音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

モーダルインターチェンジで考える「Flamenco Sketches」

日常生活で使わない音楽理論用語の筆頭「モーダルインターチェンジ」。

使おうとも思ってもこんなに使いづらい用語もありません。

それでもなぜか質問が来るのは、なぜでしょうか。

 

口に出して言いたい感満載ですもんね笑。

 

以下の解説は、かなりコアな理解をされている人向けになります。

実際、こんなふうに考えるのがモーダルインターチェンジのスキルだよ、という話です。私自身はこういうことを考えて作曲をどうこうしようとは思いません笑。

 

ジャズ鑑賞としてはおもしろいですよ。。モード曲は。

 

 AD

 

 

Miles Davis - Flamenco Sketches - YouTube

102,Flamenco Sketches

モード曲としては、so whatを「初級編」としてこのアルバムはまるで教科書のように、モードへの理解を押し進めてくれます。

 

この曲の進行は、
CM7 |% |% |% |
Ab7sus4 |% |% |% |
BbM7 |% |% |% |
D7(b9,b13) |% |% |% |
D7(b9,b13) |% |% |% |
Gm7 |% |% |% |

と進行します(曲の頭にCM7が4barあります)。

(テイクによって違う可能性があるので、だいたいでご理解を)

 

不定調性進行といえますが、まずはコードだけを弾いてみてください。

 

D7→Gm7という「Gmへの解決感がもたらす調の印象」が、曲の1コーラスを安定させています。

 

このコード進行のアナライズをしてみてください。こじつけないと一つのキーに収まらないでしょう。別にいいんです。アナライズできないから、変な曲、と思う必要はありません。不定調性進行ですから、それぞれの和音の連鎖にあなた自身が音楽的な脈絡をつかめれば問題なく成り立ちます。

つまり「なんでこのコードがこのコードに流れて、音楽になるのか全く理解できない」という方以外は問題ない、というわけです。その脈絡を感じる感覚を音楽制作・鑑賞の前面に置いているのが拙論の独自性です。

 

======

それでは各コードに使用モードを割り当ててみましょう。

いきなりジャズ理論ですが。

<表1>

CM7→Cアイオニアン
Ab7sus4→Abミクソリディアン
BbM7→Bbアイオニアン
D7(b9,b13)→DフリジアンM3
D7(b9,b13)→同上(8小節あるので途中でモードを変えても良い=モーダルインターチェンジ笑)
Gm7→Gドリアン

 

(注;アイオニアンは全てリディアンでも良い)

(注;DフリジアンM3=DハーモニックマイナーP5thビロウ=Dフリジアン#3)

 

としましょう。キーがないわけですから、本当はもっと自在にモードを割り当てることができますが。

 

で、これらをCから始まるスケールに置き直すことはできますか?

<表2>

CM7→Cアイオニアン
Ab7sus4→Abミクソリディアン→Cロクリアン
BbM7→Bbアイオニアン→Cドリアン
D7(b9,b13)→DフリジアンM3→Cドリアン#4
Gm7→Gドリアン→Cミクソリディアン

 

または全部アイオニアン系に置き換えてみましょう。

<表3>

CM7→Cアイオニアン
Ab7sus4→Abミクソリディアン→Dbアイオニアン

BbM7→Bbアイオニアン→Bbアイオニアン

D7(b9,b13)→DフリジアンM3→Bbアイオニアン#5
Gm7→Gドリアン→Fアイオニアン

 

またはエオリアン系だったら、

Aエオリアン → Bbエオリアン → Gエオリアン → GエオリアンM7(Gハーモニックマイナースケール) → Gドリアン
です。

 

これらのモードのポジショニングがすぐできる人は、動画と合わせて弾いてみてください。

 

 AD

   

   

 

たとえば、これが、
CM7 |Ab7sus4 |BbM7 |D7 |
というように、一生節毎になると、モード音楽独特の「停滞感」はなくなります。

こうなるとフュージョンですね。

 

また、
C△ |Ab△ |Bb△ |D△ |
このようにしてしまうと、ビートルズ的な連鎖になります。

 

====

 

