音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

耳コピのためのメモ

2018.7.15⇨2020.7.14更新

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

 

   

 

耳コピの前提

細々としたことが好きな性格の人は向いています。

根気のある人、一人で喋らないでじっと集中して作業をやることが得意な人も向いています。

 

コードやコーラスを聞き取るくらいなら感覚でできるようになります。100曲ぐらい曲を弾けるようにしてください。そのあとで他の曲を聞くと楽器を片手にコードがわかるようになります。仕事をしだすと、楽器がいらなくなります。私は絶対音感がないのでキーまではわからないのですが。

 

メロディや楽器のパターンを総合的に聞き取る(カラオケを作りたいとか)ためには、ある程度楽譜が読める、書けることが条件になります。

また初級音楽理論は絶対に必要です。ないと耳コピはいつまでたっても終わりません。

ベースやバスドラを聞くときは低音をあげて聞き取る、といった工夫も覚えます。

後なるべく静かな部屋でやらないと細かい音は聞こえてきません。

ヘッドフォンもいい感じのレコーディングモニター用とかで。

appleのヘッドフォンでもいいです。ものがいいので。

だから耳コピができないのは、理論の知識と楽譜の知識がないからです。

がっつり耳コピしたい人はまず音楽理論を勉強してください。

 

現代は耳コピは必要ない

コード譜サイトが充実してるので、コードぐらいならほぼ必要ないです。

また多少のお金を払えば、ネット上で耳コピしてくれるサービスも簡単に見つかります。

だから絶対に耳コピができるようにならねばならない必要はもうなくなりました。

 

時間に余裕がある人への課題の提案

人生に余裕のある人は「今から二年間、自分の好きなアーティストの全アルバム耳コピする!!」とか決めて頂いて。

アルバム20枚以上出しているような堅実で自分が大好きなアーティストがいいと思います。そういう息の長いアーティストは普遍性があり、やっていることが適当ではありません。当ブログではユーミンがその代表例です。

 

ビートルズ(213曲)、ユーミン(370曲)、スティービー・ワンダー(328曲)(それぞれ発表当時)と。当ブログでは抜粋していいとこだけ掲載してます。

www.terrax.site

 

 

耳コピ=推測すること

耳コピはほとんど経験と勘で進めます。全部完璧に聞き取るのではなく、こうかな?と聞き取った音を楽器で弾いてみたりして「だいたい」でどんどん進めます。

それがいずれは正確になっていく、というだけです。

いきなり完璧には聞き取れません。

「こうかな?」とリリースできるのはクリエイティビティです。

「間違ってそうだから出すの怖いな」と思っているうちはあなたのクリエイティビティーは育っていません。聞き取って出してみる、これに慣れて慣れて自信をつけていくことが耳コピ、という作業です。

 

耳コピで一番簡単なのは、メロディを聴き取ること。リフを聞き取ること。です。

最初はギターソロとかはよく耳コピしました。

 

仕事でもニーズがあるのはネットにコード表記がない楽曲のコードを聞き取ること、です。

その時の私のやり方は・・・

・まずキーを把握(もうここで音楽理論が必要です)。

・ダイアトニックコードを書き出す。

・キーが分かったら、あとはベースから聞く⇨ルートが分かる。

ex)キーがAmでベースがaっぽい音を中心に弾いていたらその小節はAmである確率が高いです。それをベースにしてギターやシンセの音を推測していきます。

・慣れてくるとコード展開を覚えるので、「次はFかな?」とか分かるようになります。王道ポップスだと上達も早いです。

aikoとか宇多田ヒカルとかをやってしまうと才人すぎてキツイかも。でもOKです。

数枚しか出していない地下アイドルとかだと楽曲がかなり奔放でコピーできないかもしれません(依頼が多いのでわかります)。

 

コードにはパターンがあるので、曲の分数ぶんコードが変わるわけではなく、3−4パターンのパートがあるので、1番を聞き取れば2番もだいたい同じです(特に洋楽・昭和・前平成曲は)。

 

・ある程度聞き取ったら、コードを並べて弾いてみる。違和感なく歌えたら、コード耳コピ完了です。

 

・大切なのは「予想して聞き取る」ことです。全部聴きとるわけではありません。アーティストがミストーンしている場合もあります(仕事のカラオケ制作は通例そういうのも完全にコピーします)。

 

・例えば私は次のように聞きとっていきます。

バズドラ⇨スネア⇨ハット、シンバル⇨パーカッション⇨

ベース⇨FX類(サウンドエフェクトもの)

ピアノ/鍵盤ものギター/刻み系⇨ストリングス系上物

長時間やると聞きすぎて「耳がバカになって」しまい立体感が失われます。そうしたらもうその仕事は今日はやめましょう。 

 

最初はできなくていい

最初はぐちゃぐちゃで、違和感ありまくりでOKです。

そのうち、

あれ?この展開、このあいだの曲も出てきたな?

この曲の方が聞き取りやすいな?

ひょっとするとあの曲もこういう進行だったのかな?

などと後戻りしながら毎曲毎曲上達していくものです。

 

   

 

耳コピは予測して聞き取り、最後は自分で解釈する。

面白そうだな、と思った人はトライしてください。面白そうと思った人はできます。

私は知りたがりだったので、夢中で耳コピしました。

どうしても時間がないときは、朝起きたあとの15分だけ耳コピに使いました。

寝ぼけたまま朝起きて気がつくと、ヘッドフォンをして、ノートを拾い、ギターを抱えていました。半分目が開かないまま再生ボタンを押してました。

もっと他のことにその時間を使えばよかった、とも今思えば思います笑。

 

完コピ

DTMでのカラオケ制作など原曲リスペクト、な制作はより厳密です。2秒ごとに原曲と耳コピした曲を交互に聞きながらチェックする、的なことをしていました(携帯着メロ・カラオケ打ち込み業務経験あり)。

このレベルになると一人でやるのは大変なので業務として経験すると開眼する方もおられるかも。

 

耳コピができない人もいます

どこにもない音楽を創造したいと強く思っている人=天才型

他人の曲に”そこまで”興味がない人=自分でだいたい頭の中に音楽が鳴ってしまう

...etc様々なその人の素養や普段のイメージのためにその作業を行いたくない、行えない、と確信している人もいます。

そういう人は独自の道を極める道に早く進んでください!

 

専門校時代にジョージ・ベンソンのアルバム20数枚を全曲(400曲弱)ソロ、バッキング、コードを聞き取ってTAB譜に落としました(1年ぐらいかかったかも)。そのあとジョー・パスのヴァーチュオーゾも30曲ぐらい聞き取ってTAB譜面にしました。

f:id:terraxart:20200111123908j:plain f:id:terraxart:20200111123948j:plain

ギターのフレットを通して音楽理論を身につけたような気がします。

音楽理論は本で学ぶ、というより楽器で学ぶものだと知りました。

 

下記制作ページなどでのyoutubeカバー作品は全て耳コピカバーです。

Digital Performer制作楽曲のページ - 音楽教室運営奮闘記


ご質問があれば、お問い合わせください。 

M-Bank スタジオレンタル・ブログ・HP等のお問い合わせ