音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

セカンダリードミナントコードは5つの慣用句で覚える。

2018.1.12→2020.9.27更新

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site


次の進行を弾き比べてください。

進行1

CM7  |Am7  |Dm7  |G7  |

進行2

CM7  |A7  |Dm7  |G7  |

進行2のA7の進行のほうがスパイスが効いていて、ちょっと洗練されているような感じ画するときがあります。

このA7が「セカンダリードミナントコード」ですね。

 

セカンダリードミナントは、

「ドミナントモーションの"進行感"を活用してその他の部分でも使っちゃう」

テクニックです。

Am7よりA7にすることで強い解決感がある、的に言われることもありますが、別に解決感が欲しくてセカンダリードミナントを使うわけではないことにセカンダリードミナントをマスターすると気が付くと思います。

 

「ここ、もっと解決感が欲しいなぁ」って思ってA7を使うわけではない、という考え方です。まあ当たり前です。A7感が欲しいんです。

ちょっと使ってみっかな、お!いいじゃん!

で使うだけです。そこにセカンダリーがどうこう、の理屈など入り込む余地などありません。

「その進行感が良いかどうか=不定調性論的思考」だけです。

 

別の例でいえば、

CM7  |CM7  |FM7  |FM7  |

であれば、

CM7  |C7  |FM7  |FM7  |

 または、

CM7  |CM7  C7 |FM7  |FM7  |

とかですね。

このC7⇒FM7が、セカンダリードミナントの進行になったものです。

 

でも、例えば、

CM7  |CM7  |DM7  |DM7  :|

とかの不定調性進行において

CM7  |CM7  A7  |DM7  |DM7  G7:|

とかってDM7,CM7に解決するセカンダリードミナントを置くと、最初のセカンダリードミナントがなかった時のダイナミックな浮遊感が消え去ってしまいます。

これこそ解決感を生むから使う、みたいな発想は無意味です。

 

あなたがパンクをやるなら、セカンダリードミナントの概念など使わず、たとえば、

E   |G    |C    |B    |

みたいな進行で、Gの前にC7を挟む必要はないんです。

E   C7 |G    |C    |B    |

こんなノリでニルヴァーナ弾いたらまどろっこしいし、何より音楽に"希望"を感じさせますす笑。 

そんなまどろっこしいことをしたら音楽の勢いがなくなるじゃないか!!と思ったものです。

そう思ったらそう心が反応するようにしておく!が音楽的クオリアの利便性です。いずれ潰されるので、できる限り出る杭になっておきましょう。

 

ビートルズの「Back in the USSR」などで、 

 Aメロの
A |D |C |D :|

これを

A |D G7|C |D D7 :|

なんてやったら理論的には合ってるけど、なんで音楽的に幻滅すると思いますか?

それはビートルズがこういった「ジャズが極めつくした細密進行感からの脱却」を体現していたからですね。

   

 

 

勝手を申せば"二次的なドミナント効果"は次の五つの慣用句に凝縮されます。 

key=C,Cm

i)IVに行くセカンダリードミナント

CM7   (Gm7) C7  |FM7 ~ |

※よくII-Vに分けられます。マイナーキーでGm7(b5) C7 Fm7も使われます。

 

ii)VIに行くドミナント(平行短調へ)

 CM7   G  E7  |Am7 ~   |

(純粋理論派はセカンダリーの概念では言わないので注意)

 

iii)ドッペルドミナント

 CM7   D7  G7  |CM7 ~   |

 (純粋理論派はセカンダリーの概念では言わないので注意)マイナーでもD7-G7-Cmは印象的です。

 

iv)IIIm7に行くセカンダリードミナント

 CM7   B7  |Em7 ~   |

 

v)IIm7に行くセカンダリードミナント

 CM7   A7  |Dm7 ~   |

マイナーキーA7-Dm7(b5)などもありますが、劇的な印象をともなうか、というとそうでもないかも。

 

この5つが華麗な「セカンダリードミナント」と言えます。

その他にもセカンダリードミナントと言える和音はありますが、上記のいずれかの"印象"と似たような効果を持ちます。I7感、VI7感と印象が似てしまうので最初は覚えなくて良いと思います。

 

これら五つにはそれぞれの印象が個々にあります。下記は私の"印象"です。

CM7   (Gm7) C7  |FM7 ~ |⇒爽快感

CM7   G  E7  |Am7 ~   |⇒セツナイ感

CM7   D7  G7  |CM7 ~   |⇒展開感・説得感

CM7   B7  |Em7 ~   |⇒展開感・セツナイ感

CM7   A7  |Dm7 ~   |⇒展開感・あっけら感(笑)

この○○○感が「音楽的なクオリア」です。似た印象が書いてありますがそれぞれ強烈に違います。

この”進行感”がみなさんぞれぞれで感じられればその和音を使うことができます。何も感じなければまだ使えないでしょう。意味がわからないからです。

 

印象をじっくり感じられるバラード的な音楽で使ってみてトレーニングしてください。同時に曲の流れのを崩していないか、イメージが淘汰されたり、歪曲されたり、盛り上げ過ぎたりしてないか、最初は先生とディスカッションして考えて行ったほうが良いです。

 

セカンダリードミナントは「麻薬」だな、ここで使うよりラストで使ったほうが効果的では??

とかって思えたら一人前です笑。

最初はとにかくこの"味の素"をふりかけ過ぎてしまうものです。

 

セカンダリードミナントも裏コードにしただけでまるで違う音楽になります。

CM7   (Gm7) Gb7  |FM7 ~ |⇒??感

CM7   G  Bb7  |Am7 ~   |⇒??感

CM7   Ab7  G7  |CM7 ~   |⇒??感

CM7   F7  |Em7 ~   |⇒??感

CM7   Eb7  |Dm7 ~   |⇒??感

裏コードには急にマニアックです。

 

より詳細にしてディグリーでまとめておきます。

I   (Vm7) I7  |IV ~ |

Im    I7  |IVm ~ |

I   V  III7  |VIm ~   |

I   II7  V7  |I ~   |

Im   II7  V7  |Im ~   |

I   VII7  |IIIm ~   |

I   VI7  |IIm ~   |

 

-番外編-

Im   VIb  V(IIb7の裏コードと考える) |Im ~   |

エモい進行の代表例ですね。これも考え方によってはセカンダリードミナントかも。

ブルースから来た和音でもあるのでブルージー7thでもあります。慣習的にこれをセカンダリードミナントというのは違和感があるので、私は不定調性論という考え方の中で分類し扱っています。

 

====

V7⇒Iそのものが「習慣化された刷り込み」と感じてみましょう。

この進行には

解決する

強進行を作る

不安定から安定を作る

調を確定する

という表現が当てられますが、音楽理論への理解はこれでいいのですが、

それが今作ってるその曲に今必要な表現か?を個人が実際に作曲時に使わなければなりません。

「V7で調を確定したいんじゃない、ここはガツン!!!ときたいんだ」

「なのに、ガツン!!てくるコードですって教科書には書いてないのが困るんだ!」

 です。

そこで個々人で不定調性論的思考を鍛え、聞いた和音進行に「これはガツンとくるなぁ」と感じられる感性を大切にして、それを実際に活用してみましょう。理論的解釈は後から追って行っても大丈夫です。

 

教科書は教科書、あなたはあなた。

   

 

f:id:terraxart:20191130155617p:plaintopic image