音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;(アレンジ・mix)相沢りんな 『 smile 』~制作の現場から

相沢りんなさんの新曲です。

アレンジしますた!!!ヾ(。> O <。)ノ゙

 

 下記記事参考タイムは下記動画をご参考に。

https://youtu.be/p0Lj8x4MGoA

前作から二か月ぶり。

<前作>

制作メモ;(アレンジ・mix)相沢りんな 『 夢だったらよかった 』

詞とメロディ、仮歌、イメージを頂きアレンジしてます。

りんな氏オリジナルメロディ、作詞も本人がしています。

歌のメッセージは当人のキャラクターと日頃からの想いがギュッと詰まった個性豊かでカラフルなメッセージだな、というのが第一印象でした。


以前は1コーラス出来たら確認、みたいなこともしていたのですが、最近はだいたい細かい打ち合わせはせず、デモをもらったらフルで作って、その後方向性などの修正指示を頂き完成させます。

大変楽しいお仕事です。

 

見た目やキャラクターが目立ちますが、現状なりの実行力や、突進力、一切物怖じしない精神力や社会対応力のスキルが、弱点をはるかに上回っています。この世界は才能の有無は関係ありません。大なり小なり人に負けない強みを持っているかどうか、だけです。彼女もいつブレイクしてもやっていけると思います。

それがどんな形でどっちの方向から来るか予見できる人はいません。

先を見据えて今をやり尽くすしかありません。

その現状の突進力をこちらがしくじって止めることのないよう、日々踵を上げて集中しています。。

夜中にデータがいつも届くので、夜中は寝てください笑。倒れてしまいます。

 

   

前回はバンドサウンド系で切ない感じでした。今回は反対側に振り切った!笑

オイ!(っ´∀`):っていうかんじで。

持ち味が"ちゃらんぽらん"という末恐ろしさしか感じない魔性の能力なので、どこかでそれを具現化する必要があると、以前話をしたことはありました。

ここで来たか。。

 

困ったのはアレンジです。

不器用な恋の駆け引きも同様にちゃらんぽらんを作ったのですがあっちはカッコつけた中にそれを入れたかったのでまたちょっとニュアンス違うんですよねぇ、、今回の方は本人の脳内に生まれ持って組み込まれたものをそのまま体現する、という意味で全く違う。。。次元が違う、だいたいちゃらんぽらんという混沌を12音で表現出来るわけがない。

だから理屈で考えないで出音で勝負することにしました。

 

裁判やらずに「はい有罪です」って言われるようなわかりやすい音を詰め込みました。

ちゃらんぽらんわんだーらんど。

 

SMILE

<Intro>

E  |A  |G#m7  |C#m7 |F#aug7/B  |

<A>

E  |EM7/D  |D#m7  |G#7 |C#m7 |B  |A  |D7 B7|

A  |B  |G#m7 |C#m7 |F#m7  G#m7|A  B |Caug/Bb  |B7 |

 

<B>

G#m7  |A  |B  |C#m7  |D  |G#7  |

A  |F#/Bb  |B7  |

 

<サビ>

E  |A  |B  D  |C#m  Ab/C|Bsus4 A7(13)|C#m  |A   |B |

E  |A  |G#7 |C#m7 |F#7 |B  G#7 |A B7sus4 B7 |

 

<Interlude>

E  |A  |G#m7  |C#m7 |

4G#(p)/F#  4A(p)/F# 4A#(p)/G# 4B(p)/G# 4C(p)/A 4C#(p)/A 

  (^・o・^)ニャ~o |

 

<A>

E  |EM7/D  |D#m7  |G#7 |C#m7 |B  |A  |D7 B7|

A  |B  |G#m7 |C#m7 |F#m7  G#m7|A  B |Caug/Bb  |B7 B7aug |

 

<B><サビ>繰り返し

A   |E/G#  |B    |B7  |

<C>

E  |D  |C#m |F#m |G  |A  |F#m7(b5) |C#7 |

F#m |B  |G#m |C#m  |A  |A  |B   |B7 |

<サビ>

E  |G#7  |C#m  Cm7 |Bm7  E7 | A  |Am |C  |D7 |N.C.   |

E  |A  |B  D  |C#m  Ab/C|Bsus4 A7(13)|C#m  |A   |B |

E  |A  |G#7 |C#m7 |F#7 |B  G#7 |A B7sus4 B7 |

A  |G#7 |C#m7 |F#7 |B  G#7 |A B7sus4 B7 |

A  |G#7 |C#m7 |F#7 |B  G#7 |A B7sus4 B7 |AM7   ||

弾き語りなどの時はコードを簡略化してください。

 

自作アレンジ解説なんて違和感しかないのですが、これも所詮情報であり、これから音楽を始める人が興味を持って見てくれれば それで良いと思います。

こういう専門番組とかができるとさらに音楽の国民的スキルが上がるかも、です。

我々は既得権益を手放し、新たな「誰もやっていないこと」をクリエイトする必要があります。

そのためには今音楽制作で個人が何をしているのかを説明必要があると思います。知られなければ伝統芸能でも衰退します。


興味が出てきたらより丁寧に書いているDTM関連サイトを回って見てください。そして仲間と新しい音楽表現情報を作ってください。

よって以下もDTM初心者的な内容です。

=====

今回の全体。

f:id:terraxart:20191005120152p:plain

f:id:terraxart:20191005120156p:plain

それぞれの帯一個一個に音データが入っています。一本一本が楽器の音色です。

f:id:terraxart:20191005120434p:plainこんな感じで。

DPの場合楽器トラックというのが一つのトラックになってしまうので紛らわしいですが、楽器トラック以外で66本あります。便宜上一部だけmidiをオーディオにしたり、というトラックがあるので2ー30ぐらいの楽器があると考えればいいのではないでしょうか。一箇所だけっていうのもありますしね。

