音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

不定調性論楽曲覚書~理論的に考えない作曲心理状態を方法論化するということ

 

私は制作作業と論理的思考が同時にはできない人間でした。

それゆえに論理的に思考する必要性のない制作方法を考える必要があったわけです。

 

直感的にいつでも音が降ってくる状態、そしてそうやって直感したその音が論理的に考え抜いた時よりもより自分の目的意識に近い、と感じる状態を作るトレーニングをすることが必要でした。 

 

「理論なんか考えて曲作ってねーよ」という方、結構いらっしゃいませんか?

では、あなたは何を根拠に、今そのメロディにする、と決めましたか?

この問題意識をまず明確にしました。

この答えは、「音楽的なクオリア」という存在が根拠になってその音をそこに置くことにした、と答えると良いのではないか、と考えています。

平たく言えば「直感、判断、理解」といった感覚を優先し、それを「信じた」結果その音にしたわけです。勘でやる、ってとても勇気が要ります。

 

でも「勘」を前面における人は、音楽理論を学習しても勘は冴えわたります。理論を学習したから理論で考える、というのは意味がありません。あなた、というフィルターを通していない知恵を用いてもあなたの表現にならないからです。

 

やり方は簡単です。

音楽を作る時、こうしたい、ああしたい、と考えません。

なるべく意図しないようにして、制作に向かいます。

なんとなく意識を巡らせていくと、あ、こんなテイストかな、と直感するタイミングが来ます。焦らず、でも集中して。

合図がきたらそこから最初のとっかかりを作ります。

依頼状況によっては、テンポだけわかっている時、ジャンルだけわかっている時などは、ドラムから打ち込んでしまったり、楽器を選んで並べたりします。

その作業中でも脳は、この曲をどう作るか、をバックグラウンドで考えてくれています。するとあるタイミングで、「こうしよう!」と思えます。

こう思うまでは無理に作業を進めません。またはどうでもいい作業をどんどん進めてしまいます。いずれかの作業がフックとなり、突然「こうしよう」が降って来ます。

なぜそれが方法論かできないか、というと、まだ脳の機能が解明されていないからです。

www.terrax.site

 

そのために、かなりの曲数をこのやり方で作り、脳の中にスマートな回路を作ります。

最初はいろいろ考えたり意図したり狙ったりして失敗します。でもそれが直感を引き出す作業になるんです。

「才能がない」「何をやりたいかわからない」って言われるのもこの時期です。諦めないで!!今成長過程だから!

(まあ、今でも人生に考え込むけど。。) 

 

楽器弾きの皆さんなら、これはブルースのソロを取ることに似ています。ペンタ一発、という時あなたは"何かを考えています"か?多分具体的にこうする、ああする、と考えていないでしょう。

脳回路ができていると、体が勝手に動くし、なんとなく"匂いのする方向"に進むことができます。

脳内のディフォルト・ネットワークを働かせている状態です。

その「匂い」こそが脳内計算ではじき出した「音楽的なクオリア」です。

(それでも出てこない間はドギマギする)

 

=====

制作する時は勉強したことは全部忘れましょう。

製作時に「あの本にああ書いてあったから」なんて具体的に考えません。

脳はわかっています。計算しています。ヒントを無数の泡にして意識の上に浮かび上がらせます。それを掴みましょう。

そして極端に言えば"考えないことで必要な和音を自動的に置ける"ようになります。

(初歩の学習段階では理知的で作っても良いと思います。そのための機能和声論です)

 

もちろん凡人は平凡な和音しか置けません。そこは諦めましょう笑。

常に天才的な和音が直感によって置けるわけではありません。そのために音楽理論学習があります。直感の回路に音楽理論的知識を埋め込むような気持ちで(笑)勉強してください。

あとは、あなたが自然体になることであなたに成るだけです。

アイアンマンになるわけではありません。

素のあなたがあなたらしい表現を作るだけです。

そこは恐怖ですが、ぜひあなた自身に出会ってください。

がっかりもしますが、しっくりします。

自分でも今まさに鍛錬を重ねています。

 

具体的な不定調性論的な作曲の技法概略についてはこちら等をご参考ください。

www.terrax.site

======

 

以下は上記の考え方が反映された不定調性論的思考による楽曲群です。

2020年までの記録です。最新の作品関連はこちらからご覧下さい。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

前作「L'adiu」の手法をより展開して制作いたしました。富士の写真が大変美しいです。

 

<不定調性アレンジ>

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

原曲の和声とは関係なくリハーモナイズした後、「崩れ」「不可思議」「憂い」「くぐもり」などのイメージを音楽的なクオリアにして音を修正していきながら完成させます。 

制作メモ;DANNY BOY〜v-solo piano

制作メモ;雪やこんこ〜v-solo piano

制作メモ;JINGLE BELLS 2018 / virtual solo piano

制作メモ;Auld Lang Syne/蛍の光〜v-solo piano

制作メモ;(DTMピアノソロカバー)あの頃へ~安全地帯

 

www.youtube.com

制作メモ;<ピアノ曲>不定調的な即興表現★★★★

 

www.youtube.com

制作メモ;<ピアノ曲>In Peace~不定調的な即興表現

 

www.youtube.com

制作メモ;<ピアノ曲>Qualia-不定調的な即興曲〜感性で曲を作るとは?

