音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

完全独学-これから音楽(理論)を勉強したい、何から始めればいい?

音楽を"理解"するのにまず音楽理論が必要だ、と思うかもしれません。

音楽をたくさん聴いて覚えていればそれが「理解」です。

音楽理論はその先の"学問"です。

モーダルインターチェンジを理解することより、「So What」を演奏できて、その曲の"感じ"を体得していることの方が"音楽的"です。

その後で、その曲のダイナミックさを

”モーダルインターチェンジのダイナミックさだ”

と表現した、というだけです。

 

だから先にたくさん音楽行動を行っておく必要があります。

その延長線上に音楽理論の学習があっても良いと思いますが、"勉強"には向き不向きがあるので、ある程度自分の"好き"の活動基盤ができた後トライしてみてください。

 

つまり、いきなり理論の勉強をするのではなく、まずは

「自分の好きなジャンル(Artist)の専門家になってみてはどうでしょう?」

と提案しています。

 

詳しくご説明します。

 

3ヶ月から半年、毎日45分の"音楽活動時間"を作ってください。

休日はありません。毎日です。脳内に太い学習回路を作りたいからです。

音楽制作心理学記事一覧(参考)

 

やることは簡単です。

45分で好きなジャンルの音楽を聴いたりネットサーフィンをしたりしてメモまとめをするだけです。文章が得意な人はブログを書いてもいいですし、SNSで発信してもいいです。

 

例えば、ショパンが大好きなら

・ショパン自身を研究家並みに詳しくなりたい!

・ショパンと同時代の作曲家、ピアノ曲に詳しくなりたい!

・19−20世紀の作曲家(ピアノ曲)に詳しくなりたい!

・ピアノ曲の歴史に詳しくなりたい!

・ショパンの演奏家に詳しくなりたい!

・とりあえず全曲聴いて感想をつけたい

・...etc

などと目標を決めてください。

 

 

それからこれも覚えておいてください。

音楽に詳しい人の方が少ない。

ましてや、音楽理論に詳しい人などほとんどいない。

音楽理論はすでに独自性が高まっており、独自性が高い人ほど孤立しますので詳しくなっても、話せる人はほとんどいません。だから音楽理論の学習そのものに興味がない人はそれを真ん中に置く必要はありません。それよりも

ショパンは病弱で大きな音が出せなかったからインパクトがなくて演奏会では評判悪かったんだぜ。

みたいなことのほうが"雑談"としてクオリティが高いです笑。

 

 

 

45分でやること

その日の気分で自由に決めてください(直感的に自分の行動を決断するクオリティを上げましょう=不定調性論的思考)。

ショパンのピアノ曲に詳しくなりたい!とします。

・本を読みたいときは伝記や研究本を読みます。面白い話があればメモります。

・インターネットをしたいときは、ショパンについてのサイトをかたっぱしから読みます。これも面白いネタをチェックします。

・youtubeなら、作品目録や年表を見ながらショパン曲を全部聴きましょう。全部聞いた、というだけでかなり凄いです。

 

楽曲を聴くときは不定調性論的思考を活用します。

音楽理論的知識、音楽史的知識がなくても活用できます。

自分の感受性を研ぎ澄ませて聴きます。

一回聞いてわからない曲は今のあなたには合いません。

繰り返し聴きたくなる曲が今のあなたにぴったりです。

来年はまた変わります。

 

例えば作品Aという曲なら、

//どちらかといえば好きか嫌いか

//曲はどんな雰囲気を思わせるか(夜っぽい?甘い?ワルツ?おしゃれ?などのわかりやすい雰囲気用語を書き込む)

//曲の中でも好きなフレーズはどこか(あなたにとっての"曲の核"を探します)

慣れてきたら詳しく感想を書きます。この繰り返すフレーズがいつも好き、とか。

//歌詞、ジャケット、作者のコメント、なんでもピンときたら感想を書いておきます。

「このジャケ、壁紙にしたい」とか。デザイナー調べて他の作品見たり。

 //それ以外に気がついたこと、感じたことを書き留めておきます。

 

全部スマホに音声認識メモで入力しておくと、手持ち無沙汰の時、人と一緒で気まずい時、そのメモを直したりできます。時に雑談のトピックにもなります。

 

