音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

どんなに強い思いも、時間による風化は防げない;ユーミンレポート16

2018.2.25→2020.3.31更新

ユーミンレポート目次

ユーミンレポート全楽曲目次 

前の記事

www.terrax.site

 

歌詞については掲載しておりませんので

https://www.uta-net.com/artist/2750/

こちら等にて確認ください。 

 

最後の春休み

open.spotify.com

 

"因縁文"的。

ああ、今日は嫌なことがあったなぁ、ああ、だから今日のこんなどしゃ降りの雨なのかなぁ。

 みたいなかんじで、二つの全く関係のない事柄を二つ関係があるように並べる、というものです。音楽の場合は簡単です。

これも結構使える技法だと思います。

全体がなんとなくできたら、こうしたテクニックを一か所入れるだけで、歌詞全体が印象的になります。

 

この歌は、「卒業写真」の前段階、みたいに位置づけたら、勝手ですけど、なんかいろいろリンクしてきそうですね。

 

甘い予感

open.spotify.com

伝聞歌詞、ですね。いわゆる伝説を語る歌の系統です。

これも一つテクニックです。


よく「今朝の新聞の記事に」とか「雑誌で見た」とか「夏の映画で」とか、そういう作詞家の外からやってきた知識、というのが何かの暗示のように、その人の今に照合される、という歌詞技法と言えます。

技法技法というと聞こえがあまり良くありませんが、もはやユーミンがやってしまったので、方法論になってしまっているんですね。真似ても真似に過ぎません。

   

   

 

冷たい雨

open.spotify.com

この歌も雨とけんかと赤い靴が「因縁文」になっていると思います。

けんかして家を飛び出して、戻ってきたら、別の女の赤い靴。赤って言うのが強烈ですよね。

 

"おい、おい何だよ、この色の靴!"

 

ふつうそれを見たら、誰でもそう思うでしょう。その強烈な体験感をこうしてさらっと歌詞にすることで、ローキックのように効いてきます。

それに駄目押しの冷たい雨、凹む経験のデパート。

でもこれもストーリーの割に、軽いシャッフルビートの明るいコミカルな曲になっています。

 

このような感覚が、死をふっと歌にできるユーミンの昇華感覚なのかもしれませんね。
死についての歌があれほど軽いのですから、これだけ凹む歌でも、このくらいの軽さになっていくのかもしれません。

 

でもふっと聴き終わると、そういう凹む出来事もいずれ時間が解決してくれて、軽い存在になっていく、薄れていく、そういう先の主人公の心を想定したような感じにも聴こえますし、ソウルソングの伝統のように、黒人達の葬列のステップのように、"昇華"の早さ、がユーミンソングの特徴なのかもしれません。

 

そういう意味でも"ひこうき雲"みたいな歌も、そうした昇華力が、あの清々しさとなり、魅力を放ち続けるのかもしれません。どんなに強い思いも、時間による風化は防げません。良い意味でも悪い意味でも。ユーミンソングにはそうした普遍性があるように思います。

 

りんごのにおいと風の国

open.spotify.com

Aメロ〜(アルバム収録楽曲タイム0:33〜)

Cm7 |A♭M7 |Gm7 B♭m7 E♭7|A♭M7  |

Dm7(♭5) G7 |Cm7  Cm7/B♭ |Am7(♭5)  D7 |G7sus4 G7 |

Cm7 |A♭M7 |Gm7 B♭m7 E♭7|A♭M7  |

Dm7(♭5) G7 |Cm7  CmM7/B Cm7/B♭ |Fm7  B♭7 |E♭M7  |

=degree=

(key=Cm)

Im7 |VI♭M7 |Vm7 VII♭m7 III♭7|VI♭M7  |

IIm7(♭5) V7 |Im7  Im7/VII♭ |VIm7(♭5)  II7 |V7sus4 V7 |

Im7 |VI♭M7 |Vm7 VII♭m7 III♭7|VI♭M7  |

IIm7(♭5) V7 |Im7  ImM7/VII Im7/VII♭ |IVm7  VII♭7 |III♭M7  |

 

Cマイナーのキーを基調、最後はE♭メジャーキー(平行長調)に陽転。

三小節目でGm7→B♭m7という短三度のm7コードの移動が見られます。

これが静かな展開の中で「緩やかだが大きな動き」を感じさせます。ユーミン語です。

 次の記事

 

OLIVE 

 

AD