音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

なぜ全国民に投票をしてその曲が良いかどうか問わないのか〜I am the walrusの機能和声分析と心象連環分析(不定調性)について

2017-12-08-2020.6.30更新
全ての記事はこちらから

www.terrax.site

  

I am the walrus

open.spotify.com


イントロ
B   ||2/4 B  |B  A   | G  F  |E    |E7   |D  |D7   |
Aメロ
A  A/G |C   D E| A  A/G |C  |D  |A   |~

A'メロ
A  A/G | D   F G| A  A/G |F    |B  |B   |~

サビ
C |D   |E    |

これを1コーラスとして見ていきましょう。

まずはこれを機能和声的に考えてみましょう。なるべくシンプルに書きますね。

f:id:terraxart:20180712151342p:plain

最初オルガンがB△的なのでキーは一瞬Bメジャーに感じられます。

このBをII解釈してみると、全体がくっきりAキーで統一できます。最後にD7でc音=AメジャーキーとAマイナーキーがいかにも入れ替わる三度音cが登場するので、D7をSDmと考えられる解釈をしました。

これが上手に曲中のA始まりに繋がります。次。

 

f:id:terraxart:20180712142253p:plain

メロディがiv#音を持っています。基調がAリディアンと解釈もできます。最後のAでivがメロディに現れます。AリディアンからAアイオニアンへの同軸モーダルインターチェンジといってもいいです。

 

f:id:terraxart:20180712152241p:plain

迷うとこですが、メロディにリディアン的な要素が残ったまま、同主短調和音をそれまでのパートに追随して使っています。こういうのは、関連させて使った、というよりも、一回使った和音に生合成を感じさせるために幾度か使いまわした方が面白い、などと考えたほうが私には自然です。

全体として統一感がありながら、イントロで指摘したVIbからのドッペルドミナントともいえるIIへの増四度進行が奇妙感を演出しててウォルラス感、マジカルミステリーツアー感爆発です。

 

コードを二小節続けることでII7というよりもV7感、I7感が増します。ビートルズが後期よく使った、機能感を創出させていきたいところへ行けるようにしてしまう和音、の使い方です。

C  |Dm7  |G  |G   |G   |G   ||

とやたら最後のGを伸ばすとGが独立してしまい、脳内でIに変えることができる人もおられるでしょう。「細かすぎて伝わらない画期的な技」です。

 

解釈のモードはがらりと変わっていきますが、使用音はモードが変わった感を感じさせません。こういうのはSteely Danなどにも受け継がれてより変態的に使われている、といったこともブログで書いています。

f:id:terraxart:20180712152837p:plain

Bから半音上がったCはIIIbというよりもIIb感、VIb感があろうかと思います。これも慣習の活用です。コード連鎖の既視感を利用して繋げていきます。

聞いた人は「どっかで聞いたことがある進行だなぁ」と感じるので、ちょっと違和感があっても受け入れてしまうものです。このような「心象」を不定調性論では、「音楽的なクオリア」と呼んでいます。これでまた見事に2コーラスのAにつなげていきます。

 

だから、この曲、Vで1コーラスが終わってるんですよ。変な感じなわけです。トニック終わりじゃないんですね。

曲が解決せずVで終わることで、「ああ!もうどーにもならん!」という気持ちになって、また2コーラス目にいくことで「今度は失敗すんなよ」みたいなイメージを聴き手に潜在的に与えるようです。

 ======

。。。。とかって機能和声分析できますよね。一部不定調性で説明しちゃいましたが。

 

実際こう分析できたとして、

「なあ、オレ、知ってるコードがいくつかあれば、いくらでも曲作れるぜ、だってコード弾いてりゃ、メロディが勝手に出てくるんだからさ」

といわれたら、今行った分析は単に「機能和声言語への翻訳」にすぎず、ビートルズが語りたかった精神性とか技法とかを適切には伝えていないことになります。だってサブドミナントが云々とか、って作ってる最中考えていなわけですから。

それでは分析はできても曲は作れません。

作曲に向けた意識の在り方を磨く上で、持つべき理解はそこではないのではないか、と考えたのです。

 

では違う考え方をしましょう。

"おはようございま~す!"

にメロディを付けて歌ってみて下さい。すぐできますよね。

「まーす」で音を上げますでしょ?

