音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

「コード理論大全」〜和声弱者、不定調性論的思考を求める;読書感想文

2019.6.5⇨2020.2.17更新

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

今日のお題は、受講生の方が持ってきてくださった「コード理論大全」です。

コード理論大全 

こちらに訂正箇所ケアがございます。

コード理論大全|AFTERCARE|リットーミュージック

合わせて下記もご参考ください。

・P111の表の

bVIIo7→VIIo7

bVII-7(b5)→VII-7(b5)

・P112のテンション

9→#9

 ・P113のテンション

11→#11

ではないかな?と思われます。その他細かいところまではまだ見れておりません。

また、私の解釈が間違っていたら申し訳ありません。

(随時訂正がなされていますので、正規の正誤表ページを必ず優先してください。)

 

=====

私はいわゆる和声弱者です。和声の勉強を怠り、皆についていけず理解もできないまま音楽をやっていたら、自分の方法論が固まってしまった、ちょっとズルい人間です。

必死に普通の音楽を作れているのはこうした音楽理論(書)のおかげです。

  

同著のフラットな書き方(「主観を含まない」というコンセプト)は、とても楽に読めます。「自分はそんな風に思えない」という自分の意見を挟む必要がないからです。

 

=====

同著を読まれれば、

・音程の名称と意味役割

・和音の構造と機能、種類

・基礎的なアナライズの方法

・基本的なテンションの付け方、モード解釈時や転調時のテンションの付し方

・コードスケールとモード交換の基礎

・コンテンポラリーな和音連結法(当ブログ風でいうと不定調性的進行)

などが一挙に学べます。内容的には中級者向きの基礎技能内容ですが、学校に通われているような方が、もう一冊別のジャズのコードの勉強本を、ということでお持ちになるのは良いと思います。

なお、コード進行の学習や、ヴォイスリーディングについてもっと専門的なアレンジに用いられるアプローチの学習などをしたい場合は、各編曲の本をご参照ください。

===

一応私が持っているのは、北川本。

ビッグバンドジャズ編曲法 

連接法や各種の和声法は全てポピュラーミュージックで活用されます。というかポピュラーミュージックの源流がジャズのビッグバンドだからですね。

========

他に当ブログでは下記の書籍も紹介してます。

左はさらに分厚く総合的なジャズの拡張方法論への理解として、右はコンパクトな日本教育的な包括的なジャズ理論の教材(YAMAHA系)として。

教材はいくつか読んでみて、自分の思考にしっくりくる教材をベースにしましょう。

   

======

下記は講師用な話です。

同著の内容をレクチャーするわけではありません。

 

P23 III 調性内三和声

同著では、自然倍音の話を用いずに、和音の話に入ります。

自然倍音の話をして、"メジャートライアドの根拠は、自然倍音列から生まれる"といったんしてしまうと、短三和音の根拠をはっきり明言できぬまま、IImやVImといった基本的なダイアトニックコードを作らなくてはなりません(これはラモーらの時代の個人的発想に基づくもので、科学的真理ではありません)。

自然倍音という根拠を持ち出してきながら、短三和音の根拠を示さずスルーしていく「昔の教科書」には違和感があったものです。「自然に帰す」という慣習は西欧啓蒙時代の名残です。

 だから同著のように逆に自然倍音の話がないほうが実用的な本になる、と感じました。

 

ちなみに不定調性論では、この短三和音の根拠を、「和音構築法」という考え方やり方で可能にしています。

www.terrax.site

==== 

P46の「調性音楽の感じられ方」というような表現は、拙論とも似通った表現であり、大変共感できます。このような曖昧な日本語表現は昔なら許されませんでした。

 

またP48に見られるような、f→e、b→cというの(トライトーンの解決)は科学的な根拠はなく、慣習による刷り込みによって定式化された概念、と理解するとスムーズに読めます。

 

ひとつ考えてみましょう。

例えば、

G7→Eaug(f,bはc,eにそれぞれ進行している)

などに進ませたとき、和音進行の印象は"解決"していますか?トライトーンは一応f→e、b→cに進行しています。

あなたにとってこの進行は解決感ありますか?

