音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

実験的コード進行が現れる野心的アルバム「青春の軌跡」レポート公開シリーズ12

2019.5.22⇨2020.7.26更新

スティービー・ワンダーの和声構造

~非視覚的クオリアを活用した作曲技法~

前回 

www.terrax.site


目次ページはこちら 

アルバム14;「When I'm Coming From」〜青春の軌跡〜(1971)

事例49Think Of Me As Your Soldier (CDタイム0:12-)

open.spotify.com

Aメロ

E♭ |A♭m6 |B♭sus4 |A♭m6 |

E♭/B♭ |Cm |Gm C |F7sus4  B♭7 |

E♭ |A♭m6 |B♭ |A♭m6 |

E♭/B♭ |A♭m6 | E♭ |E♭ |

Bメロ

Fm7  |E♭M7 |Fm7  |E♭M7 |

Cm7(♭5)  F7 (♭9)|B♭M7  Gm7 |

Cm7  F7(♭9) |B♭sus4 B♭ |

=degree=

Aメロ  Key=E♭

I |IVm6 |Vsus4 |IVm6 |

I/V |VIm |IIIm VI |II7sus4  V7 |

I |IVm6 |V |IVm6 |

V |IVm6 |I |I |

Bメロ

IIm7  |IM7 |IIm7  |IM7 |

(key=B♭)IIm7(♭5)  V7 (♭9)|IM7  VIm7 |

IIm7  V7(♭9)  |Isus4 I(Key=E♭のVとして) |

いよいよスティービーが全曲にわたりコンポジションを行うアルバムになってきます。

この曲でもIVm6の響きが活用。

スティービーの曲の独特の“灰色の陰り”的な印象が私は好きです。

色ではなく「光」の概念を感じるその度合いが彼の感覚表現担っているように感じます。

また同曲はE♭とB♭の近親調転調が用いられてますが、近親調の転調は、色合いが似ているぶん、移行しやすいがダイナミックな効果が薄いです。

CメジャーキーとGメジャーキーでは、

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(♭5)(Cメジャーキー)

GM7 Am7 Bm7 CM7 D7 Em7 F#m7(♭5)(Gメジャーキー)

ですから、Cメジャーキーを中心に書き出すと、

CM7 Dm7 D7 Em7 FM7 F#m7(♭5) GM7 G7 Am7 Bm7 Bm7(♭5)

というバリエーションが一曲の中で使えることになります。

こうしたグルーピングを不定調性論では、“モーダリティーモーション”といいます。複調的な音楽の構築法です。

D7はCメジャーにおけるドッペルドミナントとなり、GメジャーキーのD7ではなくなります。またF#m7(♭5)はAm6の転回形で、Amの一種として使えます。

関連性が新たに出来上がるわけです。

そしてGM7が中心になったら、また新たな秩序ができます。

 

またこれらの発想を展開して、

例)

CM7  |GM7  G7 | CM7  |GM7  G7 |

CM7  |GM7  G7 | CM7  |GM7  G7 |

というような音楽構造も作れます。

通常の明らかな転調構造の場合は、教材のほうでは“トーナリティモーション”と言ってます。

 

同アルバムの「Do Yourself A Favor」はスティービーと当時の伴侶シリータとの共作。E♭7(E♭マイナーペンタトニック/ブルーススケール)のワンコード/ワンモード的な楽曲の題材として参考になります。

   

事例50Something Out Of The Blue (CDタイム 0:20-) 

open.spotify.com

Aメロ

Fm7 Fm7/E♭ |B♭/D  |A♭ |E♭/B♭ |

A♭m  |E♭ |A♭m  |D♭ C7 |

Fm7 Fm7/E♭ |B♭/D  |A♭ |E♭/B♭ |

A♭m  |E♭ |A♭m  |E♭ |

Bメロ

B  |B(E♭m7的)  |A♭m7  |A♭ |

Fm7 |Dm7 |Gm7  |C7sus4 C7 |〜Aメロへ

=degree=

Aメロ Key=E♭

IIm7 IIm7/I |V/VII  |IV |I/V |

IVm  |I |IVm  |VII♭ VI7 |

IIm7 IIm7/I |V/VII  |IV |I/V |

IVm  |I |IVm  |I |

Bメロ

B=I  |I  |VIm7  |VI |

Fm7=I |VIm7 |IIm7  |V7sus4 V7 |〜Aメロへ

実験的コード進行。

IVmが怪しい雰囲気。

スティービーのIVmの感覚はここ数枚のアルバムで特に研ぎ澄まされているような印象を受けませんか?

Bメロにおける短三度移行のm7連鎖も過去に使用例あり。

 

 

事例51I Wanna Talk To You (CDタイム 0:15-) 

open.spotify.com

C 7(blue feel) |F7sus4  F7 |B♭7 |E♭ G7 |〜

センターコードをC7として、展開していく。

blue feelというのは、ブルージーなペンタトニック的フレーズとなっているという意味です。

 

ここでCをIとすると、IV7sus4が響くことになります。

ユーミンの場合は、主和音に7thを乗せないことでIVsus4を繰り出す荒技があったが、この曲の場合は主和音(センターコード)でC7を提示しているので、F7sus4は必然的に関連性のある和音となります。

 

またそこからのG7への流れの脈絡は見事にブルージー。

風が吹くような感じのするIV7sus4。

風は目がみえなくても感じるでしょう。

肌にあたる風が彼に惹き起こすクオリアはどんな世界なんでしょう。

 