この曲は、
C → Ab=長三度
Bb → D7=長三度
という変化が変化感を出しています。

 

<表2>でみていくと、

CM7→Cアイオニアン


Ab7sus4→Abミクソリディアン→Cロクリアン

この流れでちょっと暗めになり、ロクリアンなのでちょっとフラメンコっぽくもなります。


BbM7→Bbアイオニアン→Cドリアン


D7(b9,b13)→DフリジアンM3→Cドリアン#4

この辺の流ればジリジリとマイナー系のモードが微罪に変化していきます。

まさに"Kind of Blue"、ブルーの微細な変化ですね。


Gm7→Gドリアン→Cミクソリディアン

そしてこちらで陽転します。

 

<表3>をみますと、

CM7→Cアイオニアン

Ab7sus4→Abミクソリディアン→Dbアイオニアン

ここで半音上のアイオニアンを弾きます。グッと緊張感が高まる感じですね。

BbM7→Bbアイオニアン→Bbアイオニアン

ここで短三度下がりますから、がくんと激しい転調感を作ります。

D7(b9,b13)→DフリジアンM3→Bbアイオニアン#5

でここは微細な変化ですが、#5音が強烈なフラメンコ感を出してきます。使いすぎるとジャズっぽさが薄れますが、モーダルになる、とも言えます。


Gm7→Gドリアン→Fアイオニアン

 

 

これらをC系で考えると、

CM7 |CM7 |CM7 |CM7 |

Cm7(b5) |Cm7(b5) |Cm7(b5) |Cm7(b5) |

Cm7 |Cm7 |Cm7 |Cm7 |

Cm7 |Cm7 |Cm7 |Cm7 |

C7 |C7 |C7 |C7 |

という進行の曲、とも言えます。

 

 

またアイオニアン系で考えますと、

Cアイオニアン → D♭アイオニアン → B♭アイオニアン → Bbアイオニアン#5 → Fアイオニアンとすると、


CM7 |DbM7 |BbM7 |BbM7 |FM7 |
という進行に還元もできますね。

 

エオリアンやリディアンなど好きなモードを中心に分析してみても良いでしょう。

でもフラメンコという言葉の意味をどの程度封入するか、という意味であなたがどう考えるかです。モード云々よりもあなたの意思が大切かと思います。

 

<ここでさらにモーダルインターチェンジ!!!>

上記はあくまでコードに適切にモードを当てはめているだけです。

Cアイオニアン |% |Cリディアン |% |

Abミクソリディアン |% |Abミクソリディアンb6 |% |
Bbリディアン |% |Bbアイオニアン |% |
DフリジアンM3 |% |%|% |
Dコンビネーション オブ ディミニッシュ |% |% |% |
Gドリアン |% |Gエオリアン |% |

というように、同じコード内でモードを変えて、かつ音楽的に演奏する!!

ということが満たされるなら、あなたはモーダルインターチェンジができたことになります。

そうです、とてもそこまでやって音楽的に自分が意図した方向を作り出す、なんてとてつもなく難しい話なのだ、ということがわかります。

自分ならちょっとコントロールするのは無理ですし、せっかくカレーを食べるのだから、おでんもいれてさ、お好み焼きも入れてさ、たこ焼きも入れて、グラタンも入れようぜ、みたいになってしまう感を感じるのです。ほどほどに。

英語版wikiも参考に。

Flamenco Sketches - Wikipedia

 

<マイルス達は何をやってる?>

実際の演奏はどうなっているのでしょう。

Miles Davis - Flamenco Sketches - YouTube

冒頭の0-19までのイントロは、ビル・エヴァンスのCM7のコードが印象的です。

CM7sus4のようなサウンドや、後半はG△/CM7のようなサウンドが浮遊感を持って響きます。チェンバースのベースはgとcを呟くように弾くだけです。

 

マイルスのテーマもGメジャートライアドを中心に弾きます。G△/Cが一つのサウンドコンセプトになっているようです。

D7ではM3rdは弾かれていません。フリジアンのb9thが強調されているように感じます。これだけで十分フラメンコ的なサウンドがする、というわけですね。それにm3rdが弾かれているのでDフリジアンM3ではなく、Dフリジアンそのものと言えます。

