音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

(基礎)移調楽器の理解と移調方法早見表

2019.9.6⇨2021.2.22改訂

 

B♭管への対応表です。

f:id:terraxart:20210222171725p:plain

f:id:terraxart:20210222172436p:plain

 

E♭管への対応表です。

f:id:terraxart:20210222172116p:plain

 

f:id:terraxart:20210222172401p:plain

これ、地味にオクターブ違いとかがややこしいのですよね。

低いのか、高いのか?楽器によって違います。

 

 

<移調して書いて譜面を渡す場合>

B♭楽器はcを弾くとb♭が鳴る

⇨全音下げチューニング楽器だと考える。

B♭楽器にc音を演奏させたければd音と書く。

(全音上げて書く)

 

E♭楽器はcを弾くとe♭が鳴る

⇨長六度下げチューニングの楽器だと考える。

E♭楽器にc音を出させたければa音と書く。

(長六度上げて書く)---短三度さげる、と考えてもOKです。

 

 

<もらった移調譜をレギュラー-普通の譜面-にする場合>

B♭管楽譜は全音下がってるので全音上げる。

E♭管楽譜の長六度下がってるので長六度上げる。

 

解釈と作業が真逆になる点がややこしいんですね。 

 

下記はまとめの図です。

f:id:terraxart:20190903141131p:plain

表の見方です。

f:id:terraxart:20200320203042p:plain

 

 

 

 

Bb楽譜→Eb楽譜の場合

完全五度上げ(完全四度下げ)です。

オクターブは各楽器によります。

f:id:terraxart:20190903143523p:plain

Bb楽譜でのd⇨Eb楽譜のa

 

 

応用編

「もらった楽譜がBb譜だから(すでに全音上げで書かれてる、の意)、これ移調して使って?」と楽譜をもらいました。

 

下記は移調楽器譜から別の移調楽器譜への音程移行概念早見表です。

f:id:terraxart:20190903151055p:plain

参考1 移調作業音程変化表

f:id:terraxart:20200612091709p:plain

f:id:terraxart:20200612091744p:plain

 

参考2 半音の数と音程名前表

f:id:terraxart:20190903151133p:plain

f:id:terraxart:20190903151145p:plain

 

===

 

疲れたらマッサージ機能付きスリッパ

===

 DAWがあれば...

f:id:terraxart:20210516111443p:plain

楽譜の移調したい音符を選択して「トランスポーズ」をすれば一瞬で移調できます。

膨大な移調仕事を抱えている方でDTMを活用しておられない方は是非ご検討を。

音程にはその他の名前もあります。各自学習ください。

www.terrax.site

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site