音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<基礎>スケール/モード構成度数一覧表/avoid noteについて

<スケールの名称について>
この記事で扱っている音階は、ポピュラー・ジャズ音楽で用いられるものです。

ポピュラー音楽における基本的な音階はアイオニアン=メジャースケールですので、それらの7モードを基準に各スケール(=モード)との差異を命名しています。
アイオニアンがまず基準となり七つのモードがあり、その他のスケールの音程関係との差異の最も近い音階を該当させています。また2、3、6、7度は「M=メジャー」「m=マイナー」で変化を表記し、4,5度は完全系なので#、♭で表記しています。

 

f:id:terraxart:20180828092411p:plain

<avoid note=回避音について>
黄色のセルは一般的に「アヴォイドノート」といわれる音です。

「楽理上のルールを機能させるために避ける音」です。モードジャズや不定調性論では、逆に「どうやって鳴らしたら使えるか」を考えていきますので、真逆の二つの立場を上手に身につけていきます。

 

この音は、そのモード上のコードのコード構成音の半音上(m2rd=♭9th)に該当する音、またはその音を加えることによってドミナントコードなどの機能を内在させてしまう(と考えることができる)音を慣習的にアヴォイドノートとしてきました。強化症状の名前です。「コードの響きを阻害する恐れのある音」または「コードの機能の弊害になる可能性のある音」と解説されたりします。

例えばアイオニアンではIM7というコードができますが、IVの音はIM7の構成音IIIの半音上の音に該当し、この音をIM7に加えると響きが濁る、とされています。またCM7にIVの音であるFをテンションとして乗せて弾くと、CM7のEの音とFの音が♭9thという音程になります。

実際濁るかどうかは、状況にも音色にも、主観にもよります。うまく横に流せば(リゾルブさせれば)ブルージーに響いたりします。強弱を活かせばカッコよく掻きむしるような音になったります。

同じ旋律でも、机上の縦だけで即断せず、リズム、音色、タイミングでどううまくはまるか、等もそれを使いたいのであれば、考えてみましょう。安易にavoidしよう、というのはクリエイティブな発想とは言えません。

 

またCM7にFを加えると、CM7のB音とF音がトライトーン(増四度)という音程を作ります。この増四度はドミナントコードにおける特徴的な音程で、CメジャーキーではI=CM7のときV=G7であり、G7の構成音はG,B,D,Fであり、ドミナント7thコードの構成音としてFとBの組み合わせが現れ、この音程がトニックに向かおうといういわゆる「ドミナント機能」を持っているとされています。CM7=IM7は「トニック」という安定させる機能を持つコードですから、不安定な要素を持つトライトーンを含ませるとトニック機能に弊害が出てしまいます。

そのためCM7にFは乗せないという考え方も楽理上できるわけです。たいていのアヴォイドノートは音階のトライトーンを作る音に該当します。

(不定調性論ではこのような慣習を取り除く学習をします。もともと自然界に存在しない価値観だからです。両方のバランスに対応できるスイッチを意識の中に作ることで表現の自由度を増していきます。)

 

同様にその他のスケールのアヴォイドノートも、同じような理由から、

・そのモードのIを基準に作られるコード上には乗せない、

・そのコード上ではあまり長い音価(音の長さ)では弾かない、

とした上で、アヴォイドノートを分別して「いつavoid(忌避)するべきか」の利用を判断していきます。

モードジャズにおいてはこのアヴォイドノートが今度はそのモードの「特性音」として扱われます。場合によっては、CM7の上でメロディ音としてf音を伸ばすことで「和声面でポピュラーなコード進行を想定させないことでモードジャズという存在を明確にする」という考え方もできるでしょう。

CM7でのfはc,b,d,aといったテンションを含む和音として、トニック感を回避したうえで、fを鳴らすと、不可思議な感じが表現できます(不定調性論的思考)。

 

(クリックして拡大してご覧ください。)

f:id:terraxart:20180828093223p:plain

 

f:id:terraxart:20180828093257p:plain

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site