自分でメモった後に他の人の感想なども読んでみると捕捉できます。

最初はボヤッとしか浮かんでこないかもしれませんが毎日続けることではっきりと印象を持てるようになります。

二年目、同じ曲を聴くと全く違って聞こえます。

音楽は変わりません。あなたが変わるからです。

 

それを密かに3ヶ月〜半年続けてください。感想は自然とどんどん専門的になります。

もちろんデスメタルでも現代音楽でもジャズでも映画音楽でもボカロでもミュージカルでもなんでも構いません。

自分のやり方ができるまで3ヶ月、ペースを掴んで半年、です。

外国語にも、歴史にも、国語にも、地理にも詳しくなれます。音楽理論好きな人は、物理にも数学にも詳しくなれます。"好き"は最強です。

 

あなたが気持ち良いと感じたところは音楽理論的にも重要だったりします。

音楽に詳しい人に

「この曲の、ここの部分がすごく泣けてくるんです、なんでですか?」

と聞きまくっていればあなたにぴったりの答えをくれる人が現れます。

"それはピカルディの三度だね"とか教えてくれたら、あとはそれを覚えておいてまた調べれば音楽理論的用語にもちょっとずつ詳しくなれます。

音楽理論は「全部を理解しようとしない」がコツです。

www.terrax.site

わからなければ後回しでいいです。ポイントは、

「今のあなたにしっくりくる答えの言い回しを探すこと」

です。知りたいことだけ知ってればOKです。一気に全てはできません。

人類の英知の結集です。数年でできるわけがありません。

 

そうしてもがいているうちに

自分の"好き"の共通点が見えてきます。

あれ?この間もこういうフレーズあったな?とかです。

他人と自分の好みの違いもわかります。一般社会と自分のズレもわかります。

結果自分を知ることができます。これも大事です。誰も「あなたが何を好きか」に時間を投資してはくれません。好きは自分で探さないと。

 

半年後、別のアーティストに広げたり、そこから別の勉強をしてもいいです。なんとなく続かなければあなたは現状、それに向いていません。次の趣味に進みましょう。

 

音楽理論をやりたい、という人は、

www.terrax.site

このページから追求したい分野を見つけて同じように本、ネット、youtubeで独学してみてください。あまり分厚い本、難しい本は読まないでください。

音楽理論 初心者でamazonで検索

 

音楽を深く読み解くには「楽譜の構造がわからないと先に進まない」となります。

でもいきなり楽譜の勉強を面倒だと思います。

そこでまず好きなジャンルに接して極めておけば

「あとは楽譜だけ!」

「次のステップはもう楽譜読むしかない!」

となるのでモチベーションが違います。

 

勉強は何からやるか、がとても大切です。

基礎は一生つきまといます。だから基礎で止まらずどんどん先走って、失敗する中で基礎の本質を体感してください。

勉強はやめないことがポイントです。やめなくても一生終わらないし笑。

 

せめて入口だけでも楽しくのめり込めるような要素を見つける、良い先生と出会うのが理想だな!と思っています。

 

(番外編)親からダメ、と言われた時

学生さんとかで、家族からダメ、と言われた時、などが起こり得るでしょう。

その時は啖呵を切る前にまず冷静になってください。

そして工夫してください。必ず周囲がOKと言ってくれるやり方があります。互いに利になる「交渉」をしてください。

親は不安です。それを払拭すれば問題ありません。

家族の刹那的な反対に屈するようならあなたには音楽は無理です。

必ず落とし所があります。

⇨お金になれば許してくれるかも⇨半年だけ収益化を目指して必死でやる。1000円稼ぐ、とかでいいです(ストリートライブ、ブログ、youtubeなら再生回数)。
⇨逆に勉強で成果を出せば、いい大学に行けば許しくれるかも
そのために一時期苦しい音楽と勉強の両立の時期があります。

遊ぶ時間を削るしかありません。削ってください。

仕事を始めると一日中暇です笑。数年ぐらい。それも結構辛いです。

未成年では遊べないものが大人になると遊び放題飲み放題です。学生の頃遊ぶのはこの国では効率が悪いんです。 

「もう本当に無理かもしれない」がスタートラインです。

お互い頑張っていきましょう。

 

お試しあれ!!

f:id:terraxart:20210427180202p:plain