音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

あらゆる人にとって正しい一つの方法はありえない~ビートルズ楽曲topic

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」7(2017)
13、サヴォイ・トラッフル - Savoy Truffle

ジョージの不定調性ナンバー。

   

E7 |E7 |F# |F# |
A |A |G |G |
B |B |
Em C |Em6 C |C |G |E7 |~

 

キー表記はEメジャーですが、続くF#からもうキー感覚から離れていきます。

これらのコードを自在に弾きながら、繋がった感じを模索し、歌いながら曲を作る、というのは、機能和声的、というよりも不定調性的発想、と考えていただいた方が罪悪感が無いでしょう。

「罪悪感」と言ったのは、こういった「テキトー」な作風を、機能和声論は良し、としていないからです。なぜなら厳密な宗教観が前提にあるからです。

そうした権威を前にして、それを見ないようにしながら、コードを適当に並べて曲ができてしまったら、あなたはこう思うでしょう。

 

オレ、ちゃんと勉強していないのに、一曲できちゃったよ。

ぜったい、これテキトーだよなぁ、半分は。

いいんかなぁ、、

皆はきっとイイって言ってくれるだろうけど、

絶対、その筋の人が聴いたら「お前のやつはインチキだ」っていうよなぁ。。

 

 AD いまこそビットコインはじめてみませんか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ちゃんと勉強しなきゃなぁ、っておもって今日まで来てしまったことに対して、感じなくてもいい罪悪感を感じ、インターネットの音楽理論のページを見て、雑誌の楽譜解説のページを見て、テレビでイケイケのラッパーが音楽理論的な事を話しているのを見て、

 

ああ、ちゃんと勉強しないとなぁ

 

なんて感じてしまう。

もうはっきり言ってしまおう。

 

そんなこと思う必要は1ミリもない!!

 

一曲できたんだ、それを発表して、歌って、もっと上を目指してどんどん精進すればそれでいいじゃないか!!「気持ち良くなりたいと思うこと」に条件を付ける必要などないのだ。

 

というのが、不定調性的な音楽に対する精神的なアプローチです。

  

同曲の進行でいえば、Gや、BというコードがEマイナーキーを示唆している、と考えることもできるので、自然とEmがしっくりはまってしまう、とも云えます。

これが不定調性的思考の良いところ、です。

思わず機能和声の気持ちいいところだけ吸い上げて自分の曲に使ってもOKということ。境界や制限がないからです。あるのはあなたの自由意志だけ。

 

 

 

     

14、クライ・ベイビー・クライ - Cry Baby Cry

サビ
G Am |F G |Em A |2/4 F |
Aメロ
Em EmM7 |Em7 Em6 |C7 G |~

センターコードはGです。

Em-E6は「クリシェ」、不定調性論でいうところの「掛留概念の拡張」進行です(そんなのどーでもいいことです)。

調性感を持たせながら、どこかで聴いたことのあるような進行を匂わせ、新しい印象観を作り出しています。

この曲はC7が強烈ですね。
いきなりブルージーでロックな厳ついサウンドです。

 

ここで下記のような配置がされ、コードが使用されます。
G=I
Am=IIm・・・GメジャーキーのIImの印象
F=VIIb・・・同主短調のVIIbの印象
Em=VIm・・・平行短調の印象
A=II・・・GメジャーキーのドッペルドミナントII7の印象
これらの印象を借用し、つなぎあわせているんですね。

それは機能和声論じゃないか!

そうとも言えるし、そうでないとも言えます。

 

あなたがイイなと思った機能和声的な要素を転用しているだけ

 

です。あなたなりの解釈と印象をそこに用いているだけで、別にEmが「ここで平行短調の印象を用いる事こそ正しい音楽なのだ」と訴えているわけではありません。

 

====

一子相伝でかつあらゆる人にとって正しいたった一つの方法

など、音楽にはあり得ません。

何も頼るものなどないんです。

音楽を勉強したら曲が浮かんでくるか、と言うとそうではありません。

でこれやると、全責任を自分で背負うので、もう容赦なく研究することでしょう(1年の勉強が三日で済みますよ)。

 

学校という場所では人脈を作り、自分の良いところを見つけてもらえば100点です。

それができる先生についてください。そして思い切り協力させてください。先生はあなたに自信を付けて、道を開いて、前に進めてあげるのが仕事何ですから。

あなたに対して「基本ができていない」何ていう人は、きっとその先生も昔そう言われたのです。いつかはあなたは稼いで先生のために家でも立てる力があるのです。

あなたに威圧的な態度で、やたらレッスン期間が長い先生には「先生、私に教える気あります?」って言ってあげてください。