 

www.youtube.com

制作メモ;<ピアノ曲>冷調という名の調性

これらの作品は、適当にピアノを弾きながら降ってくる旋律感で一音一音調整しながら作った作品です。何々技法か?ということはあらかじめ考えず、イメージに降ってきた技法、テクニックを用いているだけです。

 

www.youtube.com

制作メモ;冬の街路樹〜不定な長調風ピアノ曲

単旋律、領域混合和音、即興的アレンジの変奏曲。

www.youtube.com

 ブルース的で不定調なピアノ曲

www.youtube.com

制作メモ;静寂とねこ〜希長調なピアノ小品

70制作メモ;おもひでの輝き〜ソロピアノ作品;明日も命がある、ということ

73制作メモ;雫の戯れ〜写真を楽譜に見立てる即興的ピアノ曲

74制作メモ;青緑の澄性〜ネガティブハーモニー的書法の展開の一例として

75制作メモ;Suite of Glassnature〜Mika Aoki作品のインスピレーション

展覧会の背景〜半月形に流れて溶ける調性

制作メモ;カーテンコールの後で〜翳りの長調を求めて

 

<現代童謡曲?>

www.youtube.com

M7だけを用いる、という和声単位連鎖に特化した作品

(2012年、おそらく不定調性論的思考のみで考えた最初の作品です)

制作;QY100(受講生からお借りした・・。)

まだDTMというのを始めていない頃です。

 

   

<現代ギター練習曲?>

www.youtube.com

全編解説動画でも紹介している、画像を読み取って音楽にする、という作曲のやり方です。音楽的なクオリアだけで曲を作っていきます。この曲はギターのアルペジオを用いてこの画像のような何とも言えない情緒を表わそうと思いました。リヴァーブ深めは意図的で、曇った感じ、見えない感じを出したいという意図。

 

<ロックギター曲?>

www.youtube.com

コード進行忘れましたが、ロック的なものジャズ的なものを混ぜて、ソロは手癖とそれをアウトさせて、リゾルブさせるやり方です。スケール分析ができないようにしました。

 

<小品;五つの前奏曲>

www.terrax.site

 

<ジングル>

www.youtube.com

この動画シリーズのジングルは全て不定調性論的な着想で作っています。解説なども動画内に簡単に用意しています。

文章紹介はこちらから

www.terrax.site

 

 

<現代楽曲?>

www.youtube.com

修礼のコード進行をベースに様々音楽的思想を展開するコンセプトの作品です。不定調性的な考え方にどんどん寄っていきます。

 

<オーケストラ曲?>

www.youtube.com

お客様からのご依頼で作りました。機能和声も入っています。和声や対位法には基づいていません。慣習的な和声の流れ、基本的な対位法は使っていますが、「混ぜたいときに不定調性の思考を混ぜる」というやり方で「それっぽい作品」にしました。

   

 

<音楽的なクオリアフル稼働ピアノ曲>

www.youtube.com

制作メモ;MIDIで"Merry Christmas"と書いて音楽にしてみた

調性的ですが、意識していません。聴きながら一つの色彩感を辿るように作っています。先に文字の形を配置して、あとは音楽的な脈絡になるように作るだけです。

最後に"もろびとこぞりて"のメロディが来たのは、偶然であり、これこそ音楽的クオリアの直感がなせる技です。

 

<ポップス?>

www.youtube.com

はじめてポップス曲に曲の合間合間に不定調性のコンセプトを使わせて頂きました。記事はこちら

拙論の考え方がなかったらEM7/Dとかは以前の自分なら却下したと思います。これをOKという自分がいることを認め、信じるところから、視点が変わり「これもありなのでは?」と思い、思いめぐらすとき昨日まで気が付いていなかった自分の欲望とか、願望とか、こうしたかったからこれにしたのだ、ということに気が付きます。これが創造的行為でないとしたら自分には創造的行為は難しいです。信じることで自分は音楽を作れるようになりました。

だからあなたも方法論を作る作らないに関わらず、自分を信じられるようになれば、それがスタートラインなのではないでしょうか。

 

 

www.youtube.com

このバージョンは普通に作りました。中間部が不定調性的思考で作っていきました。

 

<ジャズソロギターアレンジ>

www.youtube.com

バップっぽいですがまるで違う、不定調性論的着想に基づくハーモナイズとソロを作ってみました。

制作メモ;Confirmation(ソロギタ―アレンジ)

 

www.youtube.com

ジャズのテーマメロディに自由に和音を乗せてアレンジしました。要所要所ジャズっぽいけど全然違うやり方です。トップノートに基づく「マザーメロディ」の手法が好きなのでそればかりやってしまいます。

 

 

<Audiostockで販売中の曲から> 

主題を決めて張り付けながらフーガ風に不協和を調整しながら作りました。「音楽的なクオリア」だけを使っています。 

 

 

 

 

<Audiostock>実験的な不定調性BGMです。

 

<Audiostock>ジャズ+EDMなBGM★★★

なんかコード進行があるように聞こえますが、これただ和音を適当に弾いたものに基づいているだけ(その後音楽的なクオリアに合わせて修正)です。音楽の仕組みを数年勉強できていれば誰でもできます。

 


この辺の作品は、DAWや音源、サンプルを用いれば誰でも作れます。

おかげさまで現在は毎週20音源を作る勢いが自分に生まれました。きっとこれまで抑え込んでいたものが解き放たれたのでしょう。自分のやり方を持つ、ということはとても重要です。

 

 

本ページに載っていない作品はこちらから一括してみられます。

よろしくおねがいいたします。

www.terrax.site

 

各種お問い合わせ先

ssl.form-mailer.jp

   

 

下記に具体的なアイディアを教材から転載してます。

不定調性論の具体的な方法論的アイデアをまとめました

不定調性論の方法論的展開その1★★★★ - 音楽教室運営奮闘記

不定調性論の方法論的展開その2★★★★ - 音楽教室運営奮闘記

 

当ブログの一般楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

   

 

f:id:terraxart:20200630221000j:plaintopic image