音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介34>原素和声単位

二音からできる和音のことを拙論では、原素和声単位、と呼んでいます。

もともと「不完全和声単位」と呼んでいたものです。

 

 

たとえば、

cg

の二和音。

これだけだと、どっちが基音か分かりません。

これを

c,e,gとすれば、cを基音とした領域の集合だな、ってわかります。

c,g,e♭であれば、gを基音にした下方五度領域の集合だ、と特定できます。

また

c,f,gならcを基音にした対称和声単位であり、

c,d,gならgを基音にした下方四度領域和音であることが分かります。

 

このように不定調性という枠組みの上で、どれが基音か明確に判断できる集合を基本和声谷、c,f,gのような領域を混合したものでも基音から見たフォルムを想定できる集合も初歩的な和声単位として考えています。

 

その想定ができない、二和音の状態は、基音を推測で特定しなければならないので、「もう一音欲しい!」という意味を込めて不完全和声単位、とし、また改名して、「原素和声単位」としました。

 

特にどういう性格があるとかないとかの話ではなく、単純に二和音をそう呼んでみる、というだけです。

 

パワーコードもいわば二和音ですよね。

あれは別に「不完全」とは思いません。パワーのあるコードであり、和音であり、表現です。反応領域を三倍音までとしたオクターブレンジ2の和音がパワーコードである、と解釈するわけです。

 

表記は、

Cg

または

Gc

どちらでもいいです。状況に応じて中心とすべき音を大文字にしてください。

 

またこれができる事で、

CM7=Cg+Eb

なんて解釈もできますね。

C7というのは明るい和音ではなく、二つのパワーコードが合体したものである、なんていうふうにも考えられるわけです。

 

また、

Cf(下方レンジ3)=四度和音的

Cb♭(下方レンジ3の四度)=二度和音的

 また

Ce(上方領域の部分的な和音)

という表記もできます。これらは全く違う仕組みで作られた和音ではなく、先の数理親和音モデルからできている、と統一的に考えることができます。

これらはのちに、12音連関表のどの位置との関連か、ということで反応領域的思考で展開していくことになります。

 

けっしてパワーコードを「三度が"省略された"和音」とだけ考えてはいけない、というわけです。省略したなら、他でも省略した方がいいじゃん?ってなるし、省略してるけど頭の中では鳴ってるし、メロディの中に含まれている場合もある(=省略されていない、ともいえる)し、もっといろいろな解釈ができます。ゆえに、「省略されたと考えない方法論」を機能和声論の外縁に置いておくことで、学習者は一つの観念だけではなく自分自身のイメージを確立しやすくなるわけです。

 

さあ、野望ある若者よ、コードネームで書けない和音をポップスで使うんだ!!笑