音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介18>反応領域で発生音をコントロールする★★★★★

 

f:id:terraxart:20180611084910p:plain

この図を見ながらいきましょう。

 

c |f |g |c |

 

というオーソドックスな根音進行があったとしましょう。

反応領域を用いてあなたは自在にその基音に反応させる音を決められます。

 

機能和声的に考えれば、

f:id:terraxart:20180614104047p:plain

基音に対してこの二音だけを反応させますから、それぞれの基音に対して平等に反応させますと、これらの根音は、

C△  |F△  |G△  |C△  |

と展開することができます。

では

f:id:terraxart:20180614104217p:plain

ここまで反応させたらどうなるでしょう。各基音のi,iii,v,viibが反応する、という意味です。

当然、

C7  |F7  |G7  |C7  |

と展開することができます。

 

もちろんこの表を用いれば、e♭やg♭なども加えることができます。

そしてcにとってのeフラットは、基音cから見た下方音fの第七倍音なのか、F△における第七倍音なのか、区別できなくなります。

g♭という音は、上方11倍音、下方11倍音にcを持ちます。どちらが基音なのかはっきりしない音とも言えます。それよりもG△の五度音dの第五倍音と考えたほうが明解のようにも思えます。

こうして音数が増えるに従い領域が混在します。そこで次の構成方法に展開していけるわけです。

 

後で出てきますが、C△とEmは二音が共通しています。

こうした和音を結合領域といい、

C△+Emという結合領域によって、CM7が出てきます。これは、

eとgという音はcから数理的に生成でき、eとgという音はともにbを数理的に生成することができる、という考えを合成した和音、というわけです。

 

不定調性論では、このように12音が自在である以上、どんな組み合わせでもできてしまうので、まず関連性のあるものを先に列挙しながら名前を付けて、構成例を挙げていく、というやり方を取っています。

 

なんでC△とEmはくっつくんだ!

と仰るかもしれません。

 

でもその質問は、機能和声を行ったときに「何でC△の上にbを乗せられるんだ!」と疑問を持つべきです。三度堆積というのはアイディアであって、それは数理の連関を上手に取りまとめています。機能和声には「調」というくくりでそれを行いました。

 

しかしハ長調の曲でA7やD7、B7などが登場してくると、調の絶対性は揺らぎ、変化の自在性に展開していきました。

そして結局人は「無調」を生み出し、それが退廃だ、とされていたちょうどそのころ、アメリカでジャズが生まれました。ジャズはビバップとなり、モードとなり、「不定調性的価値観」で無調よりも色彩豊かな不定調を作成できる、ことを示しました。

そしてそれをダンスミュージックと組み合わせることで大衆の耳を進化させたわけです。

 

残ったのは美的感覚の多様化でした。

 

その現代からもう一度調性音楽の仕組みを見ますと、それは古い枠組みと新しい枠組みを年輪のように積み重ねた理論であることが分かります。それを一旦フラットにしてまとめた方法論が不定調性論である、という位置づけです。

これについてはもっと様々な和音形式を取り扱いながら考えていきましょう。