音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

「音楽理論に基づいて曲を作る」ということに違和感がある人

音楽を理論的な手法に"基づいて"作る、ということに違和感がある方がいます。

 ex...

・自分が楽譜が読めないから(音楽理論に詳しくないから)、理論を語る人が嫌い。

・安易に理論を使うのではなく、努力した経験値に基づいて音楽はやるべき

・理論に基づいて音楽やるってどうなの?という漠然拒否派

などが私が感じた講師経験上でのニュアンスです。

 

こういう人も口で言うほどその問題を気にしてはいません。

漠然と感じた、と言う場合がほとんどのようです。

ただ、SNSの場合、それがそのまま文字情報になり共有されてシェアされて情報影響震度が上がるので波及する影響が大きくなって見えます。

 

これらは主観ですし、

じゃああなたの経験はどこまで正当的と言えるの?とか

楽譜読めない(音楽理論勉強嫌い)はあなたの嗜好であって、それが相手のなんらかの不当性を証明するものにはならないのでは?とか

あなたが理論に基づかないで感性でやっているとして、そもそもあなたの感性はどの程度優秀と定義できる部類と言える根拠があるの?

とかって話になり、これらは科学的に答えられませんから、批判者は感情的に拒否して逃げることができます。

根拠が列挙できないポイントで議論は成り立ちません。それはいわゆるインターネットプロレスです。ディベートという人もいますが、それはディベートの人たちに失礼かな、とも感じます。

 

自分が正しい、と主張するのは論理の破綻を引き起こします。

なぜなら自分の主張を通したいのに、相手が「自分が正しい」と主張することを認めない、のは変です。

「自分が正しい」を主張するのは、論破できる実力と自信の上で成り立つあくまで「プロレス的煽り文句」です。意見ではなく文句。

そういう人とは争わない方が良いです。面倒なので。

有意義な人、というのはその立ち居振る舞いでわかるものです。やりとりするなら、そういう感じを与えてくれる人としたいものです。

 

そもそも音楽が人に与える美的価値観はある種身勝手で嗜好的なもの、と私は思っています。自分以外の人に理屈が通らないポイントも多いです。同意←いてもらうのが関の山であり、同意してもらいたければ自分の主張だけを通すのは無謀です。

 

一番感動する音楽は自分の子供の歌であり、推しの歌声であり、好きな人の作る音楽、です。

冷静に考えればわかると思いますが、

「音楽理論的にはおかしいが、こういうところは評価できる」ということが人は必ずあるはずです。

まずそれを見つけて評価した上で、ミスを指摘する自分の押し付けがましさも容認(同意/理解)してもらう、ぐらいの礼があって通例の社会的会話は成立します。

バカにされたような口調で指摘されて素直に同意できる人は少ないです。

 

そうしたコミュニケーションが下手な人は、音楽のやりとりもうまくいかないのでは?と思わせるものです。

「人にそう思わせたらダメ」

という理屈があります。

もし自分が正しいなら、

「そう思うならその考え方であなたがどんどん社会進出すれば良いじゃん。」

 です。モーツァルトがサリエリを批判する必要があるでしょうか。

 

私自身が最初の頃、誰かの間違いを指摘し、自分の正当性を主張する、という段階がありました。だから、

相手を批判したり議論をしたりしたがるのは自説を容認してもらいたい気持ちの裏返しだ、と考えています。

わかりやすく言うと、イキがっている時代、です。

オレ流を作った頃はそういうテンションになりがちかな、と。

 

=====

音楽を作る際には、何を使った、どういう技法を使った、とか宣言しない方がセルフブランディング的には良いと最近は思っています。

それが許されるのは、対位法、フーガ、十二音技法、セリー技法ぐらいかな、と。

なんかかっこいい響きだしね。

 

私自身「不定調性論を用いている」という宣言が、もはやネタみたいになっています。

ひどい間違いをした時とか、ボケてミスった時「それも不定調性論なの?」と言われるのがなんだか楽しくなってしまったので堂々とこのネタは書けます笑

私に社会的権威がないからこそ、ネタとしてのどうでも良さ、軽妙さもあります。

独自論を作るディメリットを示すこともできているので、これは先にやったやつの責任ではないか、と笑

 

どういう根拠に基づいてこのフレーズは作った、という発言は、なんだか人工授精で生まれた試験管ベイビーのように感じる人がいるようなのです。

その音楽は、当人の感性が歪められ、理論の型に当て込んで、まるで肩パッドを入れた服で自分を着飾って無理している人のように見えるわけです。

ましてや曲が大したことがなく、再生もされない、となるとイタイだけです笑。

あ、私か笑。

でもそこまでが理論派の王道だと思っていただかないと笑。

 

これに耐えて作曲を続けられることが条件でもあります。厚顔無恥。

 

ただ、唯一そうやって言ってもいい  のは、その手法を作った本人だけではないでしょうか?

その人自体は、長年そのやり方で曲を作り、そのやり方自体を方法論にしているからです。

 

だからこそ私は「あなたはあなたの独自論で作るべき」と申し上げています。

 

中心軸システムかっこいいから使ってみた、というのは、「あなた自身の意図がその音楽に100%含まれていないでしょ?」みたいに思われるようなのです。

 

ネガティブハーモニーは、外見だけでも"それを使った感じ"が伝わりやすい手法だから、ウケたのだと思います。中心軸システムはどこをどう使ったの?それって別に普通に短三度転調って言っちゃいけないの?と思われてしまうぶん活用例を作ることが難しいのです。

 

私自身、最初は皆さんに「不定調性論を使った」と言ってほしくて活動もしていました。

しかしやがて勝手に盗んでもらってもいいかな、という心境になって、出版を考えることもなくなり、博士号を取って権威を持とう、とかも思えなくなりました。

その辺りから他人の手法を批判しなくなれました。

 

遠足で道に迷って、15分遠回り(理論的誤り)しても、目的地につければ(誰かを喜ばせる、収益が上がる)それでよし、と余裕のある人は思えます。

トラブルが起きないアクション映画が面白いでしょうか 。

ハラハラドキドキしない音楽は現代では飽きる、的なことを1950年代にヒンデミットも述べています。

www.terrax.site

 

目的地に着けないのは、理論的誤り、と言うよりも運転手の工夫不足、実力途上によるものであり、それは決して理論的な誤りとか考え方の問題、と言う表面的なものよりももっと個人のアイデンティティに関連する深い問題だと思います。

 

と言って彼が正しい方法を学んだらすぐにうまくいくのか?とも思えません。

ダイエットに似ています。考え方を変えて、正しい教科書があったら痩せられるなら苦労しません。

 

その人に適切な方法を見つけるには、マンツーマンで長期間ディスカッションして講師も生徒も理解が及ばないような方法をやっと発見する、と言う過程が欠かせない、と思っています。

 

いちゃもんをつけて終わり、というのは本当に利己的です。

  

だからどういう成果物を生み出せたか、誰にどんな影響を与えられたか、に力を傾けたい、だから文句を書くより、より音符を書け、と自分にいつも呼びかけています。

人間暇だと他人のことが気になるものです。

 

表題、方法論云々の好みの話は「人のことはいいから自分の成果を出しなさい」という当たり前の結論になるのでやはりスルーが一番です。

www.terrax.site

www.youtube.com

最新作です。"不定調性論を用いて作りました。"笑

"ああ、こういうところがそうなのかな"

ってわかっていただけるものでしょうか?

 

f:id:terraxart:20210704135115j:plain