音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介16>上方性・下方性和音構築法〜根音の絶対性の解放から調和的発想へ

2018.6.13⇨2020.10.20更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る 音楽で使用するための四つの音集合を規定しました。 上方五度領域 c-e-g 上方四度領域 g-b♭-c 下方五度領域 c-a♭-f 下方四度領域 f-d-c ここから機能和声音楽に用いる音楽を作るために…

<不定調性論用語/概念紹介15>基本和声単位〜和音になる前の状態を示す

2018.6/13⇨2020.10.20更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る 不定調性論では「基本的な和音の状態」を四つ作ります。 あとはそれをどんどん拡張し、組み合わせてあらゆる和音が作れます。 これは三度堆積に依存しない方法です。 上下とも、オクタ…

<不定調性論用語/概念紹介14>CG問題

2018.6.12⇨2020.10.19更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る コンピューターグラフィックではありません。 c音とg音の二和音の問題です。 通例音楽理論の学習をすると、「cとgのどちらが根音か」と考えると、cをイメージするようになります。自然…

制作メモ/EDMをそれっぽく理解できる用語・テクニック解説1

しばらくトレーニングを兼ねてAudiostockさんに洋楽テイストのインストをアップしていきますので、ついでにエレクトロのテクニックや用語をDAWの画面を用いてご説明しようと思います。 クリエイター向けというより、より一般の人向けの「エレクトロってこん…

<不定調性論用語/概念紹介12>基音が生成する音、基音を生成する音

2018.6.11⇨2020.10.18更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る 基音が生成する音=上方倍音列 基音を生成する音=下方倍音列 のことです。これがよくわからない!という方は下記をご参考ください。 www.terrax.site 不定調性論では、 基音cに対して…

<不定調性論用語/概念紹介13>数理親和音モデル

2018.6.11⇨2020.10.18更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る <不定調性論用語/概念紹介11>基音の反応領域2こちらで紹介した表がこの数理親和音モデルです。 cという音をあなたにしましょう。 あなたはこれから様々なスポーツをします。 あなたに…

<不定調性論用語/概念紹介11>基音の反応領域2

2018.6.10⇨2020.10.17更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る あとはこの表から範囲を定めるだけです。 機能和声は上記の開いたとこを用いて作られた音楽理論です。 それ以外の範囲に自由に拡張してください、と提案するのが不定調性論です。 上記…

<不定調性論用語/概念紹介10>基音の反応領域1

2018.6.10⇨2020.10.17更新 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る 「基音の反応領域を決める」 とは「お店に出てきた料理を、自分好みの味にする」的なイメージです。 とんかつにソースやしょうゆをどの程度かけますか? ラーメンに唐辛子入れますか? …

コード譜サイトのコードは全部弾かなきゃいけないの?

2018.10.1⇨2020.10.17更新 コード譜面サイトで、こんなコード進行に出会ったとしましょう。。 CM7 |Dm7 G7(b9) |Am7 |F#m7(b5) |D7 |G7(b9,b13) |CM7(9,#11) | // これらのコード、全部弾かなきゃいけないのでしょうか。 初心者には難しいですよね。不定調性…

作曲を趣味にしませんか?(その最終回)

2019.7.11→2020.10.16更新 <前回講座> www.terrax.site // <最終回> ■作曲法を駆使してセクションを広げよう ここからはとにかく作ること。です。 いよいよ1コーラスを作ってみましょう。方法論を覚えたからといって曲が自在に作れるようになるわけでは…

作曲を趣味にしませんか?(その8)

2019.6.28→2020.10.16更新 <前回講座> www.terrax.site // <第8回> ■オリジナルのメロディにコード進行を付ける手順1 前回はコード進行に合わせながら、メロディーを作る、ということをしてきました。 今回は一旦メロディー作りに戻り、作った以下の二…

作曲を趣味にしませんか?(その7)

2019.6.14→2020.10.16更新 <前回講座> www.terrax.site // <第7回> ■コード進行を作る準備 コード進行は、音楽のストーリーのリズムです。 クラシックの時代にもコード進行(和声)はもちろんありましたが、コードネームという概念が発明されていません…

作曲を趣味にしませんか?(その6)

2019.6.6→2020.10.16更新 <前回講座> www.terrax.site // <第6回> ■コード進行に慣れる 最初に使用するコードは次の15個です。 三和音 C,Dm,Em,F,G,Am四和音CM7,Dm7,Em7,E7,FM7,G7,Am7,A7,Bm7(♭5) コー…

作曲を趣味にしませんか?(その5)

2019.5.23→2020.10.15更新 <前回講座> www.terrax.site // <第5回> ■作曲技術の向上のために これまでは、無の状態からもメロディーを作ることが出来たと思いますが、ある段階まで来ると、一つの方法論だけでの作曲は壁にぶつかってしまいます。 このよ…

作曲を趣味にしませんか?(その4)

2019.5.9→2020.10.15更新 <前回講座> www.terrax.site // <第4回> ■作品のステップアップのための準備 かなりの数の断片的なメロディーができた方もいらっしゃるでしょう。いろいろなメロディーができたところで、少しずつ自分に足りないものや、「こう…

作曲を趣味にしませんか?(その3)

