音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

時を駆けるコード進行 ;ユーミンレポート31

ユーミンレポート全楽曲目次 

前の記事

www.terrax.site

歌詞については掲載しておりませんので

www.uta-net.com

こちら等にて確認ください。

 

私を忘れる頃

open.spotify.com

Aメロ〜(アルバム収録タイム 1:09-)

AM7 |AM7 |Bm7/A |C#7 |

F#m7 |F#m7/E |B/D# |B/D# |

Bm7/D |C#7 |F#m7 |B7 |

Bm7 |Bm7/E |AM7 |AM7 |

Bメロ

Em7/A |Em7/A |DM7 |DM7 |

Bm7 |Bm7/E |AM7 |AM7 |

Bm7 |E7(9) |Bm7 |E7(9) |

※E7(9)はBm7/E等も可

G |G/A |DM7 |Bm7/E |〜AM7

=degree=

Aメロ〜

(key=A)

IM7 |IM7 |IIm7/I |III7 |

VIm7 |VIm7/V |II/IV# |II/IV# |

IIm7/IV |III7 |VIm7 |II7 |

IIm7 |IIm7/V |IM7 |IM7 |

Bメロ

Vm7/I  |Vm7/I |IVM7 |IVM7 |

IIm7 |IIm7/V |IM7 |IM7 |

IIm7 |V7(9) |IIm7 |V7(9) |

※V7(9)はIIm7/V等も可

VII♭ |(key=D)IV/V |IM7 |(key=A)IIm7/V |〜IM7

最後に自然とDM7に転調。ここにたどり着く前にA7-DM7などでVII♭音がメロディに登場しているため調がAとDでふわりと浮いているような状態です。

この辺のセンサーがユーミン楽曲を何年経ってもチープにしない厚みのようなものになっていると信じています。

 

例によってVII♭がDメジャーキーのIVとしても響き(メロディ音はM7th)、A7がDメジャーキーを確定させる。

 

時をかける少女 

open.spotify.com

 

Aメロ

F  Dm  Gm7  A7  Dm  Gm7  C7  

このA7であるIII7の違和感がなんともいえません。私にとってこのIII7は、「憂い系の流れにいくぜ!」と豪語する平行短調への和音です。

ですが、すぐにつぎのGm7-C7をつないで一気に長調に戻るラインが用意されています。
何だか不思議な展開です。そのまま憂いをもう少し持続したら良いのに、という間も無く変化し続けます。時を駆けてるんでしょうか。やはり。

 

そしてサビ

Dm   Gm7   C7  FM7  EbM7  Dm7  Gm7  Gm7  F〜

このEbM7への進行があまりに自然すぎて驚きます。

Dmから見ると、フリジアンのIIb的になっているのですが、FM7からVIIbというノンダイアトニックコード的に響きます。VIIb7がVIIbM7になったような。 

   

 

 

メロディ的には、
Dm   Gm7   C7  FM7  BbM7 でも作れないことはありません。
しかし、ここはEbM7を選択した、となったところで、そこからもとのキーに戻るために作曲のひと工夫を行うことになります。やはりここも時を越えて旅していますね。

E♭M7のサウンドはふわりと広がった感じを与えるし、主題歌の主人公の声にも合っている印象を持ちます。原田曲になっている、という意味です。

 

このM7は例によって半音下降しDm7へ結びつく。この流れはユーミン楽曲の骨子の一つです。


F#m---Bm7--E7--AM7--(   )--Bm7--E7--A

メロディがこの曲と同様で、間を埋めて楽曲を完成させよ、
という問題があったらあなたはどんなコードで埋めますか?

=====

 

 

難しいのは、いつダイアトニックから逸脱して、それがどんな効果を与えるか、そしてどう戻るか、をケースバイケースで把握することです。

音楽的脈絡を紡ぎながら「次あたりで逸脱したい」という直感を的確に活用していくためにも、こうした好例を意識のどこかに入れておくと「あの曲のようなリリースをサビの後半持ってきたい」というような感覚となって残り、ヒントになります。

作曲時はこうしたことを考えている余裕はないので、自分なりの一覧表にしておくか、必要な時に必要な技法が直感的に感じられるよう、たくさん曲を作ってください!

次の記事

www.terrax.site

 

 VOYAGER