音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ

いくつか(基礎)タグ記事が乱立してまいりましたので、まとめました。

以後充実させてまいります。

音楽教室で様々な年代の方を10年見てきた私見が入っています。

 

音楽+アルファ、で食べていくために音楽学習をより効率よく、既成概念にとらわれず生きていく、が前提で。

 

 

0歳〜15歳

歌や楽器演奏に対して自発的な興味がある場合は、色々なスクールを見学に行って、いろんな先生との体験レッスンを受けてみてください。音楽レッスンは、知識ではありません。講師との相性です。世の人一人一人に運命の人が違うように、自分に合う先生も限られています。有名無名に限らず、楽しく音楽の空間で一緒に過ごせることが音楽的素養を爆発的に伸ばしてくれます。その子に合った講師を見つけてください。子供が講師に合わせる必要はありません。音楽的素養がある場合は、プロにならなくてもその音楽的能力が社会的に道を開くことが多々あります。

興味がなくなったり、飽きたら続ける必要はないと思います。どんどん興味のあることをやっていくうちに再度音楽をやりたくなるまで目の前に開ける道を進んでください。グループレッスンでも個人レッスンでも良いですが年齢が上がるにしたがって大抵は個人レッスンの方が成果が出やすいです。

もし知り合いのつてで有名講師にピアノ、ヴァイオリンなどの幼児英才教育を受けさせて伸ばしたい、という場合には金額、遠距離通学、厳しさなどは当たり前ですので(講師の一存で育てる世界です)家族は全面的に協力をする覚悟で臨んでください。ほぼ弟子入り、という形になります。

音大受験などを考えている場合は早めに専門教育を受けてください。音大に入るための勉強が必要です。留学も必須ですので、外国語の学習、外国人との交流なども視野に入れてください。内向的過ぎる場合にはもっと別の選択肢がどこかにあります。世間に合わせず、その子が笑顔になる空間を探しましょう。それが親の意に沿わない結果でもそれが答えである場合があります。柔軟に。必ずそれ前の事は次に役に立出ちます。

予測しないで、予想しないで、訪れた奇跡を受け入れる勇気を持ちましょう。

 

16歳〜20歳(早ければ13歳〜)

音大を目指す人以外の方が音楽を志す場合の一つの考え方です。

できれば個人レッスンが良いです。

まず楽器を弾く

理屈を覚える前に指の鍛錬が先です。

「音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む」;読書感想文

1万時間の練習は一つの目安です。ギターやピアノで 弾き語りやポップス、ジャズなどのテクニックをつけたい場合は、とにかく指に覚えさせる必要があるので、まずとにかく弾かせてもらいましょう。近くの音楽教室(いつでも自転車15分で通える距離であることが絶対条件です)で自分に合う講師を探し、とにかく2年ぐらいみっちり楽器の演奏を教えてもらいましょう。自分がやりたい曲をやっていけて、あまり厳しくない経験豊富なレッスンプロが望ましいです。

あなたがプロ志向で、運よく実際にバリバリ働いているミュージシャンに教えてもらえる場合は、即仕事を見学させてもらってついていきましょう。多少言っていることが意味がわからなくても笑、踏ん張ってついていける器量が必要になります。目的は理にかなった知識ではなく仕事ができる精神性を実際のプロから学ぶことです。正しい知識は帰ってから独学しましょう。

クラシックギターやクラシックピアノは完全に教授される型がそれぞれありますので独学でのトレーニングはオススメしません。

通える!と思ったら2年間通うと決め、2年後以降に学ぶ内容は独学で学習でき、自立した活動ができるように、講師に2年間のプランを提案してもらってください(現役セッションミュージシャンにつくのなら二年後は喧嘩別れになるか、生涯の恩師になるかどちらかです・・でも最後には必ず恩師になります・・がんばって"闘って"ください)。

レッスン講師が可能な限りサポートしてくれる、という条件でも、うまくなるのは自分です。毎日1.5〜3時間練習できない場合はどの先生に付いても上達は諦めてください。

女性の人は女性の先生、男性は男性の先生がベストです。性差は受講生の性格とも大いに関係があるので学びやすさ、または上達するか否かなどどれかを捨ててることで目標達成が出来る場合もあります。自分でちゃんとその人をみましょう。