違和感しかないでしょうか。

このようにトライトーンが解決していても他の要素がそれを阻んでいる状況が起こり得ます。

 

あなたが自分が信じる音楽理論で考えるとき、この「解決を阻んでいる要素は何か?」を正確に答えられなければなりません。

これを低音がEだから、とすると、低音優先の話をしなければならなず、これは「自然倍音」の話に行き着きます。

この低音安定の根拠は、自然倍音ではなく、むしろ人の音体験知覚に生育環境の中で育まれていったものかもしれません。

gigazine.net

トライトーンの解決は、

「この音がこの音に行くと解決する」と学んだ人はそう思い込みます。

そう学んでない人は、ふーんから入ります。しばらくして理解できる人もいれば、興味を持てない人もいます。音楽に対して敏感かどうかも関わってくるでしょう。

   

では次を聞いてください。

G7-E7-Am7を弾いた後で、

G7-E(#5)-Am7

を弾けば、全体の調性感の流れを保っていけると思います。

G7からCM7に行くかと見せかけて平行短調への憂いを持った終止に向かいます。ドラマチックです。

今度は解決はしていませんが、"成り立って"います。

さきほどの「G7→Eaug」はこの音源を切り取ったんです。

(正確にはG7 Eaug Am7)

こうなると先のトライトーンの進行はヴォイスリーディングの流れとして慣習的に美しい流れを持っていることが感じられます。

 

トライトーン自体が「解決したい」と自主的に思っているのではありません。

不定調性論では、あなた自身の意識がその進行をそのように解釈してるだけという説明の仕方をします。

 

そこで「解決感」という言葉でくくるのではなく、すべて「進行感」とすることで、あらゆる和音への進行感を平等に扱える意識を自覚できるようになります。

これまで汚い、と信じ込んでいた音に対してもクリエイティブになり、より斬新さなどを創造できる感覚になれます。

 

こうした教材で時折「進みやすい傾向をその音が持っている」というような表現があることがありますが、そうした欲求は音が持っているのではなく、あなたの脳が判断した感覚である、と一歩進んで解釈してみると、理論書は楽しく読めます。

これは理論書には必要なことであり、この表記が悪い、と申し上げているのではありません。(私のように)理論書ずれしてくると、不定調性論的思考が必要になる、とだけ書き添えます。解釈はあなたが作り上げているんです。

 

=======

P50 長調の調性内和音の機能

同著では、

「特定のスケールを特徴付ける音高」を特性音、と読んでいます。

Cメジャースケールではfとされています。で、その理由として

C△の構成音eとb9thを作る音であり、fが含まれているとC△の終止感が阻害される、機能が変わってしまうから、としています。

これも最終的には「主観」での判断になります。

私は別にfがメロディになっていても「冷たい雫だ・・・」とは感じます。

これを例えていうなら、出来の悪い息子がいて、もうこいつにはうんざりだ、と思っても、殺して排除しよう、などと思わず、なんとか仕事に就かせて、まっとうな人生を歩ませたい、みたいな"願いを持つ、ような感覚(不定調性論的ポジティブ解釈)です。

 

「不協和音は悪」という発想はこれらの和音が生まれた頃の宗教的発想です。

まずこれが主観である、または通例音楽教育やメディアで生来より触れてきた音楽の常識的判断による主観である、と認識しましょう。

それを受諾するかしないかは個人の自由です。

 

<アヴォイドノートと特性音>

たとえば、CM7において、キーがCメジャーキーの時、調性内を意識した音集合を作ろうと思うと、Cメジャーキーの音は、c,d,e,f,g,a,bですから、

c      e      g     b がコードトーンで、

残りの音は、d,f,aです。

ここで機能テンション、という存在を和音に作ります。条件は

・V7コードを除いて、コード構成音とb9thを作らないこと

・コードトーンまたは他のテンションノートと組み合わせた時、元のコード機能と異なる機能解釈がされないように

です(私が学んだバークリー風)。

この時、fだけが①eとb9thになるため、同時に②b音と増4度になり、ドミナントの機能を匂わせてしまうので除外されます。

 

ゆえにCメジャーキーにおけるCM7のテンションは9,13にあたるdとaが採用されます。

 

こういうふうに覚えた人もおられようと思います。

この時除外されたfはCM7のコードスケール音としては、有効ですが(水平利用は可能)、テンションとして用いることができない(垂直利用は不可)のでこれを一般的にavoid noteと呼び、「垂直的に長い音価で用いることを回避すべき音」と解釈します。

でもまあ使うときは注意してね、という程度の意味になっています。

 

また特性音とは

Cアイオニアン

c d e f g a b

Cリディアン

c d e f# g a b

において、アイオニアンとリディアンの違いは、第四音が

fならアイオニアン

f#ならリディアン

ということができます。ゆえに、スケールの差異を特徴付ける音であることから、このfを「アイオニアンの特性音」と呼びます。そしてリディアンの特性音はf#です。

 

アヴォイドノートと特性音は微妙に違います。

でもこれを間違って解釈してもあんまり音楽行為に影響を及ぼすわけではないので微妙な解釈のまま覚えておられる諸先輩もおられます。

 

