音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

直感はテキトーではない。脳は研究しなくてもすでにあなたにインストールされている~ビートルズ楽曲topic

2017.12.14→2020.7.1更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」7(2017)
サヴォイ・トラッフル - Savoy Truffle

open.spotify.com

ジョージの不定調性ナンバー。

   

E7 |E7 |F# |F# |
A |A |G |G |
B |B |
Em C |Em6 C |C |G |E7 |~

 

キー表記はEメジャーですが、続くF#からもうキー感覚が壊れます。

これらのコードを自在に弾きながら、繋がった感じを模索し、歌いながら曲を作る、というのは、機能和声的、というよりも不定調性的発想、と考えていただいた方が良いでしょう。

こういった「テキトー」的な作風を、機能和声論は良し、としないでしょう。

厳密な正当性があることをよし、とする宗教観が深いところに前提としてあるからです。そうした伝統学習を体験すると、あなたは恥じるはずです。

 

オレ、ちゃんと勉強していないのに、なんか一曲できちゃったよ。

ぜったい、これテキトーだよなぁ。よくないよなぁ、こういうの。

皆はきっとイイって言ってくれるだろうけど、

でも「お前のはインチキだ」っていわれたらどうしよう。。。

 

ちゃんと勉強しなきゃなぁ、っておもって今日まで来てしまったことに対して、感じなくてもいい罪悪感を感じ、インターネットの音楽理論のページを見て、雑誌の楽譜解説のページを見て、テレビでイケイケのラッパーが音楽理論的な事を話しているのを見て、

 

ああ、ちゃんと勉強しないとなぁ

なんて感じてませんか?

 

でも不定調性論がある限り、

 そんなこと思う必要は1ミリもない!!

と、自分に言って聞かせて頂きたいです。一曲できたんだ、それを歌って、もっと上を目指してどんどん次の曲を精進すればそれでいいじゃないか!!

それだけ思ってまずは言い聞かせてください。

まず順風満帆を作り、そこから「勉強する以外やることがない」ときに勉強してください。

====

同曲の進行でいえば、Gや、BというコードがEマイナーキーを示唆している、と考えることもできるので、自然とEmがしっくりはまってしまう、とも云えます。

これが不定調性的思考の良いところ、です。

思わず機能和声の気持ちいいところだけ吸い上げて自分の曲に使ってもOKということです。境界や制限がないからです。あるのはあなたの自由意志だけ。

この「直感的制作」に対して「あ、今テキトーにやった」と思わず、「お!今直感が働いた、これはこれまで音楽で悩んできた計算データが一挙に答えを出したんだ!」と思ってください。直感は当てずっぽうでは起きません。脳というスーパーコンピューターがはじき出したあなたへの答えです。それを疑うなら、まず音楽よりも脳の勉強をしてください。

でも勉強などしなくても脳はあなたの中にもうインストールされているのだから研究することなどしなくてもあなたはパッと答えを得るはずです。

学んだら忘れろ、とはそういうことです。すでに得た知識は脳に入り込んでいます。

それを使えるのが脳です。そしてそれを使えるようになるためには「興味」を持つジャンルでそれを極めることです。脳が興味を持つ、ということはあなたの脳はそのジャンルを考えることに向いているからです。

学校の勉強で記憶力がテストの試験を悪くしたのは、あなたがあなたの脳に向いていないことをやっていたからです。あなたが悪いわけではありません。

 

     

クライ・ベイビー・クライ - Cry Baby Cry

open.spotify.com

サビ
G Am |F G |Em A |2/4 F |
Aメロ
Em EmM7 |Em7 Em6 |C7 G |~

センターコードはGです。

Em-E6は「クリシェ」、不定調性論では「掛留概念の拡張」進行と言ってます。

調性感を持たせながら、どこかで聴いたことのあるような進行を匂わせ、新しい印象観を作り出しています。

この曲はC7が強烈ですね。
いきなりブルージーでロックな厳ついサウンドです。

 

ここで下記のような配置がされ、コードが使用されます。
G=I
Am=IIm・・・GメジャーキーのIImの印象
F=VIIb・・・同主短調のVIIbの印象
Em=VIm・・・平行短調の印象
A=II・・・GメジャーキーのドッペルドミナントII7の印象
これらの印象を借用し、つなぎあわせているんですね。

それは機能和声論じゃないか!

そうとも言えるし、そうでないとも言えます。

 

イイなと思ったコード展開を転用して組み合わせているだけ

 

です。

勉強しなきゃ、なんて思うのは100曲作っても売れなかったときで良いです。