最後のGm7ではドリアンの特性音6thや11thを強調し、マイナーモード的な色彩が出ないように意図されていると感じました。

 

そして次の2:02コルトレーンのソロも綺麗なアイオニアンから始まります。

Ab7sus4の解釈はマイルスと同じように6th、11thで色彩感が統一されています。

2:36ではf音をそのまま残してBbM7に流してます。この辺の色彩感わかる人はモードもハーモニーも楽しめます。同じ構成音をひきずるわけです。

D7の3:14ごろのM3-P5th-m3rdラインがキュン死ですね。

マイルスがM3rdを使わずに落ち着いてジリジリと攻めたことで、コルトレーンの若々しいM3rdを含んだソロが生きてきますよね。

そして最後のGm7でコルトレーンがやってくれます!一番最後の3;39頃!b6thからp5thにいってます!!これGエオリアンだ!!マイルスがGドリアンだったから、ここでトレーンはGエオリアンにモーダルインターチェンジしてる!!、、、やっと使えた笑、

そして次は3:47アダレイ。もうモードはどこ吹く風。クロマチックなアプローチノートからバップリックを繰り出してきます。

モードとか、俺関係ねーから、っていうソロがどこか懐かしくて、それまでの静に対して動、という感じが出ています。5:06からのDフリジアンのところでもなんかすごい感じ、。ミストーンぽいM6thやクロマチックアプローチ的なM7をバンバン入れてきます。5:33にはフリジアンなのに9th!!!この人よく分かっている。アダレイ巨匠最高だ。

この人が3番目にソロを取るのはとても納得。この人が二番手だったら、あんまり意味がないですもんね。起承転結の転です。さすがマイルス。3番バッターで塁を埋めました。アダレイが5:36でGm7でM3のb音をトライアドで綺麗に出してくるあたりもなかなかのスパイスです。強烈ですね。こういうのを真似したいところです。

D7→Gm7で君はb音とe音を使えるか。

です。かっこいい。特にフリジアンのモードの時に9thを使うと、b9thの緊張感から解き放たれて気持ちいい、っていうのを感じませんか?

フリジアンだからb9thばかりじゃギスギスするから、そのギスギスを一瞬9thを使ってリリースすることで、b9thが次に出てきた時にまた緊張感を増す、というやり方。

こんな感じで、モードの特性音を生かすには、わざとモード外の音を外すことに意義がある、と気がつかされます。そうなると必然的にモードの約束を守ればモーダルな音楽ができる、というルールに反して、ルールを破ることでもっと素晴らしいモードの効果が生まれる、ということになるのです。

モード音楽はこの瞬間進化(変容)していたわけですね。

 

そしてエバンスのソロはマイルスのコンセプトをしっかり掴んでます。

最後のマイルスもD7ではM3rdは使ってきません。赤くなるような感じを抑えています。

そして

Miles Davis - Flamenco Sketches (Alternate Take) - YouTube

マイルスはこっちのバージョン、2;06でDフリジアンで9thのラインを使ってきます。

ぐっと抜けてきますよね。またフリジアンの緊張感に戻りやすくなります。

 

また2:54ではコルトレーンがCM7でfを伸ばします。これはアイオニアンである、ということを示している、という点で、モードのルールに則っています。アヴォイドノートに響きがあることも教えてくれます。基本的に、この曲はb9thのギスギス感が特徴なので3rdと4rthのぶつかりも色彩感が類似していて、そんなに気にならない、ということがわかると思います。この辺も理屈ではなく、不定調性的な感性で音楽に入り込んでもらうことでわかるようになってくるのではないか、と信じています。

Gmではやはりエオリアンを選択しています。きっとコルトレーンはここはエオリアンにしたんでしょうね。エオリアンだとD7b9に近いサウンドになるのでそちらを選択した、という感じでしょうか。

 

という感じで、ちょっと分析ちっくに聴いてみましたが、モードジャズの本質はテクニカルな様々なトライアルにその本質があるので、バップよりも、フュージョンよりも分析的に聴くことができると思います。そう意味でもこのアルバムはオススメです。

 

 音源です。

 スコアです。