音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

DTM関連;プリセット、サンプルを選ぶのに時間がかかっていませんか?直感的制作のススメ。

www.terrax.site

不定調性論的音楽思考を使ったやり方です。

直感的に音楽を作る、方法です。

それをサンプル選び、プリセット選びにも応用すればもう音選びで悩まないよ?という話です。

イメージできないときはイメージするな。

これに尽きます。

例えば「この辺でバスドラ入ってきたいな」とピンときたとしましょう。

しかしバスドラの音まではピンときません。

とりあえずサンプルフォルダを開いて上から20個ほど聞いてその中から適当に選んでください。イメージがあってもなくても一番ピンとくるやつを。

サンプル選びは将来伴侶になる人を選べ、というような厳密な作業ではありません。

クラスの中から好きなタイプを選んで指差せ、ぐらいの感じです。

恋人選びとさらに違うところは、サンプルは選んだ後でもEQなどで全く違う自分好みのサウンドにできます。これはもう首から上だけ好きなタイプに作り変えるレベルです笑。だからサンプル選びはむしろだいたいでいいんです。

 

別の方法としては、「この枠の中から今回は選んで曲を作る」

と決めて選んでみてください。

 

f:id:terraxart:20200509011536p:plain

その間に次のように知覚します。

・あれ?これならあのソフトの方がいいな?

・あ、そういえばこの間いい感じのバスドラの曲聞いたな?

などなど。これが脳のすごいところ。それで参考曲を聴いたり、ソフトで選んだり。

何も浮かばなければ、自分で決めた枠内の中で一番近い音をとっとと配置してみましょう。なんか違うな、と思ったら、二つ重ねてみましょう。あとは考えなくていいです。手詰まりになりそうだ、と思ったらその作業はやるだけ無駄です。

こうやっておくと、30個ぐらいのサンプルを日頃から分けておくと便利だと感じるでしょう。

「重いバスドラ」

「生バスドラ」

「Hardstyle系」

「チープ」

「変態系」

とかです。

サンプル分類の方法はこちらなどをご参考に

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜SERUM編1

u-he TyrellN6を事例に、音色の選別、分別、整理の方法。

 

どんな音を使っても意味は与えられる

「今選んだサンプル以上にイイのがあるかもしれないよ?」

と悪魔が耳元で囁くその声を消すことはできません。勇気を持って無視してください。

頭を次のように切り替えるんです。

「今あるものでやるんだ!」

低音が足らない、高音が足らない、みたいなことはEQで直せばイイです。新たにそれだけで完璧なバスドラを探す必要などなんです。逆にサンプルそのままでは安易です。

 

そして初心者だと、「君、キックのピッチが曲と合ってない」「勉強し直しなさい」とか言われます。放っておきましょう。

勉強をやり終えた、っていう賢人が歴史上でいましたか?

勉強しても終わらないので、曲を作りながら勉強してください。

 

20秒でサンプルを選ぶようにすると、その音からまたイメージが湧きます。

加工でどれくらいイメージに近づけるか、も慣れてくるとすぐできます。

この「直感」というのを普段から鍛えるんです。

サンプルを増やしても面倒なだけです。

大切なのはサンプルではなく、曲を作っているかどうか、です。

 

 

プリセット選びも同じ

f:id:terraxart:20200509014324p:plain

なんか良いリードないかなぁ、なんてファジーに選ぶ時ってありませんか?

それでソフトを開いて、LEADを選ぶと、膨大な量の音色が出ます。

これも

f:id:terraxart:20200509015823p:plain

ここから選ぶぐらいの気持ちで選びましょう。

選びながら何かを感じます。そして次の行動に移ります。

あなたに明確なイメージがあるとき、は大抵マンネリになります。

だからむしろ自分がイメージしていない音を選んで行った方が毎回自己を打破できます。

新しいものを作る、というのは自分に違和感をいつも与えながら作るしかありません。

いつもしっくりくることをしてる人の音楽はつまらないです。

「きゃー!!なんか全然イメージと違うけどなんかまとまった、どーしよー、根拠ネェーーー!!」 

とかって言いながら曲作れる人は天才です。

 

まとめ

買ったサンプルやシンセのプリセットって、項目別に上から順に制作者のオススメがあるので後半よりも前半で選べるはずです。

あとはとにかくばんばん作ってください。その時に考えるんじゃなくて、降ってくる感覚、湧いてくるイメージを大事にしてください。

それが降ってくることこそが=音楽理論の学習の成果です。そして不定調性論はその降ってくる直感力そのものを鍛える方法論でもあります。

 

最先端を歩く人は、知識で曲を作らないでください。

新しいことは知識と知識の隙間に落ちてるんです。

 

制作頑張ろー!

AD

 

Hinokichi(ヒノキチ)日本製 C&Mローション 500ml

手指 清浄 国産 青森ヒバ天然除菌成分 大容量(ポンプタイプ)