音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

不定調性論の方法論的展開 その1-1

2019.6.20⇨2020.1.26更新 

前提

このサイトの記事は数年程度の作曲/演奏経験等、そして視覚聴覚があることを前提に書いてしまっています。ご了承ください。以後も全ての人に伝えられるように努めてまいります。

■最初の設定は平均律12音で考えます。

■既存理論に対する思い込みがあることを意識します。

■結果として取り除けないあなたの嗜好を、現状のあなた自身の感覚、とします。

どうしてもV7→Iがあなたに解決感を自然に与えるならそれを使います。テンションコードにオシャレさを感じるならそれも使います。あなたが「こう思う」「これは美だ」「この感覚だけは消せない」という「自分の意思の衝動」に従うことがスタートラインです。音楽理論に従うわけではありません。あなたの感覚に刷り込まれてしまった音楽理論を用いるだけです。結果作る音楽がど真ん中のJpopなら最高の社会順応性です。

そしてこれは年齢/経験によって変わります。

■それで音楽が仕事になれば仕事にして、仕事にならないようなら趣味として副業を目指すことを決断してください。

本当にヒット曲を出したいなら残念ながら"好き"だけをやっているわけにはいかないのでどんどん現役の作曲家に弟子入りしてください。好きなことにストレスを感じたいか、嫌いなことでも売れるためにストレスを感じるか、この辺りも自分がどうしたいか、なども自分がチャレンジしたい方向性を選んでください。

普段の仕事音楽には当然相手(依頼者)があり、「自分の意思」を通すなら「相手の意思」も認めねばなりません。「あなたの最高」が必ずしも「相手の最高」ではありません。そうしたやりとりが一切存在しないのが、あなたにとっての芸術音楽ですが、自由な分、一歩動けば作品が劣化する可能性しかない大変厳しい作業です。

 

「自由に感じてみる」を実践する

このロールシャッハテストの絵、皆さんはどんな絵に見えますか?

f:id:terraxart:20171031191806j:plain
わたしは、テーブルの上で左肘を付いて拳を頬に当てて物思いにふける女性・・・。に見えました。「いやいやそれはないでしょ」と第三者が言っても、これは個人の印象ですから、他者が否定しようとしてもどうにもなりません。


人の感じ方に差異があるからこそ、同じコード進行でも異なるメロディができます。

音楽は過去と同じ出題に対して「それまでにない答え」を創造するところに面白味があります。既存の価値を着飾るのは付属のファッションです。

 

あなたが、これはこうだ、と思うことに価値を感じる癖を作りましょう。最初はなかなか難しいです。「自分はすごい人間だ」と思っているほどこれは容易にできます。

価値を生み出す側の人間か、提供を受ける人間か、の差もこうした観点から生まれてしまいます。価値を生み出せなければ提供を受ける側として自分の立ち位置を見つけてください。必ずちょうど良いポジションがあります。

 

次の動画をご覧ください。 

NHK趣味百科ショパンを弾く レッスン篇Vol.5 NHK Chopin masterclasses Vol.5 - 

バラード一番の冒頭を「恋人達の会話と捉えて」とか「二人の対話をイメージしながら弾いて」とか「今度は春です、二人は幸せでいっぱい」とか「感動のフォルテ」などと形容します。

しかしこれは講師のイメージをそのまま捉えよ、という意味ではないと思うのです。「春」にはあなたのイメージがあるはずです。それをこのピアノの旋律に伴わせて自分の解釈で演奏を創造せよ、という指示だと考えてみてください。

(想像力が豊かだとショパンの楽曲においてショパンの解釈を越えてしまう場合があります。そうして再現芸術の美学探求は難しい、と感じたら自己解釈を創造できるポピュラーミュージックやジャズを探究されることをおススメします。)

学校や職場で好きな人の声を聞いたら、気持ちいいなぁ、と感じることを自分に認め、イライラした声が聞こえてきたら、やだなぁ、と感じることを自分に認めてあげる、そんなことから認識していけば良いと思います。

またクリエイティブになるためにも、ネガティブなことを指摘する癖だけは定着しないようにします。ネガティブばかり目に入る場合は、「思考の癖」が絡んでいます。

価値を創造するのだ、という視点を持ってください。好きの探求もまた厳しいです。

その中で感じ方自体がどんどん進化します。

 

Em7というコードを「これはCメジャーキーのIIIm7でありトニックの代理コードです」と知るよりも「甘くてセツナイ、いい感じの和音」と感じたその心象を大事にするわけです。

前者の主張には進化はありませんが、後者の主張はあなたの経験によって深みを持ってきます(それを表現するフィジカルなテクニックはひたすら練習)。

「IIIm7だ」というのは単に合理的表現を学んだだけです(知識)。

 

 

勉強が始まるとあなた自身の癖が固まってくる

○○○○理論を勉強していて、それを活用したいと強く願っているなら、それに基づいて自分の音楽を作ってみてください。 

○○○○というアーティストに心酔していて、その人のようになりたい、と思ったら、必死にカバーして、研究して真似してみるところから入ってください。

凄く尊敬してる先生、本、教材から新しいコンセプトを学んだからそれを信じるなら、まずはその体系に従って音楽を作ってみてください。

その途中で、教義に反するけど自分はぜひこうやりたい、という渇望のようなインスピレーションが生まれたら、迷わずやってみる、というのが不定調性論的思考です。

「信念」は変化しますし、好みも変わります。ある日突然飽きて、ある日突然閃く、それが人の脳が為す不思議な行為です。一見めちゃくちゃなように見えますが、これも模索の仕方です。どこで我慢するか、どこで耐えるか、そんなことはわかりません。ただ自分がなんとなく決断したところに進み、そこで頑張るしかありません。

だからそこに「意思」をしっかり感じてください。

逃げるのも自分の意思、避けるのも自分の意思、我慢するのも、耐えるのも、人のせいにするのも、事故にあうのも、自分の意思が必ず絡んでいます。だからこそ絶望的になってそこで戦う、居心地の良さなどない、という観点がうまくフィットすれば、自分のやりたい泥沼の中でぐれずにチャンスや喜びをつかめます。

全て自分の意思が絡んでいる、そう思ってみてください。

 

そうやって、あなた自身のやり方が少しずつ整ってきたら(呼吸が整ってきたら、それが合図です)、やがてそれを教えて欲しい、という人が現れ、少しずつ伝統になり、技法になり、知識になり、後継者に受け継がれていきます。

あなたの試行錯誤によって次世代の人たちが少しだけ生きやすくなります。

 

以上が拙論の前提です。準備ができたら早速制作を開始しましょう。

 

続き

www.terrax.site

 

==========

不定調性論を用いて作った楽曲事例集を下記にまとめました

www.terrax.site

www.terrax.site

一般楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site