音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

年代別音楽理論独学のススメ

音楽教室で様々な年代の方を見てきた私見です。

 

 

0歳〜15歳

歌や楽器演奏に対して自発的な興味がある場合は、色々なスクールを見学に行って、いろんな先生との体験レッスンを受けてみてください。音楽レッスンは講師との相性です。有名無名に限りません。自然と馴染む空間があるものです。子供が講師に合わせる必要はありません。音楽的素養がある場合は、プロにならなくてもその音楽的能力が社会的に道を開くことが多々あります。

興味がなくなったり、飽きたら続ける必要はないと思います。どんどん興味のあることをやってください。

音楽を嫌いにならない、自然と楽しめる精神になるということが音楽レッスン受講のとても大切な結果だと思います。


もし知り合いのつてで有名講師にピアノ、ヴァイオリンなどの幼児英才教育を受けさせて伸ばしたい、という場合には金額、遠距離通学、厳しさなどは逆に当たり前ですので(講師の一存で育てる世界です)家族は全面的に協力をする覚悟で臨んでください。ほぼ弟子入り、という形になります。


音大受験などを考えている場合は早めに専門教育を受けてください。音大に入るための勉強が必要です。留学も必須ですので、外国語の学習、外国人との交流なども視野に入れてください。

内向的過ぎる場合にはもっと別の選択肢がどこかにあります。世間に合わせず、その子が笑顔になる空間を探しましょう。それが親の意に沿わない結果でもそれが答えである場合があります。柔軟に。

生きるのは本人です。

またやたらと体験レッスンを受けても子供は疲れてしまいます。3教室以下に絞るまではご両親が頭を使って検討して絞り込んでから受講してみてください。

 

 

16歳〜20歳(早ければ13歳〜)

音大を目指す人以外の方が音楽を志す場合の一つの考え方です。

できれば目的重視の個人レッスンが良いです。

まず楽器を弾く

理屈を覚える前に指の鍛錬が先です。

「音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む」;読書感想文

1万時間の練習はプロになる一つの目安です。ギターやピアノで 弾き語りやポップス、ジャズなどのテクニックをつけたい場合は、とにかく練習です。近くの音楽教室(いつでも自転車15分で通える距離であることが絶対条件です)で自分に合う講師を探し、とにかく2年ぐらいみっちり楽器の演奏を教えてもらいましょう。練習が苦手な場合は早期に方向転換まで考えてくれる講師が望ましいです。

あなたがプロ志向で、運よく実際にバリバリ働いているミュージシャンに教えてもらえる場合は、即仕事を見学させてもらってついていきましょう。多少言っていることが意味がわからなくても笑、踏ん張ってついていける器量が必要になります。目的は理にかなった知識ではなく仕事ができる精神性を実際のプロから学ぶことです。正しい知識は帰ってから独学しましょう(内緒)。

クラシックギターやクラシックピアノは完全に教授される型がそれぞれありますので独学でのトレーニングはオススメしません。

現役セッションミュージシャンにつくのなら二年後は喧嘩別れになるか、生涯の恩師になるかどちらかです・・でも最後には必ず恩師になります・・がんばって"闘って"ください。すごい社会勉強にもなります。

 

その合間に下記の座学的学習を毎日30分ほどしていきます。

・楽譜の勉強(2か月)

・コードの勉強(2か月)

・コード進行・ヴォイシングの勉強(3か月)

・アレンジの勉強(1年)

だいたい2年掛かると思ってください。あなたが学生なら3年かけてもいいです。社会人はこの半分でやる気概を見せてください。

そしてこの後から、世界の音楽の勉強や、アーティスト分析、作曲の鍛錬、機材・DTMの知識などが覆いかぶさってきます。早く始めたほうがいいに決まっています。

 

また耳コピもたいがい必須になってきます。これについては記事を別途作成いたします。

より細かい資料を下記に列挙します。

 

 

楽譜の基礎を学ぶ

ここはとっとと独学しましょう。

 

楽典―理論と実習

あなたが大学生以下であるなら、「楽典」を読んでおく理由は、今音楽やっているほとんどのスタジオ系諸先輩が基本的楽典を身につけているので(読んでいるかは別)、せめて一度は通読して理解しておかないと普遍的な話が通じる一般常識が学べないからです。ただしこの一冊と、もう一冊自分で選んで(ポピュラー系の楽典、簡単すぎないもの)それを購入し学習してください。教科書は借りたりせず、必ず購入してください。そして自分で選ぶ教科書は、誰かに選んでもらわず、未熟でもいいので自分で選んで自分で購入してください。自分で買うと、少し勉強に飽きにくくなります。

