音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介30>領域を分ける和音

基音cにおいて、

Cu5+Cl5はいわば共通音が一音である「希結合領域和音」です。

 

このように上方と下方の領域が一つの基音の中で発声する和音を教材では「領域断層和音」と呼んでいます。

 

基音cでいうなら、不定調性論は第八倍音まで使いますから、

 

上方=c,e,g,b♭

下方=c,a♭,f,d

で、ここからできる領域断層和音は、

上方/下方であれば、

C△/F、C7/F、

C△/Ab、C7/Ab

C△/D、C7/D

などであり、

 下方/上方であれば、

Fm/C

Fm/G

Fm/Eや

Dm7(b5)/C

Dm7(b5)/G

Dm7(b5)/E

といったものが作成可能です。

そもそもこういった表記に違和感を感じるのは、コードネーム表記を個々で用いているからです。不定調性的な表記であれば、

C△/F=Cu5/F

C7/F=Cu7/F

Dm7(b5)/C=Cl7/C

などとなります。