音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

裏コードは「常に裏コード」ではない~ユーミン歌詞・コード考23★★★

ユーミンの不定調性コード進行研究

ユーミン歌詞・コード考 / アルバム「悲しいほどお天気」1

www.terrax.site

 

 

歌詞については掲載しておりませんので

www.uta-net.com

こちら等にて確認ください。

1,丘の上の光
(ユーミンレポートより)

open.spotify.com

 

 AD

 


「Aメロ~(アルバム収録楽曲タイム0:16-)
CM7 |F7 |Em7 |Em7/D |
C#m7(♭5) |CM7 Am7 D7 |GM7 |GM7 G7 |
CM7 |F7 |Em7 |Em7/D |
C#m7(♭5) |CM7 Am7 D7 |GM7 |F/G G F/G G7|
Bメロ
Cm7 |F7 |B♭M7 |Gm7 |
A♭M7 |Em7(♭5) B♭7(またはE♭M7/B♭) |Am7 |D7 |F/G |
=degree=
(key=G)
IVM7 |VII♭7 |VIm7 |VIm7/V |
IV#m7(♭5) |IVM7 IIm7 V7 |IM7 I7 |
IVM7 |VII♭7 |VIm7 |VIm7/V |
IV#m7(♭5) |IVM7 IIm7 V7 |VII♭/I I VII♭/I I7 |
Bメロ
(key=B♭)IIm7 |V7 |IM7 |VIm7 |
VII♭M7 |IV#m7(♭5) I7(またはIVM7/I) |VIIm7 |III7 |IV/V(CM7に帰着する属和音として) |


この曲はGメジャーキーから同主短調Gm=平行長調B♭に移行する。Cm7への移行のダイナミックさ、IV#m7(♭5)の色彩感は一聴して確認のこと。

 

この場合、BメロへのCm7の移行は、その発想経路が知りたいところである。「いつしか」という歌詞によって持っていく方向が探られているが、展開するようなCm7 F7はII-Vというよりも、II-Vという観点から明らかに独立してメロディを支えている。ジャズのスタンダードなどではおなじみだが、こうした転調を伴った形態でのII-Vにメロディを乗せる、というアプローチは初心者では難しい。

この辺りの質感が、少し哲学的な響き、ともいえるような堅さと説得力を楽曲に与えているように感じた。これがまた「丘の上の光」感を感じさせるから不思議である。

 

これはこの題名が先に在ったのか、曲ができてその雰囲気を適切に捉えた結果この表題になったのか、実はこうした発想の経路の解明は音楽脳の解明、作曲作業の真髄を知ることそのものなのではないだろうか。

 

またB♭M7を中心した展開の後、Gm7-A♭M7と得意の展開がみられ、ここでも転調する、という形態になっている。これも転調という考え方では捉えず、和声と和声の連鎖(進行と進行の連鎖のこと)が引き起こす変化感の連鎖が作る脈絡と、考えてみてほしい。


なお、このB♭7の部分のメロディがちょうどB♭に対してP4thの音を経過するため、avoidノート的な危うい響きを醸し出している。陽炎のような変化である。この部分は次に向かうAm7への移行ポイントであり、不定調性論でいうインターチェンジポイントといって、どのようなコードが置かれても帰着感を持つコード感をある程度の強度で持たせることができる部分である。

 

これは前後の激しい転調感によって、自然と起こるあいまいなコード進行のデッドスポットとなっており、これを忌避せず、危うい感じをそのまま生かしている。

 

 AD

   

   

 

2,悲しいほどお天気

open.spotify.com


(ユーミンレポートより)

Aメロ(アルバム収録楽曲タイム0:27~)
DM7 C#7 |F#m F#m/F F#m/E F#m/E♭|DM7 Bm7/E |AM7 |
Em7 A7 |DM7 |Bm7/E |AM7 |
=degree=
(key=A)
IVM7 III7 |VIm VIm/VVI♭ VIm/V VIm/V♭|IVM7 IIm7/V |IM7 |
Vm7 I7 |IVM7 |IIm7/V |IM7 |


IVM7からはじまり、クリシェをはさみ、Vm7-I7も登場する、というここまでのユーミン楽曲の集大成のような進行。

 

3,気ままな朝帰り

open.spotify.com

Bメロ(アルバム収録楽曲タイム1:25〜)

Bm7/E  |Bm7/E  |F#m  |F#m  F#7 |

Bm7 C#m7 |DM7  G#7 |C#7sus4  |E7sus4  |

=degree=

(key=A)

IIm7/V  |IIm7/V  |VIm  |VIm  VI7 |

IIm7 IIIm7 |IVM7  VII7 |IIIsus4  |V7sus4  |

通常IM7に戻るIIm7/Vが偽終止してVImに流れる。また後半DM7→G#7と増四度の根音進行が見られる。

 

4,水平線にグレナディン

open.spotify.com

A'メロ(アルバム収録楽曲タイム2:15〜)

Em7 Em7/D |CM7  |CM7 D |Bm7 E7|

G/A   G |FM7 |Dm7 Em7 |A |

Bメロ

Dm7 G  |CM7  |Dm7 E7 |A  |

Dm7 Csus4 |FM7 |E♭M7 |D7sus4 |D7sus4 |

A''メロ

Gm7 Gm7/F |E♭M7  |E♭M7 F |Dm7 G7|

B♭/C  B♭ |A♭M7 |Fm7 Gm7 |C |

=degree=

A'メロ(key=Em→A)