 

そして自分でもポピュラー曲集などを買ってきてください。1000曲分ぐらい。

それを毎日ひたすら弾きましょう。知っている曲、知らない曲はYoutubeで聴いて、いいなあぁ、と思ったら弾きましょう。とにかく音楽を体に入れましょう。

もし好きなバンドがあれば全曲弾きましょう。いつ弾いてくれ、って言われても弾けるくらい。

 

その合間に下記の座学的学習を毎日30分ほどしていきます。

・楽譜の勉強(2か月)

・コードの勉強(2か月)

・コード進行・ヴォイシングの勉強(3か月)

・アレンジの勉強(1年)

だいたい2年掛かると思ってください。あなたが学生なら3年かけてもいいです。社会人はこの半分でやる気概を見せてください。あなたがもし新人より優れていると思うなら。

そしてこの後から、世界の音楽の勉強や、アーティスト分析、作曲の鍛錬、機材・DTMの知識などが覆いかぶさってきます。早く始めたほうがいいに決まっています。効率も大事です。即興音楽やりたいのに譜面の勉強じっくりやってもしっくりこないでしょう。その場合はアーティスト分析から始めて、その合間に書籍などに出てくる楽譜を読める程度に楽譜の勉強をする、といった工夫は当然必要です。自分で発明してください。あなた以外にあなたが上達する方法を本気で編み出せる人はいません。

 

また耳コピもたいがい必須になってきます。これについては記事を別途作成いたします。

より細かい資料を下記に列挙します。

 

 

楽譜の基礎を学ぶ

レッスンの中で楽譜の読み方を教えてもらえるかもしれませんが、それが読めればレッスンはどんどん先に進めます。ここはとっとと独学しましょう。

 楽典―理論と実習

あなたが大学生以下であるなら、「楽典」を読んでおく理由は、今音楽やっているほとんどのエリート諸先輩が基本的楽典を身につけているので(読んでいるかは別)、せめて一度は通読して理解しておかないと普遍的な話が通じる一般常識が学べないからです。ただしこの一冊ともう一冊自分で選んで(ポピュラー系の楽典、簡単すぎないもの)それを購入し学習してください。教科書は借りたりせず、必ず購入してください。そして自分で選ぶ教科書は、誰かに選んでもらわず、未熟でもいいので自分で選んで自分で購入してください。自分で買うと、少し勉強に飽きにくくなります。コツです。

また、そこに書き込んだメモなどが大切な自分の道標になります。嘘だと思うかもしれませんが疑問は教科書に書きましょう。やがて教科書が答えを語り掛けてくれます。

そう、最初は"見えていない"んです。

 

楽典に書かれていることはマスターするまで読んでいてもピンときません。

少し理屈が分かってきたら、市販の譜面を読んでみましょう。自分の好きなバンドのバンドスコアで良いです。その歌メロを読んでみましょう。

早速調号からわかりません。

そこで楽譜の意味を楽典で調べ始めます。まずはそうやって「構造」「用語」「概念」覚えましょう。そこから先に不定調性論があります。

「私は裏コードで解決した時じりじりとした焦燥を感じる」

みたいな音楽の翻訳の意味が解らない間は、音楽業の面白さの1%も分かっていないのでまだまだたくさん分かって嬉しいことが沢山ある、と信じて勉強を続けてください。

楽典は覚えなくてもいいです。読破してください。分からないところは無視で良いです。あとで必ず戻ってきます。不必要なことは市販の楽典には書いてありません。

後は学習の過程で当ブログや、ネット上の際とも色々見てみてください。移動中や、休憩時間、など自由時間にネットで勉強するのがコツです。あなたには夢を叶えるまで"気休憩"など存在しないのです。重い勉強、軽い勉強の緩急をつけて相対的に休憩しましょう。

朝または真夜中に一番激しい勉強を、または一番やりたいことを。

起きている時間に従ってどんどんペースが落ちてくるので作業をどんどん軽くしましょう。

 

