音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

<不定調性論用語/概念紹介13>数理親和音モデル

2018.6.11⇨2020.10.18更新

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る

f:id:terraxart:20180611084910p:plain

 

一般理論では、cという音に親和する音は、五度音のgや、三度音のe、四度音のfなどが挙げられます。

 

拙論では、cが親和する音を個々人で設定する、という考え方を持っています。

 

不定調性論は事前に上下八倍音までを使用する、と決めました。

ですからc1音であれば、

上方倍音e,g,b♭

下方倍音a♭,f,d

までが使用できます。

 

これだけでもいいのですが、下方倍音a♭,f,dがそれぞれ実音となったとき初めてcが生まれるので、a♭,f,dの上方8倍音までを含めることで調的な世界のモデルとしよう、と決めました。

 

これが数理親和音モデルです。ここにはc#とb以外全て出現しています。

 f:id:terraxart:20210710142953p:plain

このような区分けは当然恣意的なもので、このモデルは私にしか通じません。

このようにそれぞれの八倍音までのどこまでを用いるか(「反応させるか」と表現します)を定めるやり方を「反応領域の考え方」としています。

 

f:id:terraxart:20210801174131p:plain

ちなみに機能和声論が優れている点は、この三音だけで後は恣意的な集まり、として処理してしたことで煩雑な箇条書きルールを定めず、慣習を集めながら方法論を拡張してきた点です。機能和声論は短三和音やブルーノートが美意識を持つ根拠を示せてはいません。

 

つまり1音に対して親和をさせる音を「自分で決めている」のが現代の音楽方法論なのではないか?と捉えました。

 

数理親和音モデルの上では、ブルーノートに該当する音が現れますが導音が現れません。導音を用いるにはもう1音が必要、となっています。 

 

下記の動画でも親和音モデルが12音可能になる様を後半解説しております。

お暇な時にご覧ください。

www.youtube.com

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る