音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)DPでのモノラルデータの作成

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容であった場合がございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

 

f:id:terraxart:20180621144928p:plain

焼きたい部分を全部選択し、バウンストゥディスクを選択です。

 DPのモノラルバウンスの仕方です。焼き落としですね。

f:id:terraxart:20180621144206p:plain

こんな画面が出ます。

 

このとき、

f:id:terraxart:20180621144319p:plain

チャンネルでモノを選んでいただければOKです。ファイルフォーマットではインターリーヴドファイルを選んでおいてください(Macではcore audio Export.WAVEなどがデフォルトで選択できるでしょう)。

通常の時はここはいじりませんが、モノラルファイル、mp3を作るときだけいじります。

 

ディインターリーブドファイル=L.Rずつ分けてくれる。

インターリーブドファイル=そのまんまモノラルにする。

 

後者はステレオが一本になるのでクリップする恐れがあるので、モノ(3.5db減衰)っていうのを選べば、多少押さえられる、というわけです。

f:id:terraxart:20180621145428p:plain

自分でバイトゲインを調節したいときは、該当オーディオデータを選択して、シーケンス画面の上記画像部分でバイトゲインを下げてください。

これでまた戻すときは0にもどす、とか。そういう感じでバウンス以外でもこのバイトゲインの調整は「割れちゃってもいいから目分量でノーマライズww」とかの時にドカンと逆に大きく持ち上げることもできます。

 

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版