音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

<不定調性論用語/概念紹介5>オクターブレンジ〜対象に応じて「理解の倍率」を変える工夫

2018.6.7⇨2020.8.24更新

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る

このトピックについては

www.terrax.site

こちらも合わせてご覧頂くと嬉しいです。

 

基音を1とすると、自然倍音の数理によって、オクターブは下記のように分割されていきます。

 

c

基音
c-c

基音~第二倍音
c-g-c

第二倍音~第四倍音
c-e-g-a#-c

第四倍音~第八倍音
c-d-e-f#-g-g#-a#-b-c

第八倍音~第十六倍音

 

基音~第二倍音

この範囲をオクターブレンジ1とします。

 

第二倍音~第四倍音

この範囲をオクターブレンジ2とします。

 

第四倍音~第八倍音

この範囲をオクターブレンジ3とします。


第九倍音~第十六倍音

この範囲をオクターブレンジ4とします。

この分割は、例えば、顕微鏡で小さいものを見た時に、どんどん視界が拡大されて、より小さい世界が、より大きく見えて、さらなる分割できる素材が見えてくる、そんな状況に似ています。

 

あとはそれぞれのどの分割のレベルを今用いるべきか、を判断します。

 

機能和声は、c-e-gが現れることを重視し、ここから音楽を展開しました。

つまり機能和声論は、オクターブレンジ3の前半部分だけを使って作られた音楽理論といえます。

しかしこれがすなわちあなたが用いる音楽とは限りません。

あくまでこれは社会の伝統と慣習から、使いやすさによって浸透していったというだけです。

 

ハードロックは、パワーコードだけで済む時があります。三度が入るコードを用いると違和感があったりします。

一方ジャズをやるときは、テンションまで細かく考えます。

こうした相違は脳内で処理して分けて考えています。これを和音の「理解の倍率」と表現しました。

 

不定調性論ではこのオクターブレンジの話を「音の分解能」という考え方に発展させています。それぞれの倍率で適切な音楽を行えば良いのであって、ハードロックは和音がなさすぎて嫌いだ、ジャズはまどろっこしくて嫌い、なんて言う必要はなくなります。その倍率でできる表現を楽しむ、それぞれのジャンルがあるというだけに過ぎません。それぞれ各位がどの倍率の世界を見たいか、興味があるかでやりたい音楽が変わる、と考えれば良いかもしれません。

 

あとはあなたがどうしたいか、だけです。

www.youtube.com

この動画の最初のテーマ曲は、レンジ2で現れる音=つまり基音とオクターブ音だけで作った音楽です。一音種を基音を変えて連鎖しています。

それもまた音楽になってしまいます。

なんでもOKなら、あなたは何をやりますか?

人に求められるだけの音楽?

自分が求めるだけの音楽?

社会が求める音楽?

芸術性が求める音楽?


 

どの分解能で音楽をやるか

を決められれば、あとは好き嫌いと選択の自由です。

 

One Note Sambaのメロディはレンジ1で解釈した、と理解すれば、他にも様々な表現に対して「機能和声とは違う単位で作った」音楽を探すことができます。

 

giant stepsも異なる単位で創られた作品と言えます。

長三度が基礎ステップになっている、と無理やり考えることもできるからです。

コルトレーンはそういう思考ではなく、それまでと違うことを、と考えた結果、その「異なる単位」を創造することになりました。

 

そんな風に考えてみれば、機能和声もある分解能の段階で作られた音楽の1つにすぎない、となります。

f:id:terraxart:20200824154147j:plain 

考えているフィールドの切り替えができれば良い

ちなみに不定調性論は上方と下方のレンジ3全体をベースに全てに段階に展開していくことが可能です。自分が今どの感覚にインポーズするべきかを判断し続けます。

ジャズだから、ロックだからその和音を選ぶわけではありません。

クセナキスの音楽を聴く時、園児の歌を聴く時、ロックスターの歌を聴く時、自分が予期している期待感に応えてもらう楽しみがあるはずです。園児の歌にクセナキスの芸術性は求めません。あなたは普段も理解の倍率をいつも変えているんです。

 

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る