音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

(Digital Performer)DPでのモノラルデータの作成

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらからご連絡いただければ、メール返信かブログ上でお答えします。 

www.terrax.site

 

f:id:terraxart:20180621144928p:plain

焼きたい部分を全部選択し、バウンストゥディスクを選択です。

 

f:id:terraxart:20180621144206p:plain

こんな画面が出ます。

 

このとき、

f:id:terraxart:20180621144319p:plain

チャンネルでモノを選んでいただければOKです。ファイルフォーマットではインターリーヴドファイルを選んでおいてください(Macではcore audio Export.WAVEなどがデフォルトで選択できるでしょう)。

通常の時はここはいじりませんが、モノラルファイル、mp3を作るときだけいじります。

 

ディインターリーブドファイル=L.Rずつ分けて保存してくれる。

インターリーブドファイル=そのまんまモノラルにする。

 

後者はステレオが一本になるのでボリュームが倍になり、クリップする恐れがあるので、モノ(3.5db減衰)っていうのを選べば、多少ボリュームを抑えてバウンスしてくれる、というわけです。優秀。

 

余談ですが、

f:id:terraxart:20180621145428p:plain

自分でバイトゲインを調節したいときは、該当オーディオデータを選択して、シーケンス画面の上記画像部分でバイトゲインを下げてください。

これでまた戻すときは0にもどす、とか。そういう感じでバウンス以外でもこのバイトゲインの調整は「割れちゃってもいいから目分量でノーマライズww」とかの時にドカンと逆に大きく持ち上げることもできます。

 

 

DPの購入はこちらまで!

他DAWやPerformer liteからの乗り換えは「DP○○クロスグレード」をお選びください。

f:id:terraxart:20210905124036p:plain

その他、様々な購入前のお問い合わせはこちらから。

h-resolution.com