音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Sirabhorn / Pat Methenyを不定調性論で読み解く

www.terrax.site

パット・メセニーの不定調性コード進行分析
(2013-06-08⇒2016、2018改訂)

Sirabhorn / Pat Metheny


Pat Metheny-Sirabhorn (1976) HD

<参考>主要な曲のテーマ部分はほぼ掲載されています。

Pat Metheny Songbook: Lead Sheets 

 

何とも云えない、ふんわりとしたやるせなさ、というか、まるで"うわのそら"で独り言を話しているようなギターの雰囲気が好きです。

この曲を聴くと○○○○が浮かぶ、という心の動きを「音楽的なクオリアの相起」と言います。が心に浮かぶかは一人一人違うはずです。

言葉の表現としてはおかしいけれど、その印象感がなんとなく自分で理解できるような表現に落とし込んでいくのが「不定調性論的な考え方」です。理屈を知らなくても明日からできると思いますので自分の感覚を鋭敏にして感じて表現してみてください。で、も囚われなくてもいいです。それらの印象は、一年後には変化していたりするからです。その都度新たに感じようとすればいいんです。

 

C |Bbm |Gb |Em |
B |G#m7 |E |Dm |

GbM7 |Fm7 |GbM7 |Fm7 |
DM7(#11) |% |% |% |

と続きます。

センターコード=Cとしてみますと、
I |VIIbm |Vb | IIIm |
VII |VI#m7 |III |IIm |

VbM7 |IVm7 |VbM7 |IVm7 |
IIM7(#11) |% |% |% |
(※「%」は前の小節と同じ、という記号です)

当然1つのキーには収まりそうもありません。

 

====

メロディ最初の四音でCコンビネーションオブディミニッシュスケール(cコンディミ)が使われています。音階構成音は、

C-C#-D#-E-F#-G-A-A#-C

ですね。

 

また、

GbM7 |Fm7 |GbM7 |Fm7 |

はシークエンスを作っています。ブログではスティーリー・ダンなども得意でしたね。

このように同じ進行形態を繰り返すことでリズムや意味が出来上がりやすくなります。調性に縛られないコード進行で意味感を作りたいときに便利です。
DM7(#11) |% |% |% |

これは1コードでモーダルに雰囲気です。前半部分のまとまらない印象を、このコードでがっちり定着させています。この辺がメセニーが小難しくなりすぎないところです。

 

余談ですが、先のcコンディミ(C-C#-D#-E-F#-G-A-A#-C)から音を拾って和音を作ってみましょう。
C△(c,e,g)ができます。さらに、
Bbm=A#,C#,D#も
Gb△=F#,A#,C#も作ることができます。

冒頭の三つの和音ができます。

何かしら関係ありそうですよね。

 

Pat本人に伺ってみなければ分かりません。でも本人に聞いてもこちらが共感できない発想である時もあります。

つまり不定調性論はこのように「自身がどう理解するか」という視点を固めていきます。 

   

 

メジャーコード⇒マイナーコード

という連鎖のシークエンスが統一されています。

また、こういう進行では三拍子が扱いやすいです。

三拍子はどこか滑稽で可愛らしく、見たこともない妖精が踊っているような感じも受けます。これは拍子から感じ取るクオリアかもしれません。

テンポよく和音が変化してくれるので、四拍子のときよりも和音の繋がり感が強まる印象があります。

 

「自分、この曲の何が好きなんだろう?」と思索できる人は音楽家です。

パットのギターの音色だったり、フレーズの抑揚だったり、必ずあなた自身がそう感じた理由を探り当てることができると思います。

そして更にそれを自分で実践しようと思えたら、もう立派なクリエイターです。

 

以下は拙論による解説です。

======

この曲は私は、「普段いかないところ(コード)に行ってみる」進行のアイディアの連鎖によって出来上がっているのではないか、と感じました。

C  |Bbm  |

私のこの進行の印象は、

ある曇り空の下で、なんだか不思議な郷愁を感じ、立ちて止まった経験…

を思い出しました。

今でも、急に強烈な既視感にとらわれる時があります。なんの前触れもなく。

あの感じです。


もしギターで作曲しててC→Amを弾こうとして、1フレット誤ってこの進行を弾いたらこれだ!!!!って感じて、「なんかこれ、使えないかな?」って思うかもしれません。


不定調性論では、

このような進行を動進行と言います。ちゃんと名前がつけられるんです。私の方法論ですが、便利ですよ?

 

もし詳細が知りたい方は下記ページの14番をご覧ください。

www.terrax.site

 

不定調性論ではどんな和音も一つの方法から作れますし、自分で許容範囲を選択して作れますので、自分で選ぶことで自分論にアレンジすることも可能です。

メセニーのような進行を印象感覚でなんとなく理解できるような感じがしたら、ぜひ不定調性論の様々な理屈に飛び込んで行っていただきたいです。

どうぞよろしくおねがいいたします。

 

www.terrax.site