音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

不定調性論の方法論的展開 その1

2019.6.20⇨2020.1.26更新 

前提

■数年程度の作曲/演奏経験等があることが前提です。

■最初は平均律12音を用います。

■既存理論に対する思い込みを意識的に一度フラットにします。

■結果としてあなたの嗜好は簡単に否定できないことに気がつきます。

■削ぎ落としても残るあなたの嗜好を、現状のあなた自身の感覚、とします。

マナー教室に何年通っても、お酒を飲んで酔っ払うと田舎育ちがぬけない、みたいなことありませんか?拙論ではあなたの本当の素を主体にする、という考え方です。

■結果として、V7→Iがあなたに解決感を自然に与えるならそれを使います。テンションコードにオシャレさを感じるならそれを使います。あなたが「こう思う」「これは美だ」「この感覚だけは消せない」という「自分の意思の衝動」に従うことがスタートラインです。

結局機能和声音楽が好き!となれば最高の社会順応性だと思います。年齢/経験によって変わります。

■それで音楽が仕事になれば仕事にして、仕事にならないようなら趣味として副業を目指すことを覚悟してください。

本当にヒット曲を出したいなら残念ながら"好き"だけをやっているわけにはいかないのでどんどん現役の作曲家に弟子入りしてください。

 

普段の仕事音楽には当然相手(依頼者)があり、「自分の意思」を通すなら「相手の意思」も認めねばなりません。あなたの最高が必ずしも相手の最高ではありません。双方のクリエイティブな歩み寄りができて初めて自分が考えていた以上の作品ができます。
うしたやりとりが一切存在しないのが、あなたにとっての芸術音楽と言えます。自由とも言えますが作品が劣化する可能性しかない厳しい作業です。

 

まずは自由に感じて自由に作ってみる

このロールシャッハテストの絵、皆さんはどんな絵に見えますか?

f:id:terraxart:20171031191806j:plain
わたしは、テーブルの上で左肘を付いて拳を頬に当てて物思いにふける女性・・・。に見えました。「いやいやそれはないでしょ」と第三者が言っても、これは個人の印象ですから、他者が否定しようとしてもどうにもなりません。


人の感じ方に差異があるからこそ、同じコード進行でも異なるメロディができます。

音楽は過去と同じ出題に対して「それまでにない答え」を創造するところに面白味があります。

 

次の動画をご覧ください。 

NHK趣味百科ショパンを弾く レッスン篇Vol.5 NHK Chopin masterclasses Vol.5 - 

バラード一番の冒頭を「恋人達の会話と捉えて」とか「二人の対話をイメージしながら弾いて」とか「今度は春です、二人は幸せでいっぱい」とか「感動のフォルテ」などと形容します。

これは講師のイメージをそのまま捉えよ、という意味ではないと思うのです。「春」にはあなたのイメージがあるはずです。それをこのピアノの旋律に伴わせて自分の解釈で演奏を創造せよ、という指示だと思います。

(想像力が豊かだとショパンの楽曲においてショパンの解釈を越えてしまう場合があります。そうして再現芸術の美学探求は難しい、と感じたらポピュラーミュージックやジャズを探究されることをおススメします。)

最初は、学校や職場で好きな人の声を聞いたら、気持ちいいなぁ、と感じることを自分に認め、イライラした声が聞こえてきたら、やだなぁ、と感じることを自分に認めてあげる、そんなことからが始まりです。

ネガティブなことを指摘するだけにならないようにします。

価値を創造する視点を持ってください。

 

その感じ方自体がどんどん進化します。

Em7というコードを「これはCメジャーキーのIIIm7でありトニックの代理コードです」と知るよりも「甘くてセツナイ、いい感じの和音」と感じたその心象を大事にするわけです。

前者の主張には進化はありませんが、後者の主張はあなたの経験によって深みを持ってきます(それを表現するフィジカルなテクニックはひたすら練習)。

「IIIm7だ」というのは単に合理的表現を学んだだけです(知識)。

 

 

    

勉強が始まるとあなた自身の癖が固まってくる

○○○○理論を勉強していて、それを活用したいと強く願っているなら、それに基づいて自分の音楽を作ってみてください。 

○○○○というアーティストに心酔していて、その人のようになりたい、と思ったら、必死にカバーして、研究して真似してみるところから入ってください。

凄く尊敬してる先生、本、教材から新しいコンセプトを学んだからそれを信じるなら、その体系に従って音楽を作ってみてください。

その途中で、教義に反するけど自分はぜひこうやりたい、という渇望のようなインスピレーションが生まれたら、迷わずやってみる、というのが不定調性論的思考です。

 

そうやって、あなた自身のやり方が完成すれば、やがてそれを教えて欲しい、という人が現れ、伝統になり、後継者に受け継がれていきます。

 

以上が拙論の前提です。準備ができたら早速制作です。

 

 

不定調性的和音進行の方法論例

例えば「夏の小川」を表現する和音進行を作ろうとしたとします。

最初の和音は、早速自分の楽器の音色で夏の小川をイメージする響きを置きたいですね。

CM7は?夏の小川のイメージありますか?

それともCm7?人によってはCdim7かな?

和音を選んだら、次はそれに続く和音を選びます。

CM7 |Dm7 |は小川っぽい?

