに弾いて鼻歌でメロディを当ててみてください。

「音楽で一発当てたい・・・」

例えばこの言葉に節を乗せてCM7の上でボソボソっと歌ってみてください。

これができないとコードを二つ覚えても意味がありません。これは知識というよりも、スキルです。持って生まれた能力です。

もしこの作業がうまくいかないのであれば、商業作曲家の仕事は諦めてもいいくらいです。


最初なら音程など変えなくて1音程で歌ってもいいです。One Note Sambaのように。

これが全くできない人は、音楽の素養自体を疑ってください。

早めに音楽教室に行って、先生に相談しましょう。

私に問い合わせてくれてもOKです。

もともと目が見えないのに自動車の速度を上げても危ないだけです。

 

音楽理論研究に興味が出た場合

もし音楽理論そのものに興味を持って独自論を作りたければ、大学に行って音楽研究の博士号を取った上で、独自論を展開する道を選択することを勧めます(私もすごく勧められた)。

もし私のように在野で公表していると、しばらく(二十年ぐらい)全く相手にされません。知ってもらうために人生を懸けることになります。

世間では音楽理論を知っている人の方が少ないです。ましてやそれを応用した独自論など誰もわかりません。

 

順当に行きたい場合は、せめて博士号があれば発表する場があるぶん、成果が出やすく権威も与えられやすいです(優れた発信能力のある人だけは別-稀です-)。

 

独自解釈のまとめ方で迷った場合には、私にご相談頂いても構いません。

 

自分に活かせるものは何か、考える

カーブ、スライダー、フォーク、ナックル、スローボール、チェンジアップ、あらゆる球種をあなたは今覚え、投げられるようになりました。

でも実践で通用するのは、あなたの体に向いた球種、あなたの性格に向いてる球種、です。それは投げ続けて、トライして見て、失敗してみて初めて分かります。

ここから先はあなたの修羅場、とにかく立ち向かって戦わないといけません。

あなただけのカーブを投げられるようにしてかつ武器にしてください。そこにたどり着く人は少ないです。成果を出すというのは、また別の才能です。ガムシャラに努力できる才能がまた別に必要です。

やり方を変えどんなに勉強しても成果が出せないのは、残念ながら、"結果を出すという才能の有無"の問題です。

そして、どんな人でも成果を出すことに向いている分野があります。

自分がどの分野で成果が出せるのかを見つけるのが、人生なのかもしれません。

だから気になったことはどんどんトライしてどんどん成果を出そうとしてみてください。必ず、あなたが成果が出せる分野があります。そこで生き抜いてください。

 

f:id:terraxart:20190718200343j:plain 

大々べテラン、ヤマハの講師でもある北川先生のプロフィールHPはこちら。

遠い昔、日吉のヤマハ音楽院時代の夏期講座で北川先生に音楽理論を直接学びました。

とにかく丁寧なレッスンだったのを今でも覚えています。

その節はありがとうございました。

www.terrax.site

ポピュラー音楽理論 改訂版 北川祐 編著