音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ローインターバルリミットを越えて〜低音が濁ることの表現を感じること

2018.5.1⇨2020.9.21更新

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

Cメジャーコードをピアノで弾くとき、左寄り低音域で弾けば、どんなに協和音でも濁って聴こえます。

f:id:terraxart:20210518133006p:plain

そりゃ濁るよ!

 

なぜ低音の和音は濁るのでしょう。

音程が取りづらい、という 理由のほかに自然倍音の混ざりも関わってきます。

これは、各音が発生する自然倍音自体の振動数も低くなって可聴域まで降りてくるので実音程と混ざって和音の実音と倍音が混ざって濁るように聞こえるからです。

低いC△

これはL.I.L.を破っています。十分濁ってますね。

f:id:terraxart:20210518140055p:plain

この和音は鍵盤の部分のほとんどの周波数帯域が響いています。もはやノイズです。

これをc1音だけにして、原音域(実際に鳴らした音の帯域)をカットして、さらに自然倍音部分をEQで強調して

f:id:terraxart:20210518140201p:plain

このような状態で鳴らすと(音量注意)、

かなり金属音のような音になっています。

実際の生のピアノだとさらに部屋の音響なども特徴として加わってきます。

 

こういう理由から慣習的目安としてLILが定まっていきました。これは音楽理論、というより人の聴覚限界から生まれた慣習の話です。

  

これを気にしてるのは、日本人だけ、とか曲がカッコよければ濁りもかっこよく聞こえるものさ笑、という文化もあることを頭の片隅に置いて、知識として勉強してみてください。それぞれの音楽で、それぞれの価値観をうまく活用できるのに越したことはありません。

==== 

本来Cメジャーコードであれば

C△=構成音c,e,g(どみそ)ですから、これらの実音と同時に、

cから発せられる自然倍音

eから発せられる自然倍音

gから発せられる自然倍音

も同時に鳴っています(ピアノなどの弦の唸りが引き起こす、DTMのピアノ音にもこの倍音が混ざってサンプリングされている)。

本来はとても高い音なので、音として認識しづらいので"響き"として感じられるのが倍音の正体。

 

自然倍音(出典wiki)

Baion001.png

 

ただ、低音の和音だと、原音が低いためにそこから発生するそれぞれの二倍音、三倍音...の振動数自体も低くなって音程認識可聴範囲(5000ヘルツ?以下=ピアノの最高音は4186ヘルツ前後)にたくさん実音程として認識できる倍音が鳴ってくるので、倍音自体が実音と混ざり、聴感上、濁って聞こえる可能性が増える。

的に覚えておいてください。

 

その濁る目安をまとめることはできないのか?として学校的に定められたのが

「ローインターバルリミット」という概念です。

sleepfreaks-dtm.com

これはどこから来たんでしょう。

わたくしはバークリーメソッド由来として学びましたが、語源や根拠がどこからきているのかを知りません。

www.berklee.edu

特に生演奏のオーケストラ曲やホーンセクションのアレンジをするとき必要になるわけですが、依頼仕事のDTMerはもっと深刻な状態でこのLILについて考えなければなりません。

 

誰もがこの概念を知ってて音楽を作っているわけではないからです。

低音がモコモコこもっているときは、LILよりも演奏の仕方(ベースを指弾きからピック弾きに変えるとか)、EQで削る、でまず対処します。

(逆にLILを皆が守って、誰もが知ってる教科書的な響きになった世界ってどうなのでしょう。)

 

エレキギターがゴワゴワしてグチャッとしているサウンドこそがグランジだ、と身体が慣れている場合、二音下げチューニングでのパワーコードリフでも"気持ちよく聴けてしまう"場合もあります。

それはあなたのせいではなくて、あなたが接してきた音楽性があなたの耳をそう作ったんです。それは「グランジ耳」とでも呼べば良いことです。

そんなあなたにLILを覚えさせることは狼に鎖をつけて飼おうとするようなものです。

 

また、お客さんの曲をミックス時、そういうもこもこした音源である場合

「あなたの作った曲、LILを越えてごちゃごちゃしてるから、アレンジ変えてもらえませんか?」

などとは言いづらいものです。

エンジンの詳細を知らない奴は車乗るな、みたいな面倒な人笑。

相手がすぐ変えられるかどうかもこちらは判断し、こちらでできることはしてあげます。介護と同じです。

 

それこそEQを必死にいじって考えます。

 

