音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

スリーコードの錯覚マジック〜ビートルズ楽曲topics

2018.1.25⇨2020.1.27更新

ビートルズの不定調性コード進行研究

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「A Hard Day's Night」1

 

ハード・デイズ・ナイト(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!) - A Hard Day's Night

open.spotify.com

G C |G |F |G |
G C |G |F |G |
C |D |G |C7 |G |

一見キーはCメジャーかと思わせる展開ですが、Gです。

 C,F,Gが使われていますがFはGのVIIbなんですね。

Cメジャーキーのスリーコードに一瞬見えます。

 

話変わりますが、ロックといえばペンタトニック=五音音階ですが、たとえばcなら
c-e♭-f-g-b♭
がマイナーペンタトニックの音。

 

これにそれぞれメジャーコードを乗せてみて下さい。
C△-Eb△-F△-G△-Bb△
ちょっとビートルズっぽいコードの流れになります。

でもこんなこと機能和声では初歩の段階では出てきません。こんな簡単でかっこいい進行なのに。

このような進行を説明する為に拙論では不定調性進行性ものを作りました。

 

展開部
Bm |Em |Bm |% |
G |Em |C7 | D7 |

 

さらにこの展開部、ここでのC7が何だか凄く違和感になります。
でも「ブルージー」といえばいえなくもありません。

 

すると、下記の質問が沸いてきませんか?
調的な感覚って何だ?
ブルージーって、どういう感覚なんだ?

そこを不定調性は解きたかったわけです。考えたことありませんか?

なんで自分は人が作った「調」に魅力を感じてるんだろう。

これは科学的根拠があるのか?それともただの刷り込みか?

って。 

これは刷り込みであると考えて拙論は進んでいきます。
   



恋におちたら - If I Fell
下記を参照下さい。

www.terrax.site

 

今日の誓い - Things We Said Today 

open.spotify.com

Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |
Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 |
ここまではドリアンともエオリアンともいえない流れです。

メロディもAマイナーペンタトニックが日本人から見た民謡調に使用されていて、独特です。

 

この先、
C |C(9) |F |Bb |
と流れます。

 

ビートルズ得意のメジャーコード進行ですが、BbがAフリジアンのbIIのように強烈です。キュッと締まりダークになります。

 

さらに展開部では、メジャーキーに転調し、
A6 |D7 |B7 |E7 |
A6 |D7 |B7 |Bb7 |
と7thコードで展開するは、裏コードBb7は出てくるは、まるでジャズの曲でも見ているかのようです。

 

それよりもメロディが美しいです。コードに頼らず、まずメロディありきのビートルズらしいクオリティ。

 

曲の頭はIm-Vmで泥臭く、マイナーキー。そのまま泥臭くいくわけもなく、不定調性な進行で展開して動的、静的な感じが出されています。

"工夫"されています。私はシンプルで飾りのないブルースも好きですが、人智巧みに工夫された世界も好きです。 

 

また、繰り返しが行われる事で、その雰囲気が刷り込まれ、そこからがらりと変わる事で、変化感を感じる、というのももはや”ビートルズのシーケンス技法”です。

当ブログのアーティストではスティーリー・ダンが発展させています。

www.terrax.site

例;
CM7 | FM7 | CM7 | FM7 |
CM7 | FM7 | CM7 | FM7 |
BbM7 |BbM7(9) |BbM7 |BbM7(9) :|

 

というようなBbM7は"まるで必要とされていたかのように"登場します。
こんなとき、キーとか云々という頭は吹っ飛んでしまいますね。


コードは長く伸ばすと、存在感が引き立ち"その場でのトニック"になる、という錯覚でも感じているのでしょう。 


調や機能の所在を考えなくても音楽ができるその方法論をビートルズは数々が楽曲で私達に示してくれています。