アヴォイドノート=テンションになれない音、

キャラクタリスティックノート=特性音はスケールの差異を特徴付ける音

 

この辺をあらかじめ把握しておくと同著も読みやすくなると思います。

 

 

==== 

P52 トニックファンクション

ここでは「トニック機能を持つコードの定義は」という記述があります。後半に、サブドミナント、ドミナント他の機能についても記述がありますが、「定義」を付けているのはトニックだけです。

トニック機能を持つコードの定義はメジャーキーの特性音である、"第四音を構成音として含まないコード"です。(中略)I,Imaj7,III-,III-7,VI-,VI-7となります。

他、I6も含む旨が書かれています。

 

またこのfについて、

ただV(CメジャースケールにおけるGトライアド)は後述のドミナントファンクションを持つコードとして分類されるため、この限りではありません。

注記しますとfがドミナントファンクションを持つためには、b音も必要です。この辺は、条件提示の表記が文章内に埋め込まれていたり、前後している関係で一瞬わかりづらいかもしれません。

またこの時、Csus4のようなコードには機能は割り当てられません。

G7-Cも

Csus4-C
も同じように「進行感」がありますが、機能和声では、ドミナントであるべき時だけ「解決感がある」と強調されます。こういうところは不定調性論が便利です。

G7-Cも

Csus4-C

どちらにも「進行感」があり、どれをいつ使うべきかを把握できるように、その印象感を覚えていく、という学習方法になります。

同様にDsus4という和音は、fを含みません。

Dsus4 G7  C

Dsus4はfを持ちませんから同著によれば、トニック系のコードになる、というのかどうかは私はここではわかりません。sus4というコードの定義をしないといけないのですが、それは省略されていますので、もし機能振り分けが気になる人は著者ご自身にお問い合わせください。

最終的にはどれも余りたいした問題でもありませんが、これをサブドミナント、中性ドミナント、などと様々に解釈する系統もあるかと思いますので、できれば想像力を働かせて自分の理解を創造していきましょう。

同著にはドミナントとなる条件、定義は明記されていません(文章内にさらりと書いてあります)。それら以外の和音をサブドミナントとしています。VIIも限定していないので読者が自在に判断できるようになっています。この辺りは特徴的で大変面白いと思いました。

 

同著では、短調のドミナントマイナーの扱いや、

「マイナーキーの特性を決定付ける短三度」

「ナチュラルマイナースケールの特性音としての短六度」

といった表記によって特性音が二つあるような印象を持つ場合もあろうかと思いますので、ここであえて"別の"ジャズ理論の解釈を掲載しますので、照らし合わせて理解を深めてみてください。下記はワタクシが母校で覚えた考え方です。

============= 

<トニックコード、トニックマイナーコード=中心としての役割 になる条件>

・三度堆積四和音中に、Iの1度及び3度(音階の第1,3音)を持つコード

(C△ならc,e)

(Emならe)

(Amならc,e)

(慣習的に1度を持たなくても3度を持てばトニック機能と解釈されている)

I系,IIIm系,VIm系

 

<サブドミナントコード、サブドミナントマイナー=中心への緩やかな傾斜を示す、あるいは補助の役割 の条件>

・三度堆積四和音中に、IVの1度(音階の第4音)及び、音階の第6音を持つコード

(F△ならf,a、Fmならf,a♭)

(Dmならf,a、Dm7(b5)ならf,a♭)

(Ab△ならa♭)

(Bb△ならf,a♭)

サブドミナント=IIm系、IV系

サブドミナントマイナー=IIm7(b5)系、IVm系、VIb系、VIIb系

 

<ドミナント=中心への強い傾斜を示す の条件>

三度堆積四和音中に、Vの3度と7度=音階の第4,7音(トライトーン)を持つコード、機能を補完する音としてvを持てばより確定的。

V系、VIIm7(b5)系

(Gならg,b,f、Bm7(b5)f,b)

 

<ドミナントマイナー=中心への傾斜の度合いはサブドミナント同様でドミナントよりも中心への傾斜が弱い、の意味 の条件>

Vm、Vm7を総称してドミナントマイナーとする。

v度ルートでありながらトライトーンを持たないのでドミナントではないが、サブドミナントと区別する必要から、この名前がつけられる。

Vm-Imのような進行を「ドミナントマイナー終止」などと呼ぶ場合もある。

============

どのように解釈しても、最終的に不定調性論に進んでいただければ、機能は関係なくなりますので、こうした用語や解釈は、「本を読み進めるために必要な解釈」としていただいてどんどん先に進んでいただければ、と思います。

