音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介2>音楽音を自分なりに再定義する

2018.6.24⇨2020.8.19更新

不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る

風の音も、波の音も、あなたの心がその音現象になんらかの情感を感じれば、それは全てあなたにとっての"音の楽しみ"です。音楽です。

学校の勉強で「音楽とは」という感じで作られた境目を、一旦バラしましょう。

 

あなたが音楽家で、海を見て気持ちいいと思うなら、それも音楽的なものとして受け入れて見てください。

f:id:terraxart:20200820122908j:plain

海は海であって、私の職業や、今の人生の悩みとは関係がない、などと言っていると、自然の作る音楽を聞き逃します。それは大切な生命活動の音情報であり、それを無視することは、あなたの心臓の音、呼吸の音、笑う声、泣いて揺さぶられる肩の音なども無視することにつながります。そしてそれは健康を破壊し、感情を歪めてしまうことにつながりかねません。

 

結果として音楽を自ら断絶してしまいます。

音楽表現は、それらの情感の音の印象を音楽にしたものであって、それらを無視して音楽はやりづらいものです。

だから海の音を聞いて、何かを感じるようにして、自分と対話して、そうして音楽の悩みに戻ってみてください。きっと整理されています。

また先人たちの美しい音楽も、そういった自然の情感を理解した上で書かれていると思います。それらはあくまで還元されたものであって、還元するためには元の全体像が見えていなければなりません。

しかし自分ができていないから、と気に病まないように、先達作曲家も皆悩んだまま前進したと思います。あなたにとっての自然な形での向上方法が見つかることを祈っています。

f:id:terraxart:20200820123157j:plain

===

 

不定調性論ではまず先入観のきっかけになりかねない12音の既存の音関係をフラットにしてから改めて拡張していきます。12音という見かけ上の種類にとらわれないためです。

f:id:terraxart:20180605102255p:plain

これは教材にも掲載している2の24乗根による振動数の振り分けですが、a音を

427<a<452

の範囲で考える、というものです(小数点の範囲・振り分けは随時その場で決めます)。

 

これでどんな音も必ず平均律音名に置き換えて考える事ができます。

全ての音が「近似値」であり、aという音がこの世界にあるわけではありません。音名は利便性の結果生まれた存在です。

 

人の印象は振動数が一違えば、受け取る印象は違うわけですから、同じ音名だからと言って同じ役割を果たすわけではありません。そもそも全て違うんです。波の音のように。だから「こうあらねばならない」は常に変化し、常に消え失せ、常に現れます。

固執しないようにしましょう。その都度直感で感じながら進めていく、実力というよりも「度胸」の方を鍛えましょう。

 

音を不等式の範囲に収めることで波の音もなんらかの音名に振り分けられます。

ピアノは、振動数の回廊を簡略化して落とし込んだ楽器にすぎません。

f:id:terraxart:20200820123241j:plain

ピアノと音楽の間にできたゲシュタルトを一度崩壊させてからもう一度ピアノに向かってみてください。本来、

ピアノ≠音楽

です。

 

自分なりのテーマはあらゆる日常の音情報の中に詰まっています。

それらに差をつけず、美しいと感じる音を追いかけてみてください。

きっと自分の音楽が見つかります。

 

 不定調性論用語/概念紹介記事目次一覧に戻る

===

 

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

パパッと貼れる!五線テープっていうのがあるんだって!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォ

 

貼ってはがせる五線テープ! 五楽線(ごらくせん) 通常タイプ【12mm幅×5m】