音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

マーク・レヴィン「ザ・ジャズ・セオリー」について

よく話題に出る同書です。ちょっと古い本になってしまうので、持っていない、と言う方もいるかもしれません。ジャズを独習されている人は、自分が同書を読んで学習できる段階にいるかどうかご判断される目安になれば幸いです。

譜例が豊富ですので、楽譜が読めるうことが何より大前提になります。

同書の紹介

マーク・レヴィン ザ・ジャズ・セオリー「ATN 公式オンラインショップ」

 

ATNの音楽理論書関連はこちらから。

理論/アレンジ イヤー・トレーニング「ATN 公式オンラインショップ」

 

同書は、モダン以降のジャズプレイヤー向きです(演奏家向き)。一般の方向けとしては、00年代初期ぐらいまでのコンテンポラリーな様々な手法を実際のプレイヤーの実例を多く含んだ膨大な情報をもつモダンコンテンポラリージャズ方法論書、と考えてよいでしょう。コンテンポラリーといっても、フリー思想までは扱っていません。

当時はアウトサイドする技法などに初めて触れた本格的なジャズ一般書の海外翻訳本!と言うATNらしいイメージでした。

数年かけて読んでいく本です。

これからジャズを勉強しよう、として買うレベルのものではなく、音楽学校に在籍2年目または卒業してすぐの人が、これから数年どういったことを意識の指標にしてジャズをやっていくか、について刺激を受けるためのジャズ方法論辞典です。特に伝統的ジャズを学習する人にとっては決して色褪せないメソッドでしょう。

その代わり先進ジャズを行う人にとっては保守的に映るかも知れません。

 

一度には読みきれないので、どこに何が書いてあって思い出せるようなインデックスを別途書いておき、いつでも参考にできる、という状態にしておくと活用できるでしょう。

ただこの本の先に、最新のジャズのトレンドがあるので、早々に内容を取り込んで、最新の音楽をどんどん聴いて自分なりの研究分野を自分で作れる習慣に進んでください。

またDTMなどを用いているクリエイターがジャズの手法を取り込もうと考えている場合、同書はDAWまたは機材的環境との連携等については全く考慮されていないのであくまで音楽理論的、方法論書として活用ください(練習方等もアナログです)。

本気で勉強をしていたら10年ほどかかる内容ですし、ハマってしまうと方法論の学習、研究にこだわるようになってしまいます。

 

 

目次をまとめますのでご参考ください(丸写しではありません)。

====

著者の言葉

ピアノについて

用語、特殊な業界用語、ミュージシャンのニックネーム 

Part1 理論:コードとスケール

Chapter1 基礎理論 p3-

インターバル、インターバル一覧表、インターバルの転回、トライアド

Chapter2 メジャースケールとII-V-I進行  p13-

メジャースケールのモード、II-V-I進行、Voice leading、サイクルオブ5th、ロクリアンモードとハーフディミニッシュコード、 モーダルジャズ 他

Chapter3 コードおよびスケールの理論  p29-

メジャースケールハーモニー、メロディックマイナーハーモニー、ディミニッシュスケールハーモニー、ホールトーンスケールハーモニー

Chapter4 スケールの練習法  p89-

Chapter5 スラッシュコード  p96- 

Part2 メジャースケールとII-V-I進行

Chapter6 スケールから音楽へ p107-

スケールから音楽へ、シークエンス、連続したスケールエクササイズ、シークエンスの名人たち、 トライアドに基づいたインプロヴィゼーション、7thコードのシークエンス、コモントーン(共通音)他

Chapter7 ビバップスケール  p157-

ビバップドミナントスケール、ビバップドリアンスケール、ビバップメジャースケール、ビバップメッロディックマイナースケール、ビバップスケールリック 他

Chapter8 アウトサイドの演奏  p169-

半音ずらした演奏、トライトーンずらした演奏、他

Chapter9 ペンタトニックスケール  p177-

ペンタトニックスケールのモードおよびマイナーペンタトニックスケール、II-V-Iコード上のI,IV,Vペンタトニックスケール、ペンタトニックスケールを用いたGiant Stepsの演奏、メジャー7thコードに対するIIペンタトニックスケール、メロディックマイナースケールに対するIVペンタトニックスケール、陰旋法およびその他の5音スケール、ペンタトニックスケールの練習法 他 