 

またVIIbを同著ではドミナントマイナーとしています。

意味としては同じです。

「ドミナントよりも弱いドミナント」

という機能を

ドミナントマイナーと呼ぶか、サブドミナントと呼ぶか、です。両方がごっちゃになった教材もあります。

V7-IよりもIV-Iの方が解決力が弱いので、そういう和音をドミナントに副次するものとして、サブドミナントとする、という考え方もあります。

だからVm系統だけをドミナントマイナーと呼ぶか、VIIbのような7thコードもドミナントマイナーと呼ぶかで意見が分かれます。しかしこの解釈が現場で何らかの問題を引き起こすことはないので、自在に理解できるようにいろんな方法論を身につけてみるといいでしょう。その点、同著の表記や理解の仕方は優れていて現代的だと感じました。

  

=====

P97 使用可能なテンション

テンションは和声に緊張感を与える、という表記があります。

これも展開して考える方もおられるでしょう。

例えばCm7(11)は"緊張"というよりも、もわっとして柔らかい穏やかな雰囲気を私は感じます。それを緊張感というか、柔和感と呼ぶかは人それぞれの感じ方です。

 

下記は同著でのテンションの条件表記のしかたです。

a.調性内の音高である(キーに対してダイアトニックである)
b.いずれかの和音構成音に対して長9度(9th)音程の関係にある
c.同音程のナチュラルテンションとオルタードテンションは同時に使用できない 

合わせて書いてみますと、
IVM7はなぜ#11thというテンションが可能かというと、IVM7の#11は私はトニックコードとの差異を示すため、積極的に使われる音として特別に許可されている、と教わりました。IVM7の#11はトニックの性質を打ち消す性格を如実に示すことができるので積極的に利用する、という発想です。

これも所詮慣習です。ゆえにトニックコードなどで、#11を用いることで意外性を出す感じの方法も生まれたんですね。別に不協和というわけでもないので。


またIIm7の13thもXm6コードの独特な響きとの類似性を示すので、IIm6やIIm7(13)を用いられていると思います。


IIIm7(9)も同様です。ジミ・ヘンドリックスの「Little Wing」のような名曲もあります。やたらカッコイイです。刷り込みでしょうが。この辺がジャズ理論の穴であり、これを突き詰めると不定調性論的思考になりますので、変に音楽理論を嫌ったり、中途半端に結論しないようにしてください。

 

==========

またドミナントのテンションb9,b13hは、G7(b9,b13)なら、g音に対してb9th、d音に対してb9thを作ります。

b.いずれかの和音構成音に対して長9度(9th)音程の関係にある
に対してこれがなんでOKかというと、

理由1、V7というコードが自然倍音の第8倍音までの構成音に類似しているので、その他の和音に比べて「響きすぎて簡素になるので様々な音を加えることで前後の和音のとの響きの複雑さを均す」という考え方


理由2、主和音への帰着に半音帰結や類似したダイナミックな声部進行を作るために様々な音が追加されるようになった。

などが良く言われます。

 

同著の考え方ですと、マイナーキーのV7において、ナチュラル9thが使用できることになります。コードスケールで考えないからですね。
この辺でシニアの人はお怒りになるかもしれませんが、下記の記事でも書いたように、

ラジオで聴いた曲がカッコよかったので調べてみた!

すでにマイナーでのV7(9)はスリリングアウトするテンションとして、ハイセンスな人にすでに浸透しています。もちろん同著の名誉のために申しますと、マイナーのII-VではIIm7(b5)-V7(b9)とされる、という表記ももちろんあります。

 

一応、私の理解の一般的な機能テンション表を下記に示します。

f:id:terraxart:20190606194247p:plain

======
また「コード理論大全」でのテンション表もほんの触りですがまとめてみました。同著にはここまでの一覧表がないので、各位が作成せよ、ということだと思います。

f:id:terraxart:20190608011825p:plain

同著の特徴としてポイントは凄くテンションの区分けが細かい、ということです。

 

=====

P144-256
モード展開時のテンションの考え方など

転調時にコードのテンションの解釈が変わることについて書かれています。

例えば、

CM7 |Dm7 |Em7 |F#m7(b5) |B7 |Em7  ||

という時、三小節めのEm7は続くEm7のキーのIm7です。

 

そして前半はCM7のIIIm7ですからテンションは11のみ使用できます。

しかし転調後のEmのキーから見たら、Em7はIm7ですからテンションとして、9,11が使用できます。ゆえにこのEm7ではEm7(9)を用いることでCメジャーキーからの流れに一瞬に意表をついて転調するといったことが可能です。