事例52Take Up A Course In Happiness (CDタイム 0:18-) 

open.spotify.com

Aメロ

G  D7(#5) |G  G/E |Cm7 F7 |Edim7  Edim7/B♭ |

Am7(♭5) |B♭ |E♭M7 |D7  |×2

サビ

G   |D/F#  |Em  |Em7/D G7 |

Cm7  |Cm7  |E♭M7 |D7  |

=degree=

Aメロ  センターコード=G

I  V7(#5) |I  I/III |IVm7 VII♭7 |VIdim7  VIdim7/III♭ |

IIm7(♭5) |III♭ |VI♭M7 |V7  |×2

サビ

I  |V/VII  |VIm  |VIm7/V I7 |

IVm7  |IVm7  |VI♭M7 |V7  |

作曲の実験でもするかのように同主調間の和音が入り組んだ構成。

 

V7(#5)のサウンドにもスティービーらしさが埋め込まれているし、サビでのIVmへ展開も聴き慣れてきました。

またAm7(♭5) |B♭の流れも活用できるでしょう。

 

例)

C   |Dm7(♭5) |E♭ |

実に自然に同主短調の和音に移行できます。この進行感も「同主短調への移行である」と考えるより、IIm7(♭5)への移動感と、VIIm7(♭5)-Iへの移行感が連鎖したものであり、それらの移動感をダイアトニックとして、ではなく、単純に和声連鎖「の進行感」として捉えてどんどん活用ください。

   

事例53Never Dreamed You'd Leave In Summer (CDタイム 0:11-)

open.spotify.com

Aメロ

C   CM7|FM7  |C  CM7 |FM7  |

C   CM7|FM7  |D/A   |D/A  G/A   |

Bメロ

Dm7 |A7  |Dm7  |Dm7 /C# /C /B  |

B♭ |A7 |G#7(♭5) |Dm7/G  |〜

Aメロ

C   CM7|FM7  |C  CM7 |FM7  |

C   CM7|FM7  |D/A   |D/A  G/A   |

Bメロ

Dm7 |A7  |Dm7  |Dm7 /C# /C /B  |

B♭ |A7 |G#7(♭5) |Dm7/G  G/A |〜

A'メロ

D   DM7|GM7  |D  DM7 |GM7  |

D   DM7|GM7  |E/B   |E/B  A/B   |

Bメロも全音上がったまま〜

=degree=

Aメロ key=C

I  IM7|IVM7  |I  IM7 |IVM7  |

I   IM7|IVM7  |II/VI   |II/VI  V/VI   |

Bメロ

IIm7 |VI7  |IIm7  |IIm7   /I# /I  /VII  |

VII♭ |VI7 |V#7(♭5) |IIm7/V  |〜

Aメロの三段目FM7〜Dへの陽転、BメロへのDマイナーキーのような陰り、後半への半音下降のベースラインからの同主短調VII♭そして又半音下降を用いて(後曲で、この半音感については触れる)えも言われぬ悲しみのようなG#7(♭5)へのドラマチックな季節の色合い!!

転調も全音上げ、ギリギリの高さで切なく歌われる同曲のスティービーの楽器としての声の美しさが存分に活かされてます。

 

歌詞についての逸話は有名ですが、ここでは楽曲から感じられる風景を自由に感じてください。

 

私は、|Dm7 /C# /C /B  |の部分のベースラインの下降があるのとないのとではこの曲の表情が全く違うように感じました。この下降はスティービーにとって何なのでしょう。

階段を降りゆくようなイメージか、何かが手からこぼれ落ちて壊れるようなイメージか。

 

このラインはアレンジ上の旋律であり、和声(コード進行としての大きな和声の流れ)はあまり関係がありません。しかし音楽上非常に重要な表現になってます。

あわせて半音移行がいよいよ意味のあるものに確立されてきたようにも感じます。

意図しているのか、いないのかは分かりませんが、クリシェといい、コードが半音で連鎖して下降していくような流れといい、方法論が特徴と言えるまでに確立されてきてます。

 

これらのクリシェ進行や半音連鎖も、鍵盤を指だけで把握しやすい進行である、としたらその意味では納得。

 

何となくこのあたりの音楽表現に彼の持っている世界感との調和が見られるような気がしてなりませんがもう少し追求してみましょう。

 

事例;54 Sunshine In Their Eyes (CDタイム 0:12-)

open.spotify.com

Aメロ

E♭ E♭/G |A♭ |Adim7 |B♭ |

D♭M7  D♭7 |G♭M7  E  |E♭7 D |

D♭  |×2

 

Bメロ

E♭m7  A♭m7 |E♭m7  A♭m7 |

Dm7  Gm7 |Dm7(9) |

E♭m7  A♭m7 |E♭m7  A♭m7 |

Dm7(9) Fm7(9) |A♭m7(9) B♭7 |

 

Cメロ(CDタイム2:25- )

Cメロ

A♭  |E♭aug/(A♭?) |F#  |F#m |×2

Dメロ

A♭ |A♭  /G♭ /E |D♭/E♭ |D♭/E♭ |×2

Eメロ

F7  B♭m7 | E♭7 |A♭ |〜Cメロへ

 

ビートルズの『アビーロード』の後半のような作品。

スティービーにとっての太陽の光は、どのように感じられているでしょう。

彼なりの神々しさが歌詞になっているのか・・。

 

この曲も実験的な要素が強い。

Aメロの流れも二重調的なコンセプト。E♭キーと、D♭キーが同居しているような流れ。また前曲でも示されたdim7が単品で役割になって使用されてます。

 

Bメロではm7コードを連ねてシークエンスの転調的感じ。

こういう使い方は勉強しないとなかなか掴めないし、勉強すればすぐわかります。

目次ページはこちら

 

その13へ  

www.terrax.site