Chapter10 ブルース  p202-

ブルースチェンジ、特殊なブルース、他

Chapter11 リズムチェンジ  p217-

Chapter12 練習、練習、そして練習  p223-

練習そのものを音楽にする、すべてをすべてのキーで練習する他、自分の弱点を練習する、スピードは正確さから生まれる、トランスクレイブ、リラックス、練習環境の改善 他

Part3 リハーモニゼーション

Chapter13 基本的なリハーモニゼーション  p237-

II-VのVのリハーモニゼーション、トライトーンサブスティテューション、マイナーコードのリハーモニゼーション、Vコードのリハーモニゼーション、Iコードのリハーモニゼーション、ソロを演奏しながら行うリハーモニゼーション 他

Chapter14 高度なリハーモニゼーション  p279-

コントラリーモーション、パラレリズム、スラッシュコード、上行および下行するベースライン、susおよびsus♭9コード、ディセプティブケーデンス、クロマチックアプローチ、Vコードのアンティシペーション、ディミニッシュコードの使用、ペダルポイント 他

Chapter15 コルトレーンチェンジ  p327-

Giant Stepsチェンジ、CowntdownとTune Up、スタンダードに対して演奏されるコルトレーンチェンジ、短三度で動くトーナルセンター、McCoy TynerのロクリアンVコード 他

Chapter16 3つのリハーモニゼーション  p347-

Part4 チューン

Chapter17 ソングフォームとコンポジション   p359-

イントロ・インタールード・スペシャルエンディング・シャウトコーラス・ヴァース、メロディがベースによって演奏される曲 他

Chapter18 リードシートの読み方  p375-

調号、メロディ、チェンジ、リズムおよびフレージング 他

Chapter19 曲の覚え方  p383-

Chapter20 ヘッド  p387- 

Chapter21 レパートリー  p391-

Part5 その他の重要なこと

Chapter22 サルサとラテンジャズ   p428-

ラテンミュージックとは何か?、クラーヴェ、隠れた小節線 他

Chapter23 未解決の問題  439-

ハーモニックマイナースケール、ハーモニックメジャースケール、従来の理論の限界、間違った音、批評、書評 他

Chapter24 リスニング  p451-p468

 

また巻末p469-28ページにわたり、各種教則本が列挙されているのがまた嬉しいですし懐かしいです。ここから次のステップを選ぶこともできるでしょう。

 

=======

500ページ近い内容が見開きA3サイズに小さい文字でびっちりと書かれています。気後れぐらいの分量ですが、読みやすいですし、YoutubeやSpotifyで音源を探したりしながら読めば、まるでインターネット講義を受けているようです。

 

 

以下、ランダムに引用します。

P viii イントロダクション

1%の魔法、

99%は

説明できるもの、

分析できるもの、

分類できるもの、

やればできるもの

P viii

理論というのは、なぜCharlie PerkerやJohn Coltraneがあのようにサウンドするのかを理解できるように、なんらかの法則を見つけ出そうと、音楽の周りで踊っている思考上のダンスのようなものです。ジャズ・ミュージシャンの数と同じほど、多くのジャズ・セオリー(理論)が存在します。

 

P ix どれだけ上手くなりたいか?