これらがモード解釈の時も活用できる、としていきます。

 

この辺も結果的に、どのスケールを用いるか、を個人で決めていくことになります。

最初は考えてそれをやっていても、やがて直感が働くようになるんです。

www.terrax.site

 

 

また後半モーダルハーモニーなども扱われますが、ほんの触りだけですので、ピンときた方は、リディアン・クロマチック・コンセプト他ジャズ理論を紐解いてみてください。

www.terrax.site

 

=====

P320 コンスタントストラクチャー

例に出ている、
CM7 |EbM7 |GbM7 |AM7 |
といった進行は「同一和声単位の連続」と拙論で示すとおりです。
一つの鍵盤を押すとM7が鳴るシンセのプリセットと同じで、和音の響きそのものを単音と考えて弾くようなイメージです。

 

同著でアナライズを学んだら、目隠しで運転できるまでひたすら作曲する時期を設け、セオリーから完全に離れて心象だけで音楽を作れるようにしてみてください(これは拙論的な啓蒙ですね)。私も下記のようなアレンジや作曲をしながらトライ中です。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

P342 コンパウンドコード

コンパウンドコード=合成和音(分数コード)
・コードの転回形(C/Eなど)
・ハイブリッドコード(和音/ベース音)
・ポリコード(和音/和音)

ハイブリッドコードは三度を含まない、と書かれていますが、これはD/Cの時、cの三度であるeを上部に含まない、という意味です。

 

同著でも「曖昧なサウンド」といった表記がありますが、最終的にはあなた自身がはっきりと「この和音は○○○○な雰囲気を持った和音だからこう使う」と断定して用いられるようにしてください。

もしそれが本当にただの「曖昧なサウンド」にしか聞こえないようでしたら、まだそれを自分の音楽表現で使うのは早いと思います。


アッパーストラクチャーコード(和音/和音)の簡易版がハイブリッドコードです。

ジャズ理論における、アッパーストラクチャートライアド一覧表」

アッパーストラクチャートライアド(拡張型冠状三和音)の一覧表(2019)

 

ポリコードの考え方(不定調性)

アッパーストラクチャーの先です。
和音の上に和音が乗るタイプのコードを自分の楽曲で意図的に使うためには「コードネームで考えないクラシック作曲家的な思考」が必要です。

 

メロディに当てる最初のコードをポリコード的にした時、次も似たような和音にして整合性を図る、的思考で形成していくときがあります。

いきなり「よし、サビはポリコードだ」みたいに発想はしません(してもいいけど)。

 

「自分コード」を作る人は分かるのではないか、と思います。たとえばギターを変則チューニングにしていつもの押さえ方をしてみる、と偶然性の中に生まれる「あなたの発想を超えた和音の響きに驚く」というような経験をします。

自分の常識が外れ、インスパイヤを受けます。

 

初めは「いつ自分がそれを使えばいいか」をイメージできるまでは、エンディングコード、最初のコード、サビ前のコード、といった楽曲部分でこうした和音を作ってみるといいでしょう。

 

Dm7  |G7  | CM7
という進行の時、

Dm7 | G7  |Eb/CM7
としてみるとか、Cリディアン#5を想定して、
Dm7 |G7 | Abaug/CM7
にするとか。

「あ、自分にはいらね」と思っているうちは要りません笑。

ある日、ピンとくることがあります(不定調性論的着想)。その時こそそれを使う時です笑。

 

www.youtube.com

この曲は連続するコードや音楽的ブロックを考えず、響き、心象、声部連鎖だけを考えて作った練習作品です。
ポリコード解釈も出てきます。

これは「この和音を使おう」「なになに技法で分析できる」という類ではなく、音楽の流れる中で出来上がるストーリーに脈絡が連続していくように作ります。

じゃあ、どんなストーリーか、と言われると、真っ白な部屋で、冬の光が当たる、昼下がりの時間に、物思いにふけってる感じ。というストーリーでしょうか笑。

ただ、自分にはとてもしっくりくる感じです。

  

同書の後半の和音の感じ方が普通だな?って感じたらあなたには機能和声よりも不定調性論的思考が合っているかもしれません。

=======

というわけでご紹介いただいた受講生の方に感謝しつつ、勝手にまた紹介してしまって恐縮です。こうした活動の著者を応援いたします。著書購入致しました。

随時修正してまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 




 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

本当に楽しく楽譜の覚えたければ大人でも、小学生用の教材からやってみてはどうでしょう。

 

1日1枚ハギトリ式 WAKU WAKU おんがくドリル [上]