それでは、なぜ今あなたは語尾をあげたのですか?

理論的に、機能和声的に考えました?

それ、感覚でやっていませんか?なんとなくでそうできたりしていませんか?

そうなんです、作曲で鍛えるべきはあなたの「自在に生み出されるあなたの感性」を鍛え上げるべきなんです。もちろんこれは私の主観です。既存の学習でこそ正当な作曲ができる、と信じる方は自分が信じる正当な方法で行ってください。

 

私はこう考えました。

人は最初から全部持っている、それをあなたのものでない知識が一旦あなたの感性をリセットしてしまうのだ。

もちろん教育は社会的生活を営む上で必要です。手当たり次第気に入らない人を殴るようんな人になっては結果的にその人は人生を奪われてしまうからです。我々の社会はそうした人が生まれないように教育する必要性を選択したんです。でもあなたの感性を無視せよ、とは誰も教えていません。あなたはあなたであっても良いんです。

その前提への理解がとても大切です。

 

じゃあ、そこでI am the walrusをどう考える?というと

「自分が今知ってるコードで気持ちよく感じる流れを作っていく」

と考えてコードを並べてみてコード進行を作ってみてください。この方法、

そんなの頭使わねーじゃん、朝メシ前だよ

て思う人もいるでしょう。これはオッカムのカミソリ、です。

シンプルな答えこそが真理に近い。

 

不定調性論ではこうした同一和音(この曲ではメジャーコード)の連鎖を「和声単位旋律」と呼びます。同じタイプの和声だけを並べていくことで「音楽的脈絡」をつくる方法です。その時の「連鎖させる動機と脈絡」は、機能でもダイアトニックの法則でもなくあなたの感性のみです。ただし鍛え上げられていることが重要です。

スティービー・ワンダーなどは同じことをm7でやったりしています。

またこうして和音をつなげてメロディがうまく出てこない人は、一度レッスンをしてもらって自分の可能性を確かめるといいでしょう。

 

<不定調性論的に考える>

この曲、例えばイントロから作ったとしましょう。

その時Bコードをジャーンと弾いたとします(こういう作曲の起点となるコードを「センターコード」と言います、キーや機能には関係なく、あなたが起点としたという意味において、です)。「さあ作るぞ!」っていうときに弾いた和音がセンターコードです。ここから展開していきます。

B   ||2/4 B  |B  A   | G  F  |E    |E7   |D  |D7   |

Bから始めて全音ずつ下がっていきます(変拍子はジョンがこの頃こだわったテクニックだと思います)。ギターなら2フレットずつ下にずらすだけです。このシンメトリー、パターン、を不定調性論では「模様感」などと形容します。なんとなく規則があることで音楽的な脈絡を感じる人のための形容方法です。あなたが「いいね」って感じたら、それは理論的根拠にかかわりなく容認される、という拙論ならでの思考です。

答えは自分が持っている。良いにせよ、悪いにせよ。悪い結果にならないように毎日鍛錬するんです。自分を。

そしてFのあとEにいくのはギターだとそのまま全音下がってE♭を弾きづらかったから、かもしれませんよね(Ebはギターだとハイフレットに移動しなければならない)。

これがピアノで作曲だったらE♭に行っていたかもしれませんね。行ったら行ったでまた別の音楽ができます。こういう恣意性がとても重要です。楽曲のアナライズではこういう「作曲した楽器の特性」にも触れるべきです(半音下げギターとかピアノで作ってたらごめん笑)。

 

Aメロ
A  A/G |C   D E| A  A/G |C  |D  |A   |~

A'メロ
A  A/G | D   F G| A  A/G |F    |B  |B   |~

このときはAが意識の真ん中、センターコードになっているようにも思えます。

A'メロの最後にはF-Bという増四度進行が見られます。これは「ちょっとこの辺で、普段絶対行かないところ行って作ったろ」と思ったのかもね。

 

 

イントロで全音ずつ降りてきて、歌い始めも全音下がるの、なんかマンネリじゃね?とあなたが思ったら、変えればいいんです。

いや、この曲はひたすら全音下がりでいく!と決めたらそれでもかまいません。

結果どのような思考をとってもあなたが音楽的脈絡を感じるなら、それが今のあなたにとっての正解です。

 

それがバンドであれば、メンバーが「いいね」といえば答えになります。そこにすごいプロデューサーがいて「それいいね」といえばそれが答えです。そうやって社会が成り立っていることを知っているはずです。大方は理論ではなく、誰かの優れた感性で答えが定められているんです。あなたも優れた感性持ちたくありませんか?