また、そこに書き込んだメモなどが大切な自分の道標になります。嘘だと思うかもしれませんが疑問は教科書に書きましょう。やがて教科書が答えを教えてくれます。

 

少し理屈が分かってきたら、市販の譜面をどんどん読んでみましょう。自分の好きなバンドのバンドスコアで良いです。その歌メロを読んでみましょう。

早速調号からわかりません。

そこで楽譜の意味を楽典で調べ始めます。まずはそうやって「構造」「用語」「概念」を覚えましょう。

「私は裏コードで解決した時じりじりとした焦燥を感じる」

みたいな音楽の翻訳の意味が解らない間は、音楽業の面白さの1%も分かっていないのでまだまだたくさん分かって嬉しいことが沢山ある、と信じて勉強を続けてください。

あなたには夢を叶えるまで"休憩"など存在しないのです。重い勉強、軽い勉強の緩急をつけて相対的に休憩しましょう。

「成功の程度」は人それぞれなので、比較する必要はないと思います。

「他人を批判する暇がなくなってきたら」もはやそれこそがあなたの成功でしょう。

 

出来れば直ぐにライブ、配信、路上などの活動に入りましょう。勉強は寝る前か移動時間等にやります。大事なのは座学ではなく実践です。

やがてこういう一覧表が必要になってきます。

楽典補足一覧表

(基礎)調の移調音名対照一覧表

(基礎)音程早見一覧表

(基礎)上下音程早見一覧表

必要な時に見に来るようにしてください。自分で作ってもいいです。

 ====

 

次にコードです(または楽典と並行してコードを勉強してもOKです)。

コードを覚える

オレンジの楽典に載っていないコードの概念を覚えます。必須です。

 (基礎)コードの構造~コードネーム表記の確認

(基礎)音程・テンション解説一覧表

(基礎)コード構成音一覧早見表

コードの覚え方(基礎)

可能ならコード構成音を覚えてしまってください。覚えてしまえば一生忘れません。あらゆる音楽業務を4倍早くしてくれます。

<確認用テスト>

(基礎)コードの構成音名確認問題集

(基礎)II-V-I穴埋め問題集

 

トナリティについて覚えたら各キーのダイアトニックコードを覚えます。これには法則がありますから、自分なりに法則を見つけて上手に覚えてしまってください。

ダイアトニックコード一覧表

ダイアトニックコード一覧表(基礎)

ダイアトニックコードで出てくるコードを覚えた後に他のコードを覚えるのが楽です。

 

II-Vを覚えるのはジャズを目指す人。

II-V-Iを覚える

(基礎)II-V(トゥファイブ)一覧表早見表

ダイアトニックコードと関連して覚えていくと覚えやすいです。仕事を始めるとポピュラージャズで絶対に1日100回は楽譜の上に出てきます。

 

 スケール系一覧表

(基礎)スケール/モード構成度数一覧表/avoid noteについて

(基礎)スケール/コード構成音早見表

アドリブをオールジャンルでガッツリやりたい、という方、特にジャズ・フュージョンで絶対にプロになる!!という方はささっと全ポジションを覚えてください。運指練習に活用して覚えてしまってください。バリペンタだけ!という人はまずプロになってからこういう小細工を覚えてもいいです。

まあ、覚えられたらいいかな??ぐらいの人はまずコピーをやって好きなギタリストみたいに弾けるのが先です。それから必要に応じて覚えてもらっても遅くないです。やり方を発明してください。

 

あとは興味のある分野を参考になさってください。

音の基礎を考える

(基礎)音の振動現象~12音平均律へ・和音の発生

 

和音の機能を理解

(基礎)和音の機能の解説

機能テンション表

 

<参考>代理コードを覚える

12キー主要代理コード一覧(基礎)

 

 

キャリア3年目以上になったら初見にトライ! 