やがてこういう一覧表が必要になってきます。

楽典補足一覧表

(基礎)調の移調音名対照一覧表★

(基礎)音程早見一覧表★

(基礎)上下音程早見一覧表★ 

必要な時に見に来るようにしてください。自分で作ってもいいです。

 ====

 

次にコードです(または楽典と並行してコードを勉強してもOKです)。

コードを覚える(プロ志向の方は覚えられるなら是非覚えてください)

オレンジの楽典に載っていないコードの概念を覚えます。必須です。

 (基礎)コードの構造~コードネーム表記の確認★

(基礎)音程・テンション解説一覧表★★★ 

(基礎)コード構成音一覧早見表★

コードの覚え方(基礎)★★ 

コード構成音を覚えてしまってください。覚えてしまえば一生忘れません。あらゆる音楽業務を4倍早くしてくれます。

<確認用テスト>

(基礎)コードの構成音名確認問題集★★

(基礎)II-V-I穴埋め問題集★★ 特にジャズメンは早めにII-Vを覚えてしまいましょう。

 

トナリティについて覚えたら各キーのダイアトニックコードを覚えます。これには法則がありますから、自分なりに法則を見つけて上手に覚えてしまってください。

ダイアトニックコード一覧表

ダイアトニックコード一覧表(基礎)

ダイアトニックコードで出てくるコードを覚えた後に他のコードを覚えるのが楽です。

 

II-Vを覚えるのはジャズを目指す人。

II-V-Iを覚える

(基礎)II-V(トゥファイブ)一覧表早見表★★★」

ダイアトニックコードと関連して覚えていくと覚えやすいです。仕事を始めるとポピュラージャズで絶対に1日100回は楽譜の上に出てきます。

 

 スケール系一覧表

(基礎)スケール/モード構成度数一覧表/avoid noteについて★★ 

(基礎)スケール/コード構成音早見表★★

アドリブをオールジャンルでガッツリやりたい、という方、特にジャズ・フュージョンで絶対にプロになる!!という方はささっと全ポジションを覚えてください。運指練習に活用して覚えてしまってください。バリペンタだけ!という人はまずプロになってからこういう小細工を覚えてもいいです。

まあ、覚えられたらいいかな??ぐらいの人はまずコピーをやって好きなギタリストみたいに弾けるのが先です。それから必要に応じて覚えてもらっても遅くないです。

 

音の基礎を考える

(基礎)音の振動現象~12音平均律へ・和音の発生★★★

ある程度コードなどについてわかってきたら読んでみましょう。

 

和音の機能を理解

(基礎)和音の機能の解説★★★ 

機能テンション表★  

ポピュラーコード機能の総まとめです。

 

<参考>代理コードを覚える

12キー主要代理コード一覧(基礎)★★

ダイアトニックコードとコードを覚えるころには代理コードも認識できるようになってきます。

 

ここまで分かるとほとんど音楽専門学校2年卒業レベルです。当ブログの文章がなんとなくわかってきます。 

 

キャリア3年目以上になったら初見にトライ! 

楽譜の読み方と初見の上達法_1★★ 

ピアノを習った人は皆さん慣れていると思います。ギターの人はなかなかおっくうですよね。でも楽譜が読めるとあなたが楽になるだけでなく、あなたが偉くなった時、譜面1枚用意すればいいので周囲のスタッフが楽が出来ます。楽譜が読めないことは少しずつコンプレックスになり、そうした想いが精神を不安定にさせたりします。周囲にあたったりするようになるので、ほかのプレイヤーがみんなやっている基礎的部分はあなたがいま十代ならやっておきましょう。

楽譜が自由に読めれば音楽はすっごく楽しくなります。それまでの20倍ぐらい。もしやってみて、できそう!!!と思う人は素養があります。トライしてみてください。

スタジオミュージシャン、バックプレイヤー、作家を目指す人も必須です。

 ===== 

21−30歳(セミプロ志向)

21歳以上で半ばプロを目指す、という方は、16−20歳のメニューを半分のペースでマスターしてください。同時にプロミュージシャンの教室やスクールに通い、講師とのコネクションを作り、弟子入りするぐらいの覚悟で先生に付いて回ってください。勉強内容は独学でこなしてとにかく現場仕事に参戦できるようなスケジューリング、考え方で行動してください。

