音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ローインターバルリミットを越えて〜低音が濁ることの表現を感じること

2018.5.1⇨2020.9.21更新

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

Cメジャーコードをピアノで弾くとき、左寄りの低音域で弾けば、どんなに協和音でも濁って聴こえます。

これは各音が発生する倍音も低くなって耳で聞こえる可聴域に入ってくるので実音程と混ざって濁るように聞こえるからです。

超低音Cメジャーコードは(C△+E△+G△)という三つのメジャーコードが高音域で鳴っているのと同じ状態になる、と考えていただければ濁る理由がわかると思います。

低音に置かれた和音から発生するそれぞれの二倍音、三倍音...の振動数が低くなって音程認識可聴範囲(5000ヘルツ?以下=ピアノの最高音は4186ヘルツ前後)にたくさん入ってくるので、倍音が実音と混ざり、聴感上、濁って聞こえる可能性が増える。

的に覚えてみてはいかがでしょう。

 

その濁る目安をまとめることはできないのか?として学校的に定められたのが「ローインターバルリミット」という概念です。

 

ローインターバルリミット。

sleepfreaks-dtm.com

   

これはどこから来たんでしょう。わたくしはバークリーさん由来として学びましたが、語源や根拠がどこからきているのかを知りません。

www.berklee.edu

 

生演奏のオーケストラ曲やホーンセクションのアレンジをするとき必要になるわけですが、DTMerはもっと深刻な状態でこのLILについて考えなければなりません。

 

低音がモコモコこもっているときは、LILを考えるよりも演奏の仕方(ベースを指弾きからピック弾きに変えるとか)、EQで削る、でまず対処すべきです。それでもダメなら低音が密集していないか各楽器の楽譜、音データを並べてみてアレンジを再考します。

LILを揃えると、誰もが知ってる教科書的な響きにしかなりません。

何より耳で確認してどうすべきか判断する経験をたくさん積んでください。

 

エレキギターがゴワゴワしてグチャッとしているサウンドこそがグランジだ、と身体が慣れている場合、二音下げチューニングでのパワーコードリフでも"気持ちよく聴けてしまう"場合もあります。それはあなたのせいではなくて、あなたが接してきた音楽性があなたの耳をそう作ったんです。それは「グランジ耳」とでも呼べば良いことです。そんなあなたにLILを覚えさせることは狼に鎖をつけて飼おうとするようなものです。

 

また、お客さんの曲をミックス時、そういうもこもこした音源である場合

「あなたの作った曲、LIL(ロー・インターバル・リミットの略)を越えてごちゃごちゃ低音厚くなってるから、アレンジ変えてもらえませんか?」

なんて言ったりしません笑。お前アホか、と言われます笑。

エンジンの詳細を知らない奴は車乗るな、みたいに聞こえます笑。

 

それこそEQを必死にいじって考えます。

だいたいLILなんて、知らない人の方が多いです。

端から全部LILを言える人なんて会ったことありません。

 

   

覚え方

(位置取りは教材によって異なります。私は佐藤允彦氏の教材に従っています。同氏はバークリー出身)

サックス、ピアノ、ギターなどでこれらが踏襲できる、と学びました。

その他の低音楽器、チューバ、コントラバス、バスファゴットなどの楽器の演奏者のスキルによってもう少し多少下まで大丈夫、という状況が生じるのは言わずもがなです。

 

m2-M2-m3-M3-P4-#4-P5-m6-M6-m7-M7

の順番で書きます。

D-C-C-Bb-F-G-Bb(↓)-F-F-F-F

です(Bb↓はBbのオクターブさらに↓、の意)。つまり

レドドシ-

ファソシ--

ファファファファ

(2,3度系)レドド シマイナス、

(4,5度系)ファソ シマイマイ、(オクターブ下でマイナスの意味)

(6,7度系)ファファファファぁ!!

