音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

I am the walrusの機能和声分析と心象連環分析(不定調性)について

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

  

I am the walrus

open.spotify.com


イントロ
B   ||2/4 B  |B  A   | G  F  |E    |E7   |D  |D7   |
Aメロ
A  A/G |C   D E| A  A/G |C  |D  |A   |~

A'メロ
A  A/G | D   F G| A  A/G |F    |B  |B   |~

サビ
C |D   |E    |

1コーラス、まずは機能和声的に考えてみましょう。

f:id:terraxart:20180712151342p:plain

最初オルガンがB△的なのでBメジャーキー的に感じられますが、このBをIIと解釈すると、後々全体が都合よくAキー解釈できます。最後D7をIV7と解釈しました。

 

f:id:terraxart:20180712142253p:plain

次、メロディがiv#音を持っています。基調はAリディアンと解釈もできます。

最後のAでivがメロディに現れます。これを「AリディアンからAアイオニアンへの同軸モーダルインターチェンジ」といってもいい?です。

 

f:id:terraxart:20180712152241p:plain

次、メロディにリディアン的な要素が残ったまま、同主短調和音(G=VIIbやF=VIb)が使われてます。

 

VIbからIIへの増四度進行(F→B)が奇妙感を演出しててウォルラス感というか、まさにマジカルミステリーツアー的不思議感が表現されていると感じます。

 

Bコードを二小節続けることでIIというよりもV7感、I7感が増します。

ビートルズが後期よく使った、機能感を創出していきたいところへ行けるようにしてしまう和音、の使い方です。例えば。

C  |Dm7  |G  |G   |G   |G   ||

やたら最後のGを伸ばすとGが独立してしまい、脳内でIに変えることができる人もおられるでしょう。こんなこと理屈ではできません。

これらのやり方はSteely Danなどにも受け継がれ?てより巧妙に使われていきます。

 

f:id:terraxart:20180712152837p:plain

1コーラス最後、Bから半音上がったCはIIIbというよりもIIb感、VIb感に進んだような進行感があろうかと思います。

どっかで聞いたことがある進行は、ちょっと違和感があっても受け入れてしまうものです。このような「心象」を不定調性論では「音楽的なクオリア」と呼んでいます。これでまた見事に2コーラスめのAにつなげていきます。

 

さてこれでアナライズは終わりですが、

「オレ、知ってるコード弾いてりゃ、メロディが勝手に出てくるからさ」

と、もしジョンが言い放ったら、今行った分析は単に「機能和声言語への翻訳」にすぎず、ジョンが語りたかった精神性とか技法を適切には伝えていないことになります。

これは「あなたが学習してきた体系の人に伝わるような/かつあなた自身の理解を作ること」です。少なくともビートルズファンはしっくりこないでしょう。音楽理論不要論が生まれそうです。

 

彼はキーがなんだ、同主短調がどうだ、サブドミナントが云々とか、って考えず曲を作っていたとしたら、それを機能やキーで分析したところで、ジョンの作曲意図を分析結果に落とし込めるでしょうか。

 

"ジョンは天才だから、自然とモーダルインターチェンジを採用した"

間違ってはないと思うけど。

「君は経済観念と時間に厳しいから夕食を高級レストランにはいかずコンビニで済ませた」と言われた時のむず痒さのような笑。

コンビニで済ませたのは便利で、コンビニでいいや的な、独特の諦観もあり、決して積極的に喜び勇んで経済観念を持ってスーツだけしっかり着替えてコンビニに行ったわけではない、と思います。

もしジョンがモーダルインターチェンジを使ったのなら、もっとその方向に音楽が進展し、難解でコルトレーンのような表現欲求を持つ可能性もありました。

しかし彼はもっと言葉による表現、愛と平和を表現したい、と追求を始めます。

結果論ですが、彼はモーダルインターチェンを使ったのではなく、なんか変わった感じの新しいサウンドになったから興奮した、というような感じではないのか?と我らビートルズファンは思います。これも勝手論ですが。

 

では、このあっけらかんとした理屈を上手に説明できる方法論はないのでしょうか??

 

あります不定調性論です笑。

 

そもそもこのコード表記が正しいかどうかということは、スルーします。あくまで聞いたコード分析によるものですので、これがビートルズの真実では絶対にありえませんのでご注意ください。

ただ、もっとユルい感覚で作曲することができることだけは、この記事で、直感いただけると思います。

特に私は、ジョンが、どういう感覚で書いてその作業を終えたのかが気になりました。調べたらトリップしてる時に書いた、そうで笑。

覚えとらんだろうなぁ、、と笑。

 

この覚えとらん感じ、を方法論にしたいです。

 

では違う考え方をしましょう。

"おはようございま~す!"

にメロディを付けて歌ってみて下さい。

比較的元気なあなたは「まーす」で音を上げたりしませんか?

それでは、なぜ今あなたは語尾をあげましたか?

 

機能和声理論的に考えました?

