音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

思い出さなきゃ苦しくはないなんて 誰も教えてくれはしなかった~ユーミン歌詞・コード考61

ユーミンの不定調性コード進行研究

ユーミン歌詞・コード考 / アルバム「acacia」2

歌詞については掲載しておりませんので

www.uta-net.com

こちら等にて確認ください。

 

 

Summer Junction

(ユーミンレポートより)

サビ(アルバム収録タイム 1:25-)
B♭ B♭/D |E♭ C |F D |Gm C |
E♭/F |E♭M7(9) ~
前アルバムあたりから、各曲の技法的方向性が明確になってきているように感じる。この曲の手法的な色彩は、ビートルズの「A Day In The Life」やイーグルスの「Hotel California」等の四度移動のコードコンセプトを思わせる(一般的手法なので別に曲で指定できるほどではない)が、明らかに「発明品」といえるようなコード展開である。調はB♭から流れていくが、メロディがモチーフを組み、和声に合わせて半音の経過音を持ちながら展開していく。この、
用例;
C |G |D |A |E |B |~
という流れによってメロディを紡ぐトレーニングをすることで、パターンにも応用できるだろう。
またこの手法が、同曲の次に収録されている『TWINS』でも用いられている。


TWINS

Bメロ
Gm7 F |C G |Bb F |C G |
Gm7はほぼ=Bbですので、このセクションは、
Bb F |C G |
的な雰囲気の連鎖が二回連なっていると考えても良いです。
これはビートルズの「Help!」あたりから出てきた例の「ビートル進行」です。サージェントペパーズの「A day in the life」などが挙げられます。
抽象的な意味の積み上がりをイメージするときなどに使えるコード進行です。


Lundi

こうしたエレクトロのなんともいえないオートマチックなサウンドが、「日常」のごちゃごちゃした感じに失恋した自分が「自分に追いつかなきゃ」って思う印象と重なって凄いな、と感じました。

Em |B/D# |G/D |A/C# |
Am/C |G/B |F#/A# |Bsus4 |

これも使えるんじゃないでしょうか。
"落ちていく感じ"を落とすまいとするビートが心と日常の葛藤を再現しているようで、本当に怖い感じも受けます。

"いかなくちゃ いかなくちゃ そろそろいかなくちゃ 私を待ってる私がいる"
のとこですが、
Em |Am7 |D7 |G |
CM7 |Bm/D |Em7 |% |
となっていますが、このBm/Dはコード部分よりもベースラインが活きていると思います。
つまり、CM7→Bm/D→Em7は、
CM7→D→Em7
の感覚で作られていると思います。
もちろんBm/D=D6のような感じになり、まったく違う雰囲気を持っています。以下の三つの雰囲気を聴き比べてください。
<パターン1>
Em |Am7 |D7 |G |
CM7 |D |Em7 |% |
<パターン2>
Em |Am7 |D7 |G |
CM7 |B7 |Em7 |% |
<パターン3>
Em |Am7 |D7 |G |
CM7 |D6 |Em7 |% |
唯一パターン2だけが「暗い解決感」を持っていると思います。
で、パターン1は失恋した翌日にしては、ちょっと力強過ぎで前向き過ぎ、パターン3はこれは後半トップノートをb音に設定すると、CM7(b)-D6(b)-Em7(b)で統一感が出て、「引きずられながらも前向きになる」というこの曲の趣旨にぴったりになります。
もうひとパターン見てみましょう。
<パターン4>
Em |Am7 |D7 |G |
CM7 |Bm7 |Em7 |% |
これもいい感じですが「前向きさ」がないように感じませんか?
やはりベース音がC-D-Eと上がっていく高揚感を活用しない手はないと思います。 

 AD

   

   

 

So long long ago
(ユーミンレポートより)

Aメロ(アルバム収録タイム 0:27-)
Cm7 E♭/F |G7sus4 Gm7 |E♭M7 Dm7 |Cm7 E♭/F |
Gm7 Dm7 |B♭7 E♭M7 |A♭M7 |
E♭M7 Dm7 Cm7 |
=degree=
(key=Gm)
IVm7 VI♭/VII♭ |I7sus4 Im7 |VI♭M7 Vm7 |IVm7 VI♭/VII♭ |
Im7 Vm7 |III♭7 VI♭M7 |II♭M7 |
VI♭M7 Vm7 IVm7 |
Gマイナーの曲調の中で、II♭M7がリリースされる和音としてセクションの最後に登場する。

 

Cメジャーキーで考えれば、
通例、
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(♭5)


というダイアトニックコードに対して、
CM7-D♭M7
Dm7-E♭M7
Em7-FM7
FM7-F#M7
G7-A♭M7
Am7-B♭M7
Bm7(♭5)-CM7


という変化が可能であることを意味し、また時にこれらのM7はm7、または7thコードになる場合もある。
またこの逆の進行も起こりえるといえる。

 

幸せになるために
コード進行を勉強し始めると、最初は、小節一つか二つのコードを置くだけですが、やがてII-Vを覚えます。

II-Vというのは、言い換えれば「セカンダリードミナントを配置すること」です。

たとえば、
CM7 |Dm7 |Em7 |FM7 |
というコード進行を作ったときに、「無駄なコード」を挟みます。
たとえば、
CM7  A7 |Dm7 |Em7 |FM7 |
とか、
CM7 A7 |Dm7 B7 |Em7 |FM7 |
とか
CM7 A7 |Dm7 B7 |Em7 C7|FM7 |
とかです。
さらに、これをII-Vに分けるんですね。
CM7  Em7(b5) A7 |Dm7 F#m7(b5) B7 |Em7 Gm7 C7|FM7 |


ややこしいですね。

これは決して配置しなければならないコードでは無く、「置いてみたら音楽の流れがしっくりきた」という時に活用するべきものです。

この曲も「こうなって、そしてこうなってね」という問いかけを促すような、II-Vが見事に楽曲の流れに穏やかなストーリー展開や回想の展開を感じることができると思います。

II-Vの理屈は音楽理論ですが、II-Vをどう置くかは、印象論の強化、なわけです。

 

 

PARTNERSHIP


Aメロは、
Bb F/A |Gm |EbM7 |F7sus4 |
Bb Bb/Ab |Gm |Cm7 Eb/F |
GM7 |Cm7 |D7 |
~となっていきます。
BbからGへという平行長調への転調が起きます

サビ、
EbM7 |EbM7(b5) EbM7 |Dm7(11) Dm7 |Dm7(9) Dm7 |
Cm7(11) Cm7 |BM7 |BbM7~
という回遊コードがコードの陰りを演出しています。

 

考え方をまとめると、Aメロの終わりがD7ですから、そこからどこへ行くか、です。
EbM7はいわばVIbM7的なので、最もオーソドックスな展開感があります。そこではEbM7はリディアンになるので、「リディアンのb5」が音楽の流れに光と影を作り出します。
そしてDm7は今度はVm7やIIIm7の印象があります。そこで本来はVm7やIIIm7はフリジアンなので、9thはないはずなのですが、ここではそれを使って「不可思議感」を出しています。これはわざと出さないと出ません。
「違和感に気が付いたけど、ここでは合うなぁ」
という印象を作曲時に持てるかどうかです。

 

そこで使われたBM7は続くtonic BbM7のIIbM7です。
これがドミナントの変わりになって、着物の女性がふわりと腰掛けるがごとくのケーデンス
を作り出しています。

歌詞の印象を上品に包み込む、重厚なサビだと思いませんか?

acacia