音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介59>V7のモードからの独立

「調」の概念は、「モード集合という音の使用制限」の概念とともに進化しました。 モードは旋律的習慣や、開始音、終止音が定まっていて、和声感の有無に関わらず、旋律に重心を与えていました。モード音をどのように用いても、最終的に主音に帰着し、主和音…

<不定調性論用語/概念紹介58>不定調性進行

次のコード進行を見てください。 CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 CM7 この進行に朗らかで、穏やかな昼時を思わせる調べを感じました。 アレンジを加えます。 CM7 Dm7(♭5) Em7 Fm7 G7 Cm7 こうなると陰りが差し、最後は物悲しく終わります。長調と短調の狭間のグラデーシ…

<コラム>耳コピのためのメモ

耳コピに才能は要るのか、ただの慣れなのか、ちょっと分かりません。 高校の頃からメロディは聞き取ってました。 多分昔の人はみんなそうでしょう。 大学出て専門学校時代(MESAR HAUS)にジョージ・ベンソンのアルバムを全曲ソロ、バッキング、コードを聞き…

制作メモ;(耳コピDTMcover) もし君を許せたら / 家入レオ 【絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査官~】主題歌

You Tube Coverです。 www.youtube.com アレンジしちゃいました。 拝啓・家入レオ様、素晴らしい曲をありがとうございますm( )m。 参考はこちらです。 とっても気合の入ったアレンジで、6時間制作ではまるで歯が立ちませんでした。 だいたい打ち込みに4時間…

<不定調性論用語/概念紹介57>ドミナントモーションからの解放

例えばこんな曲を創ったとしましょう。 この曲の目的は、自分の中の音楽のアイデンティティを破壊するためです。 最初から観念を破壊する目的で演奏するので「変じゃない」「これはまたこれで良し」という心境で弾けるまでに持っていきます。遊びで結構です…

<コラム>何となく不機嫌で悶々としてしまうことないですか?

(専門医ではないのであくまで参考程度に。先生の苦肉の策です) ある。 制作に関しても遅れるだけでメリットがありません。少しでもこういう精神状態を改良していきたいです。 原因はきっと仕事のこと、制作のこと、等で上手く行かない、または、もっとうま…

<不定調性論用語/概念紹介56>和声単位作曲技法

例えばこーいうコード進行。 |Cadd9 |Dadd9 |E♭add9 |Cadd9 |E♭add9 |Gadd9 |C#add9 |Cadd9| サウンドはこちらで。 add9 | rechord - 演奏もできるコード進行共有サービス これ、不定調性論の記号を用いると、 Cadd9=c,e,g,dですから、 Cu5(d)とか…

<コラム>解釈、理解、分析、解答は全て個人だけに通用するもの~新しいバーチャルリアリティ時代に向けて

これも難しいですが、1+1=2というのは、万人に共通するのではなくあなたにしか通用しない、という発想です。これはあなたが見ている世界はあなただが創り出したものなので、あなたが見ている世界が同意するのは当たり前で、それもすべてあなたが都合よ…

<不定調性論用語/概念紹介55>マザーメロディ

最初C△ではじまったこの二分音符のフレーズにあったコード付けをしてみましょう。 この時、不定調性論では、このような「メロディの大枠」を「マザーメロディ」といったりしています。これからメロディになる元です。 通例はスラントライン、とかいうのかな…

<不定調性論用語/概念紹介54>四つのモードのダイアトニック

とりあえず、一般的な四つのスケールに出現するあらゆる和音をディグリー別に並べた表です。 ・メジャースケール ・ナチュラルマイナースケール ・ハーモニックマイナースケール ・ハーモニックメジャースケール です。 これらを自由に組み合わせてコード進…

<不定調性論用語/概念紹介53>モーダルダイアトニックアナライズ

こじつけの極致です。 でもトークが上手な人なら、これで説得することができるかも。あとで種明かしします。 この中からM7thコードを抜き出してください。 cから並べると、 CM7 DbM7 EbM7 FM7 GbM7 GM7 AbM7 BbM7 こんだけ出ますね。これ使って下記のような…

(Digital Performer)プリフェーダー、ポストフェーダーDPの場合。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ ↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容であった場合がございます。) こ…

(Digital Performer)ZTX設定;ピッチ変換についての小技

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ ↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容であった場合がございます。) こ…

<コラム>鬱にならない、鬱から完全脱却する方法

これは最後の手段です。 ビルの8階にいて、あらゆる体調不良、心の不安定から脱出できたのは www.terrax.site 自分はアーシングでした。決定的な治療でした。 効く人、効かない人、いるかもしれません。最後は人の知恵ではなく、母なる地球を頼りにしました…

<不定調性論用語/概念紹介52>機能進行のタブー

Tから進むことのできる機能 T SD D SDから進むことのできる機能 T SD D Dから進むことのできる機能 T でしたね。 これがルールでした。これに則って作られる作品がいわゆる"良い作品"です。 でも良い作品は評価されるだけで作曲家を幸せにするわけではありま…