 

ここには社会的な法律や伝統的な知識の応用も何もありません。皆それぞれの感じ方で「いいね」と言ったのです。それを逆に全国民にネットで投票をして100%いいねをもらえるなら、その曲を仕上げよう、とは誰も思いません。人は一人一人違います。だから完全な正解を作ることができません。

全国民に聞けない以上所詮「妥協」しているわけです。

つまり、全国民の支持を得られる作品でない作品は社会的には不完全です。

そしてそれは不可能です。

だから作品は不完全で成り立っているんです。それを成り立たせているのは、それを作った人とそのチームの強い意志とクオリアがそこに大切なストーリーを作っているからです。そしてそれを支持してくれる人がファンです。正しい、と認めているわけではありません。「その発想を支持する」「応援してくれている」にすぎません。

才能はないけど一時期サッカーをやりたいんだ、という子供の意志を認めてサッカーをやらせてあげる親御さんの気持ちと同じです。

だからあなたは「正解」よりも「信念」を求めて勉強をしていただきたいです。

     

あとはコード進行のパターンが作る脈絡を知っていること、です。

A-A/GはI-I/VIIb

C-D-EはVIb-VIIb-I

D-E-AはIV-V-I

これらは様々なところで見かける「機能和声進行の断片」です。

これが弾かれた時、ちゃんと自分なりの心象、印象を感じられるのであれば、それはあなたにとっての意味を持ちます。たとえば、

|:C   |C/Bb  |C   |C/Bb  :| テンポ130,ハネ

音源はこちら

I am the walrusの分析記事参考音源 | 

この進行にあなたはどんな「印象」を感じますか?

わたしは「白い壁の回廊を緊張感を持って歩く」というイメージを持ちました(明日は変わるでしょう)。これを心象連環分析としましょう。音楽的知識で音楽を捉えるのではなく、まだ未解明な人間の感性の何らかの機能が反応しているその効果によってあなたの心の上に浮かんでくる様々な心象をが曲の理解の助けにし、それらの材料をも飛び異聞で曲を作っていこう、という考え方です。

この感覚を知っているから、この進行を「なんか一つの道をまっすぐ真剣に進むような曲を作るとき合いそうだ」とわかります。もちろんテンポを変えればまた変わるでしょう。だからその都度、あなたは感じないといけないんです。テンポを2あげたら怒られた、という経験とかのある人がいるでしょう。それは揚げ足を取られている場合もありますが、2上がることで雰囲気が変わるからちゃんとクリックを聞いて合わせて欲しい、という意志かもしれませんよ?めんどくさい人にならないようにあらかじめそういうことはみなさんと共有しておく必要があります。

 

 

機能和声はこれを、

CはトニックのI、C/BbはI7の転回形、またはVIIb7(9,#11,13)のアッパーストラクチャートライアド。

 などと解説するかもしれません。

この説明は、あなたがいつ、どんな時にこの進行が利用可能な説明だ、ということを述べていません。

それよりもあなたがこの進行に対して「ふわっと浮いたような進行感」「固いどっしりとした基底部と、柔軟な上部の揺れ」とかって自分の言葉で理解できれば、この進行をラブソングの冒頭で使おうとしたら

"変わりそうで、何も変わらない毎日に"とかってメモ歌詞とメロディを作り、「あなたが現れたのだ」何てつなげる導入部かな?

とか

やっぱり「この進行はBメロで使って、あなたに出逢って、揺れ動き始めた私の心を表現する、みたいな感じかな!!」と"理解"できます。

それをいつ使えばいいか、曲を作りながらインプットされていきます。

 

「そのコードがどんなイメージを自分に与えてくれるかがわかったら、他の曲でもそういう状況においてそれを使えばいい」

となります。

また、

「こういう声に、このコンプのこのプリセットを加工して使うと、マッチしてとてもしっとりとした印象になる」

と知ることでそれがノウハウになります。

  

不定調性論的思考はあなたが一人いればいつでも活用できます。

ぜひ自分が感じることを少し体験してみてください。