音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<基礎>和音の機能の解説2「機能性を持つ和音の解説1」

その1

www.terrax.site

音楽理論を1年ほど勉強された方のためのまとめページです。このページが音を頭に思い浮かべながらすらすらと読めるように勉強してみてください。

機能性を持つ和音の解説・一覧表1

f:id:terraxart:20190329202612g:plain

f:id:terraxart:20190329202619g:plain

トニック

一般的なポピュラー音楽には調という「使用出来る音の範囲」が定まっています。

そういう音楽を「調性音楽」といいますが、その楽曲の中で中心的な存在になる和音のことを「トニックコード=主和音」といいます。

曲の始まり、パートの節目(Aメロの最後のコード、サビの最後のコード)、楽曲のエンディングの最後のコードなどに用いられます(転調した際は主和音そのものが変化します)。

その曲を聴いていて「完結した!」と思わせるコードのことです。

トニックコードはどの和音にも進行できて、どの和音からも進行されることができるオールラウンドな和音です。

トニックコードになる条件は、

・キーの三度の音ないし主音(合わせて補足的に七度の音)を持つこと

です。

キーがCメジャーのときは主音であるcとその3度の音であるeとなります(七度としてはb音)。

キーがCマイナーのときは主音であるcとその3度の音であるe♭となります(七度としてはb音)。

 

これらを同時に含む和音(キーがCメジャーのときのダイアトニックコード内の和音が対象)はトニックコードの性格を持っているとされます。

ただし主音を持たずとも主和音の代理であるIIImのような和音もあり、この定義は部分的に曖昧です。現代では代理という概念で和音を規定しない、という考え方をどこかで持っておくと良いでしょう。

トニックコード=主和音。記号T、Tonic 

 

トニックマイナー

 主に短調の場合のImのことです。

一般には短調でも「トニック」とされますのであまり「トニックマイナー」と独自に言うことはありません。

 

なお、CメジャーキーでAmというコードは平行短調のTmに思えますが、曲全体が長調の雰囲気である場合は、慣習的にトニックの代理コード(後述)と解釈し、Am=subTとして扱います(subは代理の意味)。

また、Amのダイアトニック上の四和音であるAm7は展開するとC6というメジャーコードの類とも解釈できます。

トニックマイナー、記号Tm   

 

 

ドミナント、ドミナントマイナー

強い主音回帰性(主音・主和音への近親性・回帰性)を持つ、としてきた和音です。

音階の5番目の音の上にできる和音が該当します。

この性質をさらに強化するのがドミナント7thというコードです。

例えばキーCメジャーのとき、G7というコードが該当します。

この構成音fとbがトライトーン(増四度)という一般的に不協和とされる音程を持ち、これらの各音がトニックコードの構成音に進行(ヴォイスリーディング)することで、私達調性音楽文明圏に住む人の耳にとっては、その進行に進行感・解決感を持つことが慣習的に出来るようになっています。

f:id:terraxart:20190329202131g:plain

よってこのトライトーンを持つことがドミナントコードの条件です。

 

G7-Cのような進行で解決感を感じるわけです。

このときbはcに解決し、fはeに解決するとされ、一方は下行して解決し、一方は上行して解決します。この「半音上行下行」という声部進行が最も安定した声部進行とされます。

ドミナントコードはたいていトニックに進行しますが、その進行を裏切ることで効果的な進行感を演出できるため、昨今は様々なコードに進行し、常に新しい表現が確立されてきました。
ドミナント、記号D,Dominant 

ドミナントマイナー

f:id:terraxart:20190329202155g:plain

 

 主にナチュラルマイナースケール(自然的短音階)のV度にできるVmを示しています。

キーがCマイナーであれば、キーの主音cからみてVとVIIbにあたる、g,b♭を持つ和音がドミナントマイナーに該当します。

 

ジャズ理論では、

ドミナントマイナー=中心への傾斜の度合いはサブドミナント同様でドミナントよりも中心への傾斜が弱い、の意味 の条件としてVm、Vm7を総称してドミナントマイナーとされます。

v度ルートでありながらトライトーンを持たないのでドミナントではないが、サブドミナントと区別する必要から、この名前がつけられています。

 

Vm-Imのような進行を「ドミナントマイナー終止」などと呼ぶ場合こともあります。

「ドミナントよりも弱いドミナント」

という機能をドミナントマイナーと呼ぶか、サブドミナントと呼ぶか、で両方がごっちゃになった教材もあります。

 

V7-IよりもIV-Iの方が解決力が弱いので、そういう和音をドミナントに副次するものとして、サブドミナントとする、という考え方もあります。

だからVm系統だけをドミナントマイナーと呼ぶか、VIIbのような7thコードもドミナントマイナーと呼ぶかで講師により意見が分かれます。

 

普通短調での解決進行はV7-Imとなるのですが、自然的短音階の構成音を利用しただけではV7という和音を作ることができません。このE7の構成音はe,g#,b,dで、このg#音というシャープのついた音はaの自然的短音階にはありません。

E7-Amのほうが、Em-Amよりも強い憂いのある(短調的)進行感があることを楽器等で弾いて確かめてみてください。

 

もちろんこのドミナントマイナーはポピュラー音楽では効果的な使用法がたくさんあります。当ブログではユーミン楽曲が得意です。

ユーミンコード進行のパステルカラー

V7がVm7に進むと何が起きる?

 

和声的短音階の誕生

自然的短音階の進行感の弱さであるVmの難点を改善する為、g音にシャープの付いた音階を、「ドミナント和音を長三和音にするために作った短音階=和声的短音階」とされ、VmをV△とすることで強めることの出来る和声を生み出せる音階が作り出されました。弾いて響きを確かめてみてください。

f:id:terraxart:20190329202218g:plain

ポピュラー音楽理論ではハーモニックマイナースケールと呼ばれます。

 

短調のドミナントモーションの仕組み

G△-C△という進行はG△のb音が半音上行しC△のc音に帰着し、g音が完全五度下行してcに帰着するので強い進行感があるとしています。

 

しかしGm-CmにおけるGmにはb音の代わりに、b♭音しかなく、B♭⇒Cmのc音の全音進行ではあまり進行感・解決感がない、とされています。またG7-C△という進行では先に述べたトライトーンの半音上行、半音下行が解決感を持たせている、と述べましたが、G7-Cmの進行ではG7のトライトーンb・fがCmのc/e♭に進行する事になり、f⇒e♭が全音進行となり、半音進行の強進行感が薄れる、という理由から短調のV7には様々なテンションが付けられ、半音進行を補助させることで同様の強い進行感を演出しています。

これがまた短調独特のきしむような進行感になっているのが特徴です。下記は短調のドミナントモーションで♭9thがV7に付く理由を示した図です。

これはジャズやコンテンポラリー音楽での慣習ですが、基本半音での反行(一方が上行、一方が下行)を作り出すようヴォイシングを工夫するのがスムーズなヴォイスリーディング(コード構成音進行)の基礎とされています。

f:id:terraxart:20190329202300g:plain

 


マイナーキーでのドミナントモーションの例

この慣習が発展し、長調のドミナントモーションでもテンションが自由に付けられるようになりました。「ドミナントモーションはテンションで楽しむ」という慣習になっています。

それに伴い、このドミナントコードの奇抜な響きが様々なスケールの理論的使用を可能になりました。

 

サブドミナント、サブドミナントマイナ―

音階の四つ目の音の上に作られる和音です。

主音がcならfの音です。

性質は「ドミナントよりも弱い主音への帰着性」として理解されています。

サブドミナントになる条件は、キーがCメジャーであれば、キーの主音cからみてIVとVIにあたる、f,aを持つ和音が該当します。

ドミナントモーション  G-C,G7-C,E7-Am
サブドミナントモーション F-C,FM7-C

上記を弾き比べてニュアンスを感じ取ってみてください。

ドミナントよりも柔らかな終止感を感じませんか?

 

サブドミナントコードはドミナントに進行するか、トニックに進行し展開しますが、現代では厳密なルールはなくなっています。

 

また、もっとも種類と類型の多いコードで、一言にサブドミナントコードといってもコード進行内ではコードによって様々な色彩感を放ちます。

逆に言えば、サブドミナントコードとは「トニックとドミナント以外の全てのコード」というニュアンスで理解しておいたほうが良いでしょう。
サブドミナント、記号SD,Sub-Dominant  

 

サブドミナントマイナー

これは短調の音階の四つ目の音の上にできた和声の事を指します。

キーがCmであればFmのことです(四和音ではFm7)。

 

ポピュラー音楽理論ではこの和音を長調で借用し、効果的に用いる例が一般化しています。ヴォイスリーディング(声部進行)がスムーズで、劇的な雰囲気を持つコードなので、転調したことを感じさせない「まろやかさ」や「ひねり感」が絶妙な場面転換を作り出します。

 

サブドミナントマイナーになる条件は、主音に対してIVとVI♭の音を持つ和音です。

キーがCメジャーであれば、キーの主音cからみてIVとVI♭にあたる、f,a♭を持つ和音が該当します。

 

サブドミナントコードはトニックに進行する際、半音進行は一つだけです。Key:CのときのF△-C△を例にとるとF△がサブドミナントコードですが、この構成音F,A,CのうちFはC△(構成音C,E,G)のEに半音下行で解決しますが、A音はC△のG音に全音下行する形になります。しかし、サブドミナントマイナーコードの場合、key:CのときFm-C△といった進行であれば、Fmの構成音F,A♭,Cのうち、FはE音に、A♭はG音に共に半音下行する進行となり、サブドミナントよりも強い進行感となり、サブドミナントと併用して愛用されるコードとして知られています。

サブドミナントマイナーモーションの例。

f:id:terraxart:20190329202401g:plain

 

またサブドミナントコード同様、バリエーションの多い和音ですので、いろいろな種類の和音があり、様々な進行感を楽しめる和音としても知られています。一つ例を挙げておきます。

f:id:terraxart:20190329202446g:plain

 

キーがCメジャーのとき、D♭M7の構成音であるFとA♭はCのサブドミナントマイナーコードの特性音です。これを利用した進行例が上気したII♭M7-IM7というサブドミナントマイナー終止です。これはFm-Cとはまた進行感が異なると思います。

いくら半音進行でもすべて下行する進行はあまり良い例とはいえませんが、II♭M7自体はCメジャーのダイアトニックコードにはないコード(ノン・ダイアトニックコード)なので、一旦ドミナントコードから解決感が遅延されたようなスリリングな進行感を与えることが出来ます。

 

CM7-Dm7-Em7-Am7-Dm7-G7-D♭M7-CM7

などが進行の例です。

 その3へ

www.terrax.site

 

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site