CM7 |DM7 |それともこうかな??

CM7 EbM7 DM7 FM7 |Bdim7 F7 Bbdim7 E7 |それともこのくらい細かいかな。

それとも

C&%%$&')'' |D'&$#""%'() |E((''&&%& |F('&&%%|

みたいな表記できない和音かな。

このような表現方法を方法論化しています。

頼るのは、あなたの確信のみ。誰の責任にもできません。

 

そして和音がうまく自在につなげられるようになったら、メロディ、歌詞、リズム、アレンジなどにも同じような自由度で取り組んで下さい。既存理論もどんどん使ってください。最終的に自己の意思中心で1曲完成した時、そこにあなたの独自論が生成されているはずです。

 

下記は様々な和音連鎖方法例です。あなたが無窮動に和音をおいても下記に示すいずれかに該当してしまうはずです。それらを全て根拠の元に置くのが拙論のポイントです。これで全てはあなたの責任のもとで作るしかありません。相対的に現行の音楽理論の利便性を感じるとともに、個性を見失わせる要素があることにも気がつくでしょう。

 

①オクターブレンジ内から~同音程連鎖

短二度同一音程連鎖

C C# | D  D# |Em Fm |F#m  F7  |E7 D#7 |D7 Db7 |C7 | 

Cm   |Dbm   |C     |Bm7    |Bb7    |AM7    |

主音が短二度で連鎖されています。根音移動の音程を固定して曲を作ってみるわけです。

その他、様々な連鎖が可能です。

C  D E  F#(全音での連鎖)

Cm  Ebm  F#m  Am(短三度の連鎖)

C7  E7  G#7 C7(長三度の連鎖)

CM7  FM7  BbM7  EbM7  (完全四度での連鎖)

...etc

 

イメージができるなら組み合わせてもいいです。

C  DM7  Fm  AbM7  C7  E7 Am7  DM7 

この進行のサウンドはこちらで聞けます。

rechord.cc

 

 

②コンポジットモーダルハーモニー

独自音階の構成音からダイアトニックコード的を作って和音連鎖を作る方法です。

f:id:terraxart:20190620115811p:plain

この音階は上方倍音を16倍音まで用いたものです。

ここから下記のような和音が作れます。

C△ Caug Em E△ Edim Eaug G△ Gm Gsus4 A♭aug B♭aug Bm 

これを作ってコード進行を作るわけです。

 C   |Em   |Gm   |Abaug  |

 

 

   

 

 

③ペダルポイント

c音を持つ和音には以下のような和音があります。

C|Cm|Csus4|Caug|Cdim|CM7|Cm7|CmM7|C7|Cm7(b5)|B7(b9)|BbM7(9)|Bbm7(9)|A7(#9)

|Am7|AbM7|Ab7|G7sus4|F#M7(#11)|FM7|Fm7|E7(b13)|EbM7(13)|Ebm6|D7|Dm7|C#M7|

 

上記はc音を共通音としてクリシェやペダルポイントのように連鎖させています。

:C  |G7sus4 |F#M7(#11)  |Ab7  :|

 

 

 

④マテリアルモーション

<不定調性論用語/概念紹介19>上方と下方のマテリアルモーション1

サブドミナントマイナー終止です。

基音cなら

C⇔Fm、C7⇔Fm、C⇔Dm7(b5)、C7⇔Dm7(b5)

Dm7(b5)=Fm6でもOK。

基音cの上方領域和音と下方領域和音を行き来することはカデンツ的な確かな進行感があります。これを連鎖するとBe-Bopの作り上げた進行感になります。

C7 |Fm  |D7 |Gm |E7 |Am |...

 

⑤単音概念的アプローチ

和音のトップノートをメロディにして、全体の流れをシンプルな和音で組み立てるやり方です。

ドレミファソラシドにコードを付ける~機能和声から不定調性へ

次の例は、ドレミドレミドレミとメロディが進んでいく時、メロディ音を持つ和音を自在に連鎖させたものです。

C  Cadd9  Dadd9     |D7  C7(9)  Bb7(b5)  |Am7  Abm7(b5) G7(13)  |...

これは和音の響きを単音(音色)と捉えて作曲していく方法です。

 

 

⑥調向階段モデル内アプローチ

f:id:terraxart:20190620124557p:plain

 

調性的な進行を用いながら、「どこか何かが違う」進行感が作れます。

拡大した長調的進行として、

C  |Bbm    |Am7(b5)  |C  |

などが創れます。

短調的進行には、

C  G7  F7  |C  |

というブルース的進行もみられます。

f:id:terraxart:20190620130046p:plain

また領域を交差させながら、"トニック"に向かう進行もできます。

A♭augM7(13) ⇒ C△

こういった進行は逆に直感では作りづらい時があります。

 

その2に続きます。

www.terrax.site

 

 

==========

不定調性論を用いて作った楽曲事例集を下記にまとめました

www.terrax.site

www.terrax.site

一般楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

市販本はご自分が読みやすそうな本を選んでください。

楽典―理論と実習

ポピュラー音楽理論 改訂版 北川祐 編著 

(これらは楽器を始めて半年以上ぐらいの本格派になるぞ!!って決めた人に最適です。)