音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<基礎>和音の機能の解説3「機能性を持つ和音の解説2」

その2

www.terrax.site

音楽理論を1年ほど勉強された方のためのまとめページです。このページが音を頭に思い浮かべながらすらすらと読めるように勉強してみてください。

機能性を持つ和音の解説・一覧表2

セカンダリードミナント

「二次的なドミナントコード」という意味で、性格や形態はドミナント7thコードそのものですが、一つの調の音では作れない音が含まれた「ノン・ダイアトニックコード」です。そのために「二次的な」という意味が付いています。
もちろん前回のDbM7もノン・ダイアトニックコードなのですが、サブドミナントマイナーコードの代理コードであるので「親戚のコード」ぐらいのイメージです。

しかしセカンダリードミナントコードは、完全に他人のコード、と言えます。

 

例えばドレミファソラシド=メジャースケール=長音階等は、一般にダイアトニックスケール(全音階=長音階)と呼ばれますが、   

f:id:terraxart:20190329202529g:plain
このスケールに以下のような規則で各音を使い積み上げて和音を作ります。

f:id:terraxart:20190329202612g:plain

ダイアトニックスケールのそれぞれの音をひとつ飛ばしで積み上げていくと上記のような譜面の構造上、綺麗な和音群が並びます。

実際にこの音階だけで音楽を作れば、穏やかでシンプルな旋律を作ることができます。

f:id:terraxart:20190329202619g:plain
これはCmのマイナーダイアトニックコードです。

ポピュラーミュージックはこのメジャーとマイナーのダイアトニックコードを一つのキーの中で絶妙に混合して用いることで、豊かなサウンドを作っています。


セカンダリードミナントの解説

G7-CM7というのがドミナントモーションでした。

これと同じ形をその他のCのダイアトニックコードに対して作るのがセカンダリードミナントコードの考え方です。

ここではメジャーキーだけに限定して紹介します。

 

メジャーキーの7つのダイアトニックコードにドミナントモーションを作ってみます。
G7-CM7
A7-Dm7
B7-Em7
C7-FM7
D7-G7
E7-Am7
F#7-Bm7(♭5)
これらの左側の7thコードがセカンダリードミナントコードです。

これらの流れをコード進行に挟むと実に豊かな音楽性を作ってくれます。

ただしあまり用いるとしつこくなります。

以下のコード進行で例を見てみましょう。

CM7 |FM7 |Em7 |Dm7 |

Am7 |Dm7 |G7  |CM7 |

こういうコード進行があったとします。音は下記で聞けます。

セカンダリードミナント参考1 

このコード進行にセカンダリードミナントを挟んでみます。

 

CM7 C7|FM7(B7)|Em7 A7|Dm7(E7)|

Am7 A7|Dm7(D7)|G7    |CM7 G7

 

このコード進行を弾いてみてください。まずは(  )を除いた下記の進行で弾いてみてください。

CM7 C7|FM7 |Em7 A7|Dm7 |

Am7 A7|Dm7 |G7    |CM7 G7 |

セカンダリードミナント参考2 (音はこちらで)

この曲はCのダイアトニックコード以外のコードが多数使用されているにも拘らずコードアナライズ(楽曲分析)的にはキーはCメジャーとされます。

楽曲分析の考え方では、セカンダリードミナントは転調とは捉えず、コード進行を補助するコードと捉えるわけです。この辺は慣習ですのでおぼえてしまってください。

で最後に(  )のコードも全部弾いてみてください。

CM7 C7|FM7(B7)|Em7 A7|Dm7(E7)|

Am7 A7|Dm7D7)|G7    |CM7 G7

セカンダリードミナント参考3  (音はこちらで)

さすがにこうなると原型がわかりませんね。

でもこれでめまぐるしく音楽を行うのがジャズのビバップと呼ばれる表現方法です。

 

ドッペルドミナント(ダブルドミナント)

これはダブルドミナントという意味で、二つのドミナントコードが連続することを意味しています。先の例の下線部分、D7-G7というのがそれです。

Dm7-G7というよりも強い声部進行を持っていますが効果的なときとそうでないときがあります。

あとは作曲者や編曲者が決めることです。

一つ例を挙げておきます。

CM7|Am7|Dm7|G7

これを下記のようにします。

CM7|A7|D7|G7

これはドッペルドミナントの連続ですね。

メロディーがあってコードを変えても違和感を感じなければ用いてみるのも一興です。  

 

この進行の発展形としてドミナントの連続を書いておきます。
C7-F7-B♭7-E♭7-A♭7-D♭7-G♭7-B7-E7-A7-D7-G7-C7
となります。なお、
B♭7=A#7
E♭7=D#7
A♭7=G#7
D♭7=C#7
G♭7=F#7です。 

www.terrax.site

置換ドミナント(裏ドミナント)

これはさらにジャズ的なコードです。

ドミナント7thコードの特性はトライトーンを持つことでした。

このトライトーン音程は平均律では、1:√2の振動数比です。

「美しい不協和音」「悪魔の音程」などと呼ばれます。

以下の図を見てください。

f:id:terraxart:20190329202711g:plain
Cの五度圏です。それぞれ対角線に位置するのが増四度の音です。

完全五度より半音低いだけなのに、だいぶ遠い位置にいますね。

 

キーがCのときのドミナントコードはG7ですね。このG7に含まれるトライトーンはFとBです(上の表でもこの二つは対角線上ですね)。

ではC#7のトライトーンを挙げてみてください。

f:id:terraxart:20190329202725g:plain
この二つのドミナントコードはトライトーンが等しいですね。

どちらのコードもFとBを持っています。そしてC#とGも五度圏では対角線で結ばれています。

f:id:terraxart:20190329202735g:plain

これが置換ドミナント=裏ドミナントです。

上の図には裏トニック、裏サブドミナントという表記もありますが、一般的ではないので気にしなくていいです。
この裏ドミナントは「トライトーン構成が等しいので本来のドミナントコードの代理コードとして用いることができる」とされています。

以下に進行の例を示します。

CM7 |A7 |D7 |G7 |

これは先のドッペルドミナントで示したコード進行です。これを裏ドミナントにしてみましょう。

CM7 |D#7 |D7 |C#7 |

となります。このC#7がCM7に帰着します。「D7は裏にならないの?」もちろんなります。

CM7 |A7 |G#7 |G7 |

これでまた別のコード進行ができました。

これらのコードを弾くときルートを弾かないと・・・・トライトーンが共通するコード進行ですから、どちらのコードを弾いているか分からなくなりますのであしからず。

 

またおまけです。

CM7 |D#7 |G#7 |C#7 |

こうなると、裏の裏は表・・・という感じで、あまり効果的ではありません。

そもそも裏ドミナントはコードの「アウト感」を狙い、意表をつくことにあります。

「アウト感」とは「コードが一瞬外れた感じ」なのですが、このアウト感が連続すると当然意表をつくことはできませんの。

 

ポピュラーミュージックではエンディングやイントロなどで用いるのが効果的です。

その4へ

www.terrax.site

 

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

和音の進行感についての不定調性論の考え方はこちら。

www.terrax.site