疑問の答えはすべてあなたのリビングルームにあるということです。

 

Part1 理論:コードとスケール

p4では各インターバルを実際の曲を例に出して解説してくれます。

p11

耳を鍛えなければならないのは、優れたソロというものは、頭の中で聞こえているものを楽器で演奏することによってほどんと創られているからです。

 

Chapter5 スラッシュコード  p96-

スラッシュコードは分数コード(C/D...)です。様々な実例を示しながら不定調な分数コードの実例とその効果を解説していきます。

 

Part2 メジャースケールとII-V-I進行

Chapter6 スケールから音楽へ p107-

シークエンスとは、フレーズのひとかたまりのパターンのことです。複雑なインプロヴィゼーションでもシークエンスを使うことで脈絡を作ることができます。同書では様々なシークエンスの達人の技を紹介してくれます。

 

Chapter7 ビバップスケール  p157-

ビバップスケールとは、通礼のスケールに半音連鎖が入った実用的なスケールのことです。II-Vはこれを使うだけでただのスケールの上下でも自然に音楽的にできる、という特性があります。

 

Chapter9 ペンタトニックスケール  p177-

同書ではポリペンタトニックの考え方に結構力を入れています。この頃ちょうど流行ったアウトアプローチでしたね。メタルもジャズもみんなポリペンでした。

 

Chapter11 リズムチェンジ  p217-

リズムチェンジはI,VI,II,Vによって組み合わされるシークエンス的進行をすべてリズム・チェンジとして解釈しています。教材によってターンアラウンドと呼ぶ概念も含めて解説されています。

 

Part3 リハーモニゼーション

ここでのリハーモニゼーションは、即興演奏内で即興的に行うためのリハモに特化してながら、テーマなどにおいてちょっとコンテンポラリーなアレンジを施す際のアイディアなどと織り交ぜて当時最先端のリハも技法が紹介されいてます。歴史の勉強として通り組むと面白いでしょう。ほぼ現代のコードアレンジの源泉がわかると思います。

 

Chapter15 コルトレーンチェンジ  p327-

ハーモニーの革命として、まだ音楽理論的なコンプレックスであった コルトレーンチェンジが詳細に解説されます。またコルトレーンがこの発見を他の曲にも活用した例なども紹介されています。まさにジャズの歴史書と化しています。

 

Part4 チューン

Chapter21 レパートリー  

965曲紹介されています。これらの曲に自分だけの話題を繋いでいけばジャズの講義は一生困らないでしょう。

 

Part5 その他の重要なこと

Chapter23 未解決の問題  

p449

あなたはアーティストとして完璧を目指して努力しなければなりませんが、自分が出した間違った音にくじけてしまってはいけません。(中略)かつて、Art Blakeyは「誰かが間違った音を出した。そしてジャズは生まれた」と言いました。

ああ、、講義ですね。こうやって自信を持って語りたいものです。 

 

Chapter24 リスニング

p458

Herbie Hancock

・Maiden Voyage (中略)1960年代における最高のレコーディングの1つ。

ジャズを知らない頃は、このレヴンの主観に助けられるでしょう。 有名曲だけでなく、彼が厳選して良いとおもったナンバーがおそらく200曲をはるかに超えて掲載されています。ここ読むだけでジャズの歴史がわかります。あなたはレッド・ガーランドの曲、アルバムを3つ以上言えますか?

私は言えません。でもこの本に11作品紹介されているので、それを聞いて勉強します。これで受講生にも「レヴィン先生のオススメはね」と第三者的に紹介もできます。

 

方法論書としては若干もはや古い感じもしますが、ジャズのレコードが変わることはないので、誰の何を聴くべきか、どの曲のどんな特徴があるか、どのアーティストにどんな話題があるかが網羅されているので、熟読しておけばジャズの技法や温度感などはほぼ理解できてしまうでしょう。

それでも、学習の先に「じゃあ自分が何をするのか」と言う"本題"が待っていますので、もしまだ自分の活動方針が決まっていいない人は読み終わった後に振り出しに戻るのは覚悟しておいてください。またスクールの講師の方などには話題豊富で戸棚に置いておくだけで絵になる本書はちょっとした空き時間に読むには最高です。

  

 




 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ザ・ジャズ・セオリーというよりザ・モダンジャズ辞典!!です。

 

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー