音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

作曲している時、どのコード進行・音色にするかどうやって判断するか〜不定調性論的思考を用いる。

www.terrax.site

寓話的な例をあげながら考えます。

f:id:terraxart:20200215082122p:plain

例えば、エレクトロなBGM作ったろ!・・となったとします。

 

f:id:terraxart:20200215082446p:plain

ドラムパターンめんどいから、サンプル使ったろ!となり、

f:id:terraxart:20200215082812p:plain

SERUMでベースなんか入れたろ!

となって、サクッとここまでの音が下記です。

 

f:id:terraxart:20200215083552p:plain

そのあとで。プラックでメロっぽいやつ作ろ!

となったのが下記。

   

f:id:terraxart:20200215085500p:plain

次にPAD入れたろ・・って言う時にベースを同じ音にしたもんだから、4つできちゃった。

さて。はたして、どれがいいのでしょう。これ、どう判断していきますか?

この4つのバージョン、音楽理論的に別に誤っていない、としたら、今回どのコード進行にするかはどうやって決めればいいんでしょう。今日の問題提起です。

 

最初にテーマがあれば良いのですが、それがない場合は、例えば、ですが、それぞれが持っているストーリーと今作りたい曲想が合致しているかで考えれば良しです。

1「アウトローな夜の都会」 

これから物語が大きく展開する前に夜の街全体にシーンがパンした。

2「夜のビルの屋上」

広がる夜の街を見ながらこれから起こる試練を想う

3「戦いに向かう女性」

鏡に映る自分を見据えながら、夜の街に戦闘に出かけるため手袋のベルトを締める

4「宿敵を前に」

戦場でついに宿敵と遭遇し、本人の周りをカメラがパンする

====

とかって、それぞれ印象が違うじゃないですか。コード進行以外全部同じなのに。こうやって楽曲を分析学的にではなく、感情的に率直に理解していくのが不定調性論的な分析法です。

そしてこれができないと、このコード進行の段階でどれがいいか選べません。

これを判断できるように鍛錬するのが不定調性論の「音楽的なクオリア」に注視して感覚感を鍛える考え方です。

音が語る言語を超えた表現を自分の感情や、これまで見てきた映画やアニメ漫画、小説のシーン、に照合し、意味を当てます。慣れれば一瞬でできるようになります。
漫画やアニメを(ちゃんと)読むのはとても大事だよ!

泣きながら漫画読む。とか恋愛1回分に相当しませんか?

それはインプットです。記憶の中で熟成され、音楽を作るときあなたの直感になってくれます。

====

さらにPADの音色が変わったらまた雰囲気が変わります。3番を使います。

a1

a2

a3

 それぞれどんな印象やストーリーを感じますか?コード進行は同じです。コード進行同様、音色の判断もとても大事です。

それぞれ感情の濃淡、視点の角度、明暗、静物か動物か、とか違うと思います。しかし、それはあくまであなたの印象であるということにも注意してください。他の人は違うように感じます。うまく他人に共感してもらえるように説得するのはプレゼンテーションの技法であり、音楽自体がその人を説得するのではありません。

この段階までを学校では教えてもらえなかったんです(最近は教育機関でも密かにだいぶ浸透しています)。

もともと作曲家はそうやって曲を作っていましたが、どういう動機で、どんなイメージを感じてその音を置いたか、ということが明確に描かれていなかったため突然の禁則や荒技、事故的作曲がなぜそうなったのかを理論の応用として理解しようとする方法論しかありませんでした(例;モーツァルトがこの禁則を使ったのはきっとこういう理由ゆえこれは許す的な、裁判所的思考しかなかったんです)。

分析する、ということしかできなかったんですね。

でも本来それをやった根拠を探ったら、本人すら気がついていない直感による無意識の帰結だったとしたら、それを分析する意義は希薄になります。

直感をどう起こすか、ということの解明は現代ですらまだちゃんとなされていないからです。

直観をつかさどる脳の神秘

 

分析学も大事ですが、それと並行して不定調性論的なやり方としては、聞いた楽曲を作曲者とは切り離して創造的状態で鑑賞・理解します。新たに聞きながらその場でその曲を脳内で作曲するぐらいの創造的鑑賞です。

自分の立場に置き換え、自分が理解できる範囲の言語的思考、自分の経験してきた人生で判別できる思考で音楽を聴き、解釈します(だからインプットは大事、人間関係も、音楽理論の学習も、恋愛も、アルバイトも全部大事にして音楽に活かせ!!)。

分析学で「モーツァルトのここが悪い」と述べないのは、そう述べた先に彼の曲を訂正して"証明する"というような行為が常識的に難しいからです。結局うやむやに放置されるだけです。

そうではなく、もし禁則の使用の有無に関わらず、あなたの心の琴線に触れたパートを「わ!これいい!」とちゃんと感じた自分を認め、じゃあどう解釈したらこのセンスを自分の次の曲に活かせるかな、と考えるのが不定調性論的作曲の心構えです。

「分析する、のその先」へ、音楽の知見を自分に活用する、という段階までをセットにして学習するわけです。

   

====

他に、DAW、シンセの活用として今回はプリセットをそのまま使ったのですが、

・自分の持っているシンセのプリセットを把握しているか

・的確に短時間で目的の音を見つけられるか

というような別途フィジカルなスキルも大切です。

とっととある程度音楽理論を学んで、DAWの知識経験研磨段階に移らないと曲はできない、というのが現在の状況です。

www.terrax.site

どんな音色を今自分が持っていて、どう探し当てるか、というのは私なんかではまだまだ課題です。

 

====

最後に決定するのは自分。

なんだかんだ言って、最後に全てを決めるのは自分自身です。

"これやったらこう言われるのではないか"

"これ理屈では変だけど自分気持ちいいんだよなぁ"

"こんなやり方間違っているけど、こうしたいんだよなぁ"

"これ、好きだなぁ"

しばらくは、これが好きだ、と本気で思えるまで時間がかかります。恋愛の好き嫌いと違って、自分という人間の全存在に見合う「好き」ですから、性的欲求を伴うような程度のものではなく、生命的欲求の根源がビビッとくる!というような成熟した稲妻感覚??です。


勉強してインプットしているときはアウトプットは控えめになるものです。学習時期は自分が知らないことを知り、アウトプットが控えめになっているからでしょう。この時期に洗脳されたりします。また学習者が控えめになるのでツケ込んでくる教師もいます。

これらを経て、自分の「好き」が感覚的に捉えられるようになったら(自分は変わっている、ということを認められるようになったら、と言い換えてもいい)

かなりのもんだと思います。

ここぞ、という時に、考える前に手が動くように、考える前に直感が降ってくるようにしたくて私は不定調性論的手法を拡張して実際の作曲段階に落とし込んでいます。

 

200種のコードパターンを聞いて採用されるパターンがやっと選べる、ではいつまでたっても曲はできません。

リファレンスを聞いたとき、パッと数種のコード進行まで絞り込んで作業に落とし込めればイメージの具現化は近いです。将棋の名人が、膨大な指し手の可能性から、数種に絞り込むのに似ています。これはAIよりもすごいときがあるんだとか。脳の可能性無限。

 

で、問題は、どうやってそういう脳になるか、です。

近道はあるのか、と。

これ今のところ起きているときずっと音楽を考えている、というのが一番ピンときやすくなります。そしてよく寝る。

でも、これはプロ生活でないとなかなか難しいので、その前段階として、拙論では

「自分がそう感じることをちゃんと認めて、自分の意思で判断できるような生活サイクルを究めていくこと」

をおすすめしています。遠慮をさせられるような環境から遠ざかりましょう(ただし健康な人に限ります。病気の人は我慢して治してから)。

(また。金持ちになりたい人は、拙論など無視してガツガツ行ってください)

これやると身の丈の生活になるので、世界のヒーローになる、とか諦めます。笑。

このやり方は金持ちになるためにやるんじゃなくて、自分の人生を自分の支配の下で展開したい人にのみ有効です。縁側のネコみたいな感じ。自由自在です。お金も大事だけど、誰に遠慮することなく自分で生きていける(と思い込める)、ことも同じぐらい大事ですよ。

後はバランスと矛盾の感覚。