音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介12>基音が生成する音、基音を生成する音

2018.6.11⇨2020.10.18更新

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る

基音が生成する音=上方倍音列

基音を生成する音=下方倍音列

のことです。これがよくわからない!という方は下記をご参考ください。

www.terrax.site

 

不定調性論では、

基音cに対して、

gは基音が生成する音であり、

fは基音を生成する音になるわけです。

 

下方の領域を用いることで、12音を双方向に関連する音関係にできます。

f:id:terraxart:20201017233718p:plain

 

機能和声論は「低音優先」原理があります。c音が基音の時、g音はcに帰結する、という感覚が重視されます。

しかし不定調性論では、下方の数理を用いるため「高音が優先される世界感」が作られます。つまりc音はg音を生み出す、という考え方も同等に存在するわけです。

故にcもgも同等の立場である、という思考に切り替えるわけです。

 

たとえば、メロディ。

低音が優先されるなら、なぜ人は高音であるメロディに注視できるのでしょうか。

人の感覚は、自分がどこに注意を向けるかを自由に選択できます(カクテルパーティ効果のような)。

 

そうなると「基音」というのは"安定する"、とか、"重心"ということではなく、数理における意識の上の中心以上の存在にはなり得ません。どちらかに重きを置きすぎない、という発想です。

 

難しい事はここでは書きません。

基本のスタンスとして、

cにとってgは上方のドミナント

cにとってfは下方のドミナント

であり、

fにとってcは上方のドミナント

gにとってcは下方のドミナント

であり、これらは平等である、というふうに考える、ということです。

 

下記は教材にも出てくる不定調性論における基音の関連音表です。

f:id:terraxart:20180611084647p:plain

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る