Im7 Im7/VII♭ |VI♭M7  |VI♭M7 VII♭ |IIm7 V7|

(key=Am)VII♭/I  VII♭ |VI♭M7 |IVm7 Vm7 |(key=A)I |

Bメロ

(key=C)IIm7 V  |IM7  |(key=A)IVm7 V7 |I  |

(key=F)VIm7 Vsus4 |IM7 |(key=Gm)VI♭M7 |V7sus4 |V7sus4 |

A''メロ

(key=Gm)Im7 Im7/VII♭ |VI♭M7  |VI♭M7 VII♭ |Vm7 I7|

(key=Cm)VII♭/I  VII♭ |VI♭M7 |IVm7 Vm7 |(key=C)I |

緻密なグラデーションのような転調が施されている。これまでの事例とはまた違うタイプの転調である。曲調は初期の印象を与える。

後半のA''メロでは、同じメロディをまた別の転調をさせて用いている。このような展開を自然に行なえるのは不定調性進行の特徴でもあり、これを制作するためには、例えば、I→IVm、IM7→VIIM7→VII♭sus4といったブロックとブロックをつなげる和声進行の印象をとらえ、どのようにつなげてもメロディが自然につながるよう(かつ歌えるようにする)ある程度のトレーニングが必要である。

この曲も、上記のコードだけを弾いても多くの人は、適切な音楽的脈絡を思い浮かべることはできないのではないだろうか。これは「コード表記」というのが音楽のほとんどの音楽情報を還元してしまっているからである。またポピュラーミュージックの音楽力は、この還元された状態と、全てが音になった状態をイコールと考えられる能力のことであろう。

しかしここではメロディと歌詞を交互に何度か聴いて鑑賞してほしい。作曲者本人が作り上げた音楽的脈絡を確かに感じることだろう。またこのメロディを元に皆さんが歌いやすいコードを乗せたとしたら、また別のコードになるかもしれない。ユーミンがそのアプローチをしているから、他の人も追随せよ、と言っているのではない。こんなふうにできるのだから、各位ももっと自分の中に浮かぶ音楽的なクオリアを優先せよ、と推奨しているのである。

(今読むとすごい生意気だなコイツ!!笑2019著者談)

 

3,78

open.spotify.com


Aメロ(アルバム収録タイム0:14-)
Am7 |Bm7 |Am7 |Bm7 |
CM7 |F7 |Em7 |Em7 |
=degree=
(key=Em)
Ivm7 |Vm7 |Ivm7 |Vm7 |
VI♭M7 |II♭7|Im7 |Im7 |


この曲ではトニックに戻る際にII♭7であるF7が用いられている。裏コードとされるものであるが、このような使い方のポイントを「裏のドミナント」だと単純に理解してはならない。

なぜならこのサウンドはCM7から四度上行しているので、裏コード感が大変薄い。印象としては、CからみたIV7のようにも響くし、GマイナーキーのVII♭7のようにも感じる。ここではFM7でもメロディには影響がない。結果として裏コードになっただけで、制作者の意図は、たまたま指が流れた先にあったコードかもしれない。CM7をIM7としたとき、CM7→F7がカッコ良かったので、それにあわせてメロディを組んでいったら、うまいことEm7に向かった、という場合も起こりえるだろう(ユーミンがそうだったとは言わないが、通常作曲の状態ではこうした「奇跡の一手」が起きるものなのだ)。


不定調性論はむしろこうしたことが起きやすくなるように訓練していくのだが、和声がメロディの重力に逆らわず流れていき、それが調を幾重にもまたごうとも、歌えること、メッセージ性が保たれ作曲者の深層意識に沿っていること、和声の連鎖感を大切に作っていくこと、でコード進行のマンネリ化を阻む意図がある。そしてユーミンがその手法を早くから体得して活用し、その先を常に追い求めていることはこれまでの事例をみても分かるだろう。

 

そのために和音一つ一つ、メロディ一つ一つに、「自分の匂い付け」を簡単にできるようにして、「誰の物でもないCM7」を音楽的脈絡とともに活用できる、と云う心の状態を作り出すために私は不定調性論という、全ての先入観をリセットするための体系を作ったつもりである。

 

3,さまよいの果て波は寄せる

open.spotify.com

 

(アルバム収録タイム0:00-)

E♭M7 E♭6 |E♭aug E♭6 |Fmadd9 Fm |FmM7 Fm |

B♭sus4 B♭7 |B♭m7 B♭7 |E♭add9 E♭ |E♭M7 E♭6 |

同曲のイントロは変則的なクリシェになっている。

キーはE♭で、二段目のB♭のクリシェでVm7を用いている辺りが特殊である。このVm7は度々現れるユーミンのコード感を象徴するコードで、これが活用されているクリシェがなんともユーミンブランドを感じさせる。作曲の試行錯誤によって、マンネリではなく自身のブランドの確立、という方向に解決策を提示できた、というのも戦略勝ちではないだろうか。

また同曲の「波が寄せる」という雰囲気もこのクリシェによって表現されているように感じられてくる。

こうしたクリシェラインは、頭に浮かぶたびに「あ、また出て来た、これはダメ」と却下しがちである。当たり前すぎる、前に使った、昨日街で流れていたからダメ、とか、そんな風に考えてしまうかもしれない。本当にその進行は使い古されているのだろうか。どうやったら今直感的に頭に浮かんだ音楽的脈絡としてのクリシェを独自性を持って使えるのか、何を工夫すればいいのか?という発想に切り替えて時間の無駄になってもその作業に音楽的なクオリアを拡張して押し当ててみる、と、意外と自分の中では新しい何かが生まれるかもしれない。

 

 悲しいほどお天気

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

とりあえずドライブレコーダー買っておかない??

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Sulv7f9IL._SL1350_.jpg

ユピテル 事故時非常用電源搭載ドライブレコーダー WD300 200万画素 GPS機能 1年保証 常時録画 衝撃録画 ロードサービス無料(約3000円相当)