音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

1,Day Tripper(6つのメジャー系コード使用曲)/The Beatles(2018)★★★

ビートルズの不定調性コード進行研究

Day Tripper/ The Beatles

AD

   

この曲で使用されているコードは、

E,A,F#7,G#7,C#,B です。

有名なリフが骨格になっている曲です。
====
この曲は、キーがEメジャーですから、機能和声的には 
E,F#m,G#m,A,B,C#m,D#dim
によって曲が構成されている必要があります。

しかしここでもそんな構造はありません。

まるで知っているコードフォームを適宜平行移動しながら作ったかのような和音の連鎖。このような技を、音楽理論的に認知できるようにしたのが、不定調性論です。


「自分、理屈分からないけどコード鳴らしていったら、いくらでも曲作れるけど。」
という人の意識の状況をサポートできる方法論です。
 

AD

 

同曲1コーラスは、歌入りから、

E |E |E |E |
A |A |E |E |
F#7 |F#7 |F#7 |F#7 |
A |G#7 |C# |B |
E |E |E |E |

です。これらのコードを機能和声で分析すると、

E=I=トニック
A=IV=サブドミナント
F#7=II7=ドッペルドミナント
G#7=III7=平行短調C#mのドミナント
C#=VI=セカンダリードミナントまたは、平行短調の同主転調
B=V=ドミナント となります。

しかし、これが分かっても
「なぜそこにF#7を使ったのか。」
「なぜF#m7ではいけなかったのか。」
についての感覚的のことが分かりません。

 

作曲において「これ。そんときにそれがいいと思っただけ、それ以上の理由はないんだけど」となったとき、この意識状況をあなたはどう理解しますか?

音楽理論はこの感情的帰結を上手に分析することができません。

不定調性論では、この個人の感性の帰結を真ん中に置きます。同時に「あなたもそのように思う時が来る」ことを知って頂きます。

これは機能和声という考え方があるからこそ、こうした感性論に重きを置くことができるようになったのです。

======

メジャーコードを全て覚えたとすると、

C△,C#△,D△,D#△,E△,F△,F#△,

G△,G#△,A△,A#△,B△

という12個のメジャーコードを弾けるようになりますね。

ここからランダムにコードを抜き出して繋げてメロディーが浮かんで来る人はそれでもうオッケーです。

不定調性論的作曲ができています。

 

より機能和声的にしたい場合は、

例えば中心とする和音をE△とします。

Eメジャーキーでは、
E△ A△ B△がスリーコードですね。

 

次に同主短調Emのキーでダイアトニックコードを見てみると、
Em-F#dim-G△-Am-B△(またはBm)-C△-D△
となります。ここから
G△、B△、C△、D△を引っ張り出してきます。


近親調のメジャーコードが集合します。

E△-G△-A△-C△-D△

後は好きに組み合わせて連鎖を作るだけ。順序もどうぞお好きに。

=====

次にこう考えてみましょう。
F#m-B△-E△
よりも
F#△-B△-E△
を用いたいときというのなどんな感情を訴えたい時か、考えてみましょう。
二つの進行の「印象の違い」「持っているニュアンス、文脈の違い(自分にとっての意味感)」が分かれば使い分けられます。

 前者はのんびりした気分、後者はイケイケなときの気分、と感じたら、それを曲に応じて使い分ければいいだけです。

この感覚感が体得できることを目的とした方法論が不定調性論です。

 

結果、自在にコードをつなげられるようになると、E△がいろいろなメジャーコードに飛来していく感じになります。

 

|:E△-F#△-F△-Bb△
E△-Bb△-F#△-B△:|

 

和音をメロディのように並べていくような作曲法です。
これを和声単位作曲技法といいます。

 

まずはコード理論を忘れて色々繋げてみてください。

 

 

AD

作曲、まずはボーカロイドからでしょ。

VOICEROID2 結月ゆかり