という呪文で覚えてしまいましょう。(マイナスは♭の意味)

レドドシマイナス、

ファソシマイマイ、

ファファファファ。です。

f:id:terraxart:20180501175330p:plain

この黒丸音符より下になって、この音程を作ってはいけない、というわけです。

m2音程は、上記より低音域で作ると濁るよ!

という意味です。

 

もちろんDTMで、倍音をコントロールしてLILを越えていても響かせて聴こえるようにしちゃう、っていうこともできるはずです。

さらにLILには例外もあります。上記ルールより下になっても

X7のb9th、b5th

m7,m7(b5)の時の11th

はさらに下まで行ける気がする~

と学びました。

 

DTMでは響きすぎる倍音をEQでカットすればよい、ということにもなります。波形で表示されるのでそれを潰せばいいんです。

f:id:terraxart:20200920101400p:plain

f:id:terraxart:20200920101310p:plain

現代では、音楽理論の知識とミックスの知識まで必要になってしまったんですね。

 

これらのために、結果的にL.I.Lを”そこまで気にしなくていんじゃね”論にしているんだと思います。

 

でも標準指標を作った人、というのは私は偉いなぁ、と思います。

 

L.I.Lの罠

ルール云々ではなく、メンバー全員が「濁っている」って言ったら、直す。のが実際だと思います。

濁ってる、って感じるのは人の感性です。個人差あります。そして現場で一番偉い人の感性に準じます。 

 

ゆえに「濁らせて、それをこの曲の美しさとしよう」って偉い人が思えば、そうなります。

 

つまりgeneral low interval borderとかnatural low interval divideとか訳すと良いのかもしれません。

 

そういう意味では

High Interval Limit、Large Interval Limit

だってあると思いません?

f:id:terraxart:20180501185505p:plain

はい、C△です。みたいなことは以前は常識的ではなかったかもしれませんが、現代音楽ではやるわけですから。でもフォークミュージックの素朴で優しい愛の曲でこの和音をしょっちゅう使ったら"それは音楽的にないやろ"と、言われると思います。

それはなぜないのか。これは

「そういう人はおそらくいないだろう」論

だと思います。でもこれは差別認識につながる可能性も孕んでいます。

現代音楽やる人は一旦除外しますね、と言われてるみたい。

 

ローインターバルは「気がつかずおかしいことやってた」ってなることがあるので設定されている、ということだと思います。

 

不定調性論はそういった協和と不協和の境がないので、どんなふうに和音を扱っても、音楽表現を扱ってもよいことにしているため、ローインターバルの「濁り」も「濁りで表現する」「不協和で表現する」「ありえない響きで表現する」などと表現し、美しい音楽を表現することと同じくらい考えていく必要がある、という方法論にしました。

濁りも表現である、と。

f:id:terraxart:20180501190102p:plain

こういった和音が鳴った時、

「(はいはい。不協和。)」

と思考を向けるのではなく、

「(あ、『葛藤』だね、しかし、どんな葛藤だろう)」と理解できる音楽の聴き方です。その表現が今の自分に共感させるものなのか、そうではないものなのか、という視点で考える、わけです。

これがLILという既存ルールを超えた発想になるのではないかとも思います。 

www.youtube.com

時々低音を極端にペダルを離して鳴らすことで、音程のない厚みが出ます。

この厚み、淀みに私はなんら違和感がないので困っています。

淀み、とは意識そのもので、淀みをなくすことは自然に手を加えることであり、西洋庭園を作るようなものと感じます。自分西洋人じゃないし。不自然だ、とも感じます。

枯山水の方が好きなんです。

売れたければこういう好みは一旦捨てなさい、と教わりました。

このような不定調性和声であれば、低音部の色彩感の濃淡の差としてL.I.L効果を逆に活用して様々な表現が可能、という発想になることもできます。

自分で考えて工夫しないと、一般のルールに合わせて自己を形骸化してしまう、ことも一方であるのではないか、と思います。

 f:id:terraxart:20190109134139p:plain
 HKW タイプライター風メカニカルキーボード 青軸 104キー USB有線 日本語キーボード (アンティーク風)