音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)選択したところのmidiデータをオーディオ化してトラックに並べる(フリーズ)

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

 

f:id:terraxart:20180621140642p:plain

midiデータとインストゥルメンタルのトラックの同一か所を選択します。

 

その後で

f:id:terraxart:20180621140754p:plain

オーディオメニューから「選択したトラックをフリーズ」で録音が開始され。

 

f:id:terraxart:20180621140843p:plain

こんなふうに並びます。

 

もう一回別の音遣いにして別バージョンで作ろ!とかという時は、midiを直して同じ作業を繰り返すと、同じ場所にフリーズされるので、別トラックを作って、前のデータを移動させるか何か工夫してください。エフェクトもかかった状態がフリーズされるので、エフェクト掛けたくなければ、エフェクトはバイパスしてください。

 

またマスタートラックやAuxトラックのエフェクトも掛けてフリーズしたい、という場合は、

f:id:terraxart:20180621141243p:plain

三つ選択してフリーズしてください。

 

また該当箇所を別途バウンスして起きたい場合は、必要なトラックを並べて選択して、

f:id:terraxart:20180621141524p:plain

バウンスしてください。

 

バウンスされたデータは、

f:id:terraxart:20180621141721p:plain

プロジェクトフォルダ内の「Bounces」の中に入ります。

バウンスするときの設定で別の場所を指定することもできます。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版