...というより感覚でやってませんか?拙論では、この直観を「音楽的なクオリア」と呼びます。音楽を感性で作るための重要な動機になる感覚です。

 

では同じように、

「自分が今知ってるコードを今思った感じになんとなく沿わせて流れを作る」

としてコード進行を作ってみてください。

 

不定調性論では同一和音(この曲ではメジャーコード)の連鎖を「和声単位作曲」等と呼びます(ジャズ理論の"コンスタントストラクチャー")。

その時の「連鎖させる動機と脈絡」あなたのその瞬間の感覚のみです。

 

これがさく!っとできる人は不定調性進行に向いています。

しかしながら作曲する人は大抵これで作れてしまいます。

 

<不定調性論的に考える>

この曲、例えばイントロから作ったとしましょう。

まずBをジャーンと弾いたとします(こういう作曲の起点となるコードを「センターコード」と言います、キーや機能には関係なく、あなたが起点としたという意味において、です)(ジョンのことだから半音下げギターでつくったかな=if I fellあたりでやったパターンを考えてしまいました

 

ここから展開します。

B   ||2/4 B  |B  A   | G  F  |E    |E7   |D  |D7   |

Bから始めて全音ずつ下がっていくことにします(変拍子はジョンがこの頃こだわったテクニック)

 

ギターなら2フレットずつ下にずらすだけです。このようなパターン形成を「模様感」などと形容します。進行に規則があることで音楽的な脈絡を感じる、というタイプの人はこれができます。

 

そしてFのあとEにいくのはギターだとそのまま全音下がってE♭を弾きづらかったから、かもしれませんよね(Ebはギターだとハイフレットに移動しなければならず音が軽くなります)

これがピアノでの作曲だったらE♭に行っていたかも。行ったら行ったでまた別の音楽ができます。作曲した楽器の特性,指使いも動機に関係してきます。

 

Aメロ
A  A/G |C   D E| A  A/G |C  |D  |A   |~

A'メロ
A  A/G | D   F G| A  A/G |F    |B  |B   |~

Aがセンターコードであると感じます。

最後F-Bの増四度進行は「ちょっとこの辺で、普段絶対行かないところ行って作ったろ」なら、ジョンの「なんかすごいことやったろ」「ちょっと意外なところ行ったろ」みたいな性格が反映されているとも言えます。これも作曲者の心象連環です。

 

イントロで全音ずつ降りてきて、歌い始めも全音下がるの、なんかマンネリじゃね?とあなたが思ったら、変えればいいんです。いや、この曲はひたすら全音下がりでいく!でもかまいません。

結果あなたがその進行感にその瞬間音楽的脈絡を感じるなら、それを今のあなたにとっての正解です。感覚に根拠はなく、自分自身の総体です。

むしろ「今まで生きてきた結果得られた結論」ぐらいに思ってみると直感は決して当てずっぽうではないと感じることができるようになると思います。

 

スーパーで買い物をする時、買うものがいつも同じでも"理論"のような科学的信念を先んじて持っているわけではありません。

そこで音楽理論的慣習と並行して、直感的制作スキルを一つの方法論とすることで制作精神は柔軟になっていきます。

毎回ジュースばかり飲むから体に良くないと思い今日だけはお茶を買った、というのは栄養理論から導き出された結論というよりもその日のその時の体感だと思います。

 そういうことを優先するのが不定調性論っていう方法論なのです。


あとは進行感の訓練です。

A-A/GはI-I/VIIb

C-D-EはVIb-VIIb-I

D-E-AはIV-V-I

これらはよく見かける「機能和声進行の断片」です。それぞれ特有の進行感を感じる人は作曲に使えます。たとえば、

|:C   |C/Bb  |C   |C/Bb  :| テンポ130,ハネ

音源はこちら

I am the walrusの分析記事音源 | 

この進行にあなたはどんな「印象」を感じますか?

 

わたしは「白い壁の回廊を緊張感を持って歩く」というイメージを持ちました(明日は変わるでしょう)。こうした心象の自分語による個人表明を心象連環分析としました。

テンポを変えればまたイメージも変わります。

 

機能和声はこれを、

CはトニックのI、C/BbはI7の転回形、またはVIIb7(9,#11,13)のアッパーストラクチャートライアド。

などと解説するかもしれません。

この説明は、あなたがいつ、どんな時にこの進行が利用可能な説明だ、ということを述べていません。

 

あなたがこの進行に「ふわっと浮いたような進行感」を感じて"変わりそうで、何も変わらない毎日に"とかってメモ歌詞ができたなら、

「そんな日常にあなたが現れたのだ」

的な曲の導入部にこの進行感が使えるわけです。

 

この曲の進行感も同様です。どういうふうに作ったかはわかりませんが、ジョンの頭にはウォルラスが踊っていたのでしょうか。その動きや心象に合わせて曲を作っていたらできた曲、としたら、技法云々ではなく、

「ジョンはこの時、下がってくる感じに気だるさ/可笑しさを当てはめてたのかな?」

という思考癖とかも感じ取れたりします。

 

この発想はミックスでもアレンジでも恋愛でも?いつでも使えます。

失敗もするでしょうがこの場合、全て自分の意思で導き出した結論であり「その後の豊かな経験値」になります。

人生というゲームは解釈次第で失点にしないことができる、というルールがありますし。

 

自分が感じることを真ん中に置いて考える不定調性論的思考と、伝統やセオリーで考える機能和声的思考をバランスよく身につけてみる、というのはいかがでしょうか?

 

<参考>