音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;雪やこんこ〜v-solo piano★★★★★

www.youtube.com

昨年の作品です。

 

童謡はメロディみんなが知っているぶん、奇抜にしても輪郭が消えないのでとても良い材料になります。

 

感情で和音を当てる、とはどういうことか、音楽理論ではない音楽とはどういう概念がそこにあるべきなのか、自分でより自分の中で実践的な要素として落とし込むために作品に取り組んでいます。

 

楽曲制作のお見積もり依頼フォーム

 

この曲のメロディは可愛らしく、子供の感じがとても活き活きと出ています。素晴らしいメロディだなあ、と感じます。

大人になると、それが遠くの方で聞こえ、子供たちのはしゃぎ声が、社会人としての憂いのフィルターを通して耳の奥の方で聞こえます笑。そこでちょっと遠い感じで始まります。もっと聞こえないくらいでもよかったぐらいです。

 

聞こえなくちゃ音楽じゃない、というのは原始的なスタンスです。

遠くで聞こえて物悲しい、灯油を運んでくるトラックのメロディ、焼き芋屋さんのメロディ、古くは落語の世界で言う、そば屋の声。現代なら街の彼方で聞こえる5時のチャイム。なんとも言えない思いになります。そういう「思い」は最新の楽曲をipodで効く時となんら変わりません。感情だけが動いているんです。それ以外は何もありません。

このメロディは遠い冬の日の想い出です。

そしてそれと同時に、天気がいいのでしょう、雪が日差しに溶けて、涼やかな雫の音が聞こえます。このメロディの感じはそのどこかで降り積もった頑固者が太陽に溶けるやさしい雫の感じも出したいと感じました。雪の休日で一番穏やかな午後の時間。

f:id:terraxart:20190119173126p:plain

0:40-ここはM7×3の音程です。踏み固められた雪と溶ける雪。

 

1:04からはちょっとはしゃぐような感じです。皆が外に出て、転ぶ人もおり、皆おぼつかない足で街が活気に満ちてきます。日頃どーだ!と言う勢いで生きていく勝ち組であっても、雪に滑る可能性は同じです。むしろ転ぶことを皆から望まれるのがそう言う人たち。雪は万人に平等に降り、真っ白と言う世界を惜しげも無く見せてくれます。

 

"山も野原も わたぼうしかぶり 枯木残らず 花が咲く"

 

だからと言って、それから良い1日になるのでも、何かが変わるのでもありません。何もしないのに、雪はただそこに降るんです。

給料がもらえないとわかったら働かない人類と比べたらまるで違います。文字通り天地の差。

人類は2000年以上人と争って生きてきました。それなのに変わることができません。変わったと信じているだけ。

 

雪が降って交通が麻痺すると、いかに社会が虚構かを思い知らされます。

年月がどんなに経っても、人は変わることができないまま年老いていきます。

だからと言って子供らしさを失いたくないと思っています。そして分別を持ちたい、とも思っています。でも基本的に人から奪う、自分を満たす、と言う欲望を放棄することはできません。

この矛盾はなるべく見ないようにして、体裁だけ整えていきています。

 

それが滑稽というか、体内的不協和、というか、それを後半は表現しています。

でもこれは皮肉ではなく、それを受け入れて、皮肉っていないで、誰かのために何かしよう、誰かの笑顔を見に行こう・・・というアレンジです笑。

 

不定調性というのは、飾らずそのまんまを出すことができます。

これが機能和声なら、某クリスマスソング達のように、まるで資本主義万歳みんな幻想、みんなハッピーみたいな世界を作り上げます。

まさに正反対です。でもそれは人類が2000年追い求めている夢の世界かもしれません。不定調性だけでは、「夢の世界」はプライベートな程度に収まってしまいそうですが、機能和声なら、世界中を動かすようなオペラティックな啓蒙音楽も作れます。

 

ビートルズがこれを覆すまで、機能和声万歳でした。

ビートルズの不定調性的な発想による商業的成功が機能和声をひっくり返したんです。

音楽は美しさにのみ惹かれるのではなく、一生懸命とか野望とか、努力とか、挫折とか、苦しみ、とかでできたものにも見る奥がある、と彼らは教えてくれたのです。

それが世界的なスタンダードになったことで、機能和声の虚像はあの日、崩壊したんです。

 

1:42の

f:id:terraxart:20190119174912p:plain

f:id:terraxart:20190119174957p:plain

 この「ポロローン」とひっくり返るのが裏領域的な音のイメージです。

疑問、ため息、諦め、開き直り、みたいなことが不協和と複層的な、複数面構造で表現できます。

 

この時、音は自動的に設置できるのではありません。

 

響きが「自分にとって不都合ではないか」をよく繰り返し聞いて確かめます。

理論で補強はできません。響く音程関係を一つ一つチェックして理屈の上でのギリギリの協和を作ることもできますが、協和関係が作りたいのではありません。

「疑問・不可思議」が作りたいんです。

だから聞いた感じの音が「疑問あるいは不可思議または両方」でなければ、それは自分にとって「適切な響き」ではないんです。

不定調性論で「自分の感情を音にする」というところの苦労はここです。

・まず何を表現したいか浮かぶこと

・それをどんな風に落とし込むか感じられる

・それをどんなフレーズにすればいいかわかる

みたいなことを理解できるようにしていきます。

 

でも音楽家なら最初からできる技術です。それらが

伝統的発想や、講師の教え、喜ばれる教え、期待される行為などへの想いが感覚を曇らせていくだけです。

だから不定調性論の学習で、「いつでも曇りを払うことができる」という絶対的な状態を心のオアシスとして持つわけです。

f:id:terraxart:20190119175852p:plain

このアレンジ、ト長調Gメジャーキーで作っています。反応領域が広いので不協和が多いですが、まあ安定している方です。

最後の和音はG7sus4(9,♭10,#11,13)。

これも疑問です。これはわかりやすいですね、解決しなきゃいんだから笑。

機能和声ではできないけど、不定調性だ、って言って仕舞えばできる、というのは卑怯かもしれませんが、これは生活上の束縛は嫌うけど対位法の束縛なら守る、というある意味矛盾した感覚と同じです。

 

あとは表現するだけ。

 

頑張ってこの世界観、どんどん固めていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題==

匂いが移らなくて、一度にガバガバ使いすぎない手洗い用のおしゃれな石鹸ないですか?

これでしょ。(ノ゚ο゚)ノ オォォォ

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71yghK9KByL._SL1500_.jpg


 薬用せっけんミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ 香りが残らない 台所 キッチン用 (本体ソープディスペンサー+詰替250ml セット) 殺菌 消毒 保湿成分配合 まとめ買いセット