<不定調性論用語/概念紹介51>センターコードとアラウンドコード

難しい曲のコード進行は、いったい何のキーで、何のスケールで、何がどうなってそうなってるんだろう、というのが良く分からない場合があります。 それがすごいアーティストであるとき 「あ、いや、なにもかんがえてないよ、感覚さ、君もそうすればいいい。…

<コラム>稼ぐ労働・稼がない労働・遊ぶ労働の活用

時間管理術にもつながるのですが、サラリーマン生活からフリーランスに変わってどうしても最初変われなかった意識の部分を書いておきます。 今だいたい15時間労働をしています。 すごく多くて大変だ、と思うかもしれません。 でも例えばそれで稼ぎが5000円…

<不定調性論用語/概念紹介50>音楽のバランスの恣意性

これもタブーといえばタブーです。 これを言ってしまうと、あらゆるものに価値が無くなってしまうので、人が音楽に生きる拠り所が無くなります。 あなた、余命一か月でも、他人の批判して過ごします? 余命一か月でも、その仕事します? 余命一か月でも、今…

<不定調性論用語/概念紹介49>ベルトチェンジ

これは分子構造モデルのリディアンとロクリアンです。詳細は別にわからなくて結構です。この対称性が面白いですよね。 これは、 こういう音程関係の対称性があるから生まれてくるわけです。 このような現象を「ベルトチェンジ」と呼んでいるのですが、名称は…

制作メモ;(cover) アイネクライネ / 米津玄師

You Tube Coverです。 www.youtube.com いつものカバーです。 キー5つ上げです。 原曲は遠くだけ晴れている空の下、ざらっとした灰色の声の質感が、金色のギター音とチャリンとぶつかって光が飛び散るような曲。明るいけどその明るさが暗い曲。 ギターが男っ…

はてなブログの編集履歴機能が優秀すぎた。

ちょっと感動してしまいまして書きます。 staff.hatenablog.com うちははてなブログproなので、上記の全対応が可能なのですが。 このように「記事の管理」のところに「編集履歴を見る」という項目があります。 「コピーして新しい記事を書く」で記事を刷新し…

(音楽家の健康)「不調を癒す〜アーシング」から

アーシングの不思議な効果について www.terrax.site この記事も無思考シェア厳禁です笑。 あなたの大切な人にひっそりと勧めてください。 今日は当該図書の紹介をします。 不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大…

<不定調性論用語/概念紹介48>和声の分子構造における形態模写

たとえば、CM7をこのように作った時、なんかアンバランスですよね。 もちろんほかの作り方もできますが、Eのレンジ2の五度音を配置、というイメージでCM7を考えると、ここに対称性を作り(形態模写)、 こうすれば、CM7(9)のできあがりです。 とうぜん、 こ…

<コラム>時間管理術;好きなことで稼ぐために心のエンジンを

フリーランスの時間管理術、1つだけご紹介します。 これだけでなんとかなります。 <ある日の予定> ・ブログを二つ書く ・授業資料ギターCD5曲を作る(五日後には完成) ・二曲コード楽譜を書く(二日後には完成) ・1曲制作する(四日後完成予定) ・1…

<コラム>キッズレッスンへの試行錯誤

子供達は大人よりも柔軟で体力も集中力もずば抜けています。 だから本来大人になれば、無限の可能性を持つ子供を教えることはほぼ不可能です。 そのために親子という仕組みで縛りを設けた生物の生態もなんとなく頷けます。 そうしないと子供を管理できないか…

<不定調性論用語/概念紹介47>和声の分子構造

意味のないものに意味を創造していく、という作業です。 あなたが今ランダムにピアノの鍵盤を目をつむって、5つの音を弾いたとしましょう。 左手で一音、右手で四音。 指の開く幅に限界がありますから、ある程度制限があります。 それがc2 b2,d3,d#,3,e3 で…

<不定調性論用語/概念紹介46>領域のアラベスク 

そして12音連関表が極限まで拡張すると、12音のカーペットになります。 あとは自由に線でも弾いて、音集合を作れば、それすなわち規則性によって作られた音集合となります。 囲まれた境目の音をメロディにするとか、覆われた音を用いて和音を作るとか。 えー…

<不定調性論用語/概念紹介45>副次的和声単位

これはcとdが完全結合領域を示していることを図にしたものです。 上の表では、cとdを色分けしてこの表を拡大しています。集合の現れる横の音の種類には変化がありませんが青字のdの列は赤字のcの下方領域fの四音の並ぶ配置が換わります。この表の一番上のdの…

<不定調性論用語/概念紹介44>+C△と-C△。

束縛は辛いですが、自由はもっとつらいですね。 人はきっと自由に対して怠けてしまって規則を作っているのだなぁ、と感じます。 でも自由は虚無ではないと思います。あなた自身の意思があれば。 たいていは意思を持たぬように教育されてきているので(教育側…

<不定調性論用語/概念紹介43>F△=-G△にしてみたら?

これもジョークです。 十二音連関表、増四度環において、上方のG△、下方のF△が対称的であることは、反応領域の形態模写によって構成可能であることを見てきました。 私たちは機能和声論においてこの二つは別の和音である、と思い込まされています。 そうでは…