=====

Interlude1;22あたりは・・

f:id:terraxart:20191005122630p:plain

ベースがこれで。

f:id:terraxart:20191005122623p:plain

四度和音です。平行移動で「不思議感」を出します。

 

 

f:id:terraxart:20191005122626p:plain

上のぴこぴこメロディは12音を全部使いました。

ちゃらんぽらん云ってますね。でも一音一音考えて聞きなおしながら配置しています。

これができるのが不定調性論の痛快なところです。

 

 

<おまけ>

EM7/Dは冒頭でどうしても「頭にクエスチョンマーク」を表現したくて、使いました。

表記ミスではありません。メロディにM7-6が行き来する間、ベースがのんきにm7を鳴らします。(*´ρ`*)ホワワーン.という感じです。色々試したんだけど、m7が一番ほんわかな不思議感を作ってくれたので、これに決定しました。

E B。。。違う

E A。。。変。

E EM7。。クセがない

E Gm7。。正直すぎ

etc。。。とかって考え。。しばらく別作業やってまた考え、みたいな。

 

<四度和音>

わたしは母校で、四度和音はこう書きなさいと教わりました。

f:id:terraxart:20191005125408p:plainこれで構成音は低音からc,f,b♭です。

f:id:terraxart:20191005125417p:plainこれだとc,f#,b。増四度、完全四度の積み上げ。

f:id:terraxart:20191005125425p:plainこれで「エクステンション」をくわえます。構成音はc,f,b♭,e♭です。四度和音のテンションですね。四度和音はジャズ理論的には低音から浮遊しているので、根音に重力をある通例の和音のテンションとはわけて「エクステンション」と考えるそうです。

 

f:id:terraxart:20191005125432p:plainこれだと、c,f#,b,fですね。今回は全部完全四度なので、母校表記に従えば、

f:id:terraxart:20191005125916p:plain

こうなんでしょう。


<ネコと和解せよ>

あなたがどんなに悩んでいても、目の前の猫がひと鳴きしたら、あなたはきっと2分ぐらいは自分の悩みを忘れるでしょう。猫のにゃーは魔法の言葉。

ネコの鳴き声に変わる何かを自分の中に見つけて、きっと前に進めるヒントがどこかにある、あきらめんにゃー~っていうメッセージです。

またはネコと同居せよ。

======

f:id:terraxart:20191005120820p:plainf:id:terraxart:20191005120828p:plain

今回のピコピコ音代表。

f:id:terraxart:20191005120832p:plainf:id:terraxart:20191005120838p:plain

ドラムはBATTERY。

キラキラコンコンはいつものMIROSLAVのグロッケン。

その他シンセ10個くらい使いました。

=====

f:id:terraxart:20191005121205p:plain

最初のドゥドゥドゥルル〜はボーカル4本です。5本にしたのですが、厚すぎて爽やかさがなくなったので一本減らしました。

=====

f:id:terraxart:20191005121326p:plain

例えば、歌い出し「あぁ!」の前の効果音、6つの楽器をかぶせています。

=====

0;33ごろ

f:id:terraxart:20191005121909p:plain

鳴ってます鳴ってます。Caug。ベースがBbなので分数augになっていると思います。そのあとが律儀なB△笑。

   

 例によってボーカルトラックのプラグインです。挿している順から。

f:id:terraxart:20191005115004p:plain

(ディエッサー)今回ハイが鋭かったのでかなりきつめにかけています。耳に触るサ行の音を消します。

f:id:terraxart:20191005115007p:plain

(DP10_コンプ)ハイはあげません。ローも抑えるぐらいにセッティング。ディエッサーが効いているのかなりナチュラルです。

f:id:terraxart:20191005115012p:plain

(DP10_EQ)必要なとこだけ。コーラスがたくさんなので、かけている部分は双方で補い合います。全部まとめて聴きながらこの結果です。コーラスの結果、倍音が分厚くなってしまったところをちょっと下げています(2.5-8khz)。

ハイを抑える、というちょっといつもと違う感じで丸い音感を出してます。

EQ作業が人生で一番落ち着く、というあなたはもう社会復帰は無理です。素直に名曲を作りましょう。

f:id:terraxart:20191005114955p:plain

そして最強コンプ。甘めです。いつもはアタックも0なんですが、この曲は少し甘く、丸く。全体のボリュームをこの段階で上げます。

f:id:terraxart:20191005114959p:plain

そしてお気に入りブリバーブ。

いつものセッティング。かかってないように聞こえるやつ。

f:id:terraxart:20191005115015p:plain

さらにこいつでちょい上げ。

自分のミックスがいいのかどうかわかりませんが、きっと誰かの役には立つ、と信じます。質問も受け付けてます。

一応音楽教室ですから。


 

下記はマスタートラックの最後のEQです。全トラック好きな音で調整した後、それらを混ぜれば当然ながら癖が出ますので、それをマスタートラックで直します。ここで直らない場合全てのトラックでやり直しです。慣れてくるまではそういう全とっかえ作業とかも経験してください。

f:id:terraxart:20191005114702p:plain

===============

これからも自分のオリジナル曲、極めて行ってください。いつかブランドになります。


さて、次なる新曲はいかに!!!

引き続き宜しくお願いします!!

 

www.youtube.com

チャンネル登録してあげてください!本人喜びますm(   )m(本人管理チャンネルです)。

 

楽曲制作はこちらです。まずはお問い合わせにて。

Youtube用の制作もやってまーす。クレジット表記等の必要はありません。

楽曲制作のお見積もり依頼フォーム

   

 

 

 

f:id:terraxart:20191005090354p:plain