音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(基礎)移調楽器の理解と移調方法早見表

各図はクリックで拡大します。

当記事図表は私個人が作成しましたのでご自由に活用ください。

f:id:terraxart:20190903141131p:plain

B ♭楽器で普通の譜面のc音を出すには、楽譜に書く際はd音にします。上記は普通の音をこう書いたらB♭楽器で同じ演奏になるよ、という意味です。

f:id:terraxart:20200320203042p:plain

====

移調譜の考え方

次の3本のギターがあるとします。

1,普通のギター

2,全音下げチューニングギター

3,長六度下げチューニングギター

三人で演奏しようとする曲があります。

<レギュラー譜>

C   |Am7     |Dm7     |G7    | 

さっそく一斉に三人で演奏すると、

1,普通のギターは楽譜通り音が出る。

2,全音下げギターは楽譜のCを弾いたら低いBbコードが鳴る→「Bb楽器」とします

3,長六度下げギターは楽譜のCを弾いたら低いEbコードが鳴る→「Eb楽器」とします

となります。

つまり全音下げギターでCを普通のギターのCと同じ音にするには、Dを弾かせないといけません。全音下がってなってしまうのですから。

だからB♭楽器の人の楽譜は全音上げて書き直さないと同じ音が出ないわけです。

下がって音が出るから上げて書く。

「楽器は原調より低い音が出るため、楽譜は原調より上げて書かなければならない」

という解釈と作業が真逆になる点がややこしいんですね。

 

2,「Bb楽器」⇨レギュラー譜から全音上げた譜を作成

   D   |Bm7     |Em7     |A7    |

3,「Eb楽器」⇨レギュラー譜から短三度下げた(または長六度上げた)譜を作成

   A   |F#m7     |Bm7     |E7    |

これで全員が|C|Am7  |Dm7 |G7|で演奏できます。

 

 

レギュラー楽譜→Bb楽譜の場合

表の見方です。

f:id:terraxart:20200320203042p:plain

 

Bb楽譜→Eb楽譜の場合

完全五度上げ(完全四度下げ)です。

オクターブは各楽器によります。

f:id:terraxart:20190903143523p:plain

Bb楽譜でのd⇨Eb楽譜のa(ああややこし)

 

 

応用編

B君が云いました。

「今度やる曲の楽譜、Bb譜だから(すでに全音上げで書かれてる、の意)、これ移調して使って?」と楽譜をもらいました。

("B君"と"B♭譜"とか逆にややこしくなった笑)

 

下記は移調楽器譜から移調楽器譜への音程移行概念早見表です。

f:id:terraxart:20190903151055p:plain

参考1 移調作業音程変化表

f:id:terraxart:20200612091709p:plain

f:id:terraxart:20200612091744p:plain

 

参考2 半音の数と音程名前表

f:id:terraxart:20190903151133p:plain

f:id:terraxart:20190903151145p:plain

音程にはその他の名前もあります。各自学習ください。

www.terrax.site

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site