音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)良く使うショートカット表。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容であった場合がございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

 

DPを制作で用いているときによく使うショートカットの表です。

Windows=ctrlは、Macではcommandf:id:terraxart:20180621133746p:plainです。

 

ctrl+S=保存

ctrl+X=切り取り

ctrl+C=コピー

ctrl+V=貼り付け 

ctrl+A=全部選択 

ctrl+Z=アンドゥ(作業一回戻し)

ctrl+shift+Z=リドゥ(作業一回やりなおし)

alt+Y=カウンター位置で分割(audio&midi)

ctrl+0=クオンタイズ

clt+shift+M=マージ

ctrl+shift+M=midiトラック追加

ctrl+shift+A=モノラルオーディオトラック追加

ctrl+shift+S=ステレオオーディオトラック追加

ctrl+矢印=ズーム

ctrl+【スペース】=選択域を再生

(Macはalt+【スペース】で選択域再生)

ctrl+L=データを特定場所にシフト

(ctrl+Lは立ち上げて「位置を指定」でトップに持ってきておけば、次はctrl+L、と(enter)でデータを頭に移動、とかできます。) 

 

このくらい覚えて置いたら、最初はどんどんできるかな、と。

 

あとステップ入力とかされる方、midiレコーディングを得意とされる方、などそれぞれの打ち込み方法によって必要なショートカットが違うかもしれませんね。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版