音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ネガティブハーモニーと不定調性論1

ネガティブハーモニーと不定調性論

これについて解説をしようと思ったら、すでに下記のような素晴らしいセミナーが行われたそうで、全く存じ上げませんでした。

<スポンサーリンク>

   

PDFファイルなどもダウンロードできるようなので、動画とともに渾身の資料、しっかり勉強しましょう。

www.youtube.com

ネガティブハーモニーの詳しい概要も下記に書かれています。

たなかギターBlog : Negative Harmony (Major & minor, Mel-min, Harm-min, minorⅡⅤⅠ)

 

下記の和訳は、上記のセミナー動画で、お顔が見えませんが、進行を担当されている一人の方がつけられたそうです(下記の和訳と違う動画であったらすみません)。

www.youtube.com

上記のジェイコブ氏の動画での「ネガティブ・ハーモニー」がどうこうという話よりも、興味深いのは、そうしたツールをどう使うかについての音楽家の側の意識について述べている点が素晴らしいと感じました。

「道具を感情でつかう」

「Bbm→Cに進んだ時に自分がどう感じるか」

「教育の間違いの一つは結果を重視すること」

これらは不定調性論が最も重視してずっと言い続けていることです。

彼にも共感覚的なものが確かに備わっていて、それを嬉々として使いこなせているのでしょう。仕草や表現を聞けばわかります。彼には音が感情で見えているんだと思います。

それゆえに、ネガティブハーモニーが作る「感じ」が自分にとって「いつ使えるか」が分かるのだと思います。

www.terrax.site

その道具が、自分にとっていつ必要になるか自分で分かる、って大事だと思いませんか?人それぞれ違うでしょうし。

 

ようはネガティブハーモニーのコンセプトを知ったら、あとは

"君がどう使うか"

までは、教えられない、自分でやっていくしかない、そして答えはそこにないかもしれない、と言うわけです。

そして先生の側もどう使うかまで受講生に踏み込んで指導してしまうと、その受講生は自分で何もできなくなる、ということを意味しています。これは深い知恵です。

======

 

「言いたいことがなければ意味がない」

と訳がつけられています。これは道具の使い勝手がわかっても、実際何を作るか、という動機がなければ、道具そのものが上手に使えない、ということを意味しています。

いくら最速のmacを持っていてもどんな曲が作りたいのか、が全くわからない状態ではパソコンは何も作ってはくれません。「ネガティブハーモニーをどう理解し、自分お腹の音楽性においてどのような位置付けになる方法論なのかを理解した上で、これ、こんな風に使ったら自分がこれまでできなかったことができんじゃね!!??」と思い至った人が使えば良いのです。これはネガティブハーモニーだけではなく、あらゆる音楽の方法論がそうですし、DAWのプラグインがそうですし、各種のエフェクターがそうです。あらゆることに言える話です。

 

======

基本は、上記セミナー動画で200%理解できます。

時間に余裕のある方は、下記もさらっとご参考に。

Symmetrical Movement Concept | Steve Coleman

 

http://personal.inet.fi/private/tomas.karlsson/lesson161.html

www.youtube.com

(この動画のPDFも受け取ることができます)lesson2にもすぐ飛べます。

www.talkbass.com

 

当たり前ですが、各資料とも、皆さんそれぞれのスタイルに転換していますよね。

「純粋なネガティブハーモニー」の理論に近いのは、最初に掲げた田中氏の動画が一番近いんじゃないでしょうか。

レンドヴァイの「バルトークの作曲技法」の中にもこの逆行概念とか鏡に映したように、というような音楽の作成法で重力を無きものにする、みたいな発想は書かれておりますので、こうしたアイディアを取り出し拡張したのがネガティブハーモニーの発想であると言えます。

バルトークの作曲技法 エルネ・レンドヴァイ 著/谷本一之 訳 

「ミラーコード」という名前で、私は佐藤允彦先生からその概念を教わりました。

きっとバークリーにはすでに体系化されているのでしょう。

 

その2の続く。

www.terrax.site

 

<スポンサーリンク>