覚え方

(位置取りは教材によって異なります。私は佐藤允彦氏の教材に従っています。同氏教材はバークリーの内容が元になっているとされています

サックス、ピアノ、ギターなどでこれらが踏襲できます。

その他の低音楽器、チューバ、コントラバス、バスファゴットなどの楽器の演奏者のスキルによってもう少し多少下まで大丈夫、という状況が生じるのは言わずもがなです。

なお、このラインが絶対ではなく、理論書によって微妙に異なります。

また実際下記のリミットよりも上下全音程度差がある場合があります。

各講師のリミット基準に従ってください。

 

m2-M2-m3-M3-P4-#4-P5-m6-M6-m7-M7

の順番で書きます。

D-C-C-Bb-F-G-Bb(↓)-F-F-F-F

です(Bb↓はBbのオクターブさらに↓、の意)。つまり

レドドシ-

ファソシ--

ファファファファ

(2,3度系)レドド シマイナス、

(4,5度系)ファソ シマイマイ、(オクターブ下でマイナスの意味)

(6,7度系)ファファファファ

という呪文で覚えてしまいましょう。(マイナスは♭の意味)

よりシンプルに、

二度はヘ音記号のレ

三度はヘ音記号のド

四、五度は無限

それ以上は下のヘ音記号のファ

と覚えてもいいです。

f:id:terraxart:20180501175330p:plain

この黒丸音符よりベースを下にして、各音程を作ってはいけない、というわけです。


さらにLILには例外もあります。上記ルールより下になっても

X7のb9th、b5th

m7,m7(b5)の時の11th

はさらに下までOK~と学びました。

 

またルートが他楽器で鳴っているときは、自分の楽器はその一番低いルートに支配されますので、そのコードサウンドのルートをメインに考えると濁りを避けられます。

 

また調性音楽が重心にあると、人は聴感覚上、ルートを想定しながら聴いている時があります。その場合も「なんか濁るなぁ」と感じることがありますので、今弾いている和音の低音がルートでない場合は、その下にルートがあるものとしてその仮ルートと音程差がLILを破っていないか確認しましょう。

 

特にクローズヴォイシングの連続や、ギターの開放弦コード、ベースでlowBを使う音楽、クラシック系ホールでの演奏など、濁りが目立ちそうな状況ではアレンジから変えておくか、十分に注意して演奏するか、そこだけ騒がしいパフォーマンスにする、などの工夫でLILの違和感を感じさせない演出なども効果的です。そういうところでギター燃やしていたらLILはむしろ演出です笑。

 

もちろんDTMは倍音をコントロールできるのでLILを越えて音楽をコントロールもできます。まさに神の手。

f:id:terraxart:20200920101400p:plain

f:id:terraxart:20200920101310p:plain

現代では、音楽理論の知識とミックスの知識まで必要になってしまったんですね。

 

これらのために、結果的にLILをそこまで気にしなくていんじゃね論になります。

 

でも標準指標を作った人、というのは私はすごいなぁ、と思います。

 

L.I.L.の罠

現場では一番偉い人の感性に準じます。

その人が「濁ってる」と言うなら直してください笑。

「濁らせて、それをこの曲の美しさとしよう」ってディレクターが言えば、そうします。

 

そういう意味では

High Interval Limit、Large Interval Limit

だってあると思いません?

f:id:terraxart:20180501185505p:plain

はい、C△です。

しかし以前はこんなヴォイシング常識的ではなかったからルールがいらなかったんですね。

ローインターバルは「気がつかずおかしいことやってた」ってなることがあるので設定されている、ということだと思います。

 

不定調性論は協和と不協和の境がないので、ローインターバルも「濁りで表現する」「不協和で表現する」「ありえない響きで表現する」などと考えていく必要がある、という方法論にしました。

 

濁りもまた表現。

f:id:terraxart:20180501190102p:plain

こういった和音が鳴った時、

「(はい不協和。)」

とするのではなく、

「(あ、『葛藤』だね、しかし、どんな葛藤だろう)」と理解できる音楽の聴き方です。この心象による発想自体はLILが生まれる前?19世紀からありました。

  

www.youtube.com

時々低音を極端にペダルを離して鳴らすことで、音程のない厚みが出ます。

 

逆に、音楽を大衆に売りたければこういう(勝手な)好みは一旦捨てなさい、と教わりました。

 

ルールを学ぶ程に音楽表現は難しくなります。

理論を学ぶというのは、それに合わせて自分の感性も押し広げる努力をしなければならない、ということです。

低音の濁りは全く気にしないタイプの人がLILを学んで低音の濁りを気にするためには、それまでの低音を気にしないという感性を押し広げて音楽に接する努力をしなければならないからです。

理論が自動的にあなたに曲を作りやすくしてくれる訳ではありません。