音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

モーダルインターチェンジって何?2~So Whatは完全なモード曲じゃない??

2017.8.9→2020.9.30更新

ちょっと難しい話

純正なモーダルインターチェンジは、先の記事の通り、モードジャズから用いられました。

www.terrax.site

 

 

例えば、
Dm7 |Dm7 |Dm7 |Dm7 |G7 |G7 |G7 |G7 |CM7 |CM7 |CM7 |CM7 |
というコード進行があったとします。

 

機能和声音楽的にソロをとるとき
アヴェイラブルノートスケールで考えることになりますから、コードスケールを割り出します。

Dm7=D Dorian scale
G7=G Mixo-Lydian scale
CM7=C Ionian scale

となります。avoid noteなどの学習は済ませておいてください。

 

モードジャズ音楽としてソロをとる場合
各コード感は一切なく、四小節毎に独立したモードを該当させます。
またこの進行がCメジャーキーのII-V-Iであることに察知してしまうと機能和声感が出すぎてしまうので、各コードを浮遊感の有るモーダルハーモニーに置き換える必要があります。

モーダルハーモニーとは各モードの特性音=characteristic noteを生かしたハーモニーを作ることで、機能和声的な響きを消し、モード音楽ならではの浮遊した響きを作り上げます。これにより機能和声時にはない独特なサウンド感を持たせることができます。


各特性音は、
D Dorianの特性音であるM6th音=b=AeolianとPhrygianにない音
G Mixo-Lydianの特性音であるP4th音=c=Ionianにない音

C Ionianの特性音であるP4th音=f=Lydianにない音

ですから、先の進行は、
D Dorian |D Dorian |D Dorian |D Dorian |

GMixo-Lydian |GMixo-Lydian |GMixo-Lydian |GMixo-Lydian |

C Ionian |C Ionian |C Ionian |C Ionian |


となり、これをモーダルハーモ二ーで埋めます。


例えば、
Dm7(13) |Dm7(11,13) |Dm7(13) |Dm7(11,13) |

G7sus4 |D7sus4 G7sus4 |D7sus4 |

Csus4 |Esus4/C |Csus4 |Esus4/C |
などです。

極端に機能和声を避けてみました。

他にも導音の動きや、トライトーン関係になる和音を避けたり、というようなこともせよ、と私は学びました。


そしてソロをとる際にも、特性音を意識的に用います


D Dorianの特性音であるM6th音=bを積極的に用いる意識、かつ軸音=axisであるd音に重心を置いた旋律作り
G Mixo-Lydianの特性音であるP4th音=cを積極的に用いる意識、かつ軸音g音に重心を置いた旋律作り
C Ionianの特性音であるP4th音=fを積極的に用いる意識、かつ軸音c音に重心を置いた旋律作り

さらにC Ionianは機能和声そのものですから、b→cへの動きの導音ぽさを使わないようにします。

こうしたルールの確立で、モード音楽の別の難しさと制限が理論上はどんどん顔を出してきます。

しかしながら実際にはこうしたことはかなり学術的なアプローチの場で行われることが多く、歴史上の偉人たちはもっと奔放にリアルタイムにモードジャズを作ってきました。

   

実際の例を見てみましょう。

Kind Of Blue


So What by.Miles Davis

 

kind of blue 


マイルスのソロ、始まってすぐC#音=M7thが出てきます。

いきなりご法度なDマイナーを想起させる音です(V7=A7の三度)。
またEbドリアンでもM7thを使い、マイナーペンタトニック+b5thもでてきます。

そしてしばらくするとDdorianなのにb13thが、"ついに"それはそれは切なく入ってきます笑。

いわゆる普通のエオリアン、さきほどあれだけ「機能和声を感じさせてはいけない」といった一番使っちゃいけない音です笑。

 

しかし現実にはこれがとても刺激的なb13thになってます。

ずっと笑わない女性が、ふっと切ない表情などを見せる瞬間のような魅力しか、もう私は感じません笑。

 

結局モードジャズの新たなる束縛が、色彩の変化感の発見につながりました。

 

続くコルトレーンのソロも要所要所でA7のバップフレーズを挟んできます。


そして次のアダレイ登場です。

全編バップフレーズでそれまでのモーダルな緊張感を全て更地にしてくれます笑。
ノリもどんどんクールからホットに変わる笑。

こんな面白い演奏、確かにないです。

野球で言えば3番バッター三塁打で四番に仕事をさせない感じ。

 

(参考)

www.terrax.site

 

<ヴォイシング>

調性を想起させないことでモーダル感が増します。

この時、4度和音のような和音が現れたわけです。

4度和音は機能和声を想起させづらい和音です。
例えば、C Ionianの和音として、
g
d
a
e
と低音eから積み上げた和音を使ったりします。テンションが中心となることで「いかにもなCメジャーコード感」がなくなります。

こうした工夫から4度和音使用も盛んになります。

 

これらを発展させると不定調性になる

Dm7 |G7 |CM7 |を

Dフリジアン |Gホールトーン |Cリディアン |

と解釈すると不定調性的になります。モーダルでも調的でもありません。

 

次に、
Dドリアン |Gミクソリディアン |Cアイオニアン |
の一小節ごとの変化を考えましょう。

例えば、
Dsus4(9,13)omitRoot |A♭mM7(13) |D/C |
みたいなハーモニーです。

 

これは
Dm7=D Dorian scale
G7=G altered dominant scale
D/C=C lydian scale

というコードスケールの概念を用いています。

 

A♭mM7(13)は、GオルタードドミナントスケールがA♭メロディックマイナースケールのVII度からできる音階であるから、そこからG7が機能するトライトーン、b,fを持つ和音をモーダルハーモニーとして作り、それを堂々と使っていくわけです。

 

 

自分がどの段階で音楽を作りたいか、いろいろ考えてみてください。

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題==

モードの後はポリペンタトニックというような考え方も面白かったですね。

www.terrax.site