そして仕事をいただきこなしていけばOKです。遅刻とかして一回破門されましょう。本気になります笑。甘えから吹っ切れます。油断して何もかもすべてを失いましょう。それからは根性が4倍になり、絶対にめげません。

全てを失ったときのおまじないを書いておきます。

「ようやく自分を変えるチャンスが来た」

そう、絶望した時しか自分を変えるチャンスはないんです。普段普通に暮らせているときは、サボっているときだ、と思いましょう。

 

良い出会いがあなたにあることを願います。間に合わない勉強はプロになってからもできます。当サイトのような情報がいくらでも転がっていますのでどんどん参考にして仕事に生かしてください。もちろん今覚えたからすぐ使える、というものではないですが、明日までにUSTについて教えないといけない!!となたら、人間の集中力は普段の100倍になり、スーパーコンピューターである脳が働いてくれます。そうやっていくつも現場をこなすことで自信と効率が分かります。

 

これ以上の年代の人も同様です。基本的に知識と技量とコネクションはいつでもつけられるので覚悟して上記をこなしてください。

  

31歳以上(社会人、趣味志向)

知識よりも技量、活動内容の充実を優先させます。1日三時間の練習はほぼできないので、講師に練習スケジュールやメニューを一緒に考えてもらい、ディスカッションを進めてください。必ずあなたに合った音楽活動のやり方があります。諦めなければならないことが多いですが、でもかならず自分にしかない待ちに待った生き方が見つかります。それはあなたが全くイメージしていなかった形態であることが多いでしょう。だから今夢がかなっていなくても変に予測しなくていいです。想像などできるはずもありません。

一番得意なことが秀でてくる年代です。そこを起点にコネクションを広げ、様々な場所で様々な人に出会い、自分の可能性を見つけていきます。社会人としての行動力と勢いが何よりのあなたの武器です。

寝る前に初見の勉強とかできたらあなたは国家功労賞ものです。でも世のお母さんがそれ以上の仕事をしていても表彰されないように、あなたの努力は10年ぐらいは誰にも認められない、と覚悟してこの世界に入ってください。そのくらい好きなら、必ず誰も成し遂げていないことができます。

 

55歳以上(シニア・趣味志向)

上記と同様です。今後の目標、目的をしっかり明示し、それが叶うレッスン教室や独学スケジュールを組みましょう。レコーディングしたい、自分のアルバムを作りたい、全国ツアーしたい、などいろいろ目標を感じる人は必ず自分の財力とコネクション、やり方で叶えることができますので遠慮なく相談してください。

勉強よりも練習です。むしろ楽譜起こしやオケ作成などは、講師に依頼して対価を払ってやってもらった方が得策です。弾けないコードやプレイは弾けるようなやり方にアレンジしてもらってください。あなたが音楽に合わせるのではなく、音楽をあなたに合わせる方が早いです。

空き時間が毎日30分しかない、という人でも上達ができる方法があります。シニアの人が上達の味を覚えると、中学生以上に進化します。

無理だ、と諦めずトライしてみてください。それを無理だ、という講師にはつかない方がいいです。

70歳からでも声はボイトレなしでも出るようになります。大切なのは気持ちと自信だけです。あなたが社会を生き抜いて培ってきた根性で音楽趣味も充実させてください。当スクールでも何人もそうした素晴らしいシニアライフを実現している方がおります。

 

収益化を目指す人、プロ音楽家を目指す人へ補足

・DTMを使えるようにしましょう(→ミックス、コンペ、音源販売、依頼型作曲をこなすことで収益になります)。

・耳コピが出来るようになりましょう(別途記事作成中)

・パソコンが使えるようになりましょう(すべての音楽作業の基本です)。

・外国語に対して抵抗をなくしましょう(話せなくても理解できる感性を磨きましょう。あなたが音楽が出来ればだいたいコミュニケーションできます。)。

・もしあなたが熱帯雨林に住んでいるなら、すぐにでも効果音を録音し、Youtubeで次から次へと出して、登録者数を増やし、収益を作りましょう。それで基盤を作りながら、あなたのやりたいことをやればいいんです。大事なのは「生活はできていること」です。

 

 

<おまけ>

五線譜・タブ譜他ブランクデータ

(無地・無料)M-Bankレッスン/リハーサル用五線譜/タブ譜/楽譜素材

(無地・無料)M-Bank STUDIO ギターTAB譜6線譜

(無地・無料)M-Bank STUDIO ベース/ウクレレTAB 4線譜

(無地・無料)M-Bank初見勉強用楽譜素材(独学/講師用)

(無地・無料)ピアノの鍵盤のフリー画像を作ったよ!