2019.5.4→2020.10.14更新 <前回講座> www.terrax.site <第3回> ■旋律(メロディ)ができた! ついに出来上がったメロディーはあなたの記念の作品ですね。 さて、いよいよ曲の構成に向け、曲のアナライズと、肉付けを行っていきましょう。「作曲のたのし…

作曲を趣味にしませんか?(その2) 

2019.4.20→2020.10.14更新 <前回講座> 作曲を趣味にしませんか?(その1) - 音楽教室運営奮闘記 // <第2回> 今回は前回説明した方法のうち「メロディーから作る」でやってみます。 // メロディー作りに挑戦!! 最初は「ながら作曲」をやってみてくださ…

<基礎>音名を覚えよう

そういえばこのトピックがなかったと今更ながら気がつき、書かせていただきます。 // 音程がわからないレベルの時は、音楽理論はちんぷんかんぷんです。 だから「九九」を覚えるように、まず音名を暗記します。 九九並みに音楽的日常で役に立ちます。 英語名…

作曲を趣味にしませんか?(その1)

2019.4.2⇨2020.10.12更新 長い人生の楽しみの一つに作曲/音楽制作を趣味にしてみるのはいかがでしょう。 この記事は全く作曲経験がない、というところからある程度作曲のイロハが理解できるところまでお連れするブログ講座です。 どうせならもっとすごい先生…

2020年9-10月前半のKANTオススメ制作作品のご紹介〜不定調性論を実際に用いる

ブログ主の制作作品紹介シリーズです。 前ターム作品。 www.terrax.site 2020年9-10月前半のオススメ作品を紹介させてください。 (๑• ㅂ• )و✧ ファイト!! // 順調に600作品を超えました。1000作品までもう少し。 下記ページからお気に入りアーティスト…

不定調性論的なアナライズ方法等について

2018.5.19⇨2020.10.10更新 www.terrax.site 音楽の現場で、これはトニックで、これはサブドミナントで、、、なんて考えることはほとんどありません。 プレイヤーなら音質、バランス、弾き方、パフォーマンス、メンバーとのコミュニケーションなどやることが…

和音は二種類しかない~不定調性論の観点から

2019.4.19→2020.10.9更新 この記事も独自論を含みますのでご留意ください。 // 拙論では、 和音には二種類しかない、という分類方法があります。 それは増4度を含むか含まないかの違い での分類になります。 より専門的なことは動画シリーズや用語解説に譲っ…

制作メモ;<音楽の絵本>子猫と弾く24のピアノ曲〜音楽的なクオリアを活用する

不定調性論的思考を具体的に用いるためのアイデアとして作り上げた曲集です。なるべく簡易で把握しやすい全体像の楽曲になっています。 猫たちの仕草を思い浮かべることで、メロディや旋律のフォルムを自在に「イメージに沿わせて弾くこと」を目的としていま…

倍音マトリックス〜親和音としての現代ブルーノートの生成/自己の音楽システムを作る楽しみ

2017.9.1→2020.10.7(更新) 独自論を含みますのでご留意ください。 倍音マトリックス基音をcとしたとき、下記の図のような関係性を配置することができます。 このチャートには基音がcならc#とb以外の音はすべて出現します(詳細は教材にて)。 ラモーに始ま…

コード譜サイトの使い方~不定調性論的思考に

2019.5.11⇨2020.10.6更新 インターネットにはたくさん曲の歌詞とコードが調べられるサイトがありますよね。 たとえばコピーしたりするときは、 「白日 コード」 などと検索しますよね、 すると 白日 / King Gnu ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード - …

(2013資料抜粋掲載)不定調性和声のコンセプトによる"枯葉"の様々なバリエーション

2018.10.31⇨2020.10.5更新 過去動画の資料を掲載している記事です。 www.youtube.com 2013年の動画です。この頃はPCで音楽作っていませんでした(QY70です!)。 それぞれの参照楽譜です。 0:00 高層ビルから舞い散る枯葉短調の代わりにテンポダウンと7コー…

複層のアフォーダンスと不定調性論的思考

何冊か読ませていただく本の中でピンとくる概念、用語、というのがあります。 本を丸ごとだと理解が追いつかないのですが、概念一つだけならわかるような気がしますので折を見て一つ一つ書いています。 // アフォーダンスとは 旋律の翻訳 風景の翻訳 意味を…

クールな停滞と焦燥=モード音楽の先に見えるもの;Jessica / Herbie Hancock

2018.3.27→2020.10.3更新 Jessica / Herbie Hancock // open.spotify.com Herbie Hancock - Jessica たとえば、Cドリアンであれば、Cm7(6)やCm7(6,9)というコードが「ドリアンを表現する和音」となります。 (参考) 「モーダル」って何?? <基礎>スケール…

「カエルの合唱」のメロディで不定調性和音〜和音を単音として捉える

2018.6.3⇨2020.10.2更新 不定調性論的な和音付けについてのお話です。 普通はメロディって、単音ですよね。つまり人が歌えるラインですよね。 「かえるのうたがー」 っていうメロディは、 ドーレーミーファーミーレードー ですね。 (童謡『カエルの合唱』…

(Digital Performer)DPでのMODO BASSのスライド設定(CC64)1

2018.11.15⇨2020.10.1更新 M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ ↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。メール返信かブログ上でお答えします。 ===== (記事執筆時はDP9でした。) Digital Perform…