音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

(Digital Performer)選択したところのmidiデータをオーディオ化してトラックに並べる(フリーズ)

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらからご連絡いただければ、メール返信かブログ上でお答えします。 

www.terrax.site

 

f:id:terraxart:20180621140642p:plain

midiデータとインストゥルメンタルのトラックの同一か所を選択します。

 

その後で

f:id:terraxart:20180621140754p:plain

オーディオメニューから「選択したトラックをフリーズ」で録音が開始され。

 

f:id:terraxart:20180621140843p:plain

こんなふうに並びます。

 

もう一回別の音遣いにして別バージョンで作ろ!とかという時は、midiを直して同じ作業を繰り返すと、同じ場所にフリーズされるので、別トラックを作って、前のデータを移動させるか何か工夫してください。エフェクトもかかった状態がフリーズされるので、エフェクト掛けたくなければ、エフェクトはバイパスしてください。

 

またマスタートラックやAuxトラックのエフェクトも掛けてフリーズしたい、という場合は、

f:id:terraxart:20180621141243p:plain

三つ選択してフリーズしてください。

 

また該当箇所を別途バウンスしておきたい場合は、必要なトラックを並べて選択して

f:id:terraxart:20180621141524p:plain

バウンスしてください。

 

バウンスされたデータは、

f:id:terraxart:20180621141721p:plain

プロジェクトフォルダ内の「Bounces」の中に入ります。

バウンスするときの設定で別の場所を指定することもできます。

 

 

DPの購入はこちらまで!

他DAWやPerformer liteからの乗り換えは「DP○○クロスグレード」をお選びください。

f:id:terraxart:20210905124036p:plain

その他、様々な購入前のお問い合わせはこちらから。

h-resolution.com