ギターコードポジション一覧表~空表あり

ギター・ベース他用、フレット図PDF素材(ギターフレット・ベースフレット・フリー素材)

超簡易ギターコードポジション一覧表★★

(無料)五度圏のフリー画像素材を作ったよ!~オマケで五度圏の覚え方(基礎) 

 

ダブルフラットとダブルシャープの話・雑学

(基礎)なぜダブルフラットやダブルシャープを使うの??★★

変化記号の起源の話★

(基礎)音楽数詞関連雑学★

 

ギター1年以上のキャリアの人でプロ志向の人対象。

<基礎>ギターフレットの覚え方 ★ 

ギターのフレットを覚えてください。必須です。ギターだけでなくあらゆる音楽理論に通じ、あらゆる音楽制作業務に役立ちます。

<確認用テスト>

(基礎)ギターのフレット音名確認問題集★★

 

DAWをやる人のための和音のトピック

(DAW;基礎)ピアノロールで音程の名称を勉強しよう1★★ 

(DAW;基礎)(テスト!)ピアノロールで音程の名称を勉強しよう2~4WCL~不定形ソリ★★ 

 

 

====

あなたの夢を発明する

まずは健康第一です。私は奇跡的に自分の健康を一度は発明したのでもう悔いはありません。ある日とつぜん死んでしまうかもしれませんが、あの体験は四回生きるに値するぐらいの体験でした。

十代の方は、受験や、学校の勉強と並行してやらなければならなくなります。とても理不尽ですね。中学時代にプロになる、と決めたら別に高校に行く必要はありません。大学も有名になってキャリアを積んで、勉強意欲が湧いてから通ってもいいくらいです。

もちろんスティービー・ワンダーのように、全米No.1ヒットが出てから音楽大学に通って音楽の勉強をする、というタイプの方もおられるでしょう。

これをしてはいけない、こうすべきだ、と書いたかもしれませんが、これはあくまでもこちらの価値観です。

どうやって生きなければならないかは、たくさんの大人と、たくさんの友人と、出会う人みんなと話しながら決めてください。ヒントはあなたの創造力と、この世界の現状どちらかにしかないんです。

今後は仕事などしなくても生きていける時代になってしまうでしょう。寿命も100歳になるでしょう。

もしあなたが音楽が大好きなら、ぜひ「好きなことでどう生きていくか」を真剣に考えてください。必ず生きていてよかったと思える生き方があります。

 

次の9つのマスにあなたの好きなことを入れてみてください。一応音楽が真ん中にあるとしてです。

f:id:terraxart:20190329211000p:plain

私は最初、これが上手くできませんでした。だって、このブログを見ての通り、

f:id:terraxart:20190329211450p:plain

お前・・どうしたいんだ・・・。っていうのがまるでわからない指向性じゃないですか。でも諦めたころブログ業を見つけたんです。これでちゃんと食えるようにしないといけないんだ、と覚悟しました。そうした上で、情報を発信し、自分の生き方を自分で作らないといけない、というわけです。

自分が子供の頃はこんな生き方誰も教えてくれなかったんです。

そう、ブログで食う、なんて概念、存在してなかったからです。

今後は、もっと知らない職業がたくさん出てきます。

沢山の人の夢を背負っているので、もっともっと勉強して発信する独自な情報も充実させながら自分も生きられるだけ生きて頑張るので、一緒に頑張っていきましょう。


 

 

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

いやぁ。。わかるわぁ・・がんばっていこーね。

  

21世紀の「表」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑 (未来文庫) 

21世紀の「匿名」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑 (未来文庫)