音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

<基礎>II-V(トゥファイブ)一覧表早見表〜五度圏の覚え方

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

メジャーコード系II-V

  f:id:terraxart:20181201132039p:plain

   

 

マイナーコード系II-V

f:id:terraxart:20181201132126p:plain

(b9)はいつもつけなくてもOKです。

理屈としてb9があることを理解するためにつけました。

 


これはダイアトニックコードから生まれています。

当然コンテンポラリーではこれらをごっちゃにして使って効果を生み出します。

 

覚え方としては、上記の形を覚えたら四度・五度の関係を覚えてしまうことです。 

五度;C-G-D-A-E-B-F#-C#-G#-D#-A#-E#(F)

四度;F-A#-D#-G#-C#-F#-B-E-A-D-G-C

 

です。

四度の最後を見てもらえればII-Vの解決進行になっています。

D-G-C→Dm7-G7-CM7

というように根音さえ分かればあとはm7や7をあてはめるだけです。

 

語呂合わせの覚え方の例として

四度;F-Bb-Eb-Ab-Db-Gb-B-E-A-D-G-C

 として、♭でくくり、

 F-♭(B-E-A-D-G)-B-E-A-D-G-C

とします。

ですね。両端がFCで、

BEADG=ビーイーエーディージーを何とか覚えます。

BEADGなら「便利AD爺さん」とか。

あとは楽器の上で覚えていきます。

 

ギターならフレット上の音の配置を覚えるとお得です。

f:id:terraxart:20181008110449p:plain

ギターフレットの覚え方

www.terrax.site