楽譜の読み方と初見の上達法_1

楽譜が読めるとあなたが楽になるだけでなく、あなたが偉くなった時、譜面1枚用意すればいいので周囲のスタッフが楽が出来ます。楽譜が読めないことは少しずつコンプレックスになり、そうした想いが精神を不安定にさせたりします。周囲にあたったりするようになるので、ほかのプレイヤーがみんなやっている基礎的部分はあなたがいま十代ならやっておきましょう。

スタジオミュージシャン、バックプレイヤー、作家を目指す人も必須です。

 ===== 

21−30歳(セミプロ志向)

21歳以上で半ばプロを目指す、という方は、16−20歳のメニューを半分のペースでマスターしてください。同時にプロミュージシャンの教室やスクールに通い、講師とのコネクションを作り、弟子入りするぐらいの覚悟で先生に付いて回ってください。勉強内容は独学でこなしてとにかく現場仕事に参戦できるようなスケジューリング、考え方で行動してください。

そして仕事をいただきこなしていけばOKです。

 

良い出会いがあなたにあることを願います。間に合わない勉強はプロになってからもできます。どんどん先に仕事してください。

 

これ以上の年代の人も同様です。基本的に知識と技量とコネクションはいつでもつけられるので覚悟して上記をこなしてください。

まず仕事。それから初めて勉強意欲は湧くんです。先に勉強しちゃうと怖いだけです。

  

31歳以上(社会人、趣味志向)

知識よりも技量、活動内容の充実を優先させます。1日三時間の練習はほぼできないので、講師に練習スケジュールやメニューを一緒に考えてもらい、ディスカッションをしてください。必ずあなたに合った音楽活動のやり方があります。


一番得意なことが秀でてくる年代です。そこを起点にコネクションを広げ、様々な場所で様々な人に出会い、自分の可能性を見つけていきます。社会人としての行動力と勢いが何よりのあなたの武器です。

寝る前に初見の勉強とかできたらあなたは国家功労賞ものです。でも世のお母さんがそれ以上の仕事をしていても表彰されないように、あなたの努力は10年ぐらいは誰にも認められない、と覚悟してこの世界に入ってください。そのくらい好きなら、必ず誰も成し遂げていないことができます。

 家に帰ってきて20分の自由時間で自分が何をするか、それがあなたという人間が見出した「好きなこと」です。それが音楽でなかったとしたら、音楽が上達することはあり得ないと考えてください。

55歳以上(シニア・趣味志向)

上記と同様です。今後の目標、目的をしっかり明示し、それが叶うレッスン教室や独学スケジュールを組みましょう。レコーディングしたい、自分のアルバムを作りたい、全国ツアーしたい、などいろいろ目標を感じる人は必ず自分の財力とコネクション、やり方で叶えることができますので遠慮なく相談してください。

勉強よりも練習です。むしろ楽譜起こしやオケ作成などは、講師に依頼して対価を払ってやってもらった方が得策です。弾けないコードやプレイは弾けるようなやり方にアレンジしてもらってください。あなたが音楽に合わせるのではなく、音楽をあなたに合わせる方が早いです。

空き時間が毎日30分しかない、という人でも上達ができる方法があります。シニアの人が上達の味を覚えると、中学生以上に進化します。

無理だ、と諦めずトライしてみてください。それを無理だ、という講師にはつかない方がいいです。

70歳からでも声はボイトレなしでも出るようになります。大切なのは気持ちと自信だけです。あなたが社会を生き抜いて培ってきた根性で音楽趣味も充実させてください。当スクールでも何人もそうした素晴らしいシニアライフを実現している方がおります。

 

収益化を目指す人、プロ音楽家を目指す人へ補足

・DTMを使えるようにしましょう(→ミックス、コンペ、音源販売、依頼型作曲をこなすことで収益になります)。

・耳コピが出来るようになりましょう。

・パソコンが使えるようになりましょう(すべての音楽作業の基本です)。

・外国語に対して抵抗をなくしましょう(話せなくても理解できる感性を磨きましょう。あなたが音楽が出来ればだいたいコミュニケーションできます。)。

・もしあなたが熱帯雨林に住んでいるなら、すぐにでも効果音を録音し、Youtubeで次から次へと出して、登録者数を増やし、収益を作りましょう。それで基盤を作りながら、あなたのやりたいことをやればいいんです。大事なのは「生活はできていること」です。

・これらがすでに出来ているのに音楽で売れていないなら、ちゃんと副業、収益化を懸命に行いましょう。四の五の言わずに頼まれたことを100%行い、やりたい仕事を売り込みましょう。

・上記を必死にやっているなら、あとは100%運。実力は関係ないです。それを真実としたとき、これからどう生きるか覚悟しましょう。私は不定調性論と心中します。この方法論で世界を動かすか、餓死するかどちらかです(笑)。

 

===


 

 

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

いやぁ。。わかるわぁ・・がんばっていこーね。

  

21世紀の「表」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑 (未来文庫) 

21世紀の「匿名」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑 (未来文庫)