音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ポール・マッカートニーの作曲法と不定調性論/Paul McCartney Reveals his Songwriting Secrets - BBC Radio "Sold on Song"

ポールマッカートニーが自身の作曲方法をラジオで語ってる、という動画を教えて頂いたので、聞いてみました。

www.youtube.com

要は、

・作曲の瞬間のフィーリングを大事にしたいから、いちいち色々考えない

・タイトルのアイディアとかフレーズのアイディアもあんまり用意しない

・2,3時間の集中できている間にやれることやる、1日で全部作り終える

・例えば「Yesterday」のメロディができた時も、カセットには録音せず、翌日覚えていたら採用、覚えていなかったら世間の人もこの曲を聴いても忘れてしまうだろう精神(怖!笑)

・作曲について、その手順やプロセスをしっかり把握しているなんてつまらない、なんで出来たかわからないからいいんじゃないか(怖!笑)

...もうこの辺まで出てきて、お腹いっぱいです。

字幕日本語でなんとか聞き読み込んでいたら、感想をアップしておられるyoutuberの動画を見つけてしまいました。

www.youtube.com

さすがわかりすい笑。。

 

当サイトの基礎的なビートルズ研究では、どうやってこんなコード進行を作ったのか、どう考えたら作れるのか?という解決策を「音楽的なクオリアに委ねる」としました。

つまり

「そう思ったからそうやる」

です。ポールがやってることはまさにこれじゃん、と思いました。

もちろん結果的に音楽理論的に緻密な分析もできると思うんですが。本人がそこまで考えていないとしたら、その学術的価値って何?

 

「別にそんなに音楽理論的なすごさを見つけなくてもいんじゃね?」

とも思えてきます。

これは、人間の思考的錯覚というか、すごいものに価値を見つけたくなる認知的錯覚ヒューリスティックというか。


でもまあすごい人を褒めちゃうってそれはエンタメ的側面もありますので。それと分析学的価値は異なるので、ちゃんとそこが線引きできていれば良いかな、と。

その価値、本当に与える必要ありますか??

それはあなたが認知した価値であって、どこまで行ってもそれは「あなたにしか通じない価値」だ、と思っておくとやっぱりいいのかな、と改めて感じました。

 

ポールのここがすごい!って言ってもそれわかるのは一部の人たちで、何より本人がそこまで考えてないそこは別に"わからなくていい"、"ミステリーでいいんだ"笑。ですから。それをどう捉えるかでも全く違った見解になるのではないでしょうか。

 

スタジオ時間がないから、ささっとMichelle作った、というのを1つの事例だと考えると、あのベースラインは、あの場で作って録音したことになります。そうすると音楽理論的な推敲はほとんどなされていない、ということになります。ジョージ・マーティンにしても"うん、いいんじゃない?ベースラインなんて誰も気にしないと思うから"ぐらいの勢いだったのかもしれません。あのすごいサウンドは、推敲の時間があったら却下されていた可能性もあります。

これもいわば現場全員の「音楽的なクオリア」が、本人たちに"良し"と思わせ、レコーディングスタッフを"良し"と思わせ、リリースが迫ったレコード会社陣を"良し"と思わせたのだとしたら、納得です。理論的なアプローチで"良し"と感じようとするのではなく、前後の流れ、表情、現場の雰囲気、それらを感じ取れた人たちがそれを"良し"と思わせる何かがその瞬間確かにあったのでしょう。それがどんな雰囲気だったか、音楽理論家はわかりません。その場に居合わせない限り。

これはユーミン分析でも感じました。

「俺がこんなに語っちゃって、現場の雰囲気まるで違ってたらどうしよ」

コード分析しっかり終わって、打ち震えました笑。めちゃくちゃ恥ずかしいこと書いとるやん自分!その後だいぶ書き直しましたが。

 

上記動画のyoutuberの方の言葉ですが、

その場で、自分のフィーリングで進行していく、作曲方法は自分自身。

これはすなわち「研ぎ澄まされた音楽的なクオリア」があれば良い、ということになりますね。

また

普通は、彼らは(一回聞けば)音楽理論で学ばなくても体に持っている音楽感覚でどんなジャンルも作れてしまう。

 これは、インプットの話ですね。天才はサクッとできるのでしょうが、我々はたくさんの曲をインプットして、音楽理論をインプットする、という作業に置き換えられるでしょう。

 

彼らみたいに天才になると、楽理的観点は必要であれば使うが、(それを学んで)理解した後に使ってるとは僕には思えない。僕らが想像しても彼らの(頭の)ブラックボックスの中まではわからない

全く同感です。じゃあ、そういう風に天才たちが作っているとして、じゃあ、これから私たちは、これまで通り、楽譜の読み方から教え、コードネームからしっかり数年音楽の基礎を教えて「はい、じゃあ、あとはあなたのセンスで頑張ってね」と送り出すような音楽教育をやっていていいんでしょうか?

天才との間は埋まって行くのでしょうか??

 

私もそう考えました。そこで不定調性論的思考、というのが実践編としておすすめなのです。

 

まずコードをいくつか覚えます。

C,Dm,Em,F,G,Am

これを覚えたら、早速曲を作ってもらいます。コードを自由にかき鳴らし、頭に思い浮かんだメロディやら、言葉やら、ラップやらシャウトを即歌にします。

これが「音楽的なクオリア」のトレーニング方法です。

 

それから実際の作曲作業時には、

学んだことを使おうとしない

これも大切です。全てクオリアに委ねます。

そうすることで、Amのポジションを間違ってGmを弾いたりBmを弾いたり、Fのコードをずらして弾いたらたまたまGの和音になることを発見したり、そこからAb△を作ってみたり、どんどん新しい"名前の知らないコード"を見つけることができます。

そうやって意識の中を開いておけば、それからこれまで聞いてきた曲がふっと出てきたり、MVでギター弾いてるシーンがふっと出てきたり、繋げたコード進行でふっと知ってる大好きな曲のフレーズが思い浮かんだり、そうした意識が教えてくれる情報をもとに曲を作るわけです。それがどんな変な作品になっても、教科書を見ずに作ったその作品こそ、あなたのクオリアが作り出した作品です。

 

この作業をやらせて、どのくらいまでできるか、でその人の才能を探ることもできます。

 

音楽的に正しいか、どうかではなく、その作業の中で、何をやりたくなったか、何を見つけたか、何を着想したか。

それが「音楽的なクオリア」であり、それを楽理と一緒に鍛えて欲しい!!!

と不定調性論が訴えているのは、まんざら間違ってもいないのではないか?と確信も得ました。

 

もちろんポールが適当なことを言っている可能性もあります。

実はめちゃくちゃMichelleのベースラインは前日に考えておいて、いかにもその場で出てきたようにして、みんなを口車で説得して録音しちゃった!!のかもしれません。

 

でもそれでもこのトレーニングには問題はありません。準備するな、と言っているのではありません。「自分でどうしたいか積極的に考えろ!」と言っているだけで、趣旨からは外れません。

 

とにかく我々は凡人ですから、

・たくさんインプットすると同時に、

・インプットしたことを全部忘れて、自分の意思に集中して短期間で曲を作り続ける

習慣を人1倍こなして、自身の意識を鍛えるのが一番かな、と感じました。

大丈夫、それが不定調性論的な思考による作曲方法ですから。

これからも自分はこのままやり続けてみよう、と思います。

 

ひょっとするとですが、ソロになってからの、ポールの一時期の変貌は周囲のメンバーが変わった、ということもありましょうが「時間ができたことで何らかの作業工程が変わった」ということだったのかもしれませんね。

 

「時間がない!!」と諦めがついて、できることに集中して、できる範囲の未熟さが逆に個性を彩る、という傾向は確かにあります。

 

「時間がない!」はチャンスだ、そう捉えてみてもいい時があるのかもしれません。

 

また今回の話で、ポール・マッカートニーがすごいことはもちろんですが、ホテルで2人で膝付き合わせて曲を作った、なんてこと誰でもやっているんですから、もっとあなたの仲間を、あなたが知ってる無名の作曲家に対しても「すごい」って言ってあげて欲しいです。すごい人をすごいって言っても相手には届きませんがすごいことをやっているのに、無名だから、結果が出てないから、誰にもその価値を認めてもらえない音楽家に贈る「すごいですね!」は胸の底まで届くと思います。

これは視点の切り替えだけの話です。人間必ず良いところがあります。

この言葉、明日のポール・マッカートニーを探す仕事である自分にも改めて言い聞かせたいと思います。すごい人だけがすごいわけではない。

 

それならウチのじっちゃんの方がすごいよ!っていうのが誰しもあるよね。

 

何がすごいか、も自分で判断して訴えて良いのではないでしょうか。

久々のビートルズトピックでした。

f:id:terraxart:20210812233416j:plain