音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

希機能剥離進行について~新しいコード進行概念を活用しよう(前編)

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site  

コード進行には、

動和音(動進行)動和音

動和音(動進行)静和音

動和音(静進行)動和音

動和音(静進行)静和音

静和音(動進行)動和音

静和音(動進行)静和音

静和音(静進行)動和音

静和音(静進行)静和音

しか不定調性にはありません。

 

たとえば、

C△ |(  ) |Dm  |G7  |

を考えてみましょう。

<通例>

C△ |A7 |Dm |G7  |

C△ |C#dim7 |Dm |G7  |

 ですね。その他Eb7とか、UST/A、UST/Ebなどが使えます。

www.terrax.site

機能的な理屈で作ることもできます。

 

ではC△ |(  ) |Dm  |

を不定調性で考えていきましょう。まず、

C△ |(  ) |

の部分。C△は静和音ですから、

静和音(動進行)動和音

静和音(動進行)静和音

静和音(静進行)動和音

静和音(静進行)静和音

が考えられます。テンションとか付けると、急に難解になるので実用的ではないので付与しません。

ポイントは「自分にはピンとくる響きが他にあるはずだ」って信じること。それから自分のクオリアに引っかかるものを何度も弾きながら、風景感をしっかりと掴むこと。

どんどん癖になる響きを「創造」していくわけです。

繰り返し弾いて自分の中に「風景感」「模様感」が出るまで待ちましょう。歌ってメロディを乗せられる人はのせてみてください。

 

意外と普通、っていうのは任意で除きました。

※「△」なくてもいいです。三和音だよって意味です。

 

静和音(動進行)動和音

 

のばあい。。

i;     

C△  |Db△/B |

 

ii;   

C△  |Eb△/Db |

 

iii; 

C△   |Dsus4(10)omit5△/C | 

 

iv; 

C△   |Bbaug△/C | 

※Db(b5)=d♭,f,g

※Dsus4(10)omit5=d,f#,g

 

静和音(動進行)静和音

 

のばあい。。

i;     

C△  |DbmM7 |

 

ii;   

C△   |Bbm/C |

 

iii; 

 C△   |A7sus4omit1△/E | 

※A7sus4omit1=e,g,d

 

静和音(静進行)動和音

のばあい。。

i;   

C△  |Dbalt△/C |

 

ii; 

C△  |C△/Db |

 

静和音(静進行)静和音

のばあい。。

i; 

C△  |Csus4(10)  |

 

ii; 

C△  |C△/Eb |

 

で、これらをDm7にうまくつながるように変化させながらぶつけていきましょう。

C△  |Db△/B /Bb|Dm7/A   |

C△  |Ebadd9/Db |Dm7   |

C△   |Dsus4(10)omit5△/C | Dm7(11)   |

C△   |Bbaug△/C | Dm/C   |

最初の四つを音にしてみました。四つ連続で間隔を置きながら流れます。これはリハモではなく作曲技法ですので、コードに合うメロディに変えてあるものがあります。あしからず。

 

 

C△  |DbmM7 |Dm7   |

C△   |Bbm/C |Dm7/A   |

C△   |A7sus4omit1△/E  /Eb|Dm7   | 

C△  |Db(b5)△/C |Dm7   |

次の四つも音にしてみました。四つ連続で間隔を置きながら流れます。

 

 

C△  |C△/Db |Dm7(9)   |

C△  |Csus4(10)  |Dm7(9)   |

C△  |Cadd9/Eb | Dm7(9)   |

最後の三つも音にしました。連続で流れます。

 

今回はC△から流れることができる和音で考えましたが、もちろんこれらをDmの側から考えてもOKです。

 

こうなると、

あるコード → あるコード

は別に何の規則もないのだから、どれがどれに進む可能性があるのか、どういう数理があるのかを見つけたほうが早いことになります。

 

これについては明日の後半へ。

 

www.terrax.site